メル さん プロフィール

  •  
メルさん: 中学生メルの哲学レンズ
ハンドル名メル さん
ブログタイトル中学生メルの哲学レンズ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/meru2029/
サイト紹介文13歳、アスペルガー(ADHDハイブリッド)の女子が、気に入った本などを書いていきます。
自由文『嘲笑せず、嘆かず、呪わず、ただ理解する』(スピノザ)
13歳、アスペルガー(ADHDハイブリッド)の女子が、気に入った本などを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 106日(平均5.9回/週) - 参加 2017/01/09 11:42

メル さんのブログ記事

  • 『サピエンス全史 下』
  • サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福posted with ヨメレバユヴァル・ノア・ハラリ 河出書房新社 2016-09-08 Amazon楽天ブックス ・面白さ  ★★★★★・読みやすさ ★★★☆☆・本のポイント『サピエンス全史 上』の続き。下巻は主に科学革命について意見を述べている。・気になった箇所「私たちが真剣に受け止めなければいけないのは、歴史の次の段階には [続きを読む]
  • 『人物で読み解くセンター倫理』
  • 人物で読み解くセンター倫理posted with ヨメレバ蔭山克秀 学研教育出版 2014-07-16 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★☆・読みやすさ  ★★★★★・本のポイントセンター倫理の参考書。以前紹介した『蔭山のセンター倫理』と著者は同じだが、内容は別物。前に紹介した参考書は、思想の説明や思想同士の繋がりについて説明してありましたが、こちらは人物に特化しています。主 [続きを読む]
  • 『原色日本の美術 23 面と肖像』
  • ・面白さ   ★★★★★・読みやすさ  ★★★★☆・本のポイントざっくりと言うと、日本のお面と肖像の図鑑です。まさに私の好みにドンピシャでした(笑)人間の顔をしたものはすごく好きなので。特に、浄土寺所蔵の空也上人像(念仏を唱える口から阿弥陀が現れたという伝承をそのまま像にしたもの)、宝生家所蔵の大喝食(能面)がとても気に入りました。やはり、いいものには惹かれるオーラがありますね(^o^)初版が昭和46年(1971)と [続きを読む]
  • 『ブッシメン!』
  • ブッシメン!THE IMAGE MAKER(1) (イブニングKC)posted with ヨメレバ小野 洋一郎 講談社 2011-05-23 Amazon ・面白さ   ★★★★☆・読みやすさ  ★★★★★・本のポイントすごい仏師の息子が、フィギュアの原型を作る会社に勤めながら、仏を彫るとはどういうことかを学んでいくストーリー。全4巻。今日は東洋思想の変化球ということで、漫画を紹介します。この漫画は、 [続きを読む]
  • 『真の独立への道』
  • 真の独立への道―ヒンド・スワラージ (岩波文庫)posted with ヨメレバM.K. ガーンディー 岩波書店 2001-09-14 Amazon ・面白さ    ★★★★☆・読みやすさ  ★★★☆☆・本のポイント「インド独立の父」といわれるガーンディーが書いた本。対話形式で書かれているが、実際に対談したわけではなく、自分の基本理念について分かりやすく説明するためにそう書いている。・ [続きを読む]
  • 不登校新聞 記事を書きました!
  • 不登校新聞って、知っていますか?その名の通り不登校や引きこもり関連の記事が掲載されています。簡単に言うと、不登校専門紙ですね。紙版とウェブサイトがあります。この間東京に行ったときに、編集会議に参加しました。とても親しみやすい雰囲気で、楽しかったですよ(^o^)私自身のことをいろいろ話しているうちに話が盛り上がり、記事を書くことになりました。保健室登校の日常ということで、保健室にメモを持ち込み、そこで起 [続きを読む]
  • 『学問のしくみ事典』
  • あらゆる「学」の歴史とつながりがわかる 学問のしくみ事典posted with ヨメレバ茂木 健一郎 日本実業出版社 2016-03-19 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★☆・読みやすさ  ★★★★★・本のポイント「世の中にはどんな学問があるの?」「〇〇学はどんなことを学んでいるの?」などといった疑問に答える本。学問どうしの繋がりなども解説している。・気になった箇所「学問は誰 [続きを読む]
  • 『サピエンス全史 上』
  • サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福posted with ヨメレバユヴァル・ノア・ハラリ 河出書房新社 2016-09-08 Amazon楽天ブックス ・面白さ  ★★★★★・読みやすさ ★★★☆☆・本のポイントエルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている先生の本。ホモ・サピエンスの発達の段階などをを綴っている。・気になった箇所「かつて学者たちは、農業革命は人類にとって大躍進だったと [続きを読む]
  • 一年前の私と今の私
  • 今日、私の学校は始業式&入学式でした。私が中学校に入学したのが、ちょうど一年前です。月日が経つのは早いですね。受験が終わり、入学したときは、友だちできるかな…とか勉強ついていけるのか…とか、そんなことで頭がいっぱいになってしまい前が見えていませんでした(笑) 一年間いろいろあって、かなり変わりました。今は時間や心に余裕があります。これから何を目標にするのか、自分は今何がしたいのかが考えられるよう [続きを読む]
  • 『萌える☆哲学入門』
  • 萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~posted with ヨメレバ造事務所 編著 大和書房 2009-06-20 Amazon ・面白さ   ★★★★☆・読みやすさ  ★★★★★・本のポイント前に紹介した、『哲学男子』と同じような系統の本。「萌える☆」とあるが、正直言って萌え要素はあまりない。結構詳しく書いてありました。この本はかなり薄いのですが、その中にぎっし [続きを読む]
  • 県教育委員会の人からスカウトされた!?
  • この間、オルタナティブスクールのセミナーに両親と参加してきました。(オルタナティブスクールは、大雑把に言えば「自由度が高い学校」です。)そのときのグループワークで、県教育委員会の人と一緒になりました。しばらく話をしていたのですが、いきなり、「君のような人に先生になって欲しいんだよ!」と言われてしまったのです。すごく熱意のこもった視線で(笑)学校の先生は、私が就きたくない職業No.1です。面と向かって言われ [続きを読む]
  • 『蔭山のセンター倫理』
  • 蔭山のセンター倫理―ポイント&キーワード (大学受験Nシリーズ)posted with ヨメレバ蔭山 克秀 学研教育出版 2012-06 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★☆・読みやすさ ★★★★★・本のポイントセンター倫理のための参考書。哲学書と違って要点がきちんとまとめてあるので、哲学用語や哲学史を早く覚えることができる。この本の中から、私が問題をピックアップしてみました。 [続きを読む]
  • 脱線すると何かが起こる
  • 突然ですが、人間って、電車だと思うんです。敷かれたレールの上を走る電車。でも、そのレールから脱線してみると、新たな自分が見つかることがあるかもしれません。みんなと同じ電車だと思っていたのが、実は、自分にはジェットエンジンが付いていて、飛行機だったとか。あるいは船で、そもそも活躍する場所が違ったとか。自由でマイペースなキャンピングカー。広い場所であれば、どこにでも着陸できるヘリコプター。小回りが利く [続きを読む]
  • 『国境のない生き方』
  • 国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)posted with ヨメレバヤマザキ マリ 小学館 2015-04-01 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★★・読みやすさ  ★★★★★・本のポイント『テルマエ・ロマエ』『プリニウス』の作者ヤマザキマリが、子供の頃のことや出産など、色んな国で経験したことを綴っている。・気になった箇所「根っからの図鑑好きとしては、見たこともな [続きを読む]
  • 『子どもたちに語るヨーロッパ史』
  • 子どもたちに語るヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)posted with ヨメレバジャック ル・ゴフ 筑摩書房 2009-09-09 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★★・読みやすさ  ★★★★★・本のポイントいろんな本を読むときに知っておいたほうがいい、ヨーロッパ史を一気に覚えることができる。さらに、ヨーロッパ史の中の中世のことについても、詳しく知ることができる。・気になった箇所 [続きを読む]
  • 世界自閉症啓発デー 当事者メルの私見
  • 今日は、世界自閉症啓発デーらしいです。私は昨日まで知りませんでした(笑)なので、当事者の私から見た、世界自閉症啓発デーを書こうと思います。ズバッと言いますが、私は、世界自閉症啓発デーのメッセージには、あまりいいイメージは持っていません。 公式サイトのメッセージを私なりに要約してみると、「自閉症や発達障害の人達は、僕達とは違うから、優しくしてやってね。」という結論になりました。僕達とは違う?私達か [続きを読む]
  • 今年度の目標:人生を楽しくするために学ぶ!
  • 新年度が始まりましたね〜(*^^*)ということで、 今回は平成28年度の振り返りと、平成29年度の抱負を書こうと思います。昨年度は、本当にいろんなことがありました。目まぐるしく日々が過ぎていき、そして、充実した一年間でした。入学したと思ったら、直後に熊本地震だったり、引きこもったときもあれば、アクティブに外に出たり。精神状態がだんだん良くなってきたかな?と思ってたら、悪化したり。また、昨年度はいろんな所に旅 [続きを読む]
  • 『12歳からの現代思想』
  • 12歳からの現代思想 (ちくま新書)posted with ヨメレバ岡本 裕一朗 筑摩書房 2009-09 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★★・読みやすさ  ★★★★☆・本のポイントコピペやサイボーグ、コミュニケーション能力についての考察を、フーコーなどの現代思想を用いて説明している。・気になった箇所「分かりやすい例として、ネット書店のアマゾンで書籍を購入する場合を考えてみまし [続きを読む]
  • 学校は“宗教”のようだ。
  • また昨日、祖母に「教室行け」と言われました。もう何度目でしょうか。その後、少し体調が悪くなってしまいました(笑)社会学的視点で考えると、学校は“宗教”だと私は思います。学校の数だけ“教え”があります。学生は、その学校の“教え”を聞きたくて受験しているはずです。(親が言ったからとか、例外もあると思いますが。)つまり生徒は、その学校の教育理念の信者なのです。(一部を除いて。)学校側も「自分たちの学校は、こん [続きを読む]
  • 『マキアヴェッリ語録』
  • マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)posted with ヨメレバ塩野 七生 新潮社 1992-11-30 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★☆・読みやすさ  ★★★★☆・本のポイント中世イタリアの思想家マキアヴェッリの語録。経営者やリーダーの人が読むといいかも。・気になった箇所「人を率いて行くほどの者ならば、常に考慮しておくことの一つは、人の恨みは悪行からだけでなく善行からも生ま [続きを読む]
  • 塾のチラシ、自分で作ってみた!
  • 私の家は新聞を取っています。その中に折込チラシが入っているのですが、もうすぐ新年度が始まるこの時期は、塾のチラシが大量に入ってきます。そこで、塾のチラシっぽいものを自分で作ってみました。Illustratorでぱぱっと作ったので色々と雑です。女の子のイラストは、下書き、ペン入れ、色塗り含めて10分で描いたので、ベタ塗り&線が汚いです。本当はもっと上手いはず(笑)〇〇大学何人とか、合格実績No.1とか。よくあり [続きを読む]
  • 通知表に関する考察
  • 学校に通う者なら、嫌でも必ず貰わなければいけない物。それを見て喜ぶ者もいれば、「人生終わった…」などと絶望する者もいる…様々な物語を見ることが出来る紙。それが通知表。↑なんか中二病っぽいですね(笑) 私も先日、通知表を貰いました。普通の通知表は、54321で評価する欄があったりしますよね。その隣に身長、体重や生活態度などの項目があったり。ですが、私はテストを受けていないので、評価のつけようがありませ [続きを読む]
  • 【閲覧注意】なぜ私は仮面が好きなのか
  • 私は仮面がとても好きです!この間、東京に行ったときに、国立博物館でたまたま金春(こんぱる)家の能面と能装束が特別展示されていていました。(博物館に連れて行ってくれた方が、とても博識で、詳しく解説して頂きました。ありがとうございました。)撮影可能だったので、沢山写真を撮ってきました。 ふと思ったのですが、私はなぜ仮面が好きなんでしょうか?分析してみようと思います。ちなみに私は能面だけではなく、伎楽面 [続きを読む]
  • 『モンテーニュ エセー』
  • エセー〈1〉人間とはなにか (中公クラシックス)posted with ヨメレバモンテーニュ 中央公論新社 2002-09 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★★・読みやすさ  ★★★★☆・本のポイント元祖エッセイ。ボエシの親友のモンテーニュが書いたもの。            ・気になった箇所一方の得が、他方の損になる「アテナイの人デマデスが、その町のある男を有罪とした。埋葬に [続きを読む]
  • 『知的複眼思考法』
  • 知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)posted with ヨメレバ苅谷 剛彦 講談社 2002-05-20 Amazon楽天ブックス ・面白さ   ★★★★☆・読みやすさ  ★★★★☆・本のポイント就職協定や偏差値問題などの社会問題から、複眼思考法のポイントを知ることができる本。            ・気になった箇所「塾と学校を、それぞれケースとして比べてみた [続きを読む]