スーさん さん プロフィール

  •  
スーさんさん: 京都田舎暮らし
ハンドル名スーさん さん
ブログタイトル京都田舎暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/s1041s
サイト紹介文京都の北山に木工暮らしの家を持ち、木工と旅と写真で遊んでます。
自由文毎年北海道,特に知床にはまってます、特に車で行き道東の写真を撮ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 222日(平均8.2回/週) - 参加 2017/01/14 22:56

スーさん さんのブログ記事

  • 雌阿寒岳の植物
  • 雌阿寒岳には現行の噴火山ということも有るのかあまり高山植物はありません、林間地帯を抜けると圧倒的にハイマツ帯になります,途中はハイマツのトンネルです。足元の石の間からリンドウかな?とても可愛い、でも見つけるのが難しいくらい少ないです。この花小さくて目立たないがこのように群れを成すとすがすがしい美しさです。岩の割れ目に生えてる、ここにしか在りませんでした一番印象に残った花です、割れ目には土もない様子 [続きを読む]
  • 雌阿寒岳の頂上
  • 利尻岳で苦しんで以来、体調もかなり良くなってきたので雌阿寒岳で試します、前日に野中温泉のキャンプ場で車中泊、朝4:35出発です。ガレ場を登り切って最初に見える噴火口、見えぬ時からガスの噴射音がして眼前に迫った光景、下の赤池まで150m位有りそう!こわいすごい迫力です。登り始めから急で矢張りきつい!何とかごまかし、やっとの思?いで山頂へ、この360度の景色で疲れが吹っ飛ぶ!向こうに見えるのは雄阿寒いず [続きを読む]
  • 久しぶりの晴れ、気持ちいい!
  • 久しぶりの快晴、ホテルのデッキの白がまぶしいくらいです。t隣のおばさんが持ってきてくれたアジサイが美しい!庭の雑草までもが生き生きです。こちらも雑草ですよ。これは植えたものでしょう、どれもこれも鮮やかです、やはり晴れはいい! [続きを読む]
  • まっすぐな道の両脇に広大な畑が広がります、内地にない景色ですね、右側はビート左側は小麦です、奥の林は防風林、吹雪除けにもなってます。小麦畑もそろそろ刈り入れです、風になびいて綺麗なウエーブが魅力です。ジャガイモの花近くで見ると結構きれいです。蕎麦です、北海道は今や蕎麦の大収穫地です。 [続きを読む]
  • 知床路傍の花
  • 知床も奥のほうに入っていくとフキとかイタドリがなくなって写真のような花が多くなってきます、このようなところで夢中に写真撮ってると!こんなものが現れるのです、今朝のことです。 [続きを読む]
  • 紫竹ガーデン
  • 紫竹ガーデンのオーナーとても気やすい方で我が家のわんこ放してあげなさい!かなりのお年を召されているが相変わらず元気!よくもこんなに種類が有るもんだと感心して回りました、キレイキレイと言いながら全く名前覚える気はないです、もう覚えたってその端から忘れていく、きれいな感覚だけは忘れない。突然前をリス君が、慌ててカメラ向けたがお尻だけ! [続きを読む]
  • 利尻の朝
  • 5時過ぎ、宿の裏の丘に登ると朝日が、疲れた体も忘れるようなすっきり感、ウニ採りの船が漁場に向かう。今朝は雲が多く天使の梯子が。低い山でもツリガネニンジンが可愛い花をつけてる背後に見える船はウニ採りの船です。6時サイレンが鳴って一斉に操業開始、ルールを守ってウニの乱獲を防いでいます、素晴らしい透明感のある海です。空にはツバメが群れを成して飛び交っています、今日の利尻岳は雲が多いですが晴れて絶好の登山 [続きを読む]
  • 利尻岳登山
  • 宿の方に送ってもらい5時スタートです。森林帯を抜けて這松が出てきました、第一展望台と眼下に港が見えます。7合目スタートです、このころから久しぶりの登山と寝不足等がひびいて辛くなってきた、しかもここから胸突き八丁!やっとの思いで8合目到着、この山はかって火山なので登山道は浮石や大小の石が道を阻み余計に辛い!右の避難小屋に向かって少し下ります、ここで足がつりました!辛いのでこれ幸いに引き返そうと思いまし [続きを読む]
  • 利尻岳
  • 念願の利尻岳が近づいてきました、帰りの船と交差です、1712m流石に喫水からだと高いです右のちょっと出っ張ってる天長山から右側の尾根ずたいに登ります。持ってきたノートパソコンが壊れ急遽デルを購入やっと来て動かしましたがもう爺には能力がなく縮小のソフトがうまくダウンロードできず取り合えず一枚貼り付けました。 [続きを読む]
  • 親子体面
  • イルカホテルで11年振りの親子体面、11年前に飛行機に乗ってイルカホテルに養子に来たアクリ、くるみもそれ以来会った事が無かったが今回私たちに同行して来ました、もう親子なんて二匹とも全く分かりませんが微笑ましく癒やされます。 [続きを読む]
  • 養老牛、唐松の湯
  • 養老牛の川のほとりにある露天風呂、無料でいい雰囲気、車のエンジンはすぐに止めてくれ、炭酸ガスでブヨが寄って来るから!以前友達が入っていたら対岸にクマが来て睨まれ慌ててフルチンで車に逃げた!それ聞いてから探すが中々見つからなかったが今回養老牛のホテルで聞き探す事が出来た。 [続きを読む]
  • 7月20日
  • 一泊で十勝方面に出かけました4時間もかけて糠平湖のタウシュベツ橋下に行ったが遠くてやっと見える程度、本当に写真撮るなら4k歩かねば今回はスルー帯広、とん太の豚丼、思ったより甘い!十勝千年の森へ、渋くて自然さが最高?我が家のガーデンにも参考になる今夜の宿は札内川自然キャンプ村、軽く考え近くにコンビニでも有ると思っていたら日高山脈の懐で何もない!30kの買い出しはきつい!中華の具とおむすび一個二人で食べ [続きを読む]