haretta さん プロフィール

  •  
harettaさん: 気まぐれ主婦の書道生活
ハンドル名haretta さん
ブログタイトル気まぐれ主婦の書道生活
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/haretta-shodou/
サイト紹介文書が好きです。 書くことも見ることも楽しい! 書を通じて得られるあたらしい発見を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 55日(平均1.0回/週) - 参加 2017/01/15 14:46

haretta さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あおによし奈良の都は咲く花の匂うがごとく今盛りなり
  • あおによし 奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり 万葉集に収録されている小野老(おののおゆ)という歌人の歌です あをによし ならの宮師(みやこ)はさく花農(の)尓(に)本(ほ)布(ふ)可(が)ごとく今佐(さ)可(か)利(り)那(な)り かなりたくさん書きました自分で気にいっているのは をに の流れです筆をたててスッキリ書けたかなと思ってます ランキング参加してます。よろしく [続きを読む]
  • 楷書はむずかしい〜化度寺碑
  • 何枚も同じ課題を書く。形をとらえ、バランスを考え。とりわけむずかしいのが、線質だ。品のある線を書きたいと思っている。ボテッとしないよう、勢いが感じられるように。 何枚書いても、書くごとに気になる部分がある。でも、今日はこの辺で。また日にちを変えて書いてみよう。ランキング参加してます。よろしくおねがいしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 山の間に雪は降りつつしかすがにこの河楊は萌えにけるかも
  • 山の間に雪は降りつつしかすがに この河楊は萌えにけるかも万葉集 読み人知らず 山の間には雪が降っている。でもこの河楊は芽吹いていますよ。もう春なんですね。 というような意味だそうです。河楊とは猫柳のこと。水辺を好むことから昔は河楊といわれていたのだとか。 実は我が家でも、1月半ばにちょっとした事件が起こりました。気持ちも暗くなりがちで、いつも頭のなかでぐるぐると心配事がめぐっ [続きを読む]
  • のどか 正岡子規
  • 今、「坂の上の雲」を読んでいます。 今まだ2巻の途中です。正岡子規が胸をわずらいながらも俳句、短歌の革新を起こすべく研究、発表に必死に取り組んでいたとのことがかかれています。 ですが、子規自身は「のどか」という日本語が好きだったそうです。子規の玄祖父にあたる人が、松山藩のお茶坊主で、新春の回礼に知人の家をまわるとき、えりに寒梅の枝を挿し、「のどかな春でございます」といってまわったとか。 [続きを読む]
  • 欧陽詢 時を経て
  • この本は、母の生家にあった昭和5年2月発行の書道全集第8巻です。私の祖父のものです。なかを開いてみたら、欧陽詢の草書千字文のページに祖父が臨書したものと思われる半紙がはさんでありました。 祖父は私が産まれた時にはすでに他界していたので、私は祖父の顔を知りません。でも、この書がはさんであったことで話でしか知らない祖父と思いがけず対面したような不思議な気持ちになりま [続きを読む]
  • 般若 波羅蜜多心経
  • 『般若波羅蜜多心経』は、大乗仏教の空・般若思想を説いた経典で、般若経の1つともされています。 一般的には『般若心経』と略称で呼ばれることが多いです。『波羅蜜多』は真実の智慧を得るための修業という意味がありますよね。書くことも心の鍛錬、まだまだ修業はつづきます*:--☆--:*:--☆--:ランキング参加してます。よろしくお願いします [続きを読む]
  • 春なれや名もなき山の朝霞
  • 春なれや名もなき山の朝霞 松尾芭蕉の句です。伊賀から奈良へ向かう旅の途中で詠んだ句とされています。 春那れや 名毛難き山の朝可す三 爽やかさと強さ、流れをきれいに書きたいのですが、なかなかむずかしいです(゚∀゚)ランキング参加してます。よろしくお願いします [続きを読む]
  • 今年の干支 酉
  • 今年の干支は酉ですね。 勢いをつけて、自由に力強くはばたけるよう願いをこめてかきました。 今年も良い年でありますように。 ランキング参加してます。よろしくお願いします [続きを読む]
  • 過去の記事 …