タオ君 さん プロフィール

  •  
タオ君さん: 食は運命を左右する
ハンドル名タオ君 さん
ブログタイトル食は運命を左右する
ブログURLhttp://foodhealthmedical.blog.fc2.com/
サイト紹介文誤った食の常識、非常識な健康法、マインドコントロールされた医療への問題提起。
自由文食という漢字は人を良くすると書きます。
誤った食の常識、非常識な健康法、マインドコントロールされた医療。
これらの問題に対して、より多くの気づきを得れることを願ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 82日(平均7.3回/週) - 参加 2017/01/08 22:46

タオ君 さんのブログ記事

  • 重曹とレモンの組み合わせは、どの化学療法より強い
  • 重曹は、料理や掃除、入浴剤、医薬品としても利用される万能な物質です。おそらく、一度や二度使用されたことがあるかもしれません。また、健康法に詳しい方は、重曹が癌に有効というような話を知っていると思います。重曹は可能性の塊です。そして癌対策のひとつとして参考にしてみて下さい。それでは、重曹の新しい療法を見てみましょう。 [続きを読む]
  • ビタミンDの欠乏により、片頭痛や頭痛が引き起こされる
  • 片頭痛(へんずつう)とは、頭痛の一種で、偏頭痛とも表記する。頭の片側のみに発作的に発生し、脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴である。軽度から激しい頭痛、体の知覚の変化、吐き気といった症状によって特徴付けられる神経学的症候群である。生理学的には、片頭痛は男性よりも低血圧の女性に多い神経学的疾患である。片頭痛の原因は多岐にわたるが、それらは行動によるもの、環境によるもの、伝染によるもの、食 [続きを読む]
  • パイナップルを多く食べる16の理由
  • パイナップルは、熱帯アメリカ原産のパイナップル科の多年草。単にパインと略して呼ばれることもあるほか、和名は鳳梨(ほうり)である。また、果実だけをパイナップルと呼び、植物としてはアナナスと呼ぶこともある。一年中、スーパーなどで購入できるパイナップルですが、いつでも手に入るものは意外と食べないんじゃないでしょうか。そして、食べない理由は本当のパイナップルのすごさを知らないからだと思います。パイナップル [続きを読む]
  • 雀始巣(すずめはじめてすくう) 蕨と帆立貝
  • 二十四節季 春分(しゅんぶん)3月21日頃(2017年は3月20日)。および清明までの期間。 太陽黄径0度(春分点)啓蟄から数えて15日目頃。地球の赤道を延長した天の赤道と太陽の通り道の黄道がちょうど交差したところが黄径0度。 春分とは、太陽がちょうど黄径0度(春分点)に到達した瞬間のこと。 太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。この日から夏至まで、昼がだんだん長くなり、夜が短くなります [続きを読む]
  • ハチミツ、レモン、シナモンを使用して週に4kg痩せる方法
  • ダイエットに対する関心は女性だけではありません。男性でも体重を気にしてる方は意外と多くいます。ダイエットは、目が回るくらいに種類がありどれを選んでいいか迷ってしまいますよね。そして極力、楽にダイエットしたいと思うのが人間の性です。そして次から次へと、新しいダイエット法に飛びつき、続かず自己嫌悪に陥ります。それでも、日々新しいダイエット法は、市場に放たれていきます。そこで今回紹介する方法は、飲むだけ [続きを読む]
  • 桜始開(さくらはじめてひらく)竜髭菜と桜餅
  • 七十二候  桜始開(さくらはじめてひらく)3月25日から3月29日頃桜の花が咲き始める頃。いよいよお花見の季節の到来ですね。桜開花の600度の法則2月1日以降の毎日の最高気温を足し上げ、その累計値が600度を超えた日に桜が開花する。とする法則です。奈良県の吉野山の桜は、山全体がピンク色に染まる世界遺産にも指定された霊場です。春には約三万本と言う世界に類を見ない規模のヤマザクラが咲き誇り、その光景は古来より「千本 [続きを読む]
  • 大葉子という雑草は、地球上で最も有用な薬の一つ
  • 大葉子(おおばこ)という雑草は聞いた事ありますか?名前は聞いた事ないかもしれませんが、見たらわかると思います。大葉子とは、東アジアに広く分布するオオバコ科の多年草。葉が大きいことから,〈大葉子〉と名付けられたという。ロゼット葉をもち裸地を好むが,芽の位置が低く葉や茎には強い繊維があるので,踏まれてもよく耐え,グラウンドのまわりや路上に生える(このような植物を〈踏み跡植物〉という)。このため中国では車 [続きを読む]
  • いびきが気になる人必見!いびきを予防する飲物とは?
  • いびきがうるさいと、一緒に寝ているパートナーが不眠症になったり、ストレスが溜まってしまったりと、何かと問題ですよね。人によっては、寝室を分けて寝ているなんて事もあったりします。なかには、いびきの問題で離婚したっていう方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。、いびき対策なので検索をかけると様々な解決方法が出てきます。一通り試してみたはいいが、効果が感じられないと思っている方も多いと思います。いびきを止 [続きを読む]
  • チョコレートは糖尿病リスクを低下させる
  • 3月14日は、ホワイトデーですね。阪神百貨店梅田本店が2016年1月に調べたアンケートによると、45%の女性がホワイトデーの返礼にがっかり「がっかりした」と回答した。また85%の女性が、事前に好みを調べてほしいと回答した。また、同じアンケートによると、男性が返礼するときの予算は、最頻値は「もらった額と同等」の33%、次いで「2倍」の27%、次いで「1.5倍」の25%であった。そして、「女性の好みをリサーチする」と回答した [続きを読む]
  • 細胞を修復し再生させ、がんから守る10のアルカリ性食品
  • 加工食品や、たばこ、飲酒などの日常の生活習慣により、気づかない間に体はダメージを受けています。ガンを予防すると謳われている食品は、たくさんあります。しかし、多くの場合は、自社製品を売りたいがための、情報が氾濫しているのが現状です。そして、高額だったりもします。情報を見極めるという事は大切です。そんな情報が溢れている中で、下記の食材を参考にしてみると良いと思います。あなたにとって何らかのヒントが隠れ [続きを読む]
  • 心臓発作を防ぐ!ザクロで健康を最大限にする11の方法
  • 厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成25年1年間の死因別死亡総数のうち、心疾患(高血圧性を除く)は19万6,723人で、死因別死亡数全体の15.5パーセントを占めており、悪性新生物(がん)に次ぐ第2位となりました。  このうち、急性心筋梗塞が3万9,956人で心疾患全体の20.3パーセントを占め、「その他の虚血性疾患」が3万4,853人で17.7パーセントでした。  死因別死亡数を性別にみると、心疾患で亡くなった男性 [続きを読む]
  • 人口甘味料アスパルテームの破壊的な副作用 
  • アスパルテームとは、1965年にアメリカ合衆国のサール薬品が、ガストリンの合成研究中に強い甘味を発見したことを発端として、その研究・開発が進められた。現在の製法を開発したのは日本の味の素株式会社であり、日本、アメリカ、カナダ、およびヨーロッパで特許を有している。日本およびアメリカでは1983年に使用が認可されている。主にローカロリー、ノンカロリーの飲料、また食品に添加される。日本人は、アスパルテームについ [続きを読む]
  • わずか5日間で糖尿病を治すミラクルドリンク
  • 糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。厚生労働省の「患者調査」によると、糖尿病の患者数は316万6,000人となり、前回(2011年)調査の270万から46万6,000人増えて、過去最高となった。また、国際糖尿病連合(IDF)の発表によると、世界の糖尿病人口は爆発的に増え続けており、2015年現在で糖尿病有病者数は4億1,500万人に上り、昨年より2,830万人増えた。有効な対策を施さないと、2040年までに6億4,200万人に増加すると予測している。 [続きを読む]