mezasetrilingual-english さん プロフィール

  •  
mezasetrilingual-englishさん: 浦島花子の「英語ノート」と「英語集」
ハンドル名mezasetrilingual-english さん
ブログタイトル浦島花子の「英語ノート」と「英語集」
ブログURLhttp://ameblo.jp/mezasetrilingual-english/
サイト紹介文ブログのタイトル変更しました。在米20年。新しく学ぶ英語とアメリカに来てから学んだ英語を掲載。
自由文私は単語帳は買ったことがなく、自分で新単語や成語をノートに書いてきました。この度、それをブログに記していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 69日(平均13.1回/週) - 参加 2017/01/15 10:10

mezasetrilingual-english さんのブログ記事

  • WBC 日本vs.アメリカを見に行ってきました!!(+野球英語)
  • 浦島花子は、隠れ・野球ファンなんです、、。アメリカ大リーグの試合はちょくちょく見ます。だから、最近の大リーグの有名選手の名前はほぼ知っています。これまで、アメリカ国内で大リーグの球場いくつかに足を運び、試合を見てきました。アメリカの球場の雰囲気が大好きです!!アメリカ人は個人で応援します。熱狂的な人もいます。パフォーマーもいます。おもしろいヤジを飛ばす人もいます。(嫌なヤジを飛ばす人もいます。)お [続きを読む]
  • 【医学・司法用語】"autopsy"
  • 前に、"biopsy" という言葉を取り上げました。↓前の記事http://ameblo.jp/mezasetrilingual-english/entry-12253770932.html 今日の言葉は、これに似ているし、関係があります。 "autopsy" は、「検死」です。 死亡事件ニュースや死亡事件が関わるミステリーものなどに出てくる単語です。 [続きを読む]
  • fork over, procure, balloon(v.) 〜米墨国境の壁の設計内容②
  • トランプ・ニュースは単語の宝庫。 学びたい単語がたくさんあり、前の記事の続きです。 (NBC New
    s, Mar. 18, 2017より)Although Trump made it a centerpiece of his presidential campaign to get the Mexican government to pay for
    the wall, expectations are low that the U.S.'s southern neighbor will fork over money for its construction or after it's
    done. Mexican President Enrique Peña Nieto has con [続きを読む]
  • 【スラング】"to space out"
  • 普通は、「間隔をあける」という意味です。 でも、スラングでは、「ボーっとする」ってことです。 Office Space (1999・米)という映画がありました。邦題は「リストラ・マン」。邦題からは想像がつきやすいですが、シリコンバレーにあるであろう会社がリストラをするため、外部の面接員を雇います。誰をリストラするか決める面談で、主人公が「出社して、まず space out する」と話します。そして、面接員がほーー、と [続きを読む]
  • 【英単語】"probation" 法律用語、会社用語、学校用語
  • "probation" という言葉を聞きます。"on probation" "a probation period" "a probationary period" という形もよく聞きます。①法律 ②会社 ③学校にて、大きく三つの使い方があります。私はこの三つの場合の使い方全部に出遭っています。 ①「執行猶予」He was given two years' probation. 「彼は2年の執行猶予をもらった。」 ②「(仕事での)試験(見習い)期間」新人の見習い期間という場合にも使われます [続きを読む]
  • antidote, dementia, vitriol 〜虐殺生き残こりとナチスの孫の心温まる話
  • 私は自称(!?)平和主義者です。戦争や人種・民族間の紛争や差別がなくなり、人の殺傷がなくなればいいと願っています、、。 そんな自称・平和主義者、浦島花子がとても興味を持って、最後まで読んでしまったニュース記事です。実は、ニュースを最後まで読まないこともあります。途中で興味を失ってしまうことがあるんですね。でも、この記事には引き込まれました。なったって、歴史はともあれ、心温まる話だったからです。 [続きを読む]
  • 【フレーズ】"Knock yourself out!"
  • これは一応、アメリカに来てから学んだフレーズなので、書いておきます。日本の語学書にもありそうな文句ではあります。まだ私がアメリカに来て間もない頃、親切なアメリカ人が英語を教えてあげようと、説明してくれたフレーズです。日本語で「ノックアウト」というと、プロレスとかで、もうヘロヘロで上体を起こすことができない状態をいうと思います。でも、このフレーズはそんな意味じゃないです。 「思い切って、どうぞ! [続きを読む]
  • 【英単語】"palatable"(口に合う)、ついでに "palate"(口蓋)
  • 栄養士の人の口から、palatable という言葉を聞きました。"Food is palatable.""palatable food"話の内容から意味は何となく分かりました。でも、この言葉は知りませんでした。 私は言語学の中でも特に音韻・音声学が好きだったので、palate という言葉を知っていました。「口蓋」です。 the hard patate 硬口蓋the soft palate 軟口蓋 上歯の裏から奥へ舌を動かして口内の上部の真ん中辺りを舌で触る [続きを読む]
  • 【イディオム】"to crack up"
  • これこそ、アメリカの生活の中で学んだイディオムです。本の上で学んだのではなく、人が言っているのを聞いて覚えました。初めは意味がよく分かりませんでした。でも、何度か聞いていると分かってきました。幼い子供が言葉を覚えるのはこういうことかな?と自分で思いました。子供が母国語を学ぶのに、本の上で言葉を覚えるわけでもなく、スペルを知っているわけでもなく、耳で聞いて覚えて使えるようになりますから。 アメリ [続きを読む]
  • 【医学用語】「ギブス」を英語で何と言うか?
  • アメリカで長年生活していて、医療・医学用語は必須なんです。別に医療の専門家なわけではなく、生活に必要なんです。英語で医学関係のことを理解し、対応できなければなりません。だから、私は必要な医学情報は英語で読んで勉強しておきます。一度、医学博士が書いた、ある薬が脳にどのように作用して効くかという論文を読みました。これはさっぱり分かりませんでした。ハハハ、、。医学の専門知識までは必要ないですが、一般医学 [続きを読む]
  • 【医学用語】"sedated" "sedation"
  • 前に書いた "anesthesia(麻酔)" に関係しています。麻酔が効いている状態のことを言います。 We will make sure you are sedated. 「麻酔が効いているのを確認します。」Do not drink or eat 8 hours prior to sedation. 「麻酔をする8時間前の間は飲食しないでください。」 [続きを読む]
  • 語学の学習には反復が必要
  • テーマ「上級者のための英語ノート」下では、私が毎日のように新しく学んでいる英語を載せています。自分でこのテーマ下に書いた単語を全部覚えているか?といったら、そうじゃないんです。自分の紙のノートにも手書きで、ここに掲載している内容を書いています。たまに、そのノートを広げてみたり、このブログを見返してみたりして、自分で復習しています。復習がないと、きっと覚えません。よっぽどインパクトが強くて、一度で覚 [続きを読む]
  • repeal, setback, circumvent 〜オバマ・ケア廃止に向けて、、、
  • たまに、簡単そうに見える単語の正確な意味が分からず、辞書で調べます。今日は、setback でした。circum- は、「周囲に」とか「回って」という意味があり、これで始まる単語はたくさんあります。circumstance (周囲の)状況circumference 円周にあるように、とにかく「回り」が関係しています。circumvent (v.) も同じです。そう考えると覚えやすいです。 (Washington Post, March 8, 2017より) President Trump's [続きを読む]
  • 【英単語】忘れもしない "salvage" という言葉
  • 辞書を見ると、いろんな意味があります。ラテン語の「救う」という意味から来ているらしく、 沈没船の引き揚げ海難にあった船や貨物の救出火災にあった人や物の救出廃品回収 などの意味が書かれています。名詞に限って、書き出してみました。動詞もあります。 ここで、忘れもしない出来事の話を。仕事からの帰りのいつものコース。フリーウェイから下りるランプに数珠つなぎに車が並んでいて、私の車は止まっていま [続きを読む]
  • "You beat me to it."
  • これは決まり文句です。何かを言おうとしたり、やろうとしていた矢先に、他の人に先を越されてしまった、という時、言うフレーズです。 You beat me to it ! I beat you to it !も聞いたことあります。 [続きを読む]
  • 周りの人を会話に引き込むおしゃべり上手な人から学ぶ
  • 今日はあるミーティングに行ってきたのです。テーブルを囲んでの7人くらいの真面目なミーティング。 真面目な話も進みますが、ちょっとした合間におしゃべり上手な人がやっぱいるものです。冗談を言ったり、無駄話に他の人を引き込んだり。アメリカ人的なのかどうかはっきりは言えませんが、アメリカに住んでいて思うのは、周りの人を会話に入れてあげるのが上手なアメリカ人がいます。 みんながみんな、会話に入るわけ [続きを読む]
  • adidas, GAP, JCPenny の名前の由来
  • Gatorade の名前の由来を調査した時、他のも出てきたので紹介します。 adidas創業者 Adolf Dassler のニックネームが Adi (アディ)だったそうで、彼の姓の始めの3文字をつけて、adidas となったそうです。ドイツ発祥、本社もドイツなんですね。(あ、そんなことも知らなかったのは、私だけ??!ハハ、、。) GAP は1969年アメリカで創業。当時のヒッピー時代に "the generation gap" という言葉が流行ったらしいです [続きを読む]
  • "biopsy"
  • "biopsy"とは、体の組織の一部を取り出し、検査することです。特に癌を発見するのに使われるらしいですが、もちろん、癌以外の病気にも使われます。 [続きを読む]
  • "I was blown away!"
  • 驚いた時に言うフレーズです。文字通りには「吹き飛ばされた」ってことなので、爆発とか竜巻などで吹き飛ばされた、って時にも、もちろん使えます。でも、普段の生活の中で爆発や竜巻に吹き飛ばされることはそうそうないです。。。「驚かされた!」→「驚いた!」という意味のスラングなんです。医学博士が真面目な顔して言っているのも見たことあるので、悪い言い方では決してないです。 そういえば、日本語でも「ぶっとび」 [続きを読む]
  • Gatoradeというアメリカのスポーツドリンクの名前の由来
  • もう何年も前の話ですが、この名前の由来を聞いた時、ほ〜〜、そうなんですか〜、なるほど〜〜、と妙に感心しました。 アメリカでは、大学のアメフトは、日本の高校野球と似たような盛り上がりを見せます。フロリダ大学のフットボール・チームの名前がGators。マスコットはワニです。プレイヤーたちをaid(助ける)ために、同大学の博士によって作られたスポーツドリング、という風に聞きました。Gator と aid の合成語。でも [続きを読む]