shoichi さん プロフィール

  •  
shoichiさん: オフショア開発ブログ
ハンドル名shoichi さん
ブログタイトルオフショア開発ブログ
ブログURLhttp://splus-software.co.jp/blog
サイト紹介文ベトナム、中国などへのオフショア開発で、過去に失敗したことや成功のためのコツを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 141日(平均6.8回/週) - 参加 2017/01/10 16:32

shoichi さんのブログ記事

  • 年功序列は悪いことなのか?
  • 年功序列制度は、長い間日本の雇用を支えてきた制度ですが、最近になると日本企業の非効率の象徴のように扱われて崩壊しつつあります。でもそんなに悪い制度なのでしょうか。管理職になって変わった年功序列に対する評価私が若いときは、年功序列制度にとても不満を持っていました。何もせずに定時に帰る上司たちは高い給料をもらっているのに、重い責任を背負わされて長い時間働かされる自分の給料は低かったからです。その考えが [続きを読む]
  • 警察公認の偽造免許証
  • ベトナムで証明書偽造ビジネスに携わっているのは民間だけではないようです。ベトナムでの自動車運転免許取得2年前に、ベトナム人である私の妻は自動車の運転免許証を取得しました。ベトナムの運転免許というと、バイクは8の字にくるくる回るだけで取れるなど、日本と比べて簡単に取得できるという先入観を持っていましたが、自動車の場合はそれなりに難しいみたいで、毎週1回教習所に通って3ヶ月掛かりました。教習所を卒業する [続きを読む]
  • ベトナムでは証明書は信用できない
  • 中国では、大学の卒業証書や資格証明書、博士号授与証明書などの偽物が出回っているそうですが、ベトナムでも同じような状況になりつつあります。私の妻は、ホーチミンのある大学の日本学部に勤めています。その妻から相談を受けました。妻「日本語能力試験の合否を確認したいけど、どうすれば良いの?」私「日本語能力試験受付センターに成績証明書を発行してもらうしかないね。」妻「時間が掛かりますか?」私「2〜3週間は掛か [続きを読む]
  • サイバー攻撃予告を受けたときの話
  • 以前勤めていた会社では、私は官公庁向けシステムの開発を行っていたのですが、外国のハッカー集団からサイバー攻撃予告を受けることがありました。最近のハッカーは、営利目的で活動する犯罪集団となっているため、わざわざ事前に攻撃予告をしてくることは少なくなっていますが、以前は愉快犯や愛国活動の一環として行うことが多く、攻撃予告をしてくることがよくありました。掲示板に、攻撃対象と日時を記載して「みんなで攻撃し [続きを読む]
  • ベトナムでのビールの値段
  • 仕事が終わった後のビールは格別ですが、毎日のことなので出費がかさんでしまいます。そこで、発泡酒にしたり、安売り店で買ったりといろいろ努力しています。しかし、ベトナムではそんな苦労は必要ありません。ビールの値段がとても安いからです。今回は、近所のコンビニ(ミニストップ)で調べたビールの値段をご紹介します。ベトナムで最も有名なビールといえば333(バーバーバー)です。12,500ドン(約62円)です。 3 [続きを読む]
  • がっかりしたメコンデルタ
  • TVなどで見て憧れていた観光地に実際に行ってみたら想像と違ってがっかりしたということはありますか?私の場合、メコンデルタでその経験をしました。幻想的なメコンクルーズ10年以上前のことですが、NHKでアジア語学紀行・旅するベトナム語という番組を放送していました。ベトナム人の若い女性が、ベトナムの観光スポットを案内しながら簡単なベトナム語を教えてくれる番組で、当時はベトナムに行く予定はなかったのですが、な [続きを読む]
  • 空港でタバコを吸って捕まりそうになった
  • オフショア開発の活用を始めて、ベトナムに出張するようになって困ったのが、飛行機に乗っている間、タバコが吸えないことでした。ベトナム人大卒者の初任給に匹敵するタバコ代10年前の私は、ヘビースモーカーでした。毎日3箱、60本のタバコを吸っていました。毎月のタバコ代は3万円以上で、当時のベトナム人大卒者の初任給に相当する額でしたから、ベトナム人技術者たちにはかなりあきれられていました。会議などでタバコを吸え [続きを読む]
  • 一番やる気の出なかったトラブル支援
  • 今までいろいろなトラブル支援を行ってきましたが、その中で最もモティベーションの上がらなかった支援は、帳票の突き合わせ作業でした。OSコンバージョンでのトラブルある官公庁のシステムのOSだけ切り替える作業がありました。システム規模はとても大きかったのですが、単純なコーディングの置き換え作業で済むと考えたプロジェクトマネージャは、非常に安い単価で請け負ってしまいました。その単価を実現するために、テスト [続きを読む]
  • ベトナムでのメガネの修理
  • 私が普段身につけているもので、一番高価なものはメガネです。5万円くらいします。オシャレでとくにメガネにこだわりを持っているというわけではありません。仕事のせいで近視や乱視が進み、40歳くらいから老眼が進んだ結果、レンズが非常に高くなってしまっただけです。ところが、ベトナム滞在中にメガネを踏んで壊してしまいました。レンズは無事だったのですが、フレームが折れて左耳にかける部分が取れてしまいました。最初は [続きを読む]
  • 無責任なセキュリティ専門家
  • 先週末からランサムウェアによる世界規模のサイバー攻撃が話題となっています。私の以前の勤め先も標的となってしまい、その対応で大変だったと聞きました。セキュリティが最重要私が開発していた電子政府システムでは、とにかくセキュリティが最重要項目でした。セキュリティ事故が起きたら、電子政府システムに対する国民の信頼が損なわれ、システムを誰も使ってくれなくなる恐れがあったからです。また、マスコミは視聴者の恐怖 [続きを読む]
  • レゴの模造品
  • 子供がレゴに夢中です。でも、値段が高いのが悩みの種です。普通サイズで5千円、ちょっと大きなものだと1万円から2万円くらいします。しかも、ベトナムでは日本よりも3割くらい高い値段で売られています。それで、安い互換品はないかと探したところ、中国製のTOWNというのがありました。価格は正規品の1/3〜1/5日本ではまったく見たことがありませんが、ベトナムではどこのおもちゃ屋でも置いてあります。ホーチミンのタン [続きを読む]
  • しつこい勧誘電話
  • 会社に勧誘の電話が掛かってくるようになりました。SEO対策や人材紹介、オフィス改装などいろいろな業者から掛かってきます。そういえば、前の会社にいるときもよく掛かってきていました。謎の投資前の会社にいたときは、名簿や管理者向け研修の勧誘の電話がよく掛かってきましたが、とくに多かったのが、投資関連でした。その中にとてもしつこい業者が1社いました。いつも直ぐに断っているのですが、そのときは少し話を聞いて [続きを読む]
  • 眠いのはみんな一緒?
  • SEに必要な能力はなんでしょうか?論理思考力や対人折衝能力、新規技術を習得する学習能力などいろいろな能力が必要になります。でも、私は睡魔に勝つ能力が一番必要ではないかと思います。眠いのはみんな一緒?入社した頃は、よく徹夜していました。徹夜しない日でも夜遅くまで残業していたので、家に着いたときには日付が変わっていました。そのため、いつも睡眠不足でついうとうとしてしまうことがありました。それで目の前に [続きを読む]
  • ベトナムオフショア開発で仕様説明に困ること
  • ベトナムのオフショア開発発注先に仕様説明をしていると、なかなか理解してもらえないことがあります。日本とベトナムの制度や文化の違いによるものです。しっかり説明しておかないととんでもない仕様で作られてしまうことがありますが、日本人にとっては常識なのでついつい忘れてしまいがちです。漢字の音読み・訓読みこれはベトナムだけではありませんが、大体の言語では1つの文字の読みは1つです。それに対して日本語では、同 [続きを読む]
  • 元号変更の日のトラブル
  • 1989年1月7日は昭和天皇が崩御された日ですが、皆さんはその日に何をしていたか覚えていますか?私ははっきりと覚えています。トラブルの対応をしていたからです。年次処理が異常終了1989年1月6日(金)の夕方、事務所で仕事をしているとお客様から電話が掛かってきました。「年次処理が異常終了したので、すぐに対処してほしい」仕事始めから三日目で、まだ正月ボケが抜けきっていない頭が一瞬でシャキッとしました。直ぐにお客様 [続きを読む]
  • ホンダベトナムの5S活動
  • 昨日の夜、注文してあった妻のバイクがやっと入荷したと連絡があったので、HONDAの直営店まで受け取りに行ってきました。手続きはすべてベトナム語で行われるので、私にはまったく理解できません。暇なので辺りを見回していると、整備スペースの前に貼られた写真のポスターに気づきました。5S活動について書かれています。1 整理2 整頓3 清掃4 清潔5 せいつけあれれ、「せいつけって何だ?」と思いましたが、「しつけ [続きを読む]
  • ベトナムでの紙幣の使い方
  • ベトナムを紹介するTV番組では、1万円が大量のドン紙幣に両替するシーンを紹介するのが定番となっています。1円=200ドンなので、1万円が200万ドンになるので大金持ちになったと錯覚してしまいます。ただ、わざわざ1万ドン紙幣に両替して札束を分厚く見せているのは演出です。50万ドン紙幣があるので、1万円でも4枚にしかなりません。意識していないと直ぐに財布が膨れ上がるベトナムのお金で困るのが、紙幣しかないことです。一 [続きを読む]
  • 胡散臭い
  • 妻のバイクを買うことにしました。今は1台のバイクを私と妻で一緒に使っているのですが、妻が外出する機会が多くなったので、思い切って新しいバイクを買うことにしました。高額な手付金HONDAのLEADというスクーターを買うことにしました。YAMAHAも良いバイクを出しており、近頃人気が出てきていますが、やはりメンテナンスなどの面からHONDAの方が安心です。シェアが圧倒的で街の修理屋さんがHONDAのバイクなら扱い慣れています [続きを読む]
  • 路上の老婆
  • 写真は、ベトナム・ホーチミン市のはずれにある妻の実家の近くの道を撮ったものなのですが、ここにいつも地べたに座り込んでいるお婆さんがいました。そのお婆さんは、アオ・バー・バーという寝巻きのような服を着て、お椀を膝に抱えて座っていました。お椀の中には、おこわのような食べ物が入っていました。年は80歳くらいに見えるのですが、ベトナムの老人は年齢よりも老けて見えるのでもっと若いのかもしれません。私が傍を通っ [続きを読む]
  • ベトナムで病気になったら
  • 久しぶりに熱を出して寝込んでしまいました。朝から体調が悪かったのですが、昼頃になって熱がぐんぐん上がって39度を超えました。冷房をつけると室温を28度に設定しても震えがとまらず、クーラーを切ってひたすら寝ていました。今日の朝は、熱は38度まで下がったので大分楽になりました。ベトナムの病院日本にいたときから、私は病気になるとひたすら寝て治していました。医者にも行かず、薬もあまり飲みません。そのせいか、たま [続きを読む]
  • 理系の読書
  • 以前聞いた話ですが、理系の人は年をとると歴史や哲学の本を読むようになるそうです。確かに理学部数学科出身の上司は、いつも歴史の本、それも江戸時代の庶民の生活などマニアックな本を読んでいました。読む本がなくなった私は文系出身で、会社に入った頃はコンピュータやプログラミングのことはほとんど知らなかったので、入社した1986年頃は技術書ばかりを読んでいました。当時は、近所の本屋にはコンピュータの本はなかったの [続きを読む]
  • ベトナム人の外国での行動は日本人と似ている?
  • ベトナム人の感覚は日本人に近いと言われていますが、ベトナムに滞在していると確かに似ていると感じることがあります。とくに外国での行動は日本人に近いと思います。タイ激安ツアー以前、ベトナムの旅行会社が企画したタイへのパッケージツアーに行きました。5つ星ホテルに泊まって、3泊4日で一人300ドルという激安価格につられて申し込んだのですが、5つ星ホテルというのはまったくの嘘で、1泊だけ3つ星であとは星のない [続きを読む]
  • 鈍感力
  • 出世していくのはどんなタイプの人でしょうか。頭がキレる人、人付き合いがうまい人、ひたすら努力する人などを思い浮かべるかもしれません。当然、そのような人たちは出世していきますが、意外な人も出世するものです。その意外なタイプとは、鈍感な人たちです。小泉元首相の答弁2004年に当時内閣総理大臣だった小泉純一郎氏が、衆議院決算行政監視委員会において、勤務実態のない会社から給与を受け取っていたことを追求されたと [続きを読む]
  • 議事録を書いていて助かったこと
  • お客様とのやり取りを議事録に残すのは面倒ですが、とても大切なことです。ある仕様に決定した理由は、設計書には残りません。後から理由を知るためには、議事録に経緯を残しておく必要があります。元号変更の話をするのは非国民私は、昭和61年に社会人になってすぐにある官公庁のシステムの新規構築プロジェクトに配属されました。そこで、日付の形式を和暦にするか西暦にするかが議題になったことがありました。当然、エンジニア [続きを読む]
  • ほくろの毛を伸ばした日本語コミュニケータ
  • ベトナムに長く滞在していても、どうしても慣れることができない習慣があります。私が居候で、こちらがベトナム人に合わせなければならないことは重々承知しているのですが、どうしても合わせることができません。そのひとつがほくろに生えてきた毛を伸ばす習慣です。金運向上ベトナム人は、ほくろから毛が生えてくると剃ったり抜いたりはしません。毛を伸ばしていると金運が向上すると信じられているからです。おじさんやおばさん [続きを読む]