旅での食べ処飲み処 さん プロフィール

  •  
旅での食べ処飲み処さん: 旅ログ食べ処・酒場情報
ハンドル名旅での食べ処飲み処 さん
ブログタイトル旅ログ食べ処・酒場情報
ブログURLhttp://tabedokoro.blog.jp/
サイト紹介文国内リゾート、南の島の食事処と酒場の情報、勝手な旅行記。リサーチ結果のみも。海外版予定。
自由文国内リゾート、特に南の島が多いですが、そこでの食べ処と酒場の情報、そして勝手なる旅行記を自由気ままに。気になったお店、過去の記憶をたどった備忘録。次回訪問時に役立つので、リサーチ結果のみ情報も書かせていただきます。そのうち海外へも進出予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 72日(平均3.6回/週) - 参加 2017/01/14 14:17

旅での食べ処飲み処 さんのブログ記事

  • 【沖縄、ステーキ  ジャッキーステーキハウス】
  • 【沖縄、ステーキ  ジャッキーステーキハウス】 Jack's Steak Houseとあるので日本的にはジャックステーキハウスですね。1990年頃に初めて行きました。当時としては風俗っぽい場末的な場所で不思議な外観で店内は良くわからないアメリカ版食堂のようなステーキ屋さんに国際通りのホテルからタクシーで出向きました。当時で1000円以内(多分800円?ぐらいだったかも)でステーキが食べれるハイコスパのお店であり、まずはここに行 [続きを読む]
  • 沖縄、ステーキ  ステーキ88
  • 【沖縄、ステーキ  ステーキ88】 沖縄県那覇市の辻(つじ)にどうどうと構える老舗ステーキハウス。ルーツはAサインバーのようで、club88という名前の時代もあったようです。ひょっとするとストリップかもしれませんね。アメリカだとそんな感じがします。1990年当時こちらもジャッキーの次に訪問させてもらった。地元でもジャッキー派と88派に分かれており、88派のほうが通なのだという説明であった。今は全く分かりませんが [続きを読む]
  • 【沖縄、プライベートリゾート オクマ、サーフサイドカフェ】
  • 【沖縄、プライベートリゾート オクマ、サーフサイドカフェ】こちらは少し北部にあるリゾートホテルのカフェ。ランチにて利用。テーブルが広くてゆったり食事ができます。メニューは当然、沖縄料理、パスタ、ピザ、カレー、ハンバーグ、そば、お刺身、点心、デザートなどなど。コスパとしてはたいへんお得です。郊外だからでしょう、あまり人がいないので、ほんとうにのんびりできます。きれいな海がすぐ目の前。砂がすごくきれい [続きを読む]
  • 【沖縄、ホテル日航アリビア、ハナハナ】
  • 【沖縄、ホテル日航アリビア、ハナハナ】豪華なホテルの地下1階にあるカジュアルバフェ。家族連れにはありがたい。テーブルクロスもなんとなく子供向け?明るい雰囲気で気さくなサービス。お料理はホテルですのである基準は超えているのが嬉しいところ。てんぷら、お寿司、沖縄料理、パスタ、ピザ、カレーなんでもある。ディナータイムには生演奏がありました。多少騒がしくても許されそうですのでファミリーで豪華なホテルで好き [続きを読む]
  • 【鹿児島、華蓮】
  • 【鹿児島、華蓮】黒豚せいろ蒸しうまーし。あまみとうまみのハーモニーが絶妙ではないですか。本場芋焼酎で完璧なコンビネーションプレーに。しかしここのセイロはまりますね。あとお野菜も何気で美味しかったりしました。鹿児島黒豚はサツマイモを添加した餌を60日間以上与えられて育成されていますからほのかな甘味が感じられるのでしょうか。ここのお店は、居酒屋ではなく、しゃぶしゃぶ専門店。JA鹿児島直営という大店舗です [続きを読む]
  • 【鹿児島、かわかみ】
  • 【鹿児島、かわかみ】刺身を中心にお魚が美味しい。それだけでなく、さつま揚げ、お鍋など鹿児島の郷土料理もたいへん美味しくて大満足。店内はとても綺麗で割烹のような感じで個室が充実しており、2階では大宴会が可能と万能選手ではと思います。値段は少しはるかもしれませんが、おいしいのでそれはそれで。飲み放題にしてしまうことでそこそこコスパは良くなると思います。アラカルトの焼酎はちょっと高めですので要注意。4人 [続きを読む]
  • 【鹿児島、吾愛人】
  • 【鹿児島、吾愛人】わかな と呼ぶんですね。同じ名前のお店が天文館に2店ありました。伝統の薩摩郷土料理。気づいたのですが、ここでのポイントは郷土料理コースで行くか、豚しゃぶ鍋で行くか決める必要がある。その日の気分で好きなほうを選ぶのが良いかと。コースだと、きびなご刺身、地鶏刺身、かつおたたき、さつま揚、とんこつ、 黒豚しゃぶ一人鍋、きびなご天ぷら、さつま汁などがラインアップに。鍋は少しになるのが寂しい [続きを読む]
  • 【奄美大島、ネイティブシー奄美】
  • 【奄美大島、ネイティブシー奄美】有名な倉崎海岸が目の前にある大きめのペンション。車で行くと岬の先端までずずっと行く感じです。海にすぐ行ける立地は素晴らしい。駐車場、入り口、フロントは2階になっています。土曜日の夜には地元のボランティアの方々による民謡、踊りがあるようでした。残念ながら参加しませんでしたが、本格的な感じでした。当たり前か・・。部屋はロフト付きで子供たちは喜んでおりました。ドアをあける [続きを読む]
  • 【奄美大島、ホテルビックマリン】
  • 【奄美大島、ホテルビックマリン】名瀬から近いそこそこ大きめのホテル。ビジネスから観光、スポーツ合宿など団体にも対応可能なようです。団体のお客さんも結構いました。宿泊では和室があるのでファミリーには助かります。ホテル内の入浴施設には光明石温泉があり、天然鉱石である光明石を泉源体とした温泉が2階にある。そんなに大きなお風呂ではありませんでしたが、子供は気に入ってました。屋外には足湯もありました。内装は [続きを読む]
  • 【奄美大島のお風呂、タラソ 奄美の竜宮】
  • 【奄美大島のお風呂、タラソ 奄美の竜宮】大浜海浜公園にある海水プール。非常に濃い食塩泉といえる海水のきゅら海プールは、少し水温がぬるめでジャグジーとかあってかなりリラックスできる。ただし傷とかあると滲みるようで痛いかもしれません。施設はとてもきれいですので、ファミリーにもおすすめです。機会があったら是非また行きたいです。奄美の民宿 ゲストハウスかんもーれ<奄美大島> [続きを読む]
  • 【奄美大島の海岸、大浜海浜公園】
  • 【奄美大島の海岸、大浜海浜公園】海水浴場として整備されている。海の目の前に、駐車場、更衣室、シャワーが完備。バースハウスという名前の建物にシャワーありの、コインロッカーもあったと思います。多くの人が来ている人気のビーチである。なぜか魚はそんなにおりませんので、シュノーケリングには今いちかもしれません。沖のほうまで行ければ魚がいるのかもしれませんが、ちょっと遠いです。公園内には高倉 「たかくら」がい [続きを読む]
  • 【奄美大島の海岸、タエン浜】
  • 【奄美大島の海岸、タエン浜】海水浴場として整備されている。海の目の前に、駐車場、シャワー、更衣室が完備している。そこそこ人も来ているので、海としてはにぎやかと言ってよいでしょう。たまたまかもしれませんが、魚はそんなにおりませんでした。シュノーケリングには今いちかもしれません。防波堤があり子供たちがそこから飛びこんでました。ブイもあるので安心です。波は穏やかで、便利な海水浴場ということで。ダイビング [続きを読む]
  • 【奄美大島の海岸、屋鈍(やどん)海岸】
  • 【奄美大島の海岸、屋鈍(やどん)海岸】たどり着くのが大変ですが行く価値ありです。波も穏やかですが、なんといっても海の透視度が抜群です。そのためか、魚の群れはおりません。少し沖に出ても遠浅のため水深が変わりませんでした。ロープだと思ったらウミヘビで、追っかけられたことを覚えてます。静かでのんびりとしたいときにお勧めです。駐車場も海の目の前。トイレもありますので、安心です。人もあまりいない。近くにお店も [続きを読む]
  • 【奄美大島の海岸、倉崎海岸】
  • 【奄美大島の海岸、倉崎海岸】駐車場が海の目の前にあるのでとても便利。シュノーケリングでかなり広い範囲を探索できる。少し沖に出れば結構水深もあり、浅瀬では様々な奄美の魚を楽しめます。シュノーケリングの場合は、まっすぐ沖に出て、やや深場を楽しみ、その後は右かつ浅瀬のほうに回り込んで魚をウオッチするのが良いと思います。左の方は意外にいなかったと記憶してます。ダイバーも数人ビーチエントリーしていました。小 [続きを読む]
  • 【宮古島、だんらん】
  • 【宮古島、だんらん】少し通りから離れたところにお店があります。名前の通り、「だんらん」という名前がしっくりする。1階と2階があり結構大箱で、2階には個室があって、いろいろな状況で使いやすい居酒屋だと思います。魚から肉料理までファミリーにもおすすめ。お刺身盛り合わせ(海ぶどう入りなのが嬉しいです)、島ダコ刺し、グルクン揚げ、おつまみ定番の島ラッキョウてんぷら、串揚げ盛り合わせ、おにぎりなどをオーダー [続きを読む]
  • 【宮古島、ホルモン人】
  • 【宮古島、ホルモン人】面白い焼肉屋さんです。お肉はもちろん一通りそろっており、個人的には各種カルビがおすすめ。壺漬け一本カルビ は必須でしょうか。基本的においしく満足しました。缶のイスに、テーブル上のガスコンロ、屋台風の店内は活気があります。ごはん大盛の量もすごい、来てみるとジュース、そしてビールのサイズに驚くことに。生ビールに見えた小さな塊は氷でなくて、ちゃんとしたアイスボール。量が多いので、ぬ [続きを読む]
  • 【宮古島、うまりずま】
  • 【宮古島、うまりずま】店名は宮古方言で「生まれた島」のようです。なぜかお店の中に入ってから、赤瓦屋根、電信柱、かやぶきがあって、昔の民家のイメージでした。伝統料理と創作料理が楽しめる。三線ライブがあるのかは不明でしたが早い時間にはなかったので、遅い時間にあるのかもしれません。店内は広く、雰囲気が良く、とてもきれいですので、早い時間はファミリーでも宮古の昔の民家でごはんという雰囲気を味わいたい時にお [続きを読む]
  • 【宮古島、チョイワル食堂】
  • 【宮古島、チョイワル食堂】店名とは違って、全然わるくなさそうな食堂で、入りやすいお店で安心しました。店内はカウンター比率が高く、一人か二名で来る感じが多かったです。豚骨ラーメン、餃子、たこ焼き、お好み焼、チーズポテトベーコン焼、焼き鳥などなど。観光で長く滞在の場合はファミリーだとこんな感じのメニューが食べたい日がやっぱり来ますよね。そんなときにおすすめのお店かと。麺は自家製のようで自分の好みに合っ [続きを読む]
  • 【宮古島、魚市場いちわ】
  • 【宮古島、魚市場いちわ】池間島の佐良浜漁港近くの食堂で大箱です。予約をしましたが、平日の夜の早い時間だからか、初客になりました。目当ての一つはここのメニューにある桶盛りが魅力的、まぐろ、かつおを桶にて楽しめる。結局お刺身盛り合わせにしましたが、とてもお勧めです。全体的にボリューム感ありで嬉しい。子供には ローング!!バケットピザ、親子丼などもあるので魚嫌いな子でも問題ありません。おすすめは売店でも [続きを読む]
  • 【石垣島、豊年満作】
  • 【石垣島、豊年満作】創業20年老舗居酒屋さんだったのですね・・。東京のチェーン居酒屋さんは違う豊年さんでした。ここはかなり大箱です。複数のグループによる飲み会があるようですので、早い時間がお勧めです。早い時間のタイムサービスはコスパ的に魅力ありです。このお店、個人的にある意味、自分の中の沖縄の島の居酒屋そのもの。いくら飲んで食べて騒いでも2000円以内というインプットされた記憶と合致する今は少なくなっ [続きを読む]
  • 【石垣島、ホテル日航八重山 レストラン アクアリス】
  • 【石垣島、ホテル日航八重山 レストラン アクアリス】バフェスタイルの夕食がお勧め。子供には石垣牛ハンバーグ、カレー、自分製パンケーキそしてアイスにケーキ、大人はお刺身などの魚料理、肉、麺、島料理もあり種類がとても豊富(当たり前か)、しかし沖縄本島とかにある他の日航ホテルより種類が多い感じがした。麺コーナーにはその場で作ってくれました。車だと飲めないのですが、追加での飲み放題はかなりお得ですねえ。それほ [続きを読む]
  • 【西表島、イリオモテヤマネコ】
  • 【西表島、イリオモテヤマネコ】西表島と言ったら、すぐに出るのがイリオモテヤマネコ。この猫さんのおかげで島が全国的に有名になったとも言える。しかし島に数日いてもまず見ることはありません。ただ、道を車で走行すると、イリオモテヤマネコの絵が描かれた道路標識がまず目につきます。さらに飛び出し注意を呼びかける看板にはコード番号がついており、目撃したら場所を特定しやすくするためということですので、期待がいやで [続きを読む]
  • 【西表島、亜熱帯植物楽園】
  • 【西表島、亜熱帯植物楽園】水牛車で渡った先には由布島(ゆぶじま)、そして植物園というか動物園のようなアミューズメントパーク。はじめは水牛の家系図の説明がある。なんでも初めは2頭からはじまり今は大家族の大五郎一家。その後に、お決まりのアイドル水牛との記念撮影とその写真販売。由布島小学校の跡。熱帯植物園。水牛の水浴び場。お土産屋さんに食堂などもあり、油断していると結構時間がかかります。水牛は農耕のため [続きを読む]
  • 【西表島、水牛車】
  • 【西表島、水牛車】西表島と由布島(ゆぶじま)を結ぶ交通手段。それはなんと水牛車。水牛が人間の乗る台車を引っ張って海を渡る。その光景は写真で見るより実際に乗ってみないと。旅人の駅というチケット売り場兼お土産屋さんカフェにて購入する。費用には亜熱帯植物楽園(水牛車渡し込み)の入園料が含まれている。満潮の時間にあたると少し待つ必要があります。水牛車は赤瓦屋根が天井、そして大型トラック用のタイヤがついてい [続きを読む]
  • 【西表島、しげた丸ツアー】
  • 【西表島、しげた丸ツアー】しげた丸は43人乗りのシュノーケリングボートでのツアーが良いようです。トイレ・シャワー付き大型ボート。所要時間:約5時間のコースだと。送迎車にてお迎え 9:00頃(宿泊施設、上原港)→祖納の港出発 →クイラ川、水落の滝、マングローブ遊覧(ジャングル体験、船でマングローブの林の中へ突き進む、途中でシーカヤックの人とかともすれ違う)→船浮集落に上陸して散策→午前中のシュノーケリングポ [続きを読む]