破産者・J さん プロフィール

  •  
破産者・Jさん: 自己破産・百科全書
ハンドル名破産者・J さん
ブログタイトル自己破産・百科全書
ブログURLhttp://xn--vek198g9sig6iczrs1bster8d56z.com
サイト紹介文私が自己破産した全記録を公開します。 2016年3月某日、免責が許可されました。免責許可の判決有
自由文督促電話やカードの引き落としが完全になくなったので、安心しています。
債務総額880万円、免責不許可事由が3つもあったのに免責になった秘密を公開。

⇒ http://xn--vek198g9sig6iczrs1bster8d56z.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 160日(平均3.2回/週) - 参加 2017/01/15 12:10

破産者・J さんのブログ記事

  • 自己破産の費用はいくらか?弁護士費用を検討する|自己破産・百科全書
  • 破産者・Jです。自己破産の費用は総額で20万円〜60万円程度となっています。費用の内訳は弁護士費用と管財費用、実費になります。自己破産には同時廃止と管財事件があります。管財事件では管財費用で20万円ほど高額になります。自己破産で弁護士に相談すると、まず借金の返済を停止します。借金を支払わないので、その分のお金が浮きます。その浮いたお金で弁護士費用を支払っていきます。もちろん分割払いも可能になっているので [続きを読む]
  • 弁護士に受任拒否や辞任される理由と解決方法|自己破産・百科全書
  • 破産者・Jです。債務整理を弁護士に相談すると受任拒否されることがあります。また、一度契約を結んでも途中で辞任されることもあります。弁護士との契約は、「契約自由の原則」で「委任契約」を結ぶことになります。ここでは受任拒否や辞任の理由を解説します。また、その対策をお伝えします。弁護士との契約は任意まず、前提として弁護士との契約は義務ではありません。契約は依頼人と弁護士との自由意志に基づいた任意になりま [続きを読む]
  • 個人再生と住宅ローン、自宅を守る方法と利用条件|自己破産・百科全書
  • 破産者・Jです。個人再生で自宅を守る方法として、住宅ローン特別条項を利用する方法があります。住宅ローンを支払いながら経済的な再建が出来るので、他の債務整理にはない大きなメリットとなっています。デメリットは住宅ローンは減額されないことです。ここでは、住宅ローン特別条項の利用条件を解説します。住宅ローンの付いた自宅を守る方法個人再生では住宅ローンの付いた自宅を処分せずに維持することが出来ます。住宅ロー [続きを読む]
  • 借金を時効で帳消しに!時効のメリットとデメリット|自己破産・百科全書
  • 破産者・Jです。借金の返済は時効によって免れることが出来ます。債務整理を弁護士に依頼した場合に「時効待ち」の方針になることがあります。借金の整理において時効のメリットは債務が消滅することです。時効のデメリットは以下の3点になります。時効完成まで最低5年間かかること、時効が成立しない可能性があること最高裁で違法性が指摘されていること時効待ちの方針とは弁護士に債務整理を依頼すると時効待ちになるパターンが [続きを読む]
  • 任意整理中にお金を借りる方法|自己破産・百科全書
  • 破産者・Jです。任意整理中に失業して生活費が足りなくなったり、冠婚葬祭などで急な出費が発生することがあります。債務整理するとブラックリスト登録されるので、貸金業者から借金出来ません。そこで、信用情報機関の信用情報を参照しない公的資金の貸付と給付を利用します。公的な貸付や給付金はあまり知られていませんが、人生のピンチを乗り切るときに役立ちます。公的機関の貸付と給付とはお金を貸す会社は銀行や貸金業者だ [続きを読む]
  • 個人再生の必要書類と書類申請でバレない方法|自己破産・百科全書
  • 破産者・Jです。個人再生の必要書類は2種類あります。1つ目は裁判所に申し立てをするために弁護士が作成する書類です。2つ目は申立書を作るための「資料となる書類」です。この2つ目の資料となる書類には、依頼人が自力で集めてくる書類があります。今回は自力で集める書類について解説します。書類の申請には「理由」が求められます。住民票の申請でも理由を書く欄があります。書類申請で怪しまれないコツは「もっともらしい理由 [続きを読む]
  • 過払い金請求の流れと期間、返還請求から返金まで|自己破産・百科全書
  • 破産者・Jです。過払い金返還請求には任意交渉と訴訟があります。裁判外で話し合って解決するのか、裁判所で話し合うのかという違いがあります。流れとしては、交渉(裁判)して和解(判決)して返還(返金)されるという形になります。期間は任意交渉で3か月〜6か月程度かかります。訴訟になる場合は4か月〜11か月程度かかります。過払い金返還請求の流れ過払い金返還請求の流れは下記になります。弁護士に相談受任通知の発送取引 [続きを読む]