星の宝石箱 さん プロフィール

  •  
星の宝石箱さん: ANGEL ANGEL IN CAPPADOCIA
ハンドル名星の宝石箱 さん
ブログタイトルANGEL ANGEL IN CAPPADOCIA
ブログURLhttp://ameblo.jp/angel-angel-in-my-heart/
サイト紹介文これまでに出会ったいろんな猫たちの思い出と 現在一緒に暮らしている猫たちとの生活風景を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 53日(平均1.2回/週) - 参加 2017/01/11 01:15

星の宝石箱 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 我が家の黒猫カップル
  • 我が家の黒猫カップルのヤマト&フィービィー。 うちのコたちは皆性格が良いんですが(親バカですみません。でも本当なんですよぉ)その中でもヤマトとフィービィーは、2匹揃って特に性格の良いコたち。 ヤマトは去年、目のすぐ上から細くて硬い草(これには無数の棘が有って服とか靴とかにくっつくと離れない。おまけに先端が膨れていて本当に取るのに難儀するんです)が入ってしまい動物病院で目玉に注射されるとい [続きを読む]
  • 姉妹猫の助産婦をした猫
  • ミルクというとっても賢いメス猫がいます。 去年4匹兄妹のお母さんになったのですがこのコは本当にあらゆる面でお利口さんなのです。 子猫たちを育てる際も他の母猫たちは外に移動させたりしていたのですがこのミルクだけはお家の外には一切連れ出さずひたすら家の中で子猫を移動させながらの子育てでした。 子猫が歩き回るようになるとやっぱり好奇心の塊でお外や他の部屋の様子が気になるようで外に出たりお風 [続きを読む]
  • 傷ついた野良ネコの涙
  • 今日、友人から 傷ついたノラ猫がバイクの下でうずくまっているので獣医さんに診てもらおうと思うんだけどどうやって捕まえたらよいのかとそういう内容の電話があった。 私は傷ついているノラ猫は危険なのでネットで捕獲した方が良いことを伝えたそして獣医さんにとってもネットに入れて連れて行ったほうが安全だとネットを探したのだが生憎そんなに都合よく家にネットなど有るわけない。 そこで透かしのある気持 [続きを読む]
  • ステファンの激しいジェラシー
  • 自由を選んだ猫ミュウの息子の一匹がステファンです。(もう一匹はコリン) このコはものすご〜くお母さん(私)のことが好きで(って皆私のことが大好きなんですが(*´∀`)) 一緒に散歩に行って私の姿を見失ってしまうと遠くからもうそれは哀しい声で一体どこの子猫が鳴いてるのかしらと思う程可愛い声で私を必死に呼ぶ、そんなコでした。 只、困ったことに私のことが大好きな分他の猫に対する嫉妬も相当なもの [続きを読む]
  • 自由を選択した猫たち
  • 引っ越しの際にその時一緒に暮らしていた猫全員新しい家に連れて来た。 だけれども見事に半数の猫たちが元の場所に戻ってしまったのである。 現在でも消息が分かっているコはほんの数匹。 その中でもこのミュウというメス猫は今でも毎日買い物の帰りの途中の道で私のことを待っているのである。 お財布に余裕が無い時などはミュウを含めたノラちゃんたちの分を買うことが出来ない為秘かに回り道をするのだが& [続きを読む]
  • 奇跡を台無しにしたティアラ
  • 去年我が家はベビー・ラッシュだった。 メス猫たちが次々と妊娠し赤ちゃんを産んでそれぞれお気に入りの場所で一生懸命愛情を注ぎながら育てていた。 そんな中今日の主役ティアラ嬢も3匹の赤ちゃんを産んだ。のだが、このお嬢さんどういうわけか眠っている赤ちゃんの上に乗っちゃって2匹が息絶えてしまった。 最後の一匹ふと見るとまたもや赤ちゃんが下敷きに。 慌てて救い出したもののもう虫の息。 [続きを読む]
  • LISAへの深い償い
  • このブログを始めようと思ったきっかけそれはこのリサという猫とのこれまでずっと心の奥でくすぶり続けて来た どうしても払拭できない辛い思い出による。 心からすまない 本当に申し訳ないという懺悔の気持ちをいつか何らかの形で届けたいという思いが常に強くあった。 結局それに対する納得のいく答えを見つけられないままではあるがノラ猫たちを出来るだけ助けてあげるという行為によって自分なりに償いの [続きを読む]
  • 初めまして。
  • 初めまして。 ここカッパドキアに来て本当にいろんな猫との出会いがありました。 嬉しいことも沢山ありましたがどちらかと云えば悲しいことのほうが多かったような気がします。 余りにも多くの猫との出会いがありましたのでそれら全ての猫との思い出を正確に覚えていることが難しくなりいつの間にか私の記憶から忘れられようとしている猫たちがいることに気付き何らかの形でこのコたちの思い出を残しておきたいと [続きを読む]
  • 過去の記事 …