ぶろ さん プロフィール

  •  
ぶろさん: 我が家の小さな水族館
ハンドル名ぶろ さん
ブログタイトル我が家の小さな水族館
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bulloaquaqulife/
サイト紹介文「お財布に優しく、生き物にも優しく」 我が家の海水魚・淡水魚飼育と自作の紹介を中心としたブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 72日(平均5.8回/週) - 参加 2017/01/16 02:47

ぶろ さんのブログ記事

  • 自作水槽フタ
  • 自作というほどのことでもないですが…ご紹介です(^^)我が家の海水水槽にはコケとり要員としてマガキガイと和歌山で採取したイシダタミが居ますがイシダタミたちはかなりアクティブなヤツらで夜な夜な活動を始めたら水槽のフチのギリギリまで出てきたりし... [続きを読む]
  • 照明のおはなし
  • 淡水魚、海水魚を飼育するにあたり照明は非常に大切なものだと思います我々人間も太陽の光無しでは生きていけません元々大自然で生きていた生き物たちを水槽にお迎えしているわけですから擬似的ではありますがなるべく近い環境にしてあげないといけません太陽光はオサカナにとっては生活のリズムを整えるうえで大切ですし、水草やソフトコーラルも太陽光で光合成を行なって生きていくエネルギーを得ているのでとても大切ですしかし [続きを読む]
  • 照明スタンド
  • こちらは自作ではないですがひと工夫して作成しました水槽用のスタンドではなくホームセンターで販売していたスペーシア株式会社さんのユニプラスリムシステムを利用しましたどういう製品かというと19mmパイプとそれを接続するプラスチックのジョイントを自由に組み合わせてドライバーひとつで様々な棚や台などを作れるようになっていますパイプの長さもジョイントにもいろいろな形状のものがありますので工夫次第でかなり様々な形 [続きを読む]
  • 自作水槽台
  • 元々水槽台はホームセンターで置いている自分で組み立てるタイプの物を使用していました購入の際に気をつけていたのは立て付けがしっかりした厚手の合板のものを選ぶことでした30cmキューブ水槽の満水での重量でしたら多く見積もっても50kgくらいかと思いますのでよほどのことが無い限り既製家具で間に合うと思っています実際にそれで運用していましたが問題は全く起きませんでした自分の住む大阪では最近大きな地震が起きていない [続きを読む]
  • 海水水槽のレイアウト少し変更しました
  • 海水魚水槽のライブロックとソフトコーラルの配置を変えましたというより本当は元に戻せませんでした…(笑)実は先日の水換えの時にライブロックに緑の海藻が増えているのが気になりまして少しだけピンセットで取り除こうと摘まんだところ思った以上に頑丈でライブロックが持ち上がってしまいました慌ててすぐに元に戻そうとしましたが以前、ライブロックのおはなしでも注意点として触れましたが同じ組み方にまったく戻せず、それど [続きを読む]
  • セメントアク抜き途中経過報告2
  • 途中経過報告1にて計画していた水槽にCO2充填計画を実行しましたこのようにまず空の水槽に自作ライブロックレプリカを組み上げましたざっくり組み上げてみましたが結構海水魚水槽のような雰囲気出ました早く本水槽に入れたいものです(^^)ペットボトルに大さじ2杯ずつクエン酸と重曹と水を加えて…サランラップを被せたあとに養生テープで漏れの無いように密封させます今回はサランラップを使いましたがサランラップは酸素を通さな [続きを読む]
  • セメントアク抜き途中経過報告1
  • 先日、作成した自作ライブロックレプリカがある程度硬化したみたいなので水中ポンプで循環させた水に浸けていましたがかなりアクが浮いてきました…我が家では今まで淡水の時はほとんど水質を測ることはしませんでしたが現在、海水水槽ではテトラテスト 5in1 マリン試験紙(海水用)を使っていますテトラテスト 5in1 マリン試験紙(海水用) こちらで試しにpHを調べると…かなりのアルカリ性です試験紙を水に浸けた途端に [続きを読む]
  • 自作プロテインスキマー その3
  • 肝心の心臓部のエアポンプですが、我が家では水心のSSPP-2S水作 水心 SSPP-2S ジョイント付セット エア量ダイヤル調整式 60から120cm水槽用エアーポンプ を使用しています1サイズ小さい45〜60cm水槽対応のSSPP-3Sでも充分かもしれませんがエア量が調節できるので余裕を持って大きめを買いました現在はエア量MAXで使用していますがエアがサンプに流れ込み、本水槽まで出ていく「泡戻り」は特に起きていません水心SSPP- [続きを読む]
  • 自作プロテインスキマー その2
  • 前回、その1にてプロテインスキマーの材料を調達したところまでお話ししましたではさっそく作成過程についてご説明したいと思います(^^)用意するもの・100均麦茶入れ・100均ネジ式蓋付きタッパー・100均ドレッシングシェイカー・100均吸盤(キスゴム)・ウッドストーン・エアチューブ・エアチューブジョイント・塩ビVP50ソケット・ホールソー ・ノコギリ・100均瞬間接着剤・バスコーク・木工用ドリル5mmまず、麦茶入れの底の中心の位 [続きを読む]
  • 自作プロテインスキマー その1
  • 先日 ろ過のおはなしをさせてもらいましたその中で物理ろ過と生物ろ過のお話をしましたが海水魚飼育では「プロテインスキマー」と言うろ過装置が多く使われています海水は比重の関係か細かい泡を作りやすいそうですがそれを利用して細かい泡にタンパク質などの汚れをくっつけて浮き上がらせる事でアンモニアになる前に取り除こうという仕組みになるそうです鍋で出てくるアクやたまにニュースでも出てくる波の花をイメージしてもら [続きを読む]
  • 水流のおはなし
  • 自作ライブロックネタが続いたのでガラッと変えて今回は水流についてのおはなしをしたいと思います海水魚飼育では水流は大切です淡水魚飼育でも水流についてはそれなりに注意していましたが正直なところ、多少は淀みが出来ていても気にはしていませんでした特に水草が生長すると水流はすぐに変わってしまっていたので…この水の淀み部分の事を止水域と呼びます止水域が出来ると汚れがそこに留まってしまい、病原菌の温床や水質の悪 [続きを読む]