楽器系エンタメ情報 Clarbo[クラーボ] さん プロフィール

  •  
楽器系エンタメ情報 Clarbo[クラーボ]さん: 楽器系エンタメ情報 Clarbo[クラーボ]
ハンドル名楽器系エンタメ情報 Clarbo[クラーボ] さん
ブログタイトル楽器系エンタメ情報 Clarbo[クラーボ]
ブログURLhttp://www.clarinet-labo.com
サイト紹介文楽器が好きなら誰でも楽しめる情報を発信する楽器系エンタメ情報サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供214回 / 220日(平均6.8回/週) - 参加 2017/01/09 10:15

楽器系エンタメ情報 Clarbo[クラーボ] さんのブログ記事

  • ドイツの教会にある巨大で壮大なパイプオルガン11選
  • パイプオルガンのデザインに魅了された写真家のロバート・ゴーツフリード氏は、ドイツ南部数十カ所のカトリック教会を訪れて壮大で魅力的なパイプオルガンをカメラに収めた。ドイツのパイプオルガン11選PHOTOGRAPH BY ROBERT GÖTZFRIEDPHOTOGRAPH BY ROBERT GÖTZFRIEDパイプオルガンの歴史パイプオルガンの誕生は紀元前のギリシャ時代にさかのぼります。その頃、北アフリカで発明された水圧オルガン「ヒュドラウリス」が、パイプ [続きを読む]
  • カラフルなサックス達。あなたは何色がお好き?
  • クラリネットに引き続きカラフルなサックスをご紹介します。Mendiniのカラフルシリーズ画像引用:eBayブルー画像引用:eBay癒しのグリーン画像引用:eBayパープル画像引用:eBay可愛いピンク画像引用:eBay彫刻入りブルー画像引用:eBay画像引用:eBay真っ赤なバリトンサックス画像引用:EAST STARカラフルなフレーバーリードもご一緒に一番左の緑はバブルガム味。フレーバーリード詳細についてはこちらカラフルなチューバとユーフ [続きを読む]
  • ポスカで描く!楽器をキャンバスにしたアートが美しいと話題に
  • シドニー在住のアーティストLauren Swanさん。彼女が創作活動に使っているキャンパスはウクレレ、タンバリン、ギター、ドラムなどの楽器である。ウクレレに描かれる美しいアートなんとポスカを使って描かれている彼女の作品は、日本人にとっても身近な筆記用具であるポスカを使って描かれている。タンバリン幼い頃から綺麗な海や星空が大好きだったというLauren Swanさん。Instagramにも作品がたくさん公開されているので興味のあ [続きを読む]
  • サイレント木魚なる商品「需要あるのか?」とネットで話題に
  • YAMAHAからサイレントギターやサイレントピアノと呼ばれる音が外部に漏れにくい商品があることはご存じだろうか。なんと今回はそれと同等の機能を兼ね備えた「サイレント木魚」なる商品が売られているということで、ちょっとした話題となっている。サイレント木魚「寂尊(じゃくそん)」ボリュームコントロール等も見受けられることから、音の制御が可能な仕様となっているようだ。はたしてこのような商品は本当に存在するのだろう [続きを読む]
  • ヴァイオリン54丁、弓70本を破壊した妻逮捕。
  • 7月25日、夫の自宅兼工房にあったヴァイオリン等を破壊した妻が逮捕された。別居中に夫の住居に入り込んで楽器や家具を壊しまくったとして、中国籍の妻、河宮碧容疑者(34)がおととい25日(2017年7月)、住居侵入と器物損壊の疑いで警察に逮捕された。破壊行為は2014年の出来事で、被害の中には1丁5000万円するイタリア製をふくむバイオリン54丁もあり、すさまじいばかりの散乱状態を夫のノルウェー人男性(62)が撮影して動画を [続きを読む]
  • ヴァイオリン54丁、弓70本を破壊した妻逮捕。
  • 7月25日、夫の自宅兼工房にあったヴァイオリン等を破壊した妻が逮捕された。別居中に夫の住居に入り込んで楽器や家具を壊しまくったとして、中国籍の妻、河宮碧容疑者(34)がおととい25日(2017年7月)、住居侵入と器物損壊の疑いで警察に逮捕された。破壊行為は2014年の出来事で、被害の中には1丁5000万円するイタリア製をふくむバイオリン54丁もあり、すさまじいばかりの散乱状態を夫のノルウェー人男性(62)が撮影して動画を [続きを読む]
  • 1907年のアップライトピアノが豪華な机に大変身!
  • ミネソタ州でミュージシャンとして活動しているミランダさん。引越し先の新居に置く仕事用の机を探していた時に、ネット掲示板で廃棄処分予定のアップライトピアノを無料で譲るという投稿を発見しました。古いピアノを家具に変えるという話をFacebookの投稿で見た事があったため、このピアノを引き取って机にする事をすぐに思いついたそうです。ピアノを机にリニューアル早速引き取りに行った古いピアノ。見た目は立派なアップライ [続きを読む]
  • 【動画有】コントのように音楽を愉しむ美女4人組「サリュー・サロン」
  • ドイツ・ハンブルクを拠点に活動している女性4人のアンサンブル「Salut Salon(サリューサロン)」演奏技術はもちろん、これまでに無い斬新なパフォーマンスがとても素敵。1人のヴァイオリンを別の2人が弾いたり逆で弾いたりピアニストも色々逆になったり!動画「Salut Salon(サリューサロン)」についてドイツ、ハンブルクに拠点を置く女性4人のアンサンブル「サリュー・サロン(Salut Salon)」。弦3人とピアノ、そして自分 [続きを読む]
  • 女性音楽家におススメ!楽器デザインの靴が予想以上に素敵
  • ヴァイオリン型のヒールこのヴァイオリンヒールはKobiLevi氏の公式サイトから購入可能。但し、コビレビ氏は現在バリバリの売れっ子デザイナーなのでこちらのヒールも1足20万円弱と高価である。Kobi Levi(コビ・レビ)クラリネットシューズクラリネット奏者にピッタリのシューズ。価格は約13,000円。こちらはGROOVEBAGS公式サイトから購入可能。ピアニストにおススメ!ピアノヒールとてもお洒落なピアノヒール。Charlotte Ol [続きを読む]
  • 氷の楽器による幻想的な演奏会
  • 夏のイベント風だが、夏では無く冬にスウェーデンの小さな街で開催されている「Ice Music」というイベント。その名の通り氷の楽器を使って行われる演奏会である。この演奏会で使用される楽器はすべて、アメリカの氷彫刻家ティム・リンハート(Tim Linhart)が手作りしている。氷の楽器 音色は見た目通り涼しさを感じさせる音色な気がする←ホールも氷製マイナス5℃で作られた楽器が溶けないようにホール内の温度も当然マイナスに設 [続きを読む]
  • 【動画有】プラズマで音楽を奏でるゼウスフォン
  • 高性能テスラコイルにシンセサイザー等の電子楽器をMIDI接続する事で電気アーク(プラズマ)を発生させて音を出すゼウスフォンがアメリカでじわじわ話題に。2007年に開発された楽器ですが最近になって急に知名度が上昇しています。【演奏動画】トッカータとフーガ想像を絶する何とも言えない演奏です。【演奏動画】ダースベイダーのテーマ48秒からゼウスフォンの演奏がスタート。テスラコイルに電流を流して音を出す仕組みニコラ・ [続きを読む]
  • 金管楽器型のiPhoneスピーカーが渋い
  • テキサス州オースティンのChristopher Locke氏が発明した金管楽器型スピーカー。使われなくなった古い金管楽器をベースに作られている。1800年代に一般家庭で使用されていた旧式の蓄音機からヒントを得たそうだ。単純に管内を通してベルから音が出るだけの構造の為外部電源を必要としない。iPad版ダブルベルユーフォニアムの音色に癒される2017.05.31 [続きを読む]
  • 楽譜に物語を描く楽譜アートの世界
  • ロシアのシベリア出身の2人組アートユニット「People Too」のLena Erlich氏によるアート作品。通常楽譜は白黒だが彼の作品は非常にカラフルな色使いで五線譜の中に物語を表現している。これらの作品はsociety6で購入可能。(日本語サイト無し)他にもiPhoneケース、マグカップ、トートバック、クッションなどにプリントした商品もsociety6で販売されている。 [続きを読む]
  • 世界初2画面楽譜デバイス「GVIDO」9月20日発売!
  • 世界初となる2画面楽譜デバイス「GVIDO(グウィド)」の発売日が9月20日に決定した事が発表されました。電子楽譜を管理できるクラウドサービスも一緒にスタートするそうです。どんな商品なのか?いくらで買えるのか?確認してみましょう。世界初2画面楽譜デバイス「GVIDO(グウィド)」http://www.gvido.tokyo/ja/紙のような使い勝手を実現したと称する電子ペーパー楽譜「GVIDO」を、テラダ・ミュージック・スコアが日北欧同時発売 [続きを読む]
  • ヤマハ新型カジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」まとめ
  • ヤマハが2017年春からヨーロッパで発売していたカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」が日本でも発売される事が発表されました。ヨーロッパでは発売当初からリコーダーの様な手軽さでサックスの様な豊かな表現が出来るカジュアル楽器として人気を博しています。ABS樹脂製で価格も安価、しかしリード楽器なので音がしっかり通るという事でヨーロッパでは屋外BBQ等のレジャーに持っていく若者が多いそうです。今回はヴェノーヴ [続きを読む]
  • 【動画有】世界一辛い唐辛子 vs デンマーク国立室内管弦楽団
  • オーケストラ奏者全員が世界一辛い唐辛子を食べながら演奏したらどうなるのか。2014年10月、この絶対やりたくない依頼を快く引き受けたというオーケストラはデンマーク国立室内管弦楽団。画像:DNCO公式このプロモーションはデンマークで現在最も有名な唐辛子研究家チリ・クラウス氏により企画が持ち込まれ2014年10月に行われました。チリ・クラウス氏は唐辛子系商品を販売する会社を経営しています。チリクラウス社スパイスセット [続きを読む]