robohon-nohohon さん プロフィール

  •  
robohon-nohohonさん: 知能を創る
ハンドル名robohon-nohohon さん
ブログタイトル知能を創る
ブログURLhttp://create-ai.hatenadiary.jp/
サイト紹介文人工知能、機械学習、深層学習のニュース記事を収集し、技術動向を調査していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 192日(平均1.1回/週) - 参加 2017/01/14 03:00

robohon-nohohon さんのブログ記事

  • グーグルの人工知能、今度は「モザイク画像の被写体を特定」する
  • wired.jpグーグルの研究チームは、人間には何が写っているかほとんど認識できないような人の顔や部屋を写した低解像度の画像から、元の画像を推測・再現する人工知能システムを開発した。防犯などに応用できる可能性がある。このシステムでは、「conditioning network」と「prior network」という2種類のニューラルネットワークを組み合わせて画像を解析し、8×8ピクセルという低画質画像から、32×32ピクセルの高解像度ヴァージョ [続きを読む]
  • ディープラーニングの仕組みと応用
  • 詳説 人工知能 - ディープラーニングの仕組みと応用:ITpro基本的な仕組みの次は、ディープラーニングの適用領域を見ていこう。主に音声認識、画像認識、言語処理の三つがあるこのうち、最も進んでいるのは音声認識の分野である。短時間区間の音声から音素(語と語の意味を区別する機能を持つ音声の最小単位)を推定する音響モデルの部分で活用が進んでいる。ただし、外部のノイズが大きい、残響があるなど、学習環境と利用環境 [続きを読む]
  • Apple、GoogleらのAI(人工知能)普及団体に参加
  • www.itmedia.co.jp人工知能(AI)普及を目指す非営利団体Partnership on Artificial Intelligence to Benefit People and Society(略称:Partnership on AI)は1月27日(現地時間)、米Appleが創立メンバーとして参加したと発表した。この団体の目的は2つ。1つはAIがいかに人類に貢献し、安全であるかを世に知らしめること。もう1つは、AIのベストプラクティスを共有し、この分野の研究機関(Advancement of Artificial Intellige [続きを読む]
  • トヨタが、AIによる自動運転を「2つのモード」に分ける理由
  • www.sbbit.jpトヨタ 専務役員 伊勢 清貴氏は「自動運転というとドライバーがハンドルから手を放し、人を目的まで勝手に運んでくれる、そんな世界をイメージする人も多い。こういう無人運転も必要だと考えているが、それはトヨタの考える自動運転とは異なる」と説明する。自動運転を支える技術は、トヨタでは3つの知能化に分けて考えられている。1つ目は「運転」知能化。2つ目は「つながる」知能化である。そして最後が「人とクルマ [続きを読む]
  • 倒立振子で学ぶ DQN (Deep Q Network)
  • qiita.com強化学習の一手法であるQ-learning とディープニューラルネットを組み合わせた Deep Q Network、通称DQNを使って倒立振子の振り上げ問題を解決してみます。ディープニューラルネットQは状態観測結果のシーケンスを入力すると、各行動の行動価値を出力するネットです。行動価値は、今回の場合は「入力された角度シーケンスの示す状況では、モータを右、左に回すのはそれぞれ、どれぐらいうれしいか」ということを示すベク [続きを読む]
  • AIの考え方が理解できないこんな世の中じゃ...
  • netallica.yahoo.co.jp大量のデータを元に自らパターンを見つけて学習するディープラーニングの登場で、AIができることが大幅に広がりました。そんなAIの発展の凄まじさを実感させてくれるのが、Quartzが報じている、カリフォルニア大学バークレー校とマックス・プランク情報科学研究所によるこちらの研究。ディープラーニングによって画像認識を学習したAIが、「なぜその結論に達したか」を説明するアルゴリズムについての研究 [続きを読む]
  • 脳を活性化する曲、AIで自動作曲 「スーパー日本人」実現に一歩
  • www.itmedia.co.jpあらかじめ準備した曲をユーザーに聴かせながら脳波を測定できるヘッドフォン型の脳波センサーを新たに開発。曲への反応と脳波の関係を機械学習し、メンタルを活性化する曲を自動作曲する。作曲した曲はその場でMIDIによりアレンジされ、シンセサイザーを用いた豊かな音色で再生できる。大阪大学COI拠点は、文部科学省の「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」に採択された機関。脳の状態を検知し [続きを読む]