アロン さん プロフィール

  •  
アロンさん: NBA MAMBA.COM
ハンドル名アロン さん
ブログタイトルNBA MAMBA.COM
ブログURLhttp://nba-mamba.com
サイト紹介文主にレイカーズの試合結果やインタビューの翻訳、感想などを交えながら更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 67日(平均3.1回/週) - 参加 2017/01/13 20:58

アロン さんのブログ記事

  • 7連敗中のレイカーズについて感じること
  • レイカーズは6日に行われたペリカンズ戦に敗れ、7連敗となった。 レイカーズは得点源であったルー・ウィリアムスをトレードで放出しただけでなく、昨オフに契約を結んだティモフェイ・モズゴフ、ルオル・デンをベンチスタートにするなど徹底して若手中心に切り替えた。 ルーがチームにいなくなってから今までどこか遠慮がちだったラッセルが躍動しはじめ、5試合で20.6得点、5.8アシスト、3.4リバウンド、FG成功率46.2%を [続きを読む]
  • マジック・ジョンソンがレイカーズのアドバイザーに就任
  • レイカーズは現地2日、殿堂入りポイントガードのマジック・ジョンソンがアドバイザーに就任したことを発表した。 何故今なのか、というタイミング的な意味で少し疑問が残るところだが、長いNBAの歴史の中でもトップクラスのPGがアドバイスしてくれる環境があるということは、若手にとっても非常に良いことだろう。 206cmという長身に加えて、抜群の身体能力、鋭い速攻バウンズパスやノールックパスが特徴のジョンソンは1980年 [続きを読む]
  • 復帰のラッセルがキャリアハイの10アシスト!!
  • 怪我で間近3試合を欠場していたラッセルが復帰したレイカーズは2月1日、デンバー・ナゲッツと対戦した。5試合の欠場が見込まれていたラッセルだったが当初の予定より早く復帰し、 パフォーマンスに影響が出ないかと心配していたが、その必要はなかったようだ。 むしろ彼の今シーズンのベストゲームと言ってもいいかもしれない。 今日はヤングのシュートタッチが絶好調で、5本のスリーを含む7本をラッセルがアシス [続きを読む]
  • 各選手のシーズン前半を考察 PART3
  • 引き続き、考察していきます。 前回の記事はこちら各選手のシーズン前半を考察 PART2Luol Deng デンに関してはプレイ云々よりも契約額が大きな問題だ。昨オフに4年7200万ドルでレイカーズと契約したが、彼は全盛期を過ぎており、契約が満了を迎えるころには35歳で年俸約18億円となる。サラリーキャップが上昇している今のNBAでもこの金額は少し高すぎるのではないか。ベテランとしてリーダーシップを発揮するような感じ [続きを読む]
  • 各選手のシーズン前半を考察 PART2
  • 引き続き、シーズン前半の各選手の考察をしていきます。 前回の記事はこちら↓シーズンの半分を消化、各選手の今シーズンを考察D’angelo Russell ラッセルは今季、アップダウンの激しいシーズンを過ごしている。調子がいい時には軽々と20点を稼ぎ、ターンオーバーは少ないが、調子が悪い時には一ケタ得点、バッドパスでターンオーバーを繰り返してしまう。 ラッセルには安定して得点できる武器 [続きを読む]
  • シーズンの半分を消化、各選手の今シーズンを考察
  • 今回はシーズンも折り返し地点ということで各選手を考察していきたいと思います。 何記事かにわけて書くのでそちらも見ていただけたら嬉しいです。 Ivica Zubacズバッツはレイカーズの将来だ。 ジャズ戦ではスターターのモズゴフより長い26分のプレイタイムを得て、 キャリアハイの16得点、10リバウンドのダブルダブルを記録した。 彼の素晴らしいボックスアウト、基礎に忠実なスクリーンはレイカーズの攻守を円滑にし、 ルー [続きを読む]
  • ウォルトンHC、スターターを変更か?
  • 26日、今シーズン3度目となるブレイザーズとの対戦はまたも黒星となった。 前回はポイントガードとしてスタート起用されたブランドン・イングラムだったが、 今日の試合ではホセ・カルデロンがスタートとなった。 今日の試合は非常にボールムーブメントが良く、ディフェンスでもよく足が動いていたが、 4Qになるとすべてがうまくいかなくなってしまった。これは今日の試合が初めてではなく、 今シーズンに入ってからレイ [続きを読む]
  • NBA2K17を2K16と比較してみた
  • こんにちは、アロンです。 昨日買った2K17が想像以上に良かったので記事にしていきたいと思います。そもそもなぜ2?17を買おうと思ったかというと、試合でイングラム、ズバッツが使いたかったからです。 元々はマイキャリアガチ勢だった僕ですが、アベレージ99を3人作ったら流石に飽きちゃいまして・・・(飽きるの遅すぎな件)で、ちょっとレイカーズでマイリーグでもプレイしてみるかーと思って始めてみたんですが、 2?16なので [続きを読む]
  • 11年前に打ち立てられた伝説
  • 2006年の1月22日、トロント・ラプターズとの一戦でNBA記録2位となる1試合81得点を挙げた選手がいた。昨シーズンで引退したコービー・ブライアントだ。 彼は42分の出場で 81得点、46本のシュートを放ち28本を沈めて見せた。(内スリーは13本中7本、フリースローは20本中18本)驚くべきは後半だけで51得点している点だ。前半に26得点(FG18本中10本、スリー2本中1本、フリースロー6本中5本)だったのに対して後半は28本中18本、スリ [続きを読む]
  • ディアンジェロ・ラッセル「クソみたいなプレイだ」
  • 2017年に入り、始めの5戦で3勝をあげるなど復調の兆しが見られたレイカーズだったが、その後5連敗と今ひとつ波に乗り切れていない。ラッセル、ランドルは年初め、素晴らしいパフォーマンスを披露していた。 ラッセルは始めの5試合で20.8得点、5.2リバウンド、5.0アシスト、2.0スティール、FG成功率46.0%、1.4ターンオーバーを記録していた。 しかし、後の5試合では9.6得点、4.8リバウンド、5.0アシスト、1.0スティール、FG成 [続きを読む]
  • ランドルはもっと賢くプレーしないといけない。
  • 16日、レイカーズはデトロイト・ピストンズに97-102で敗北した。 これで4連敗となったレイカーズだが、敗戦の原因は壊滅的なディフェンスにある。(もちろんオフェンスのほうにも言いたいことはあるんですが長くなるので今日はディフェンスだけ) 現在、ディフェンス能力の高いフォワード、ラリー・ナンスJrを怪我で欠いているものの、チームとしてのディフェンスが全く機能していない。現在の失点は26位(110.2)、被FG%はリーグ [続きを読む]