kusabirauo さん プロフィール

  •  
kusabirauoさん: 菌魚のたはこと
ハンドル名kusabirauo さん
ブログタイトル菌魚のたはこと
ブログURLhttp://kusabirauo.hatenablog.com/
サイト紹介文南の島から
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 211日(平均0.8回/週) - 参加 2017/01/13 10:15

kusabirauo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 手入れ
  • 使用しているフィッシングバッグのジッパーのつまみが劣化してブチブチちぎれ始めたので紐を付け直した。プラスチックのつまみはすぐ劣化するので廃止して欲しい。紐が一番。ついでに塩抜きもしようと風呂桶に入れたら水が麦茶みたいな色になった。しかもいつか獲った海藻の残骸もバラバラと、、、、たまには手入れしないといけないなぁ。今日は二ヶ月ぶりに釣りもした。夕方18:00〜の上げをやってみたが、ガーラは現れず。エル [続きを読む]
  • 8番ロッドでGTをかけちゃった話
  • 5月末の大潮の日。淡路島から来た友人と下げで入った某フラットで大きなGTを#8ロッドで掛けた。フライは小型のシャコを模してtmc811s#6に巻いた黒のウーリーバガー。水深は膝前後。座礁するんじゃないかという浅場で、背中を水面から出しながら巨大な波を立てフライを追い、フライを吸い込んだ瞬間まではっきり見えた。ヒット後はドラグを限界まで締めたにも関わらずバッキングを一気に200m持っていかれた。普段それなりにヒラアジ [続きを読む]
  • サイトでイケガツオ
  • 中潮16:00干潮。17:00頃、道路から海を見ていたら200m程沖に引き波が見えた。時折水柱が上がって小魚が跳ねるが、同じ場所を行ったり来たりしていて、あまり移動しない。間に合うかな?竿をセットしてジャブる。手前でチヌも背中を出して泳いでいるけど、今日は無視して、引き波めがけてダッシュ!そして正真正銘の一投目。うははは。出来過ぎだな。 [続きを読む]
  • きのこ遊び
  • 沖縄、奄美は梅雨入りだとか。島の人達は1週間前くらいから、もう梅雨だと言っていた。雨の切れ間に娘とドライブしていたらデイゴの木からオオヒラタケが出ていたので採集した。デイゴの木はデイゴヒメコバチという害虫が付くと花の付きが悪くなるという事で、行政によって殆どの木にアトラックという殺虫剤が注入されているのだけれど、キノコに残留しないのだろうか。乾燥させていてフと気になった。 [続きを読む]
  • オニヒラ
  • 昨日の中潮は久しぶりのオニヒラポイントへ。シーズン始まったなぁ。今月はあと何回行けるか、、、 [続きを読む]
  • またまたカライワシ
  •  小潮19:21干潮からの上げ狙い。22時過ぎ入水。イセゴイ、ゴマフエ狙いのつもりだったけど、入水したら魚雷のようにボイルしていたので試しに投げたら、やっぱり釣れちゃった。・・・・大きさもまた80cmくらい。 [続きを読む]
  • 今日の釣果
  •  4月29日中潮16:00干潮。下げどまりから19:00まで久しぶりにみっちり釣りをした。いや、たかだか3時間の釣りだけどね。・・・・パパは辛いのさ。そして、久しぶりの竿を使ったからっていうのもあるけれど、もうメタメタ。オニヒラバラすし、チヌもバラすしで、情けない限り。かろうじてツッパリサギ1、マトフエ4。勿論夕飯になった。 話は変わるけれど、最近、フライやめようかなと真剣に思うようになってた。第三世界にジェ [続きを読む]
  • お久しぶり
  • 悪天候続きでゴロ寝の日々。もう暫く更新できないかも。一昔前は雪が降る中、漁港でアジ釣りとかしてたんですけどね。な〜んか、今は釣り道具触る気すらしないや。古本を何冊か仕入れたので暫くそっちの世界に行ってきます。 [続きを読む]
  • 港で小物釣り
  •  1月21日、北東の風、19度、小潮、干潮20:43。寒いからウェーディングはパス。20時過ぎ、小潮干潮ローニンポイントへ。オバケが出ると噂の場所。車から降りて竿を継いでると、ウワッ!釣り人がいる。この場所で知り合い以外の釣り人に会うのは初めてかも。話を聞いてみるとしばらく出張で島に滞在するとのこと。オバケの話はしないでおこう。「昨日は小さなガーラとカーシビーが結構釣れた」らしい。チョット向こうで投げさせて下 [続きを読む]
  •  ここのところ北風が強かったからってのもあるけど、仕事でも色々あって釣りはお休み中。しかし、仕事にしろプライベートにしろホントにおもしろい話はネットには書けないねぇ。そろそろ死ぬって感じになったらイロイロ書いちゃおうかな、とか思っているのだけれど、案外明日あたりコロッと死んじゃったりしてね。 てな訳で、最近は少し畑などをいじっている。いじっているといっても、思い付きで焼き畑をしてみたり、海の砂を入 [続きを読む]
  • ダメでした。
  •  1月11日、東の風、晴れ、24度、大潮、深夜1時干潮マイナス14cm。夕方、潮汐表を見ていたら、潮どまりで狙えるターポンポイントが気になりだした。2年くらい行っていないポイントだが、バカだから気になりだすと釣れる気しかしない。脳内で銀鱗が宙を舞う・・・。あそこは70も出るゾ。日中の下見はしていないけど、月も明るいし多分大丈夫なはず。 子供を寝かしつけて潮どまりを待つが、どうも落ち着かない。もう家を出よう。2 [続きを読む]
  • 2017年1月9日のフライボックス
  • ボックスの中身はかなり流動的だが、最近はこんな感じ。何年も前に巻いたものもチラホラ。エポキシが変色していたり、ヘッドを上から巻き直していたり、フックを研ぎ直していたりで、殆どボロボロ。まあ、釣れればなんでも良い。写真を見ての通りクラフトファーは安くて動くのでお気に入りのマテリアル。ポーラーフラッシュとの親和性が高いのでよく一緒に使う。ハックルとエルクヘアを使ったパターンが多いのは渓流時代の名残 [続きを読む]
  • またカライワシ
  • 1月7日土曜夜 、南西の風、26度、晴れ。長潮干潮21時31分37cmからの上げ狙い。0時40分、橋脚のキワでイワイミノー#6をスウィングさせたらドカンときた。イセゴイ、ゴマフエ狙いのつもりだったがバッキングラインを一気に30mくらい持っていかれて橋脚の間で右往左往。結局腰までのウェーディングになってしまった。寒い。 [続きを読む]
  • またチヌ
  • 1月6日、晴れ、無風、小潮14:03 満潮131cm。アゲのチヌが狙える。朝からじりじりしていたが、我慢できずに9時に告白。「行かせてください!」流石に「えー?」と言われたが、昼までという条件付きでオッケーがでた。すぐさまタックルを車に放り込む。行く場所S湾と決めているんだ。現場着は10時、湾内べた凪で300m以上先の引き波も見えるし、チヌに混じってオニヒラの群れも入っていて、たまに目の前を回遊してくる。 [続きを読む]
  • 見えチヌ
  • 1月5日、 無風、晴れ時々曇り、気温26度。小潮19時干潮57cm、昼から下げのチヌ狙いに出かけてみた。八重山で年末年始の気温が25度を超えるのは87年ぶりとのこと。魚も浮かれてたのかアッチコッチで尾ビレがチロチロ。ただ、群れが巨大で一匹釣ると全部走ってしまう。待ち時間が長い釣りだった。明日も入りたいけど、夕方はご近所さんとの新年会だ。チヌ釣ってくるからマース煮作って持って行こう、とか言ってみるかな [続きを読む]
  • 新年夜釣り
  •  無風、晴れ、気温26度、小潮満潮0時20分、121cm。新年はイセゴイから。潮位を考えると20時前には入りたいところだが、子供を寝かしつけるのに手間取り現場着が22時。大分潮が満ちていて腰までのウェーディングになってしまった。以前友人が掛けた推定80cm超のローニンが頭だけになって上がってきたのを目の当たりにしてから、夜間のディープウェーディングは腰が引ける。・・・恐る恐る入水。 この場所は岩が点在 [続きを読む]
  • クロヒラアジ
  • 北東の風、晴れ、気温26度、後中初日の15時干潮。「14時〜17時でオニヒラポイントに入りたい、、、。」朝から妻の顔色を見ながら子守。近所のママ友達と公園で頑張る。昼過ぎに子供達がおねむモードに入ったので妻からゴーサインが出た!すぐさまタックルを車に放り込み、最初のポイントへ。街中で大したことないと感じた風は海の上では結構強く、竿を立てるとフライが宙を舞う。水面も波立ち、オニヒラの引き波、魚影も見えない [続きを読む]
  • エルクヘアクラブ
  • フラットの釣りを始めたころは真面目にマーキンなどを巻いていたが、すぐに手抜きがしたくなり、あれこれと試しているうちに辿り着いたのがこのフライ。スライダーパターンのテイルを抜いて、カラーを長いものに変えただけのものだが一応オリジナルのつもり。写真は菅付きチヌ4号に巻いたもので、材料はエルクヘア、チェーンボール、サドルハックルとハックルのバラけ防止用に巻いているコパーワイヤのみ。ハックルのお陰で着水 [続きを読む]
  • リールとライン
  •  前回の釣行で使い古したモニックのラインをカライワシに伸ばしてもらったが、巻き癖がとれなかったので、新しいラインに新調した。モニックは使用していなかった小径リールに巻いておいた予備のラインだったが、やはり保存の仕方がマズかったよう。今回購入したのはエアフロのボーンフィッシュ#8。通販サイトで格安だった。使用しているリールはラムソンのスピードスター3.5なのでラインキャパはWF9+200mのはずだが [続きを読む]
  • カライワシ80cm
  •  子供を寝かしつけてから近所の港へ。最近は港の常夜灯にギンガメの群れが付いているので、刺身用に少しずつ釣っていくのが習慣になっている。大きいものは40cm超なので、1匹釣れれば十分一家のおかずになるし、小魚をたくさん食べているのでよく肥えていて非常に旨い。 しかし昨夜は北風が強く、狙いの常夜灯下は波ザバザバ。全く魚の気配がないので、風をしのげるスロープに移動してキャス錬を兼ねてガーグラーを通して [続きを読む]
  • 食欲の釣り
  • 昨日の夕方は港で刺身用の魚を確保するために少しだけ釣り。湾内にはハク、ミジュン、ハダラが集まっていてなかなか賑やかだった。6番でもこれくらいの魚が相手なら楽しい。単独で回遊する50cm超のイケガツオもいたが一回かけ損ねたら沈んでしまった。友人はちょっと離れた場所で立ち込んでいたらしいが、そちらにはオニヒラも結構入ってきていたようだ。私は寒くて立ち込めない。 [続きを読む]
  • 自分で探して釣るイセゴイのフライフィッシング(昼間編)
  • 海外のアトランティックターポンへの憧れからか、南西諸島でイセゴイを狙ってみたいという相談をよく受ける。イセゴイ自体はそれ程数の少ない魚ではないので、いる場所に行きさえすれば普通に釣れる魚なのだが、短期の釣行でその場所を探し当てるのはなかなか難しい。私は釣果自慢はしたいが、釣り場は明かしたくないという釣りブロガーの典型ともいえる人間なので、具体的なポイントはここでは紹介しないが、ちょっとだけヒント [続きを読む]
  • 久しぶりにフライを巻く
  •  ここ1年くらいあまり釣りに行くことがなかったが、最近久しぶりにフライ熱が高まっており、ちょこちょこ釣りに行ってはフライを巻いている。写真は海で一番使用頻度が高いガッチャの私家版。一昔前はこの手のフライにラバーレッグやシールアイなどを盛ってそれっぽく装飾していたのだが、最近はそういった小細工がフライの可能性を狭めている気がしてやめてしまった。それがエビなのか魚なのかはリトリーブで決めればいいので [続きを読む]
  • 過去の記事 …