ハピネス さん プロフィール

  •  
ハピネスさん: 希望という名の翼
ハンドル名ハピネス さん
ブログタイトル希望という名の翼
ブログURLhttp://ameblo.jp/kiboutoiunanotsubasa/
サイト紹介文人間革命に励んでいきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 196日(平均4.7回/週) - 参加 2017/01/09 05:34

ハピネス さんのブログ記事

  • Unconditional Love ジ〜ン とくるよね(≧▽≦)
  • いつも いつもそう、いつも 君のことを、君のことだけをいつだって、考えているよ。 だから、だから、、、悲しい顔はつらい顔は・・・ うんん、、、なんでもないよ^^いつもどおりでいいよ。ごめん。 むずかしい空気よりさ自由な風を感じていきたいね\(^o^)/みんなが、いちばん自由になれる風を僕たちで一生懸命に起こしていきたいな それができるのは、、、きっと、キミとだろうな (*´ω`*) ちょっと短めだけどみん [続きを読む]
  • And I Hope
  • 爆音でトランスを〜なんて言っていましたけど すっかり 飽きてしまい ゆる〜いREGGAEを堪能しています(≧▽≦) これは、何語? 何処の人かな Reggaeは、そういうの気にしなくていいの。 だけど、 いつも聞くジャマイカの人の言葉と違う。 何て言ってるのかな? まあ、 いつも聴いているジャマイカの人の パトワ語も ジャマイカ英語も わからないけどね(笑い)。 私の日本語も、わからないよね(笑い)。 でも、 なんか、いいな [続きを読む]
  • ゆっくりと・・・?
  • いい感じに酔ってきました ・・・ (*´ω`*) ウィッ! Radioから、、、 「Daddy Yankee」 という懐かしい名前が・・・ ―― つい、、、 本当に、つい、 「YouTube」で検索しちゃいました(/ω\) 大人げないよね(汗) 和訳は、こんな感じです\(^o^)/ 『ここを してください』 やっぱり、夏は、こうでなくっちゃね。 『君は磁石で僕はメタル』 たとえば、僕がメタルだとしたら、 水に濡れたら、 錆びちまうぜ!(汗 [続きを読む]
  • トイレの水のタンクの上から、水が出ん!
  •  先週末から、トイレの水のタンクの上に「ニョキ!」って出てる蛇口? っていうのかな。 「ブルーレット置くだけ」を設置する、その真上にある、水が出るところ。  そこから、水が出なくなりました。 今、調べたところ、「手洗い管」というらしいです。  ずっと気になっていて、今日は、夜勤明けで、明日は休み。というか、今夜は夜勤に行かなくていいから、帰宅後、トイレの、その「手洗い管」の症状の把握をしようと、四苦 [続きを読む]
  • 同じことを繰り返す自分て(苦笑)
  •  こんにちは。 昼間は、やはり暑いですね。  夜勤は、昼間とは違って、比較的、過ごしやすいですが、工場の中は、サウナ状態です。 なので、一昨年夏から室温を下げるために、超でっかいファンを轟々と回して、外気を工場内に取り込んでいます。 おかげさまで、工場の室温はかなり下がりますが、それでも、風が行き届かないところは、今も灼熱地獄です。  そんな中、私の仕事場は、蒸し返す場内でひと汗かいた作業後に、そ [続きを読む]
  • 若竹のように伸びゆけ 未来部躍進月間きょうスタート
  •  未来部の皆さんが、 友と伸び伸びと語り合う。 励まし合いながら、 生涯の友情を広げていく。 ここに希望があり、 平和創出の原動力がある。 皆さんこそ、 世界が期待を寄せる 平和の主人公なのだ。   青春時代にあって、 勉学やスポーツで、 不本意な成績となったり、 負けたりする場合もあるだろう。 しかし、若竹や樹木が、 いかなる風雪にあっても、 上へ上へと 伸びていこうとするように、 「この次は [続きを読む]
  • 心にしみたよ
  •  いじめに遭い、生きる希望を失っていた中学生。“夜回り先生”こと水谷修さんに、たった一言、メールを送った。「死にたい」と▼水谷さんの返信も一言だった。「あなたは誰かのために何かをしたことがありますか?」――中学生は驚き、自問を重ねる。そして、人のために何もしたことがないと気が付き、思い直した。時がたった今、介護職に就き、誰かのために生きる喜びをかみ締めている(水谷修著『優しさと勇気の育てかた』日 [続きを読む]
  • きょう「大阪大会」60年
  • 『“師と共に”の誓いこそ創価の魂“師と共に”の誓(ちか)いこそ創価の魂(たましい) 民衆の真の幸福への“権力との闘争”は、壮絶である。 初代会長・牧口先生は戦時中、軍部政府と戦い獄死。第2代・戸田先生は2年間の獄中闘争の末、焼け野原に一人立った。第3代の池田先生もまた、襲い来る権力の魔性と対峙。その象徴が「大阪大会」だ。 1957年(昭和32年)7月3日。池田先生は公職選挙法違反の容疑で不当逮捕 [続きを読む]
  • 「炎の東京大会」から60年
  • 『いよいよの信心で連続勝利へ前進いよいよの信心で連続勝利へ前進 きょう7月12日は、民衆の幸福と平和の大道を開く、正義の大闘争の原点となった「東京大会」が行われた日である。 今年で60年を迎えた。 この日は、「総東京婦人部 幸福・勝利の日」「総東京青年部の日」ともなっている。 1957年(昭和32年)の7月3日、「大阪事件」が起き、池田先生は、全くの事実無根の容疑で逮捕された。権力の迫害を一身に [続きを読む]
  • インド・ガンジー研究評議会議長 N・ラダクリシュナン博士が寄稿
  •  『凱歌の朝が明けた! 民衆勝利の旗が空高く翻った! さあ清新な決意に燃えて、この世界広布の大道を、朗らかに歩み続けよう! 師と共に、全国・全世界の感激の同志と共に!――きょう3日は、日本の軍国主義の横暴と戦った先師・戸田城聖先生が出獄し、学会の再建へと一人立った日である。そしてまた、関西の地に庶民の一大平和勢力を築くために奔走した池田大作先生が、無実の罪で逮捕された日でもある。後に池田先 [続きを読む]
  • 師弟の「7・3」から60年
  • 永遠の誓い―最後は信心で勝つ永遠の誓い―最後は信心で勝つ 朝が来た。民衆の燃え上がる祈りで時代を変える朝が来た。 今年の7月3日は、池田先生が全くの事実無根の容疑で不当逮捕されてから60年に当たる。 さかのぼれば、創価学会第2代会長となる戸田先生が、戦時中、軍部政府にとらわれ出獄したのが、1945年(昭和20年)の7月3日であった。焼け野原となった東京で、恩師は一人、全ての民衆の幸福を願って立ち [続きを読む]
  • 乙御前御消息 研修教材 2017-7 大白蓮華
  • 『御書全集 1220?7行目〜13行目編年体御書 789?7行目〜13行目 本文 地(ち)には三十六祇(ぎ) ・ 天には二十八宿(しゅく)まほらせ給(たも)う上(うえ) ・ 人(ひと)には必ず二つの天(てん) ・ 影の如くにそ(添)ひて候(そうろう)、所謂(いわゆる)一をば同生天(どうしょうてん)と云(い)い二をば同名天(どうみょうてん)と申す左右の肩にそ(添)ひて人を守護すれば、失(とが) [続きを読む]
  • 乙御前御消息 座談会拝読御書 2017−7 大白蓮華
  • 御書全集 1221?4行目〜6行目編年体御書 760?4行目〜6行目 【本文】 いよいよ強盛(ごうじょう)の御志(おんこころざし)あるべし、氷は水より出(い)でたれども水よりもすさま(凄冷)じ、青き事は藍(あい)より出(い)でたれども ・ かさ(重)ぬれば藍よりも色まさる、同じ法華経にては ・ をはすれども志をかさぬれば ・ 他人よりも色まさり利生(りしょう)もあるべきなり 【通解】 いよいよ強盛( [続きを読む]
  • クールシャワー
  • Jax Jones - Instruction ft. Demi Lovato, Stefflon Don  仕事帰りに、Car Radioがら流れてきて、私の耳と心をくすぐった曲です。 せわしい日々。ここのところ、心身ともに疲れてトーンダウン気味で、ちょっとヤバめの毎日を送っていまして、、、そんな私に、とても心地いいSound。 お題目も、いまいち上の空(苦笑)。 蒸し暑いし。 脛(すね)に、あせもができて痒いし。 でも、この、南国チックなのを聴いたら、 [続きを読む]
  • 大誓堂広宣流布誓願勤行会
  • 6月23日 金曜日 (晴れ) 15時30分、広宣流布誓願勤行会を終え、大誓堂を出たところで撮影。  今日は、2回目の広宣流布誓願勤行会に参加。  前日、22日夕方に東京入りし、ちよさんの誘導で、向島文化会館へ。 加藤さんの「えいえいおー!」に、参加させていただきました。 そこは、当然ながら、ものすごい勢いでした。 力強い! 先生からの真心の応援もいただき、皆さん、益々、執念の魂を燃え上がらせました [続きを読む]
  • 日蓮大聖人様の時代に還れ!
  •  『戸田先生は、昭和29年(1954年)5月3日の第10回春季総会の席上、宣言された。 「学会精神というと、なにかめんどうなことのように思うであろうが、それは、ただ『日蓮大聖人様の時代に還(かえ)れ』というだけです。日蓮大聖人様の御心を心として、この大御本尊を、みんなに受け持(たも)たせたいというだけなのです。 折伏(しゃくぶく)というと、学会を大きくするかのように考える人たちも、なかにいないと [続きを読む]
  • 世論が大事
  •  『草創期(そうそうき)――ある春のことである。仏法の正義を訴えて、地道に対話を続ける若き、けなげな女子部員たちがいた。 彼女たちは内心、「もっと、てっとり早く、颯爽(さっそう)とした活動があるのでは?」といった思いもあった。 しかし、戸田先生は、そうした乙女の心を包容されながらも、こう語られた。「どんな戦いにも、世論(よろん)ほど大事なものはない。歴史をよく見てごらん。どんな正しい行動も、民衆 [続きを読む]
  • 母の手に守られて
  • 公明党CM 「母の手に守られて」ロングバージョン  東京都にお住まいの方は7/2に都議選がありますよね。 私は公明党を応援しているので、ぜひご覧になってください!(^^)! 公明党映画CM「母の手に守られて」  こちらでも、ご覧になれます。 公明党 都議選2017「特設サイト」 ← を「 」して、ご覧ください。  ブロ友さんの「ルル」さんのブログで知りましたので、紹介させていただきました。 ルルさん、有 [続きを読む]
  • 「一善」の我らに凱歌あり
  •  『師・戸田城聖先生とご一緒に、また、不二の同志と共に、深く心肝(しんかん)に染め抜いてきた御聖訓(ごせいくん)がある。 「悪は多けれども一善(いちぜん)にかつ事なし、譬(たと)へば多くの火あつまれども一水(いっすい)には消(き)ゑ(え)ぬ、此(こ)の一門も又かくのごとし」(1463?) 妙法で結ばれた異体同心(いたいどうしん)の団結こそ、たとえ人数は少なくとも、正義(せいぎ)の中の正義の「一善 [続きを読む]
  • 初代会長 牧口先生の正義の叫び
  •  『牧口先生は、獄中で、特高刑事(とっこうけいじ)らの苛烈な取り調べに対しても、毅然たる折伏精神で、正義を訴え、真実を語った。当時の状況を知っている人は、それがどれほど勇気ある行動だったか、想像できるであろう。 「訊問調書(じんもんちょうしょ)」によれば、?「法華経」は、いかなる教えか?という質問に対して、こう答えておられる。 「仏法は、決して釈尊によって作られたものではありません。無始無終にし [続きを読む]
  • 勇気って何?
  •  『池田 きょうの質問は何ですか?  ―― はい。中学2年生の女子からの質問です。 「バスで座っていたときのことです。お年よりが私の前に立ちました。『席を譲(ゆず)ろう』と思ったのですが、胸がドキドキして、なかなか言い出せません。 そうこうしているうちに、その方は下車(げしゃ)してしまいました。私は、いつも肝心なときに勇気が出ません。どうしたら、勇気ある人になれるのでしょうか」  勇気ある人が幸福 [続きを読む]
  • 大東京に凱歌の朝
  • 『「いまだこりず候」と今日も前へ!感激の同志と綴る誉れの歴史は不滅 戸田先生と私との師弟の語らいは、常に御書と共にあった。 1957年(昭和32年)の7月、「大阪事件」の渦中、関西本部で先生と拝した一節がある。 「今の世間を見るに人をよくな(成)すものはかたうど(方人)よりも強敵(ごうてき)が人をば・よくなしけるなり」(御書917?) 先生は、私と一緒に難(なん)に立ち向かってくれた関西の同志を [続きを読む]