タオ君 さん プロフィール

  •  
タオ君さん: 食は運命を左右する
ハンドル名タオ君 さん
ブログタイトル食は運命を左右する
ブログURLhttp://foodhealthmedical.blog.fc2.com/
サイト紹介文誤った食の常識、非常識な健康法、マインドコントロールされた医療への問題提起。
自由文食という漢字は人を良くすると書きます。
誤った食の常識、非常識な健康法、マインドコントロールされた医療。
これらの問題に対して、より多くの気づきを得れることを願ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 170日(平均7.1回/週) - 参加 2017/01/08 22:46

タオ君 さんのブログ記事

  • 世界の終焉に備えるプレッパー達
  • 世界に目を向けると多くの国々が、深刻な政情不安やテロの脅威に直面しています。大国が万が一、経済崩壊でもしたらそこは地獄絵図と化すでしょう。暴力、犯罪、窃盗がまかり通ってしまう悲惨な状況になります。しかし、日本ではいまのところそのような状況になるというのは、大地震や大噴火などが起こらない限り考えにくいですよね。しかし、普段の日常を一変させる天災は突然やってきます。ある程度準備ができていれば少しは心強 [続きを読む]
  • 都市に住むことは人々を精神病にさせる
  • 都市に住むことは、精神病になる可能性があり "頭の中の声を聞き始める"かもしれないという新しい研究が発表されました。キングズ・カレッジ・ロンドンとデューク大学の研究者は、イングランドとウェールズの主要都市に住む2,000人の18歳の生徒を分析しました。 その結果、都市での生活は脳にとって健全なものではない可能性があると述べています。 [続きを読む]
  • とまとが胃がんを治療する
  • とまとは、私たちにとってとても身近で手軽に買える栄養価の高い野菜です。料理もバリエーション豊かに調理でき、私もかなりの頻度で利用しています。とまとはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB3、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKを含み、カリウム、マンガン、銅、マグネシウムのようなミネラル源になります。 さらに、強力な抗酸化物質であるリコピンも含まれており、骨の形成にも役立ちます。抗酸化物質の代名詞と言っても過言 [続きを読む]
  • 抗うつ薬は脳に重要な3つの栄養素を欠乏させる
  • 厚生労働省平成26年患者調査によると、国内で医療機関を受診している患者数が2014年では116万6千人を超えました。これは15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性がある計算になります。この数字はあくまでも医療機関にかかっている人数になりますので、潜在的な患者数というのははかりしれません。いつどういうきっかけでうつになるか誰もがわからない時代となりました。うつ病の治療としてあげれるのが、休養、薬物療法、精 [続きを読む]
  • 生姜と唐辛子の組み合わせがガンから身を守る
  • ガンを予防すると言われている食べ物はたくさんあります。食習慣や生活習慣の因果によりできた病気は、食習慣と生活習慣を見直すことにより大幅に改善できます。しかし、現代の西洋医療の考え方では、病気になったら薬を飲むことで治していくのが一般的です。風邪を引いたら仕事に支障をきたすので一日でも早く治したいという心理がはたらくのは当然ですよね。風邪ならともかく、重い病気になったら、薬のスパイラルから抜け出せな [続きを読む]
  • 乃東枯(なつかれくさかるる) 穴子と夏蜜柑
  • 二十四節気 夏至(げし)6月21日頃(2017年は6月21日)。および小暑までの期間。 太陽黄径90度。芒種から数えて15日目頃。一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日。冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上もあります。暦の上では夏季の真ん中にあたりますが、実際には梅雨の真っ盛りで、農家では田植えに繁忙を極める頃。暑さのピークは1カ月ほど先になります。冬至にはかぼちゃを食べる風習がありますが、夏至は地方によっ [続きを読む]
  • オクラは糖尿病、喘息、貧血、視力を治療する
  • ネバネバしていていかにも健康に良さそうなオクラは、和名ではアメリカネリと言います。他の呼び名として陸蓮根(おかれんこん)とも呼ばれます。アジアのいくつかの地域では「レディーズ・フィンガー(婦人の指)」とも呼ばれます。エジプトを起源とし、12世紀以来ずっと世界の熱帯または温暖な地域で栽培されてきました。オクラの旬は7〜9月なので、夏バテ対策にもってこいの食品です。 [続きを読む]
  • 過小評価されてるマグネシウムを摂らないといけない理由
  • マグネシウムは、人にとって必須ミネラルになっていますがあまり注目されていません。ビタミンやカルシウムは、意識して摂取しているかもしれませんが、マグネシウムとなるとどのような役割をしているのかよくわからないというのが現状です。米国のカイロプラクティック・ソサエティによれば、米国人口の推定68〜80%はマグネシウムが不足していると言います。これは、ライフスタイルの変化により食卓が加工食品へとシフトしていっ [続きを読む]
  • ブロッコリーは脳卒中を防ぐ最高の緑黄色野菜
  • ブロッコリーは、スーパーでも手軽に買える野菜です。和名はメハナヤサイ(芽花野菜)と言います。ブロッコリーには、ビタミンE、ビタミンC、亜鉛、マンガン、ルテイン、カロテノイド、ゼアキサンチン、ベータカロチン、ケルセチン、ケンフェロールなどの炎症に効果のある栄養素がたくさん含まれています。そしてアメリカでは健康の象徴として親しまれています。米国疾病対策予防センター(CDC)の統計によると、毎年、脳卒中が原 [続きを読む]
  • 小児自閉症と農薬との関係
  • 自閉症とは、脳の発達障害の事を指し、コミュニケーションが上手くとれない、物事の興味が非常に限定的で強いこだわりを持つことを指します。自閉症は、認知や言語の遅れがある為、比較的わかりやすいかもしれませんが、認知や言語が問題ないアスペルガー症候群やADHD(注意欠陥・多動性障害)は、医師の診断でも診断結果に迷う事あります。NEWSポストセブンでは、発達障害児が9万人超え 20年あまりで7倍増の理由という記事を書い [続きを読む]
  • 研究者によれば、心の瞑想は男性にとって効果が低いと判明した
  • 瞑想については、いくつか記事にしてきました。下記を読んでいる方は、瞑想をする効能がどれだけ素晴らしいものかご理解頂いていると思います。瞑想は脳を7.5年若くすることができる ヨガは人間のDNAを変える事ができるストレス、心配、不安を軽減する3つの方法効能が素晴らしいからと言って、すぐに瞑想が上手くできるとは限りません。特に男性は女性に比べて、瞑想の効果が感じられないと言う方も多いかもしれません。そんな中 [続きを読む]
  • 雷雨が喘息の発生を引き起こすかもしれない
  • 呼吸が苦しい、急に激しい咳が出る、痰が大量に出るといった症状は喘息の可能性が高いです。原因は、ダニ、ホコリ、花粉を吸い込んだ時にアレルギー反応をおこす「アレルゲン」とタバコや大気汚染などのアレルゲン以外の原因とあります。成人の喘息は人口の約3%が罹患していると考えられています。厚生労働省研究班の調査では、40歳代以上の中高年に多く喘息が見られました。最悪の場合、死亡するという例もあり、年間に約2000名 [続きを読む]
  • ロシアが電子レンジを禁止にする理由
  • 忙しい家事を早く終わらせてくれる、電子レンジは誰もが重宝していると思います。最新の電子レンジの機能には驚かされます。高機能の電子レンジ一台あれば、手の込んだ美味しい料理が簡単に素早く出来てしまいます。お店顔負けの美味しい料理もボタンひとつで出来上がりです。2015年の総務省統計局の調査では、電子レンジの普及率は96%と、ほとんどの国民が持っている家電製品のひとつです。電子レンジがこれだけ普及しているので [続きを読む]
  • 蟷螂生(かまきりしょうず)鮎魚女と泥鰌
  • 二十四節気 芒種(ぼうしゅ)6月6日頃(2017年は6月5日)。および夏至までの期間。 太陽黄径75度。小満から数えて15日目頃。芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、芒種と言われています(実際の種まきは、これよりも早い時季に行います)。梅の実が青から黄色に変わり、百舌が鳴き始めます。かまきりや蛍が現れ始める頃でもあります。次第に梅雨めいて、五月雨(さみだれ)の季節に入りま [続きを読む]
  • 成長促進剤はスイカを内部から破壊する
  • 夏の風物詩といえばスイカをイメージする方が圧倒的です。その他にも、花火、海水浴、カキ氷、ひまわりなどが挙げられます。これらは日本の原風景を感じさせてくれ、日本の伝統文化が息づいているのを感じます。スイカは世界各地で栽培されています。圧倒的な生産量を誇る国は、中国です。その次にトルコ、イラン、ブラジル、エジプト、アメリカと続きます。日本は2013年時点で29位となっています。以外に思った方は多いんじゃない [続きを読む]
  • 湿疹、乾癬、皮膚炎、その他の皮膚アレルギーを治療する奇跡の植物
  • 急に皮膚トラブルが起きると不安になりますよね。突然の皮膚トラブルに対しては、内服薬か外用薬を使用します。症状に合わせた薬を使う事になりますが、いちいち病院に行く時間がとれない場合はドラッグストアなどに売られている物で対処するのが大多数になると思います。副作用も気になるところです。しかし湿疹、乾癬、皮膚炎、その他の皮膚アレルギーを治療する奇跡の植物があります。それはアロエベラです。しかも素晴らしい効 [続きを読む]