yoko-sonya さん プロフィール

  •  
yoko-sonyaさん: Un-Re.Free
ハンドル名yoko-sonya さん
ブログタイトルUn-Re.Free
ブログURLhttps://un-re.blogspot.jp/
サイト紹介文身体と心によいアート&デザインを発信。
自由文こんにちは!北欧にてプロダクトデザインとアートを学び、そして就職。その間、自然との共存に興味をもち、南インドのアーユルヴェーダの医師に相談をして、生まれつきのアトピー改善を始める。6年のデトックス生活を終え、薬なしの生活を開始。療養場所に選んだ北タイにて、現地のパートナーと一緒にブランドをおこし、山岳民族のお母さん達とお肌と心によい作品作りをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 79日(平均2.3回/週) - 参加 2017/01/10 12:57

yoko-sonya さんのブログ記事

  • ソンクラン前に.....
  • そろそろ近づいてきています”ソンクラン=タイ旧正月”。 あの有名な”水かけ祭り”はまさにこの旧正月のイベントです。もともとはこんな大騒ぎのお祭りじゃなく厳かに行われるものだったのですがね。でも今年は、昨年の王様の件で水掛けまつりは自粛することになるんじゃないかなとは思います。とにかく1年で一番暑い時期だし、チェンマイに住んでいる外国人の私の友達はもう来週までにはここを出て、他の地域で過ごす人が殆ど [続きを読む]
  • かぼちゃ&お酢カレー
  • 先日作ったカレーが思いのほか美味しくできあがったので、自分のカレーレシピ記録としてブログにもアップしておこうかとおもいます。最初はただ煮物を作ろうと思って適当に始めたんですが、みりんを持っていると信じ込んで使ったものはお酢でした!入れちゃった後に気がついたんですが、でも結局美味しい煮物になってくれて(ほっ)ました。2日目にその残りをカレーにしてみたい衝動に駆られ、作ってみたら初めての味でとてもおい [続きを読む]
  • シンプルに生活する、創る
  • んー....なんでしょうね。 今週は“痛い”です。足の裏に小さな小さなガラスの破片が刺さってしまったり、床にこぼれた水で滑って、そのまま電気コンロの上に倒れかかってしまって熱い鍋で腕を火傷しちゃったり、痛いことが立て続けに起こりましたよ。こういうとき、どういう意味だろう?とか一瞬考えちゃいます。が、とりあえず、日々順調です。今、アパートの一室をアトリエにしようと整え中。お客様がここにも来られるようにな [続きを読む]
  • トマトの季節
  • 最近美味しそうなトマトがちまたでたくさんみられます。もちろん年中買うことのできるトマトですが、やっぱりその季節には美味しそうで、しかもお値段が素敵!我が家では、いいトマトを見つけるととりあえず大量に買います。つい先日は、自分たちで買ったトマトの他にもお隣さんにいただいたトマトもあって、フレッシュトマトを使ったカレーを作りました。 大きな完熟トマトを8つ放り込んだトマトカレー!メインの具はシンプルに [続きを読む]
  • リメイクーFile and Book cover
  • 昨日、久しぶりにファイルカヴァーをつくりました。これは自分のファイル用です。今まで見つけては大切に保管してあった、秘蔵の(笑)山岳民族の古布を組み合わせて。 これまでも幾度となく作ってきたファイルカバーやブックカヴァー。今まではざっくりと織られた麻の生地で作っていたけれど、今回は試しにリネンを外側に、内側にはコットンを使用してみました。なんだかより一層”お部屋”での使用に向いているような気が [続きを読む]
  • デザイン=設計
  • 今年はなんだか気候がおかしいような気がします。ということを、毎年言っている気もしないこともないんですが......。最近グンっと気温が上がって、だいたい36℃くらいが昼間の平均気温。でも、夜や朝方には本当に寒く感じるくらい気温がさがるみたいなんです。寒くて毛布が必要!大分長い間チェンマイで過ごしてきて、暑い暑い夏も体験してきたからでしょうか、暑いんですがだいじょうぶなんです。暑いと言いながらも、結構行動で [続きを読む]
  • お雛様の押し寿司
  • 先週はお雛様の日でしたね。そして昨日はInternational Women の日。女の子を意識する1週間となりました。もう日本を離れてからいろいろな場所を転々としてきているので、私自身は自分のお雛様を長いこと見ていませんが、ずっと日本の実家では母がちゃんと飾ってくれています。どこに住んでいても、やっぱりお雛様の日にちょっとお祝いするのは楽しいです。先週の金曜日のお雛様の日は、その日がたまたまお雛様の日だということも [続きを読む]
  • はじまりはモンパンツ
  • 以前からなにかといろいろと自分で縫いものをしていました。カーテンやクッション、特に手提げバッグは自分用に何個も作ったり友達にもプレゼントしていました。 スウェーデンでアトピーのデトックスを始める少し前からは、自分の肌にいい服を着たいなと思うようになりました。できればオーガニックコットンやリネンで。でもそういうお店には自分の好みのお洋服がなくて、それから自分で見よう見まねで簡単な服を作るようになりま [続きを読む]
  • 水と空気とストレスと
  • 2月も今日で終わり。他の国ではまだまだ寒い季節のまっただ中かと思いますが、こちらチェンマイはここ数日で急激に暑くなってきていますここ最近は暑いだけではなく、毎年恐れている焼き畑農業の煙の蔓延.... 今年は既に2月中に始まっています。チェンマイ市内の大気中粒子物質PM10は、今月中旬で既に90μg/m?を越えてしまっていて、きっと今頃は世界基準の100μg/m?に達しているんじゃないかな。山に近い地域ではもう既に [続きを読む]
  • 念願のMasala Box
  • うれしすぎる....! 昨日、仕事の合間に普段は行かない遠くのスーパーマーケットに行ったらインドのスパイスボックス/マサラボックスを発見!!!2年前にこのボックスの存在を知って、インドに年に何回か行くお友達に頼んでみたものの、時間がなかったり(お仕事で行くので)、私もお願いし忘れたりしていていたんです。つい先日、たまたまカレー好きのお友達と話をしていたら再びこのスパイスボックスのお話がでてきて、「やっぱり [続きを読む]
  • 森のしずく
  • お肌にやさしいアクセサリーシリーズ第2弾が完成しています。4年程前に、ある素材屋さんの奥の方から見つけてきたデッドストックのウッドビーズを幾つか使って作りました。何種類か色のバリエーションがあります。首周りは自分で長さを調整できるコットンリボン。 私の中で、後ろから目を引くポイントもとても大切。そして、何んであれシンプルに仕上げたいです。森のイメージです。私が森をイメージする時には、やはりスウェーデ [続きを読む]
  • ジャー弁
  • 皆さんご存知の方も多いかと思いますが、タイは外食社会。家から一歩外に出れば、屋台やレストランがたくさん!しかもお安い。 おそらく自炊をする方が食費がかかってしまうのではないでしょうか。ただ、外でいただく食事には何が入っているか怪しいもの.....。化学調味料が使われるのは当たり前、古い油を何回も使い回していることも多々あります。そして、この暑い気候の中食材が傷んでいることもよくある。やっぱり安心して食 [続きを読む]
  • おばあちゃんカレーと母の玉子焼き
  • 先日、ウチのおばあちゃんが作るようなカレーに似せて作ってみました、ジャガイモのはいったかなり濃厚なドテっとしたカレー。恐らく、日本のご家庭ではじゃがいもはカレーに必須かもしれないのですが、私は喉が詰まる感じがしてしまうので自分で作るときはいつも入れていなかったんです。そんな私が作ってみたんですが、残念ながら実際には私のおばあちゃんのカレーのようにはなりませんでした。まず、作ってみてわかったこと。作 [続きを読む]
  • 糸を染める、布を織る場所
  • 先週末のことですが、チェンマイの郊外にある小さな染めと織りの工場&ショールームに行ってきました。この場所を知ったのは、3年前にこのお店がデザインフェアNAPに出店していて、その時に買った帽子が今でもお気に入り。ショップカードをもらったら、なんとその場所が私が縫い子さんの所にいく道のりにあったんです。そのときから、ちょこちょこ素材を買いにここを訪れていたのですが、今回行ってみたら丁度オーナーさんご夫婦が [続きを読む]
  • ブログのお知らせ
  • 今月から、英語のブログも書き始めてみます。日本語はわからないけれど、私たちのコトをもっと知りたいと思ってくれている人々のため、そして私自身の勉強のためにチャレンジしてみたいと思います。日本語でコミュニケーションを取る時と英語での時では、私の表現の仕方が多少違うし、恐らく書きたい内容も違うかと思うので、もし興味がありましたら読んでみてください。ちゃんと続けられるといいなぁ。英語版はこちら→  Un-Re.F [続きを読む]
  • 外で食べて楽しいカレースープ米麺 - ”Khanom jeen - Nam yaa and others"  -Buffet篇
  • 軽いカレーがあるなら嬉しい。カレーは大好きだけど、ごはんにとろっとしたカレールー&具、となると結構お腹にずっしりきててしまう。比較的さらっと食べられるオススメのカレーはタイのスナック的感覚カレースープ&米麺 ”Khanom jeen" カノムジン茹でた米麺と何種類ものカレースープ、それに生野菜や茹でた野菜、ハーブを好きなだけ自分で盛っていただきます。基本のカレーの種類は、魚ベースの Nam Yaa(ナムヤー)鶏肉と豚 [続きを読む]
  • Round and Round
  • 去年のこと、友人との会話で「アクセサリーも、なにかリサイクルできるものだといいよね〜。 長く使えて、最終的に消えてなくなっちゃうものって好きだけど、やっぱりアクセサリーは難しいかなぁ。」と彼女が言っているのが、なんだかとても頭に残りました。私自身はずっとお肌に優しい自然素材のアクセサリーを試行錯誤していたのですが、納得のいく仕上がりのアクセサリーがなかなかできずにいて、いつもこのことが頭の片隅に残 [続きを読む]
  • NAPでの再会と出会い
  • 先週末から今日まで、毎年恒例のチェンマイのデザインフェア-NAP-が開催されています。毎年恒例といっても普段は12月に開催されていますが、、昨年は王様のご逝去のため12月には開催されず、それが年が明けて今行われています。例年は100店舗以上がならぶこのNAP、今年はぐんと縮小されて60店舗のみになってしまったそう。そんなわけで、今年は作家さん達が厳選されたのか、 とてもオリジナリティ溢れる手づくり作家さん達のブー [続きを読む]
  • 煮込むパネンカレー と スプーン&フォーク
  • 昨日の夜パネンカレーをつくりました。そして今日のお昼ごはんに、揚げたてのとりからをのせていただきます。まだまだとろみがでてなくって、ちょっとさっぱりめのカレーになりました。明日はもっと美味しくなる予感♪パネンカレーはその他のタイのカレーとはちょっと違って、かなりとろみのある濃いめのカレーです。一見タイのレッドカレーに似ていますが、レッドカレーのペーストを作る材料にクミンとコリアンダーシードを足して [続きを読む]
  • ふわふわハンカチーフ
  • 小さい頃、家を出る時には必ず「忘れ物はないの?ハンカチとティッシュ持った?」と母や祖母に声をかけられていました。日本ではきっとよくある光景だと思います。これは習慣の1つになったので、私がヨーロッパに住み始めてからも自分では使っていました。ただ、ドイツ人もスウェーデン人も殆ど他の人がハンカチを使っているのを見たことがありませんでした。そういえば、スウェーデン人のおじいさんが鼻をかむのに使っていたのは [続きを読む]
  • Green + Tomato → Brown curry !?
  • 日本のカレーはもちろん大好きだけど、他のカレーも同じように大好き。インドカレー、タイカレー、できたら他の国のカレーも(スリランカとかマレーシアとか)もっと食べてみたい!現在タイで暮らす時間が一番多くなっているので、 やっぱりタイカレーは自宅でもよく作ります。タイ人の家庭のカレーを教えてもらったり、タイクッキングコースに通って、タイカレーペーストの作り方も習ったりしました。でも結局、何度も何度も作っ [続きを読む]
  • 服作り
  • 前回の投稿記事に書いたように私のアトピー歴は長く、特にデトックスを始めた30代前半、つまり大人になってからの皮膚の状態が大変な時の服選びにはとても心を痛めていました。とにかく、”荒れた皮膚を隠したい ”ということが最優先。でも、患部を密封したり、皮膚がこすれるような状態は、かゆくてたまらない!頭皮や首周りの肌荒れのために、肩に落ちるフケのような皮膚のことも、気になることの1つで、それを指摘された時 [続きを読む]
  • illness じゃなくて condition ? Vol.2
  • このデトックス期間に身体が不自由になってから、呼吸ができること、 歩けること、走れること、好きな所にいつでもすぐに行けることが どれだけ有り難いことか 痛感しました。健康でいるって本当にそれだけで素晴らしいことなんです。この時から、毎日自分の皮膚に感謝し始めました。こんなにがんばってくれている皮膚に言葉にだして感謝しながら毎日丁寧にさするということをはじめてみたんです。すごい勢いて乾燥して、掻くとど [続きを読む]
  • illness じゃなくてcondition? Vol.1
  • 今回と次回の投稿で、私のアトピー改善時期のプロセスについて書きたいと思います。つい最近新しく気がついたこともあるので、それも含めて誰かのお役に立てばいいなぁと。8年程前、思い切って薬を使うことをやめてみました。生まれてからずっとアトピーだったので、月に1度は必ず病院に行って塗り薬をもらうという生活をずっと続けていました。もちろん、それでアトピーが治るというわけでなく、薬で症状がでるのを抑えていただ [続きを読む]
  • 家族のカレー /ルー何種類
  • どこのお家にも、その家族のカレーの味というものがあるとおもいます。 大学生の時にクラスメートが作ってくれた、それぞれのお家のカレーは我が家のカレーと大分違ったのでおもしろいな〜と感心した覚えがあります。我が家の場合、実家には2つのカレーがありました。 祖母の作るカレーと母の作るカレー。私が実家に帰るたびに楽しみにしているのが、この我が家のカレーです。大概、帰省初日にカレーが用意されていたことが多か [続きを読む]