フィッシュフィッシャー さん プロフィール

  •  
フィッシュフィッシャーさん: fishfishfish
ハンドル名フィッシュフィッシャー さん
ブログタイトルfishfishfish
ブログURLhttp://fishfishfish.jp
サイト紹介文ソルトルアー釣り初心者、SUPフィッシング初心者のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 17日(平均7.0回/週) - 参加 2017/01/17 10:50

フィッシュフィッシャー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • シマノ ツインパワーXDの動画
  • シマノ ツインパワーXDの動画が公開されてました。30センチの水に1分着水しても内部に水が侵入しないという防水性能のツインパワーXD。映像で見ると結構濃いめの青でカッコ良いかも。ハンドルがちょっと微妙なので、SWのハンドルを付けた方がかっこいいかも。 [続きを読む]
  • シマノ ツインパワーXDの動画
  • シマノ ツインパワーXDの動画が公開されてました。30センチの水に1ふん着水しても内部に水が侵入しないというツインパワーXD。映像で見ると結構濃いめの青でカッコ良いかも。ハンドルがちょっと微妙なので、SWのハンドルを付けた方がかっこいいかも。 [続きを読む]
  • シマノのリールフットのシールで製造年月と製造場所がわかる
  • シマノのリールフットに貼ってあるシールで製造年月と製造国がわかるとのこと。このTWINPOWER SWの場合は、OJ-Sで、1文字目のアルファベットが年を表していてO → 2016年2文字目のアルファベットが月を表し、J → 10月ハイフンに続くのが製造国、S:日本P:マレーシアということで、2016年10月、日本製造ということになるようだ。1文字目のアルファベットA → 2002年B → 2003年C → 2004年D → 2005年E → 2006年F → 2007年G → 2 [続きを読む]
  • ジャパンフィッシングショー2017へ行ってきました。
  • ジャパンフィッシングショー2017へ行ってきました。まずはシマノブースへ。ブース前の村田さんの講演に人だかりが。終えてのサイン会にも行列が出来てました。 エクスセンスのブラックなスピニング。巻き心地はやはりバンキッシュぽい。軽くて金属色がないのは、プラッチック製品と勘違いしそうな懸念。塗装だろうから傷が目立ちそう。。 エクスセンスのブラックなベイト。ツヤ塗装が多い中のマットな感じは好感触。こち [続きを読む]
  • シマノ ツインパワーSW 6000PG 11BB→13BB化
  • ひょんなことからツインパワーSW 6000PGを11ベアリングから、13ベアリング化しました。年末に船に乗れるかもと思い購入したツインパワーSW 6000PG。しばらくするとウォームシャフトピン(97番)の切り替わりで音がするようになりました。分解してどうなっているかと思い分解してみたら、手持ちのベアリングが入りそうなので追加しました。 ツインパワーSW 6000PG パーツリスト。 赤い部分31番のローターナットは19mmのレ [続きを読む]
  • 2回目のSUPフィッシング
  • 2回目のSUPフィッシングに出艇してきました。ウェットの首の締め付けがきつくて、沖に出る段階で酔っていたので、ほぼ戦意喪失の中のフィッシングでした。砂浜はそんなに風がなかったものの、沖に出ると4~5mくらいの陸風があり、アンカーがないとあっという間に流され、底を取れない状況で、数投探りましたが反応なし。寝魚狙いはすぐに諦め、テトラ帯に移動しダブルフック化したエクスセンス・サルベージを数投なげました。フロー [続きを読む]
  • ツインパワーのスプールを注文してみた
  • ツインパワーのスプールを注文してみた。釣り具屋さんでシマノのパーツ注文。こんな感じで届きました。PEの細めのラインを巻いてみる予定。釣り具屋さんにはパーツ注文用の電話帳なみの厚さのパーツ番号が載っているのカタログがあるので、番号をあらかじめ準備してなくても、製品名、発売年、番手がわかってれば、釣り具屋さんに手ぶらでいっても大丈夫です。この記事に登場する製品達 [続きを読む]
  • シマノ ’17ウェア
  • 2017年のウェアがタウンユースに耐えられるようなデザインになってきた。仕事帰りに、ちょっとした時間に釣りに行くならば、タウンユースで着れるフィッシングウェアが正解。が、ダイワの方がロゴが目立つが、一つ二つ上くらいタウンユースにはまりそうなデザインを追求している。そしてダイワは、機能説明図、サイズ表記も丁寧。一方シマノは、Sとかそんな程度の表記しかない。これは勿体無い。こういうサイズのまとめページがあ [続きを読む]
  • シマノ ’17 スティーレSS
  • 船用スティーレの廉価版のスティーレSSが登場。スティーレがアルデバラン系の外観だったので、スティーレSSはスコーピオン系になってうれしい限り。エキサイティングドラグサウンド追加されてる。150番台にして、糸巻き量がPE3号100メートルと、300番台のベイゲームと同じ。重量は145gのスティーレには及ばないものの、160gのスティーレSSはかなり魅力的(ベイゲームは215g)。 HAGANEボディとX-SHIPで手に入れた、洗練された [続きを読む]
  • シマノ ’17ディアルーナ
  • シマノのシーバスロッド、ディアルーナがアップデート。前のモデルより高級感が出たような気がします。BSは重量が未定ですが、前モデルを参考にすると100g~120gあたりでしょうか。BSはSUPフィッシングに良さそうな長さです。 http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/4669S606~S710までの4サイズ、ベイト2サイズ(510, 606)。港湾部をメインステージに展開されるボートシーバスゲームに照準を合わせた「ディアルーナBS」が [続きを読む]
  • ツインパワー(’15年モデル) 9BB→11BB化
  • シマノ ’15 ツインパワー C3000XG, 2500HGSにベアリングを追加しました。 2500HGSの方は水没の影響で、メインギア部分に水が付着していました。 ウォームシャフトの上下の(部品番号65番, 96番)を2つ追加。 部品番号63のゴムパーツを外した後の部品番号64のネジを本体にドライバーを3センチ近く突っ込んでネジ山も見えない中で回さない部分がすごく難航し、内部にキズを残してしまいました。部品番号87番のウォー [続きを読む]
  • ストラディック(’15年モデル) 6BB→10BB化
  • シマノ ’15 ストラディック 1000Sにベアリングを追加しました。まずはスプール軸のカラー(部品番号12)をベアリングに交換。 その後、ハンドルノブに1つ(部品番号67)、ウォームシャフトの下側に1つ(部品番号88)、ウォームシャフトピンに1つ追加(部品番号76)で計4つ。ウォームシャフトの上側のカラー(部品番号83)は形状がベアリングと合わず未交換に終わりました。交換部分は青色、黄色は未交換。黒に白文字の部分は [続きを読む]
  • (釣り用でない)グローブを釣りで使う
  • 使用している冬の釣りの手袋のご紹介ルアー釣りをしていると、ルアーのフックがじゃれついて、軽く痛い時があったりします。そういうコチベーションが下がることが少なくなるように、釣り用ではなく、しかも防寒性能はほとんどないけど、この手袋を使っていたりします。ぐさっといくと単なるゴムなので、貫通してしまいます。組み立て、園芸用で指先感覚が結構あるので、ルアーチェンジ、ワームをフックに刺すくらいはできちゃいま [続きを読む]
  • シーバスの捕食シーンがわかる動画
  • シーバスの捕食シーンがよくわかる動画がありました。ベイト(ネンブツダイ)の後ろからチェイスして、吸い込むように食べてます。ベイトがシーバスの進行方向に対して、90度横に逃げるような場合は、それ以上追わない感じが。慣性の法則とでかい魚体で、小回りが利かなさそうです。魚の視覚の死角である後方もしくは腹の下の方から追い詰めているような感じです。一方こちらはイワシがたくさんいる中を泳いでいますが、水面に追い [続きを読む]
  • はじめてのSUPフィッシング
  • はじめてのSUPフィッシングをやりました。 タックルボックスを持って行こうかと思いましたが、腰胸くらいの波にもまれ、離岸できなかったため、竿とリールだけにして、沖に出ました。 アンカーがないのと、波が強い為、2キャストく […] [続きを読む]
  • 過去の記事 …