まいん さん プロフィール

  •  
まいんさん: 仮想通貨投資
ハンドル名まいん さん
ブログタイトル仮想通貨投資
ブログURLhttp://bitcoinv.net/
サイト紹介文保有通貨と買い方、使い方、今後の動向などまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 170日(平均2.1回/週) - 参加 2017/01/09 17:01

まいん さんのブログ記事

  • omni 仮想通貨
  • ビットコインのブロックチェーン上で最も使用されるプラットフォームであり、まだ価格が割安なので将来性に期待して保有しています。(トランザクションの割合:omniはピンクで39.9%)・ブロックチェーンとは2008年に開発された「次世代型ネットワーク技術」です。「改ざんできない仕組み」になっていることが特徴であり、2017年現在まで一度もデータ改ざんやシステムダウンが発生していません。資産や取引履歴をネットワーク場で [続きを読む]
  • ビットコイン 今後の展望
  • (2016年1月〜2017年6月現在のチャート@Zaif)・2016年1月=5,000円/1BTC前後・2017年6月=30万円/1BTC前後 となっています。「ビットコインはまだそのポテンシャルをほとんど発揮していない」「ビットコインの価値が2030年には50万ドルに達する可能性もある」Snapchatの最初の投資家のジェレミー・リー(Jremy Liew)氏BlockchainのCEO兼共同創業者のピーター・スミス(Peter Smith)氏がそれぞれ主張しています。以下が根拠で [続きを読む]
  • イーサリアムクラシック 今後
  • イーサリアムクラシックは今後も価格が上昇すると見込んでいます。1.イーサリアムの技術は「独自性」が高い2.取り扱う取引所が増えている3.開発者や取引所から支持されているという理由です。(リリースから現在までのチャート@Poloniex)*イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはイーサリアムから「分裂」して生まれた仮想通貨です。単位は「ETC」です。(参考)イーサリアムとは*誕生した背景イーサリアムを利用した [続きを読む]
  • zcash 今後の予想
  • Zcashは「匿名性の高さ」が吉と出るか凶と出るか?状況を見守っている途中です。Zcash Ceremony(日本語字幕もできます)*Zcashとはビットコインのセキュリティ強化版といえる仮想通貨です。2016年10月28日に取引が始りました。(トークン=単位は「ZEC」)「ゼロ知識証明」という技術によって、取引追跡ができない完璧なプライバシー保護を実現しています。・ゼロ知識証明とはある命題が正しいことを証明する場合、相手にその命 [続きを読む]
  • ネムコイン将来性
  • 堀江貴文のQ&A「リスクは当たり前!?」〜vol.767〜NEMの将来性と堀江さんが実際にトークンを出した体験が語られています。*NEMとはNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称であり、平等な分散型プラットフォームとして新たなデジタル通貨による、経済圏を作り出すことを目的に始まった仮想通貨プロジェクトです。莫大な資金を使って採掘システムを構築するような、一部の採掘者やグループに報酬が偏らない設計になっていま [続きを読む]
  • 仮想通貨 半減期
  • *半減期とは採掘報酬が半減するタイミングのことです。(ビットコインの場合は約4年に1回程度です)*採掘(マイニング)とは新規発行に至る行為のことです。(一般社団法人日本クリプトコイン協会)ビットコインの発行総量は2140年までに2,100万BTCとされていて、それ以降新規に発行されることはありません。以下ビットコインの半減期です。(ビットフライヤー公式ページより)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー採 [続きを読む]
  • 仮想通貨 不正引き出し
  • 国内初で大手取引所のビットフライヤーとコインチェックが、個人のIDやパスワードなどを第三者に悪用され、口座から通貨を盗まれた際の「被害補償サービス」を開始しています。*ビットフライヤー三井住友海上火災保険と連携しています。口座への不正ログインで仮想通貨を日本円で出金されたことが発覚した後、警察による被害調査を経たケースを補償します。ビットコインとイーサリアムが対象で、保有残高に応じて補償上限が異なり [続きを読む]
  • 暗号通貨コンシェルジュ
  • 「暗号通貨コンシェルジュ」という有料会員制コミュニティーを見つけました。月額980円(税別)で以下のサービスが受けられるそうです。1.手数料無料のポケット2.対面サロン3.プレセール情報(準備中)4.セミナー(準備中)5.オリジナル通貨の発行企画(準備中)6.デビットカード(準備中)7.コミュニティー(準備中)個人的に以下のサービスはいいなと思いました。2.対面サロン5.オリジナル通貨の発行企画(準備中)サロン所在地東 [続きを読む]
  • アービトラージ 仮想通貨
  • 仮想通貨もアービトラージで理論上100%利益を出すことができます。基本的に現物取引であり取引所間を移動できるからです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*アービトラージとは裁定取引のことです。同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点で、それぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引 [続きを読む]
  • 仮想通貨 リップル
  • (リップルの購入履歴)リップルを本日買い増ししました。今後も価格上昇と利用価値がより高まると判断しているからです。今後も適宜買い増し予定です。(参考)リップルとは判断材料の一つは「国際送金の大幅コストダウン」です。(SBI証券の公式資料)リップルのシステムとリップルの仮想通貨「XRP」を併用すると、海外送金コストを60%削減できるという内容です。銀行間取引が本格化するまでは、売らずに保有しておこうと思って [続きを読む]
  • 仮想通貨 銘柄
  • 仮想通貨の関連銘柄をまとめます。*取引所関連・リミックスポイント(3825)子会社のビットポイントジャパンが取引所「BITPoint」を運営しており、取引所の口座を持っている株主へビットコインを配当しています。まだキャンペーンで不定期ですが、今後は株主優待として定期的に配当されることを期待しています。またピーチ航空(LCC)と提携していて、航空券などの料金をビットコインで支払うことができます。ビットポイントジャ [続きを読む]
  • 仮想通貨 チャート
  • リアルタイムチャートが見れる取引所と対応通貨です。*ビットフライヤーチャート表示通貨・ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)取り扱い通貨・ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)(公式)bitFlyer*コインチェックチャート表示通貨・ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)取り扱い通貨・ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・イーサリアムクラシック(ETC)・リップル(XRP)・ゼットキャッシュ(ZEC)・ [続きを読む]
  • 仮想通貨 税金 バレる
  • 「実務レベルではまだ何とも言えない」と本日顧問税理士に言われました。(仮想通貨の税金に関して)現状はこのような状況と解釈ですが、(参考)仮想通貨の税金について税制上は実務レベルで申告定義がされていないとのことでした。個人的には以下の対応をしています。1.なるべく円に戻さない2.合計利益を把握しておく(購入と売却の差益)3.年間20万円超えなければ何もしない4.年間20万円超えたら雑所得として税理士に相談する利 [続きを読む]
  • 仮想通貨 投資
  • (保有通貨@コインチェック)(保有通貨@Poloniex)以下の通貨を保有しています。*堅調に価格が上昇すると予想・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)*まだ価格が低いので買い時(大化け予想)・シアコイン(SC)・リスク(LSK)・ジーキャッシュ(ZEC)・ネム(XEM)*8月1日まで様子見・ビットコイン(BTC)(参考)ビットコインの様子を見ている理由1.オリジナル性がある(仕組みや構造)2.社会性がある(様々な技術と連携 [続きを読む]
  • 仮想通貨 暴落
  • (チャートはビットフライヤー)2017年6月15〜16日にビットコインの価格が大暴落した過去について、今後の展望と合わせて理由を考察します。(約32万円→約25万円へ価格下落)価格が下がる=買い手よりも売り手が多いということが一般的な事象ですが売り手が多かった理由として、2017年8月1日にビットコインが分裂する可能性が一番だと思います。・分裂とは1.ビットコイン・コア/Bitcoin Core(BTC)2.ビットコイン・アンリミテッ [続きを読む]
  • 仮想通貨 取引所
  • 1.資本金と出資会社2.販売通貨3.手数料4.レバレッジ5.特徴まとめという項目で日本国内の仮想通貨取引所を比較します。1.資本金と出資会社 取引所資本金出資会社 bitFlyer41億238万円SMBCベンチャーキャピタル株式会社みずほキャピタル株式会社三菱UFJキャピタル株式会社第一生命保険株式会社三井住友海上キャピタル株式会社リクルート株式会社ベンチャーラボインベストメントSBI investment株式会社電通デジタル・ホールディング [続きを読む]
  • 仮想通貨 税金
  • 以下、金融庁とビットフライヤー(取引所)の公式情報を基に、仮想通貨の税金についてまとめてあります。*利益と税率表 仮想通貨の年間利益所得税率控除額住民税 195万円以下5%0円10% 195万円超え330万円以下10%97,500円10% 330万円超え695万円以下20%427,500円10% 695万円超え900万円以下23%636,000円10% 900万円超え1,800万円以下33%1,536,000円10% 1,800万円超え4,000万円以下40%2,796,000円10% 4,000万円 [続きを読む]
  • siacoin 購入
  • (購入完了画面)siacoinを購入しました。・購入価格=0.00000618SC・購入量=20000SC(約25,000円)・取引手数料=50SC(0.25%)・交換ビットコイン量=0.12360000BTC*購入理由投資目的です。現在まだ価格が低く今後上がる可能性を感じて「買うなら今」と判断しました。*siaとはストレージの空き容量をブロックチェーンを介して第三者に貸し出し、その対価として支払われるため開発されたものです。Dropbox、Googleクラウド、Amaz [続きを読む]
  • 仮想通貨 ランキング
  • https://www.coingecko.com/ja仮想通貨のランキングを見ることができるサイトです。・時価総額・流動性・開発者・コミュニティ・公共の趣味の項目でソートできて、チャートも見れます。また国内取引銘柄数1位の「コインチェック」では、「マーケットメイカー取引額ランキング」がマイページで見れます。多い人は日々どのくらい取引をしているのかを把握することで、自分の売買の一つの目安になっています。 [続きを読む]
  • 仮想通貨とは
  • 仮想通貨とは特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことです。対して日本円やUSDなどのは国家が保証する法定通貨です。また中央銀行や特定の企業といった発行元がありません。暗号を使用した交換するための媒体であり、貨幣価値を持つ物体のない仮想の通貨です。暗号通貨の一種でありデジタル通貨とも呼ばれています。*暗号通貨とはセキュリティ対策として暗号技術をベースに作られた通貨です。・暗号理論を用いて取引の安 [続きを読む]
  • リップルコイン 最新情報
  • リップルコインの最新情報(価格上昇材料)まとめです。(2017年6月16日現在)*coinsenhttps://www.coinsen.com/ 6/20(日本時間の6/21)にオープンします。リップルコインと商品が交換できるサイトです。現状国内取引所で商品交換が活発なのはビットフライヤーだけでしたので、リップルコインの流動性が高くなったと思います。*SBI証券http://www.sbigroup.co.jp/english/investors/disclosure/presentation/pdf/170428presenta [続きを読む]
  • リップルコインとは
  • リップルとは金融商品の「決済・送金システム」です。シリコンバレーのスタートアップ「OpenCoin」が開発し、Googleが出資に携わりその後「Ripple Inc」が開発を続けています。・スタンダードチャータード銀行・ナショナルオーストラリア銀行(NAB)・MUFG・バンクオブアメリカメリルリンチ・サンタンデール・ロイヤルバンクオブカナダ・CIBCなど大手金融機関へ決済ソリューションを提供しています。(リップル公式動画)リップル [続きを読む]
  • wirexカード 使い方
  • wirexカードはビットコインからチャージして、世界中のVISA加盟店で利用できますが、国内外のATMから引き出して現金化できることが最大のメリットだと思います。(国内は主にセブンイレブンから引き出せます)日本企業が発行していてビットコインからチャージできるカードは、バンドルカード、マネパカードがありますが、・バンドルカード→ATMは利用不可・マネパカード→海外ATMの引き出しは可能と、どちらも国内ATMからの引き出 [続きを読む]
  • wirexカード 作り方
  • wirexカードの作り方は以下です。1.公式ページから無料登録こちらの公式ページから無料登録すると、最初のプラスチックカードが25%割引になります。(公式)ワイレックスカード・名前(ローマ字)・メールアドレス・パスワード(お好きな文字列)・私はロボットではありませんにチェックを入れる以上を入力して、SMS認証(携帯番号)をすれば完了です。2.マイページでカード発行手続きチャージしたい通貨(ドルUSD、ユーロEUR、ポ [続きを読む]
  • バンドルカード 使い方
  • 1.公式サイトから登録2.バーチャルカードを無料発行3.チャージ4.世界のVisa加盟店で利用バンドルカードの使い方です。1.公式サイトから登録公式アプリをダウンロードしてすぐにカード発行できます。(公式)https://vandle.jp/(招待コード)ceecez2.バーチャルカードを無料発行オンラインで利用できるバーチャルカードは無料で発行できます。また実店舗でも使えるデビットカードは発行料300円で追加発行できます。3.チャージ以下 [続きを読む]