for.money さん プロフィール

  •  
for.moneyさん: 節約情報塾|誰でも出来る裏技紹介
ハンドル名for.money さん
ブログタイトル節約情報塾|誰でも出来る裏技紹介
ブログURLhttp://for-money.com/
サイト紹介文ドコモの携帯料金を200円以下にする方法等の節約情報とポイント、お小遣いサイトの稼ぎ方を紹介します
自由文ドコモの携帯電話料金を200円以下にする方法。リスクなくお金を増やす方法。

皆さんはご存知でしょうか。
インターネットに出回る情報は、アクセス数稼ぎのための嘘や誤りばかりです。
このサイトでは私が「実践」して本当にオススメできると実感した節約情報を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 141日(平均6.2回/週) - 参加 2017/01/14 09:41

for.money さんのブログ記事

  • マンションの資産価値を維持する方法|よい管理体制の条件
  • 複数の住民がひとつの建物を共同で所有するマンション住まいは、住民が気持ちよく暮らすために、一定のルールを設ける必要があります。ゴミの出し方、駐車場や駐輪場の使い方、ペットの可否、共用部分のメンテナンス方法などです。このようなマンションのルールは管理規約によって定められ、その規約は、区分所有者と呼ばれる住民全員が加入する管理組合でつくられます。管理業務は管理会社が行っているというマンションもあります [続きを読む]
  • 自分で確認できる建売住宅のチェックポイント|基礎・構造も調べよう
  • 住宅工事の手抜きは素人が見てもなかなか判別できないものです。ましてや建築後の住宅では欠陥が壁や床の下に隠れてしまい、事前に見つけるのがむずかしくなります。まずは図面をじっくり見て、図面と実際の建物が一致しているか、通し柱や筋交いやアンカーボルトなどの補強金物がどの位置にどの程度の間隔で入っているかを確かめ、わからなければ担当者に質問してみましょう。建物に対する不安が拭えない場合は、ある程度費用はか [続きを読む]
  • 建売り住宅の種類と特徴|メリット・デメリットを徹底比較
  • 土地と建物を同時に購入する建売り住宅は、一般的なものであれば実物を見て購入することができ、すぐに入居できるメリットがあります。この建売り住宅にも様々な種類があるので、購入する前にしっかり特徴をつかんでおくようにしましょう。一般の建売り住宅通常は、買主が購入する時点ですでに建物が建築済み。手間や時間がかからないが、自分好みのプランニングや施工業者を選べない。プランは決定しているが、まだ着工していない [続きを読む]
  • 2017年ハイスペック中華スマホおすすめランキング|SIMフリー端末
  • Huawei、Lenovoなどのブランドについてはお聞きしたことがあるかもしれませんが、日本ではあまり聞き馴染みのない「Xiaomi」や「LeTV」など世界では人気が高まっています。急速に人気が上昇しているのは、昔は中国製といえば、偽造品を掴まされたり、故障機が送られてきて、返品受付しない、修理もしない、サポートしないなどが平気で行われていました。ですが、今や例えば「Xiaomi」は中国の「Apple」と言われる程、信頼を勝ち取 [続きを読む]
  • FXの基本|勝率5割で大負けせずトータル収支プラスを目指す!
  • FXに人生を捧げて日々、数千万稼ぎ出してる特殊な才能を持っている人は別として、私のようなサラリーマンで一定の拘束時間があり、費やす時間が限られている人でも収支をプラスにすることはできます。その方法は地味かもしれませんが、「ロウソク足」のパターンと「サポートライン」、「レジスタンスライン」などを基礎を学んで実践することです。なんの知識もない状態でFXを始めることは、コイントスで表裏を当てるゲームを始める [続きを読む]
  • おしゃれで高機能スタイリッシュ体重計|Xiaomi Mi Smart Scale レビュー
  • ダイエットを始めるときや健康管理をするために必ず必要なものが体重計です。ただ体重だけを測ればいいだけではなく、体重を記録することが途中であきらめたりしない成功の秘訣です。体重を測ると自動でスマートフォンのアプリに送信するソフトバンクの体重計が一時期話題になりました。ですが、これが流行らなかったのは、ソフトバンクと通信契約が必要で、契約がない場合、自動で体重をアプリに送信する機能が使えいことが理由で [続きを読む]
  • Jumper EZbook i7 レビュー|Core i7 搭載の格安中華製ハイスペックノートパソコン
  • CPUは人間でいうところの頭脳に当たる部分で、パソコン全体の処理能力を最も左右する部品です。このCPUには性能毎にブランドネームが付けられており、性能がいい順に・Core i7・Core i5・Core i3に分けられます。ランク的には「Core i3」は比較的ローエンドですが、家電量販店でパソコンコーナーを見渡してみると、「Core i3」を積んだパソコンでもなかなかいいお値段です。ちなみに私は自作で Core i7 を使っているのですが、この [続きを読む]
  • 格安ドライブレコーダー|Xiaoyi(Xiaomi) YI Smart Car Dash Camera レビュー
  • 最近注目を集めいているドライブレコーダーですが、国内メーカーからも多数製品が投入されており、選択肢の幅が広がってきました。私が「N-BOX」の購入の検討をするために、ホンダに行った際にも、自衛のためにドライブレコーダーをつける方が増えているという話を聞きました。ドライブレコーダーをつけようとすると、グレードを上げたり、後付けするのですが、国内メーカーの製品を見るとスペックの割にはけっこうお高いものばか [続きを読む]
  • 間取りの失敗ランキング|失敗例・後悔例まとめ
  • 家づくりの楽しみであり、重要ポイントである「間取り」。毎日クラス家のことだから、成功すればいつも快適になります。一方で、失敗すると後悔はずっと続いてしまうことになります。そこで、失敗しないように知っておきたいことをまとめたので、確認してみましょう。配線の失敗■リビングの照明スイッチが、開けたドアの裏に隠れてしまう。ドアが右開きなら、照明は左手の壁にあるべきだったのに誰も気づかなかった。■玄関入って [続きを読む]
  • 万が一に備える地震保険の仕組み|どんは場合・いくら支払われるのか?
  • 世界で発生するマグニチュード6以上の自身の約2割が日本で起きており、日本はまさしく地震大国と言えるでしょう。自身で損害を被ったときに備えるために入るのが地震保険ですが、これから加入予定の方も既に入っている方も自分がどんな保険に加入しているか意外と知らない方が多いのではないでしょうか。万が一の際に、スムーズに対応できるように、どれだけ補償されるかしっかり把握するようにしましょう。地震保険とは地震で発 [続きを読む]
  • 注文住宅で予算を抑えるのに重要な3つのポイント|コスト削減方法
  • 予算が限られている場合、プランニングの初期段階からコストを抑える工夫をする必要があります。デザインや性能など、家族の希望の優先順位を整理した上で、次の3つのステップを検討していきましょう。形・間取りをシンプルにする家の形や間取りが複雑になるほど、建築費は高くなりがちです。シンプルなつくりにすることで、コストダウンにつなげましょう。床面をシンプルにして外壁面積を減らす左側はヒトマスの一辺が1mの場合 [続きを読む]
  • パーキングメーターを無料で使う方法|駐禁を避ける合法裏技
  • 駐車違反を避けるためには以下で解説したとおり、「放置状態を解消」するようにしてください。駐車違反を回避する方法|駐禁ステッカー無効・駐車違反が取り消しになるケース駐車違反となる条件をご存知でしょうか。スピード違反であれば、法定速度が道路や標識に記載されているので、それ以上のスピードを出...2017-05-04 11:14とはいっても、いつでもこの放置状態を解消できるとは限りません。その場合に私がおすすめした [続きを読む]
  • 駐車違反をしても点数が引かれない方法|確認標章を貼られたら
  • 駐車違反を回避しようとしても、やむを得ない理由で車に「確認標章」を貼られて、罰金を払わなくてはいけない状況になることがあります。車に貼られた「確認標章」を見て、素直に警察へ行き、罰金を支払いにいこうとしている方。ちょっと待ってください。警察へ行き、罰金を支払う方法は悪手です。駐車違反をしてしまった場合、罰金は支払う必要はありますが、警察にいく必要はありません。警察へ行かずに、納付書が自宅へ送付され [続きを読む]
  • カラオケのDAM(デンモク)の裏技紹介|隠しコマンド集
  • カラオケで曲を入れるために使用する「DAM(デンモク)」。DAMにも種類があって、・Smart DAM・LIVE DAM STADIUM・LIVE DAM RED TUNE・LIVE DAM GOLD EDITION・LIVE DAM・BB cyber DAMなどあります。実は、それぞれ隠しコマンドがあり、「1曲ごとにお金を必要とするモード」に変更したり、「採点で必ず90点以上を表示する接待モード」に変更、「自分の声を5歳児に変更」など知っていると盛り上がる機能満載です。今回はその裏 [続きを読む]
  • 格安バルミューダ空気清浄機|Xiaomi Smart Mi Air Purifier レビュー
  • 私は花粉症で、花粉がつらく空気清浄機を探していました。加湿機能がついたモデルは、冬は便利なのですが、手入れが面倒で、ちょっと油断していると水回りにカビが発生するので、空気清浄しているのかカビを撒き散らしているのかわからない状態になります。加湿機能がないモデルは、手入れは簡単で掃除機で大きなホコリを吸い取ったり、フィルターを替えるだけなので、加湿機能なしのモデルをネットで探していたのですが、最近は加 [続きを読む]