katarikake777 さん プロフィール

  •  
katarikake777さん: この世の仕組みと真実
ハンドル名katarikake777 さん
ブログタイトルこの世の仕組みと真実
ブログURLhttp://katarikake777.hatenablog.com/
サイト紹介文神人さんの日記を過去にさかのぼり投稿していきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 133日(平均7.2回/週) - 参加 2017/01/11 18:42

katarikake777 さんのブログ記事

  • 神人靈媒日記 シャーマンの日常
  • 2016/8/13号 地球靈団の掃除洗濯、新たなる靈界整備を進めている宇宙靈団から逃げている悪魔らは、みんな人間を足場に人に成り済ましまだ隠れています。本日、とある方に取り憑き一家離散を企てていた強力な悪魔たちを除靈いたしました…。ひとつ間違えれば己も持って行かれたかもしれない命懸けの戦い…。大量の塩で身体の廻りを取り囲み、浄音を大音量で流しながら祝詞奏上し続けながら、叫び暴れ続ける悪魔たちを守護靈 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月星大神御靈繋ぐ靈団御魂申す
  • 2016/8/12号 世は魔物が好き勝手に作り変えたものでありますのぞ。時来たりて皆々改心させられるウの大神のお仕組みじゃ。誰も逃れられぬ大浄めの仕組みじゃぞ。あの世もこの世も皆々大掃除大洗濯致しておりますのぞ。人の心も御身体も毒抜き致し、神の容れ物に戻す浄めの儀、始まっておりますのじゃぞ。うれしたのしお浄めでありますぞ。人民自ら致せば尚うれしたのしでありますぞ。守護靈様方共に致すゆえ、喜び何倍とな [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 古代東北蝦夷アイヌ語
  • 2016/7/28号 イシカカムイホノリカムイイピカムイガコカムイアラハバキカムイシセレマクウシテイヤイヤイケレイシカカムイホノリカムイイピカムイガコカムイアラハバキカムイシセレマクウシテイヤイヤイケレイシカカムイホノリカムイイピカムイガコカムイアラハバキカムイシセレマクウシテイヤイヤイケレーーーーーーーーーーーーーーーイシカカムイ=天の神ホノリカムイ=地の神イピカムイ=火の神ガコカムイ=水の神アラ [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 魂は・・・
  • 2016/7/14号魂は自由自在に時空を越え靈世界を 時間を瞬間移動できるもの魂は行きたい所へ何処にでも行けるもの会いたい人の所へ直ぐにでも行けるものすべての思考が委ねられており魂の靈性相応に 想いのまま変わりゆくもの 顕れるものお墓やお仏壇の中には魂は棲んで居ないもの生きる人の悲しみを癒すために演出された空間である魂は時空を越えた靈意識の別次元心の世界に棲んでいるものであるあなたが会いたいと想い相手も会いた [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月地大神大靈団御魂顕る
  • 2016/ 7/4号 ひとつひとつ進むのが良いのであるぞ。みなみな御魂相応進むが喜びぞ。人類みなみな良きに変わるのぞ。生まれ変わり死に変わり、因縁因果に応じた道つけて歩かせておるのが、神の愛じゃ。仕組みじゃ。顕れぞ。靈も人もみなみな変わるのが、仕組みであるから、変わらぬもの何一つないのであるから、如何に変わるかは神の愛に包まれながら全て許されておるのじゃ。焦らんで良い。怖れんで良いぞ。靈も人も獣虫草 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月地神示
  • 2016/6/16号 「大日月地神示」は、2006年6月6日より神人を通じて降ろされ続けております靈団から人民に対する靈示でございます。当初の日月地神示という書名を改めて、2016年より大日月地神示(おおひつくしんじ)とさせて頂くこととなりました。神示に関しまして御説明致しますと、嘗て大本教の開祖である出口なお氏が、1892年より自動書記にて降ろされたお筆先(のちの大本神諭)、ひかり教会の会長である岡本天明氏が194 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 魂はエネルギー体
  • 2016/6/10号 魂には性別はありません。魂はエネルギー体です。性別とは、肉体に於ける生殖器の違いであり、靈人には本来なら性別はありません。男性と女性の定義は、他に対して理解があるかないか?優しいか否か?エネルギーの質で決められるものでもありません。地球人類の性別は、他星の人々によって意図して創られた経緯があるということを知る方は少ないと言えますが、宇宙に於いて他星の人々は、性別がない種の方が多 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 666
  • 2016/6/8号 666=18は、悪魔の数靈と昔から言われてきておりますが、実は表裏一体でもあり、悪の悪:悪の善とも変わります。悪を導く善の意味も含まれており、悪の善の御役。666=六六六=みろく=ミロク=弥勒=菩薩靈団=艮金神=大日月地大神大靈団御魂=宇宙靈団の一つの顕れ=救済主=意識・言葉・現象として導くもの=慈愛=歓喜=大御心ともなります。*菩薩(ぼさつ)とは、修行する靈人や肉体人のこと。苦しみの中にある [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月地大神大靈団御魂結ぶ
  • 2016/5/21号 悪、人陥れるやり方、不和好むぞ。親しき振りして忍び寄りて、そなた取り込むぞ。感情支配致すから気付けよ。弱み漬け込んで、そなた陥れるぞ。物に弱ければ物で、人に弱ければ人で、色に弱ければ色で、そなたを取り込みて魔から逃れられぬように致すやり方じゃから気付けねばならんぞ。取り込まれるは取り込まれるだけの元あるからぞ。御魂磨きせねば魔にやられ放題、案山子であるのぞ。国の民、見てみよれ。 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 天変地異は〇〇の計画
  • 2016/4/20号 現在起きている天変地異は悪魔の計画なり!一般的には理解し難い話ですが、極めて非情なる存在というものは確かに存在しており、世界をあらゆる面で牛耳っているという事実を、我々が理解しない限りは、人口削減&隷属化計画というものを地球から無くすことは出来ません!いつまでも、たあいもない陰謀論と笑っていられない現状であるということを、一人でも多くの方々に御理解頂き、共に手を繋ぎ苦難を克服致 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 真の神と魔の科学
  • 2016/4/17号 真の神と魔の科学との戦であるのぞ。地揺らし、雨降らし、風吹かし、魔、神に成り済ましての悪業の数々いたしておること、天の靈団みなみな判りておるのぞ。そなたらが如何に判らぬかということの答えであるのぞ。人民、目覚まさせねばならんから、魔の仕組み見せてもおるなれど、まだまだ真判かる人民少ないゆえ、地の大神も御苦労なれど、いよいよはっきりいたしますのぞ。地の大神様と土の星の悪魔ら植え付 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 無害化計画
  • 2016/4/5号 宇宙指導靈団の地球審査の結果、長年に渡り悪魔靈団によって支配され続けてきた地球人は、自らの洗脳を解くことが出来ないという結論に至りました。自然生態系に対する保全急務と人口削減計画からの救済も兼ねて、洗脳されております靈団・靈人・地球人すべてに対し強制指導及び排除追放がなされて参ります。また、地球人だけでは有害物廃絶は難しいという結論にも至り、今後の地球文明に対し宇宙指導靈団の全面 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 意識改革
  • 2016/4/1号 エイプリルフールではございません。判る人には判る、真の話でございます。これまで地球人の愚民化政策をし続けてきた悪魔悪靈・僕らは、巧みに地球人を思考操作致してきました。まだまだ、人々の負の念をえぐり続け怒りを誇張いたし、仲違いさせ不和をもたらし、和す力と歓喜を削ぎ落とし、守護靈指導靈らとの連携を途絶えさせるという闘い方をし続けておりますが、いずれ悪の終焉が訪れます。どうかひとりひと [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 シャーマンとは
  • 2016/03月30日 シャーマンとは、靈媒である。靈媒とは、数ある職人のひとつに過ぎない。見える・聞こえる・動く・関わる・分かるから特別に偉いわけではない。神憑りとは間違いであり、正しくは靈憑りである。靈媒としての兆候が顕れたなら、靈媒としての修業が必要であるということ。優れた靈媒や靈人の元で長年の正しき指導を受けなければ、真の役目は出来ないということを理解することが必要である。靈を見極める力を磨 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 神一厘の仕組みとは
  • 2016/3/19号 3月15日早朝、高次元界の指導靈に教えて頂いた内容です。今現在、太陽系は変動期に来ており、地球人全ての想念が変わるような思考操作システムが作動されているとのことです。これは、銀河周期の中にある季節のようなものであり、すべてのものが靈性進化するための改心を促す「浄化の仕組み」であり、太陽系すべてが対象となっているようです。「神一厘の仕組み」とは、世の元の元の元より仕組まれていた、銀河 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月地大神大靈団御魂うれしかわる
  • 2016/3/18号(前編,中編,後編) 悪の中に隠しておるのぞ。悪も善も神の目からはないのであるが、人民の目からはあるのであるぞ。必要であるのぞ。区別つけねば人民見極め出来ぬのぞ。屁理屈申すでないぞ。粗捜しばかりの人民、魔に遣われて不和産み出す僕となっておるのぞ。そなたの理屈も粗捜しされて、みなに悪く申されるゆえ、いよいよ苦しくなるぞ。みな御魂相応に顕れるぞ。気つけおくぞ。おのれの心顧みよ。魔、棲みつ [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 真理を学ぶこと
  • 2016/3/3号 あの世(異次元)とこの世(現次元)は、表裏一体である。あの世で起こることは、この世で起こるもの。あの世とこの世は、思考を共用している関係にある。靈体から見れば、現次元の肉体が有るか無いかの違いであり、靈人も肉体人も靈としての本質は同じである。己はこの世で活動するための現次元生命体である身体に宿っている靈体で在る。肉体は己ではなく、己が貸して頂いている一番身近な他存在(生命体)であ [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月地大神大靈団御靈唄う神人結ぶ
  • 2016/2/29号 うーるーうーおーうーあーわーやーらーわーうれしうれしたのしたのしあっぱれあらわるひかりの御魂おーおーおーあーあーあーえーえーえーいーいーいーうーるーうーるーうー神人 かわるかわるかわる世の建て替えうれしたのしあーらーわーるーるーおーおーおーおーおーえーえーえーえーえーいーいーいーいーいーまわるまわる火の靈うるうるう水の靈あいする御魂集いし繋ぐ力顕れ喜び 意志拡がり 映る理顕れよ顕れ [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月地大神大靈団御魂語り神人結ぶ
  • 2016/2/25号(その1〜その3) 神示は大日月地大神大靈団より指導靈遣いて神人繋ぎひとつひとつ言葉に致しておるのじゃ。こうして言葉に致すは、人民に読み易く御読み頂く為であるのぞ。その時代時代ごとの神示の降ろし方、人民への伝え方あったのであるぞ。判る者には判るように、人に伝えられるように致しても参ったぞ。人知らぬ大昔よりこの靈団あったのであるぞ。必要に応じてその時々の言葉に変え神人繋ぎ人民に伝えて来 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 悪魔靈団の目的
  • 2016/2/24号 地球は長い間、悪魔靈団に支配されてきました。悪魔靈団の力に魅了された人々は、魔力と権力と財力を得る代わりに悪魔を崇拝し続け僕となり、世界中の能力者を取り込み各人の弱みを握り感情支配致し実権を操り、世界中の人民を洗脳・マインドコントロールし続けて来ました。悪魔靈団の目的は、地球支配でありました。現在は宇宙指導靈団の介入によって悪魔らは次々に排除なされておりますが、まだまだ残党が人 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月地大神大靈団御魂語り
  • 2016/2/22号 全ては御魂に刻まれるものでありますぞ。鏡の仕組みでありますぞ。打てば響く、呪わば呪われる鏡の御仕組みでありますぞ。因果相応に行ったり来たり、人の喜怒哀楽、益々激しくなりますぞ。念であれ、他苦しめること、相手に苦しめられることになりますのぞ。いずれ罪問われるものでありますのぞ。嘘も必ず問われる時が来ますぞ。誰も逃れられぬ償いの仕組み与えられますのじゃ。皆々己の中に在るもの顕れて来 [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 単体意識と集合意識
  • 2016/2/20号 魂は単体意識と集合意識を其々共有しております。集合意識から生まれ単体意識へと変化致し、単体意識から集合意識へと更に成長致してゆきます。魂が初め二つに分かれて男女となったというのは偽りであり、魂の片割れに出逢うことが生きる目的であるという教えも作られた話であります。魂には縁の深い浅いの関係が在るだけであり、転生致し何度も会う中で互いに様々な縁を深め合って来たということのみです。* [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 見極める目
  • 2016/2/15号 「本音と建て前」というのは、思い方次第で虚構にも配慮にも変容致しますが、本心と言葉が一致していない人々が世間では多く見受けられます。嘘は相手に分からないと思い込んでおられる方が多いということなのでしょう。見た目は笑顔で美辞麗句を口にしているが、発せられる氣が嫉みや怒り等の負の念に充ちている為、非常に違和感を感じ対話していると気持ち悪くなるといったケースがございます。善人のイメー [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 靈媒となる御役目とは
  • 2016/2/7号 これまでの神示が降ろされてくる中で、私は神示降ろしを拒否致した時がありました。もしかしたらこれで人生を棒に振るかもしれぬという強い恐怖との葛藤です。関係者にはとうとう頭が可笑しくなったか!?と言われ人離れが加速するであろうことに対し、神示にて「健仁覚悟致せよ」と書かれた時の気持ちを判る方は居られないと思いますが、(笑)靈団靈人らに生まれる前からの仕組みであり己が望んだ役目であった [続きを読む]
  • 神人靈媒日記 大日月地大神大靈団御魂謳う
  • 2016/2/5号 人民、今の己を活かし為されよ。魚は鳥にはなれんぞ。鳥は魚になれんのであるぞ。無いものねだりは苦しむのであるから早うお判り下され。御魂相応で在るが真喜びぞ。魚に鳥に致してやるぞと偽り申して煽るでないぞ。騙して人儲け金儲け致すでないぞ。魚は飛魚に鳥は鵜にしか精々なれんのであるから、なれぬものにはなれぬのぞ。判りたか。皆々其々に出来ることと出来ぬこと理解致せば、己の遣い方活かし方生き方 [続きを読む]