まこ さん プロフィール

  •  
まこさん: しっぽ…一歩
ハンドル名まこ さん
ブログタイトルしっぽ…一歩
ブログURLhttp://marukyaba.blog.fc2.com/
サイト紹介文一人暮らし3年目。平凡な日々を2匹の愛犬と過ごしています。残りの人生,私らしく生きるために…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 260日(平均0.7回/週) - 参加 2017/01/09 16:02

まこ さんのブログ記事

  • 指導
  •  人を指導する柄でもない私も,今の仕事に携わってから半年が過ぎようとしている。 親子ほどの年が離れた若者を指導することの難しさをここに来て少々感じている。 私が担当する新人数名は比較的素直で,あからさまに反発したり,何か言われてへこんで泣き言を言ったりするような若者ではない。 しかし,「気付けよな。」と思うことにもなかなか気付かず,随分待っていたのだが,先日そのことを言ったら,困惑していた。 また [続きを読む]
  • アンラッキー
  •  またまた更新が滞ってしまいました。 気軽に好きなことを呟いているブログといえども,一つのことを長く続けるというのは難しいものです。  今日は台風18号が過ぎ去り,風が少々強いものの,太陽が顔を覗かせる清々しい天気になりました。 もちろん,今だ台風の影響を受けている地域に住んでいいる方や台風の爪痕に苦しんでいる方には,こんな書き方は申し訳ないと思います…。 昨日はある資格取得のため,母校の大学で講 [続きを読む]
  • 恩返し
  •  夏の休暇が続いているのに,部屋の掃除も進まず,だらだらと無駄に過ごしています。 雨が続いていますので,愛犬を散歩に連れ出すことも出来ず,犬たちも少々不満気味…。 ルナとレオが僧房弁閉鎖不全症と診断されてから,気持ちが落ちています。 キャバリアは“短命な犬種”との記事をネットで目にしたり,散歩中に突然気絶してしまうこともあるなどということを読んだりすると,正直不安でいっぱいです。 家で安静にしてい [続きを読む]
  • 治療開始
  •  今,2匹の愛犬は寝ています。 実は今日,2匹の心臓の検査をしました。 検査内容はレントゲンと超音波検査。 獣医師からは,2匹とも“僧帽弁閉鎖不全症”と言われました。 レオの方が症状は重く,今日から投薬治療が始まりました。 レオは犬種的にも心臓の疾患が重くなりやすいとのことです。 ルナは現時点では経過観察とのことでした。 2匹とも半年後にまた検査をし,状態を確認していくことになりました。 塩分を控 [続きを読む]
  • 土用の丑の日
  •  昨日は“土用の丑の日”ということもあり,仕事帰りにスーパーに寄って鰻の蒲焼きを買いました。 家に着いてから,美味しく温めようと酒をふりかけ,フライパンで蒸し焼きにして,早速食べてみました。 口に入れると,ふわふわ柔らかく,舌鼓を打っていると,何と喉に鰻の小骨が突き刺さってしまったのです。 痛っ! その痛みは耳の奥まで響きます。 ご飯を詰め込んだり,お茶や水を飲んだり,はたまた,うがいや吐き戻しも [続きを読む]
  • 親知らず
  •  6月の半ば過ぎ,歯磨き時,右下奥歯に歯ブラシが当たると,沁みるというか痛みを感じていました。 数日しても良くならず,思い切って歯医者に行くことにしました。 診てもらったところ,虫歯ではなく,知覚過敏という診断でした。 治療法は特になく,その日は歯のクリーニング(歯石除去)をしてもらい,沁みる部分には薬を塗布してもらって帰りました。 その時,左上親知らずが虫歯になりかけているから抜いたほうがいいと言 [続きを読む]
  • レオ,7歳に
  • 昨日,レオが7歳になった。7歳と言えば,シニア犬の仲間入りをする年代である。私の愛犬は,もう2匹とも“シニア”と呼ばれる年齢になってしまった。その飼い主も然り。私たち,一人と2匹は全員“シニア”である。人間の一生もあっという間で,若く元気な,そして美しい(?)時が永遠に続くかと思っていたあの頃…。振り返ると,そんな時期はあっという間で,残りの人生は体のあちらこちらに不具合が生じ,顔を覗けば,皺やシミ [続きを読む]
  • 誕生日
  •  今日,誕生日だった。 自分の誕生日を忘れるくらい,誰にも語られることのない私の誕生日…。 このことに気付いたのは今朝,講習会に行く車の中でだった。 そう言えば,数日前,妹からほんとに久しぶりに電話があり,誕生日がどうのと言っていたっけ。 今さら,誕生日でもないけど…。 そんなに嬉しい年齢でもないし…。 よくぞ,半世紀以上も生きているものだ…と我ながら思う。 この歳になれば,悪いところの一つや二つ [続きを読む]
  • 赤い車
  • 今日,新しい車が来た。ということは,これまで喜びも悲しみも共に歩んできた“赤い車”とのお別れを意味する。車なんて単に物なんだし,感傷に浸る必要もないのだろうけれど…。この“赤い車”は私の大切な人を乗せたと共に,最も辛いとき,その懐の広さで私の涙を拭いてくれた。生きていた母やメル,そしてお骨になってしまった彼らをも運んだ。母や亡き愛犬メルとの思い出が詰まった車だった。私はこの車の中で,人目をはばから [続きを読む]
  • 孤独
  •  一人暮らしになってから,2年と8か月が過ぎようとしている。 この間,日々の食事も,買い物も,ちょっとした外出もいつも一人だ。 もちろん,相棒(犬たち)と一緒のときもあるけれど…。 なんか“ひとり”が当たり前で,慣れてしまったようだが,やはり,会話ができる人間の誰かがいないのは,時に心細くなる。 昨日は休日出勤の代休だったので,美容院で髪を切ってきた。 家に戻っても,その新しい髪形が似合うとか,おか [続きを読む]
  • 心雑音
  •  先日,動物病院に行った際,レオに心雑音があることが分かった。 獣医師によると,キャバリアは5歳で80パーセントが心臓病になるとのことだった。 私もキャバリアが高確率で,遺伝的に心臓病になるということは分かっていた。 でも,いざそう言われると,正直ショックで気持ちが落ちてしまう。 レオは今6歳,この7月で7歳になる。 やはり,例外にはなれなかった。 咳をしないか,疲れやすくはないかと聞かれたが,咳 [続きを読む]
  • この頃
  •  ブログを再開したというのに,またしても停滞…。 なかなか軌道に乗れません。 コメントをくださった方々にも不義理をしてしまい,自己嫌悪です…。  さて,6月になりました。 まだ梅雨前なので今日はさわやかな一日でした。 こんな日は都会の喧騒を離れて,どこかいい空気の山や海辺にでも出掛けたかった…。 そんな思いはあるのですが,“ひとり”というのはどこか腰が重いというのか,どうも出不精になりがちです。  [続きを読む]
  • 母の日
  •  今日は母の日だった。 感謝の気持ちを伝えたい母はもういない…。 ここのところ,パソコンには「母の日特集」とか,「まだ間に合います。母の日のプレゼント」などと謳った業者からのメールがこれでもかというほど届いていた。 私の母がもう故人だということなど知る由もないそれら業者に何の文句もないが,「母の日」は私にとってちょっぴり感傷的になる一日なのだ。 生前,母はこんなことを言っていた。 母が子供の頃,  [続きを読む]
  • 何とかやっています
  •  しばらく投稿をせず,皆さんにご心配をかけていましたが,私は何とか元気にやっています。  2月から3月にかけて,仕事上のトラブルが続き,心身共にボロボロになってしまいました。 あれから年度も変わって,仕事の中身も変わりました。 今年は新入職員の指導が私の仕事です。 昨年度とは打って変わって,のんびりとした毎日を送っています。 ブログのことはいつも気になっていました…。 でも,なぜか記事を書く気にな [続きを読む]
  • どうしたらいいのか…
  •  前回の投稿から10日以上も経ってしまいました。 例のトラブルは一応収束していますが,自分の中ではもやもやした思いがいまだ消えません。 いろいろ考えると,仕事を辞めることは絶対に不可能です。 今の私には背負っているものが大きくて,“辞める=生きていけない”ということなのです。 もちろん,今回のことは自分の仕事への甘さから起きた部分もありますので,多少嫌な思いをしても仕方ないのかもしれません。 ただ [続きを読む]
  • その後
  •  仕事,やっぱり辞められないですよね…。 生きていかなければならないし…。 ルナやレオを路頭に迷わすこともできないし…。 今は辛いけれど,何とか踏ん張らなければ…と思っています。  例のトラブルはまだ収束していないし,なんか無理難題を押し付けられている気がするけれど…。  それが“仕事の厳しさ”なのであろう。 お金を稼ぐのは楽じゃない。 長く仕事をしていれば,しんどいときもあるだろう。 今までだっ [続きを読む]
  • 辞めたい
  •  自分のことを仕事ができると思ったことはない。 でも,何とか今の仕事を始めてから27年が経とうとしている。 これだけ長い間,同じ仕事を続けてこられたのも,職場の人のサポートや協力,家族のぬくもりがあったからだと思っている。 しかし,この長い年月は順風満帆だったわけではない。 幾度か辞職の危機にもあってきた。 今,数年ぶりにやや大きなトラブルを抱えることになっている。 それを鎮めるのはもはや,自分一 [続きを読む]
  • 悲しみという厄介な相棒
  •  8年前の今日の早朝,初めての愛犬メルがお星さまになった。 だからなのか,今日はどこか気持ちが落ちてしまっている。 メルがこの世に別れを告げてからもう8年になる…。 改めて,年月の流れの無常さを感じている。 そして,それから5年後には,母までも喪ってしまった。 ルナの病態について獣医師に尋ねてみた。 一つは肝臓に問題があるとのこと。 はっきりした病名を知るためには肝臓の組織を採る生検をしなければな [続きを読む]
  • 母の叱責
  •  二日ほど前,母の夢を見た。 母の夢を見るのは本当に久しぶりで,穏やかな母を期待するところであるが…。 私は夢の中の母に叱責されていた。 状況や叱責の経緯の詳細は忘れてしまったが,なにやらこんなことだったようだ。 私が期日の決まっている事柄にいつまでも手を付けず,締め切りぎりぎりになってから,慌てて手を付けることを怒っているらしい。 母は「決まっていることなのに,何やってるの!」というようなことを [続きを読む]
  • ルナの震え
  •  仕事から帰ったら,ルナの様子がいつもと違っていた。 ダイニングテーブルの下に入って,出て来ない。   どうしたの,るうちゃん?具合,悪いの? 声をかけて,抱き寄せたら体が震えている。 ご飯をあげたら,“食いしん坊将軍”ことレオはいつも通り完食なのに,ルナはフードを少々残した。 こんなこと,ここ最近なかったのに…。 ルナは時々,こういうことがある。 以前通っていた動物病院の獣医にこのことを相談した [続きを読む]
  • ペットビジネスの闇
  •  愛犬をどこから迎えたかと聞かれたら,ペットショップからと答える人は多いだろう。 御多分に漏れず,私もペットショップで購入した。 亡き愛犬を含めると,3匹の犬を迎えたことになる。 ホームセンターの一角にペットショップがテナントとして入っていて,トイレットペーパーや洗剤が陳列されているすぐ傍に,可愛らしい子犬や子猫がショーケースの中からこちらを見ている姿は,日本全国どこでも見られる光景である。 動物 [続きを読む]
  • 死別ブログ
  •  久し振りに,死別カテゴリーのブログを覗いてみた。 前にも書いたが,私はこれまで,このカテゴリーでブログを書いていた。 突然母が亡くなり,泣かない日がないほど辛かったのに,何事もなかったかのように仕事に行かなければならず,人前では平静を装っている自分が苦しかった。 私の心はバランスを崩し,今にもばらばらになってしまいそうだったのだ。 そんな時,死別ブログに行き着いた。 自分と似たような境遇の方のブ [続きを読む]
  • 初iPhone
  •  この週末は,厳しい寒さのため,外出するのも億劫だった。 でも,スマホのバッテリーがもたず,すぐに電源が落ちてしまっていたため,重い腰を上げてソフトバンクのショップに行ってきた。 3年半ほど使用していたということもあり,この不具合は「寿命ですね。」とのこと。 今までアンドロイドを使っていたが,今回はiPhoneにしてみることにした。 機種変更の手続きはさほど時間もかからず,スムーズだったのだが,家 [続きを読む]
  • 高齢者の定義って…
  •  先日,内閣府は高齢者の定義を70歳以上に引き上げるという提言を発表した。 この背景として,働き手の確保をその理由の一つとして挙げているが,その真意は社会保障の増大による税負担の減少をねらったというものであろう。 現在,高齢者の多くは健康でまだまだ現役として活躍できる能力を持ち合わせているというが,果たしてそうだろうか? 私の母は長年肝臓病を患いながらも,65歳まで何らかの仕事を続けてきた。 しか [続きを読む]
  • 2017年の始まり
  •  一人で暮らすようになって2年が過ぎた。  一人暮らしは平成2年,今の仕事に就いてから十数年経験済みだったが,その後,母と暮らすようになってから二人暮らしとなった。 その間,今は亡きメル,そしてルナとレオという3匹の愛犬とも巡り合えた。 若い頃の一人暮らしは,友達を自由に部屋に招くこともできたし,自宅から大学に通っていた学生時代からの念願だったこともあって,希望に満ちていたし,楽しかった。  でも [続きを読む]