高々木 さん プロフィール

  •  
高々木さん: 地元で建てる家
ハンドル名高々木 さん
ブログタイトル地元で建てる家
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/takataka_ki/
サイト紹介文東海地方在住のサラリーマンの家造備忘録。高断熱・ホームインスペクション・ローンなどの出来事を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 44日(平均7.3回/週) - 参加 2017/01/15 21:38

高々木 さんのブログ記事

  • 三交ホームとの打ち合わせ③キッチン〜水回り
  • さてついではキッチンやお風呂といった水回りについて決めていきます。予算内に抑えるためにあえて見ないという行動をとっています。キッチン 以下の4社が標準仕様の選択肢としてあったと思います。【標準仕様】 リクシル TOTO タカラ クリナップ といかうろ覚えです(; ̄Д ̄) というのは営業さんの 「タカラのホーローキッチンが良いですよ」 という一押しで即決しました。 実際にショールームにいって実物を 奥 [続きを読む]
  • 三交ホームとの打ち合わせ②内装
  • 私たち夫婦の内装はとりあえず標準仕様 です。多くの皆様が希望されるような無垢材のフローリング天井材吹き抜けといったものはありません。そもそも初めから希望していなかったのでもしかしたら標準仕様(あるいは若干の増額)でできたのかもしれませんが、聞いてもいません。無垢材のフローリング → メンテナンスは性格上しない天井材→ 格好いいけど実用性はない吹き抜け→ エアコンの効率が悪化するそんな理由です。憧れ [続きを読む]
  • 工事請負契約書を書いてみる
  • 私は営業職兼事務職であり、商取引に関する契約書を目にし、携わることは多々あります。ですが、今回初めて自身が当事者となって、大きな金額の契約書に署名捺印をすることになり、重みをひしひしと感じちゃったりしました('A`|||) この紙に住所・名前を書いて印鑑を押してしまえば後には引けない。そんなプレッシャーはありました。普段は書類を書いてもらうサイドですので、そんな重みはありません。どうやって書いてもら [続きを読む]
  • 三交ホームとの打ち合わせ①(風水による間取りの修正)
  • ここからは具体的な家づくりの打ち合わせについて書いていこうと思います。とはいっても既に数か月は経過していますので記憶をたどりに書いていくことになります。で、まずは土地についてです。当初に書きましたが、現在家族の名義となっている土地に建物を新築することになるのですが、下の写真のように荒れ放題v( ̄∇ ̄)v祖父手作りの倉庫もある(未登記)ですので、このまますぐに着工とはいきません。また、とある事情によりプ [続きを読む]
  • 三交ホームに決めた理由
  • 前回記事では三交ホームに建築業者を決めたと書きました。今回は私たち夫婦が三交ホームに決めた理由を書いていこうと思います。理由①営業さん+設計さんがベテラン&話やすかったこと→特に奥さんがこの意見でした。 変に遠慮しちゃう人だと疲れるし、 希望を言えない。 また素人な私たちの考えを具体化してくれる 経験・知識が欲しかったというのもあります。 そういった意味では こちらの営業さん、設計士さんが 担当 [続きを読む]
  • 建築業者の決定
  • さていろいろとハウスメーカー・工務店を見てきました。途中で条件が合わず、候補から外れた会社もありました。決めたところを含めて合計7社から話を聞かせてもらい、間取りの提案などを頂戴しました。各社とも優れた技術を持ち、各営業さんは日々お客様にアピールするため、邁進されているんだと思います。各社様貴重なお時間を頂戴しありがとうございました。さて私たち夫婦の希望にマッチした提案を行ってくれた会社なのですが [続きを読む]
  • 欠陥住宅を防ぐために②ホームインスペクター
  • ホームインスペクションをしたいということは前に書きました。でも私たち夫婦にそのようなノウハウは当然ありません。また周囲にもそういったノウハウを持つ人はいません。ではどうしたか。やっぱりインターネットで探しました(′∀`)東海圏にあるホームインスペクションを行っている会社を探したのです。NPO法人を含め幾つか候補はありました。結局、最初に読んだ本「家づくりを成功させるリアル交渉術」の著者である岩山健一 [続きを読む]
  • パナホームのモデルハウス見学
  • 前回はさらっと地元工務店2社の技術について書きました。今回はパナホームについて書いていこうと思います。 パナホームといえばパナソニック系列の大手ハウスメーカーです。とりあえず展示場のモデルハウスを訪問することに。この段階ではいろいろなモデルハウスを見ているので「お金さえ払えばどんな設備も可能」と割り切り、何も感じなくなってきております( ̄∠  ̄ )ノとはいえ細かな設備、例えば引き戸の開閉がゆっくり [続きを読む]
  • 新たに地元工務店2社訪問
  • はい。SホームかDホームかといった状態から新たに選択肢を増やそうとした私です。「ほんとうにここがベストなのか」「ほかにもっと希望に合う会社があるのでは」こういった「迷い」については共感してくれる方もきっといらっしゃるかなと思っております。そんなこんなで訪問した地元工務店に分類される規模の2社について紹介します。A社・・・テクノストラクチャーという技術を用いた工務店。B社・・・漆喰を内外装建材に 使 [続きを読む]
  • SUUMOからここまでの振り返り
  • SUUMOカウンターで紹介を受けてここまで計5社を訪問しました。その結果として【木造系】Sホーム → 候補として提案保留中Dホーム → 候補として提案保留中【鉄骨系】トヨタホーム →  断念ミサワホーム →  断念へーベルハウス→ 断念 と木造系での建築の方向となりつつありました。このままSホームとDホームで競合させる・・・となっていくのですが、少しの不安感が頭をよぎります。「このまま(SUUMOに言われたと [続きを読む]
  • 欠陥住宅を防ぐために①ホームインスペクション
  • さて表題にあります「欠陥住宅」です。私たち夫婦の家はまだ建築中であり、欠陥住宅ではありませんでも一戸建て住宅を建てて住む人にとって「欠陥住宅」というものは最も恐ろしいことのトップ3に入るかなと思います。(残りの2個はローンが通るかどうか、  今後 ローンが返せるかどうか、かな?)とはいえ私たち夫婦は家づくりについて素人。ましてや土日のお休みですので、毎日工事現場を監視することはできません [続きを読む]
  • Sホームでのやり取り③(OB宅訪問)
  • さて前回の完成見学会の続きでOB宅訪問でございます。訪問しましたのはSホームにて数年前に建築されたご家族の御家です。 当時の基準と現在の基準は一部変更があるものの、きっと参考になると営業さんの勧めもありお邪魔することになりました。こういった好意的な施主さんは家に満足しているからこと、こういった場を提供するし営業さんとしても安心して見込み客を呼べるのだなと思います。私もお呼びできるような良い御家が建てれ [続きを読む]
  • ダイニングテーブル購入
  • 新築に当たって私たち夫婦では今ある家具・家電はほぼそのまま新居に持っていきます。元々二人とも実家暮らしであり、同棲→結婚を始めるにあたって買いそろえたものがほとんど。特に不自由なく使えるものが多く、買い替えを迫られるものはありませんとはいえ一緒に住み始めて2年程度となりますが、安かろう悪かろうものも幾つかあったわけで今回の新築を機に買い替えを決めたものもあります。特に奥さんが主張したのがタイトルに [続きを読む]
  • Sホームでのやり取り②(完成見学会)
  • Sホームの完成見学会に訪問したのは真夏です。こうやって書いているのはある意味回顧録ですので( -д-)ノイオンのすぐ裏手にある狭い路地を抜けるとその新築住宅はありました。真夏の炎天下の中、私たちの車が見えると営業さんが飛び出してきました。営業って大変ですね。で、暑いためさっそく中へお邪魔します。完成見学会であり、施主さんがもうすぐ住み始めるお宅。ですのできちんと汚れないように養生されております。入ってす [続きを読む]
  • Sホームでのやり取り①(完成見学会〜OB宅訪問)
  • SUUMO経由で始まった私たち夫婦の家づくり、最初に訪問したのがSホームでした。これまでの記事ではトヨタホームミサワホームヘーベルハウスDホームの4社について書いてきましたが、Sホームについては最初の面談のみでした。そろそろSホームについて書きたいと思います。Sホームは最初に面談したのですが、他のハウスメーカーとの接触機会が多く、当初はあんまり面談できていませんでした。でも前述した質問票(記事「5社を回って [続きを読む]
  • トヨタホーム③
  • さて今回はトヨタホーム3回目の面談です。前回1人称の映像にて間取りの案内をしてもらい、また長期保証60年に惹かれたことを書きました。でも奥さんは「グラスウール」にネガティブなイメージを持ってしまっており、充填断熱でグラスウールを使用する同社へも距離を置いていました。そんなイメージを変えるべく、また長期保証での安心を理解してもらうべく奥さんをちょっと強引に連れ出します。訪問先は大手ハウスメーカーが複 [続きを読む]
  • ヘーベルハウス・・・結果
  • 前回ヘーベルハウスの資金提案を聞きました。その後のお話です。夫婦で相談した結果、残念ながらヘーベルハウスでの契約は見送りとなりました。ズバリ要因は「価格」でした。価格帯としてヘーベルハウスは坪単価70万円以上の高級住宅に分類されております(ネット情報)。もともと高望みだったんでしょう(´Д⊂)今回無理してローンを組んでも当初想定よりも返済金額が増えてしまい生活は苦しくなってしまいます。また家に住むと [続きを読む]
  • ヘーベルハウスの提案
  • 前回バス見学会の内容について書いてきました。この段階では私はヘーベルハウスで家を建てる気満々でした。思わずヘーベルハウスを紹介してくれた会社の同期に「俺もへーベルで建てるかもしれん」と言ってしまったほどです。そんな状態でのへーベルからのプラン提案です。この前段階で簡単な間取りの説明は受けており、その間取りについての感想や要望を述べており、修正および資金計画の提案の段階です。(バス見学会参加が値引き [続きを読む]
  • ヘーベルハウス②(バス見学会へ行こうⅡ)
  • さてバス見学会の続きであります。2件目はなんと築20年超の御家。そんな家を見せてくれるハウスメーカーうちだけですよBY へーベル営業さんといっても現在と当時とは技術や材料が全然違う。お宅拝見しても参考になることはないんです。でもね、彼らが言いたいことはそこじゃないんです。20年たっても施主さんと見学会できるくらい親しく、見てもらっても恥じることがない施工ができているということなんです。実際お施主さんは [続きを読む]
  • ヘーベルハウス②(バス見学会へ行こう)
  • ヘーベルハウス2回目の記事でございます。今回はバス見学会についてです。ハウスメーカーがやっているバス見学会には①工場見学②工事現場見学の2パターンがあるのかなと思います。私たち夫婦が参加したのは②のほうですね。工事現場+築20年超の住宅+築3年以内の住宅を訪問するツアーです。いずれも施主さんのご厚意にて成り立っているものです。特にへーベルさんの営業マンの営業トークとしては「他の業者では築20年超の [続きを読む]
  • Dホーム②
  • Dホーム訪問2回目です。今回は間取り提案および完成見学会訪問です。完成見学可の場所はモデルハウス近隣の分譲地です。こちらのDホームさんは1つの山を買い上げて、その中心にモデルハウスを据えて順次分譲しています。そのためその一帯のどの家もDホーム施工のおうち。ですので「好みの外観とかあれば言ってくださいね」と実物を見ながら話ができるというもの。ご近所さんとの共通の話題が家についてになりそうですね。完成見 [続きを読む]
  • 【重要】モデルハウスを訪問する前にすべきこと
  • 番外編です。モデルハウスを訪問する前にしておけば良かったと後悔したこと、しておいて良かったと思えたことを書いていきます。 何よりもまずすべきだったのは・・・希望するハウスメーカーの展示場へ行く前に既にそのハウスメーカーで建てている人から紹介を受けることです何故か。紹介割引が受けれるからです。ではなぜ、展示場に行く前なのか。展示場へ行ってからでは既に担当者(=営業マン)がついていると見なされ紹介 [続きを読む]
  • トヨタホーム②
  • トヨタホームへの2回目の訪問でございます。今回は同社の事務所へお邪魔してプラン提案を聞くことに。しかしながら訪問したのは私のみ(理由は後述します)実物の柱や床が一部透明になっていて構造見えるディスプレイをみて改めて説明を受けつつ、応接室へ移動。実際に間取りの提案を受けることに。ここにきてトヨタホームのすごいところ。テレビ画面で「家の間取りが1人称で再現されている」こと。どうしても間取り図は平面図な [続きを読む]
  • ミサワホーム②
  • ミサワホームとの面談二回目です。今回はモデルハウスではなく、隣の市にある建売住宅にて集合です。建売住宅を見学後、営業さんより提案を受ける流れとなります。鉄骨系ハウスメーカーのアピールポイントの1つは「鉄骨の厚み」なのかなと思います。なかでもミサワホームの柱はひと際太くて頑丈!比較対象として「Hハウス」「Tホーム」とシールをはった鉄柱のサンプルも隣にありましたが隠してないよねただし柱芯から面積を計算す [続きを読む]
  • 5社を回って・・・質問票作成
  • 不動産業者5社を訪問し、各社それぞれの持ち味を売り込まれ、しっかりとした自分の意見を持っていなかったため、その時点では候補落ちする不動産業者はありませんでした。そもそも各社とも自社のマイナスポイントなんて言うわけないんです。他社のマイナスポイントは言うことはあるかもしれませんが。そこで2回目の訪問前に「質問票」を作成し、お礼兼次回アポイント確認兼質問をぶつけることにしました。ちょっと意地悪な質問も [続きを読む]