truth-teacher さん プロフィール

  •  
truth-teacherさん: しがない教員の学校・学級・生活日誌
ハンドル名truth-teacher さん
ブログタイトルしがない教員の学校・学級・生活日誌
ブログURLhttp://www.truth-teacher.com
サイト紹介文高いアンテナ・豊かな発想で、生活を明るくするためのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 161日(平均9.7回/週) - 参加 2017/01/15 21:47

truth-teacher さんのブログ記事

  • ネット注文の落とし穴
  • 昨年、ネットで娘の自転車を購入した。幼稚園の年少の頃から乗っていた自転車であったため、上半身だけヌゥッと上に出ていて、ハンドルを持つ手は下に下がる。乗っているバランスが悪くてかわいそうだった。いろいろなサイトを見て調べてみた。娘が好みを見つけ、ほしい自転車を選んだ。乗れないのではかわいそうと、サイズをちゃんと調べる。ウェブ上の説明では、対象が「小学校低学年から」となっていた。少し大きいかもしれない [続きを読む]
  • 初めてのことを特別な時にやるのは危険
  • 今日は娘の学校の土曜参観日。いつもながら、残念だなぁと思ってしまう。娘の担任に対する私の感情が、ハナっからよくないため、あらゆることがマイナスに見えてしまうということもある。これはよくないこと。娘の担任の良いところをもっとみつけなければと思うがなかなかそうはいかない。マイナスに思い過ぎている。苦情など伝えないが、自分で「モンスターペアレント」かもしれないとまで思ってしまう。私の中で「ゴーレム効果」 [続きを読む]
  • まずい!やばい!どうしよう!
  • このようなメッセージが届いてしまった!やばい!どうしよう!家の電話でかけた方がいいかな?携帯だとまずいかな?やっぱり公衆電話の方がいいかな?まずはメッセージで返してみた方がいいのかな?とにかく、早く連絡して代金を払わないと訴えられてしまう!よし、今すぐ連絡だ!って、なるかーーーっ!!!!!このメッセージ、おかしすぎるだろ!さすがに引っかからないぞ!!まず、こんなに重要案件をスマホのメッセージ(sms [続きを読む]
  • 大人になっての変化
  • 気がつくと30代も半ば過ぎ。40代に入るのが現実味を帯びてきている。中年になり、自分の体にも変化が見られるようになってきた。今回は睡眠の面と食の面から体の変化について述べたい。 朝の起床について 私は小学生の頃、朝起きるのがとにかく辛かった。眠いから。なので、「この辛さが、中学、高校と続くのか・・・」と、毎日のように思っていた。そして、中学生、高校生になると、朝の眠さはひどくなるばかり。そのころは [続きを読む]
  • 学級ルールについて
  • 学級には様々なルール(学級独自の決まり)がある(場合が多い)。今日は、そんな学級のルールについての記事。 様々な学級ルール 今までにしたことがある、また聞いたことがあるルール1前方からは教室に入らない2シャープペンは禁止3ペン類は禁止(赤青エンピツのみ)4授業中は筆箱を出さない5給食の苦手なものも一口は食べる6給食は始めに牛乳を一口飲み、次に汁物に手を出す76とは逆で、牛乳は最後に飲む8発表す [続きを読む]
  • やはり(やっと?ついに?)現れた
  • なかなか、自分のクラスには現れないなと思っていたら、ついに昨日現れた。例に漏れずやっぱり現れた。それは、「うんこ漢字ドリル」を持ってくる子。そして、子どもたちはその子の周りに群がっていく。私の予想どおりの光景。私の想像の域を出ない子どもたち。やはりまだまだ小学生だ。また「うんこ漢字ドリル」を持ってきた子は一躍人気者になる(いや、人気者になったと、持ってきた本人は思っている)。自信満々のしたり顔で群 [続きを読む]
  • 罰を与えると・・・
  • クラスでは、帰りの会に今日あったことを五文にまとめ、スピーチをすることにしている(通称5丸スピーチ)。原則的にはくじ引きで話す人を決めている。しかし、宿題忘れがいた時には、その子どもに「スピーチの権利」を与え、スピーチをするようにしている(罰という感覚がどうしても抵抗があり、こういう感じになっている)。しかし、結局子どもたちにとってはただの罰でしかない。その結果どういうことになっていくか、まとめて [続きを読む]
  • ちちの日
  • 今日は「ちちの日」ということで、お昼ご飯と夕ご飯は好きな物をリクエストしてオッケーとのこと。そこで、お昼は「蕎麦」を食べた。やっぱり蕎麦屋の蕎麦は違う。その分値段が高いが。大盛りを頼みたかったが、高かったため普通盛りで我慢。しかし、子どもたちが残したため、結局お腹いっぱい食べることになる。。。好みがあると思うが、私は「更科蕎麦」がいい。「藪系」がいいという人もいるだろうが「更科」のさっぱりした感が [続きを読む]
  • 一部分逆さ言葉
  • 4歳になった息子。まだまだ言葉が拙い。いろいろな言葉の一部分が逆になってしまう。それがかわいい。一部を紹介くつした → つくしたおくすり → おすくりやきそば → やそきばがんばる → ばんがるなど。もう少し前までは、かぼちゃ → ばこちゃ(アンパンマンの)カバオ → バカオというのもあった。娘も小さい時、おもしろい → おしもろいといっていた。子どもにとっては正しいと思って(おそらく無意識)口に [続きを読む]
  • 「 = 」ってなぁに?
  • 「 = 」。等号である。この等号によって、等号の左右が等価であることを表すことができる。身近な算数で考えると、式に表した時、左辺と右辺が等しいということになる。しかし、今日はそんな「等号」の話ではない。昨日の娘との会話からの話である。娘が国語科で『スイミー』を学習していることを教えてくれた。「光村図書」の教科書では2年生で登場し「東京書籍」の教科書では1年生で登場する。この『スイミー』。私が小学生の [続きを読む]
  • 受け継がれる言葉「気をつけて行ってきてね」
  • タイトルだけ見るとちょっと怖い。 「気をつけて行ってきてね」 これは、我が家で受け継がれている言葉かなと最近思う。私が毎朝出勤する時、飲み会に出かける時、ただ出かける時、娘が必ず、「気をつけて行ってきてね」と、声をかけてくれる。いつの間にか、毎日(毎回)言ってくれる。どんな時も言う。おそらく、無意識で自然と口にしているのだろう。今日も出勤前に言われた。よく考えると、実は私もよく言う。妻や子ども [続きを読む]
  • お疲れモードで新聞書き
  • さすがに今日はお疲れモード。修学旅行では、2日間思いきり楽しんだようだ。思いきり楽しんだ分だけ、疲れも思いきりでる。クラスでは2人ほど欠席してしまったが、欠席した子を責めるのではなく、出席した子を誉めよう。それは、私もやっと出勤したから。。。今日は教師の都合での新聞書かせ。学年で統一して行った。教師の都合とはいっても、記憶が曖昧になる前に、楽しかった思い出や学んだことなどをまとめるのは大切なこと。 [続きを読む]
  • 修学旅行2日目!(修学旅行終了)
  • 修学旅行が終了。今日は一日中、班別行動であった。怪しい天気予報であったが、結局雨も降らず、しかも晴れ間も見られ、少し暑いくらいのまずまずの気候の中で活動することができた。 今日の学び 私の学び 何と言っても「歩くと気付く」ということ。歩くと「働いている人」「暮らしている人」がいることに気付く。店を掃除している人、説明している人、観光客、またその地域の人々。いろいろな人がいて街が成り立って [続きを読む]
  • 修学旅行1日目!
  • 修学旅行1日目。博物館見学や座禅体験、焼き物体験などをした。 私の学び 1日目における私自身の学びをまとめたい。 遊びをせんとや生まれけむ 今日訪れた博物館での学び。この博物館、何度も行ったことがある。個人的に行ったこともあるし、前々々任校では、社会科の学習で見学に行ったこともある。なんせ、私の出身地。こういう環境だからこそ、違う視点で学びたいと考えた。様々な展示物をよそに私の目に付いたも [続きを読む]
  • 明日から修学旅行
  • ついに明日は修学旅行。今日の5時間目に最終確認をした。そこで感じたことを今日は述べたい。 自分の見通しの甘さ 今日になって、子どもたちからいろいろな質問がきた。服装のことだったり、持ち物のことだったり。今までだと「しおりを見て自分で確認しなさい」と突きかえしていたが、この時点までくると、そうはいかないような質問がくるようになる。例えば、持ち物に『帽子』とある。しかし、子どもたちにしててみれば『 [続きを読む]
  • 勤務先が東にあるから・・・
  • 私の勤務先は東にある。この環境下、困っていることと、その対策を語ってみる。 困っていること これは、勤務先が東にある人あるあるではないか。それは、「とにかくまぶしい」ということ。朝、通勤していると、お日様が顔を出して少し過ぎた頃になっている。つまり、お日様の光がちょうど顔を照らしてくるのだ。天気がよいのはいいのだが、運転しているとかなり怖い。まず、まっすぐ前を見られない。がんばって上目遣いなど [続きを読む]
  • 洗車
  • 天気が良く、気持ちいい1日。久々に洗車をしてみる。本当は月に一度は洗車をすると、今年の目標に掲げたのだが、全然できず。点検の際の洗車をふくめ、数回程度。長期間洗わないでいると、様々な汚れがこびりついて本当に落ちない。でも、キレイな車になると、やっぱり気持ちがいいな。 [続きを読む]
  • LEGOのカレンダー
  • 以前、アウトレットのLEGOショップで息子が当てた1000円の商品券を使って購入した『Brick Calendar』。作るのを忘れており、今日思い出して作ることにした。作っていると、娘が「作りたい」と言い出し、やらせることにした。娘もLEGOが好きで、いくつかLEGOを持っている。慣れているためか、手際よく上手に作る。すぐに完成。教室に持っていって日付に使うのも面白いかな。 [続きを読む]
  • 小中連携事業
  • 昨日の午後は「小中連携事業」ということで、中学校区の小中学校で集まって研修を行った。といっても、その中学校の生徒の9割以上が、勤務する小学校の卒業生であるため、2校で行っている。今回は中学校に行き、授業を参観してきた。そこで感じたことについて述べたい。 授業のギャップ とにかく授業がつまらない(と感じてしまった)。私は1年生の4クラスを中心に参観してきたが、中学校にいった途端、授業が教師主導に [続きを読む]
  • 町探検
  • 朝、2年生の娘が、朝ごはんを食べているとき、「今日、楽しみ。」と話していた。その理由を聞いてみると、「どこどこ(地区名)にお出かけするから」という。つまりは町探検だ。娘にとっての初めての町探検。私も興味をもったので、さらに娘に聞いてみる。「何をしに行くの?」娘は、「分かんない」という。これまでの娘の担任の様子から私は「やっぱり・・・」という思いをいだきながらも、さらに、「何を見にいくの?」娘は、「 [続きを読む]
  • 学びを修める修学旅行
  • 来週は修学旅行。宿泊を伴う校外学習(一泊二日)である。2日目には班別活動があり、子どもたちはそれを1番の楽しみにしているようだ。計画も立て終わり、あとは出発だけの班もあれば、無理な行程を組んだり、話し合いがまとまらなかったりして、まだ計画中の班もある。子どもたちは楽しんで計画を立てたり、修学旅行に行ったりするのだろうが、ここに「教科横断的な学び」や「実生活に生きる学び」があるのではないかと実感する [続きを読む]
  • 丁寧な対応って?
  • 今日の朝、クラスの保護者から苦情(だと思う)がきた。その保護者は、昨年度から私に対してあまり良い印象をもっていないようである。様々なアンケートや懇談などの様子から感じる。それは、子どもが学級に対して良い印象をもっていないのが大きな理由の一つといえる。まあ、30人もいれば、合わない人がいて当然。落ち込まないためにそういう気持ちをもってやっている。その子にとっては、クラスに仲の良い友達がいないというこ [続きを読む]
  • 坂田おさむさんの楽曲はいい
  • 3月いっぱいで『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさん「横山だいすけ」さんが卒業された(今頃感満載?)。9年という長きにわたってのうたのおにいさん。私の娘も、育児休業をとっていた妻も、土曜日は私も、だいすけおにいさんとたくみおねえさんの「おかあさんといっしょ」を見ていた。そんなだいすけおにいさんが先日、民放に初出演したとか(やっぱり古い?)。しかし、私にとっての「うたのおにいさん」と「うたのおね [続きを読む]
  • 察して動くということ
  • 今日は中学年(3、4年生)の体力テスト。体育館での種目については、事前に準備ができたのだが、校庭での種目については、雨や休日のスポ少の関係でラインを引くといった準備ができなかった。ということで、朝、ラインを引くことになっていた(金曜日、出張で1日いなかったため把握していなかった)。準備をしながらそこで思ったこと(愚痴)を述べたい。校庭でライン引きをしたのは5年生の体育主任と5年生の初任者の先生、6 [続きを読む]