お気楽グリーン菜園 さん プロフィール

  •  
お気楽グリーン菜園さん: お気楽グリーン菜園
ハンドル名お気楽グリーン菜園 さん
ブログタイトルお気楽グリーン菜園
ブログURLhttp://okiraku-greensaien.blog.jp/
サイト紹介文家庭菜園やガーデニングなど、「お気楽に」をモットーに楽しんでいます。 そんな日々の事を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 64日(平均2.7回/週) - 参加 2017/01/17 15:35

お気楽グリーン菜園 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 100均アスパラガスの初収穫
  • 昨年の春に100円ショップのダイソーで小さな株の状態で買ったアスパラガスですが、2年目で収穫できました(^^)/早速、食べてみようと塩コショウ、オリーブオイルでホイル焼きにしました。少し皮が硬かったですが、甘味が強くおいしかったです(^^♪買ったときはあまりも根が細く数も少なかったので心配でしたが100均でもちゃんと育つんですね〜品種はポールトムと書いてました、今年も店頭に並ぶかな?! 並んだら今年も買う予 [続きを読む]
  • 幻の野菜「フクタチ」を収穫。 遅植え白菜その後③
  • 以前日記で紹介し、収穫を期待していた幻の野菜「フクタチ」こと白菜のトウ立ちがやっと食べごろを迎え収穫しました。写真は半分に切ってみたところです。 かるく茹でて煮物の添えとして食卓へ並べました〜食べてみると、想像を超えた柔らかさと甘みで不思議な感覚でした。なんと言うんでしょう?!「旨い」というより「不思議」という方がピッタリな感じです。ぜひ来年、白菜が結球しなかった人は刈り取らずにトウ立ちさせて食べ [続きを読む]
  • クリスマスローズが満開
  • 庭先のクリスマスローズが満開になりました。クリスマスローズって花が豪華なんですが何故か下を向いて咲くんですよね〜かわいそうだけど、、ちょっと失礼して上向けて写真撮ると、こんなにキレイなんですよ(^-^)特にかかりやすい病気とかもないし、害虫も少なく手が掛からない優等生ですね。 [続きを読む]
  • 100均(セリア)の化成肥料
  • 室内の観葉植物用に臭わない化成肥料を探していたところ100均(セリア) で「臭わず早く育つ、害虫が寄りにくい」と表記の化成肥料を見つけました!それに安心の日本製でした。早速買ってみて観葉植物に撒いてみました。 肝心の臭いですが、肥料に鼻を近づけるとさすがに臭いです、、、鉢植えに撒いて部屋が臭くならなければ良いのですが(^^;) 少し様子を見てみま〜す♪ [続きを読む]
  • 遅植え白菜その後② 結球しない白菜
  • 遅植え白菜その後①は結局3月も間近というのに結球していないので、白菜としては失敗ですね(^-^;やはり種を撒く時期って大切です。そして中をよく見ると、、なんと花芽が出来ているのです!!この花芽大きくなると菜の花の様に食べられるそうで、秋田県の羽後町では「ふくたち」と言って春の野菜として楽しみにしているんだそうです。とても柔らかく甘くてすごく美味しいそうです。しかし3〜4月のわずかな期間しか出回らなく、秋 [続きを読む]
  • やっとブロッコリーが収穫できました。
  • 定植時期が遅かったブロッコリーがやっと収穫できました。前半は不織布トンネルで保温したり、途中ヒヨドリの被害に有ったりでしたが無事収穫できました。 少し小ぶりですが甘みがあり美味しかったです。今回は有機質肥料をメインで使っていた為か甘みが強く食感は柔らかで大満足です♪ [続きを読む]
  • ブルーベリーの芽が動き始めたので硫安を
  • ここ何日かの暖かさで、ブルーベリーの芽が活動し始めました。そこで芽吹きが活発になる前に活力を付けるための肥料として「硫安」を撒きました。写真の白い「ツブツブ」が硫安です。量としては、調べてもなかなか参考情報がなく、、”感”です(^^;)  直径約30cmくらいの鉢に対して指で1〜2ツマミ撒きました。ど〜なるかな〜?!今後変化が有れば報告します。 [続きを読む]
  • ブロッコリへの鳥除けネットの効果
  • 先日ヒヨドリの被害にあってからネット掛けをしたブロッコリーです。ネットを掛けてからはヒヨドリさんは全く寄り付かずです。物わかりの良い賢い鳥さんでよかった〜(^-^;おかげさまで、順調に育っています。こんな安いネットで効果があるとは、、もっと早く気づけばよかった。・日本マタイ ヘッダー付防鳥網 10坪 1.8m×18mその後⑤やっとブロッコリーが収穫できました>> [続きを読む]
  • スナップエンドウの予備
  • 菜園に植えてあるスナップエンドウが枯れたときの予備にと、種まきし部屋の暖かい所で保温しておいたポットから発芽していました。用土が赤玉だけの為か、なんだかヒョロヒョロしていました。そこで今日からマグァンプK 中粒(写真の白い粒)を置き肥しています。もう少し根や茎がしっかり太ってくれないと、畑に移したとき寒さにやられてしまいそうなので。マグァンプKはリンサン効果で丈夫な根をつくり、肥料焼けの心配も少ないの [続きを読む]
  • アザレア(見切り品)を98円でゲット
  • またまた閉店間際のホームセンターで見切り品の花木を見つけました。今回はアザレアです。西洋ツツジとも言われていて花が咲いていなければ、普通のツツジとそっくりです。しかし花の時期は西洋のドレスのような豪華な花を付けます。この株は見切り品の為かなり樹勢が衰えていますので、今年の花は諦めて回復に努めたいです。まずは、ヘドロ化した土の入れ替えからですね〜早く元気になってくれれば良いなぁ。 [続きを読む]
  • ブルーベリー品種一覧
  • ブルーベリー品種一覧 栽培中のブルーベリーの品種をまとめてみました。 ※開花、収穫期の上・中・下は上旬・中旬・下旬を表します。 系統 品種 樹勢 開花/収穫 サザンハイブッシュ系 オニール(O`Neal) 中弱 3月下/6〜6月下 ビロキシー(Biloxi) 強中 4月中/6月中 ひとみ(Hitomi) 強 4月中/6月下〜7月上 [続きを読む]
  • 貫板を使って自作したミニ木製鉢カバー
  • ホームセンターや建材店で安価に手に入る貫板(建築現場などで使う幅約60〜90cmの板材)を使い、カントリー風な木製鉢カバーを作りました。今回使用した貫板はなぜか11cmあり丁度4号鉢を入れるとピッタリの高さで作れました。貫板はお店やロットによってもサイズが違うので、その都度サイズ考えなくてはいけないので大変ですが安くて簡単に手に入るのでありがたいです。今回使った貫板(幅11cm厚さ1cm)でのサイズ図です。仕上げに木 [続きを読む]
  • ラベンダーに自作スリット鉢
  • 自作スリット鉢で最初に試作した失敗作(スリットの数多過ぎ)が余っていたので、試しにラベンダーに使っていたところいい感じです。このラベンダーは夏ごろホームセンターで枯れかけで処分セールされていたんです。今では葉の緑りも見違えるほど再生し絶好調。季節的にもラベンダーには過ごしやすい気候だからかも?!そしてなぜか季節外れの花が1つだけ咲いていますね、、この鉢はスリットの数と幅が多過ぎて水がダバダバ抜けてい [続きを読む]
  • グリーンピースとスナップエンドウ その後①
  • 畑の方へ植え付けたグリーンピースとスナップエンドウのうちグリーンピースはしっかりしてきたのですが、スナップエンドウがいまいち元気がありません。。写真はグリーンピースです。株の太さや背丈も、冬の寒さをやり過ごすには丁度良い感じです。スナップエンドウの方はワラに埋もれて見えていません。この差は何でしょう?!スナップエンドウの方は実は、、播種有効期限が2年ほど過ぎている種だったのです、、やはり期限は守ら [続きを読む]
  • ブルーベリー 硫安
  • ブルーベリーは酸性土壌を好み、アンモニア態窒素での窒素吸収が良いことから硫酸アンモニウム(硫安)が良いとの情報をいただき早速試してみます。詳しい作用機序などは色々な文献やネットにも載っていますが、難しくて私にはイマイチなので、、軽く調べてあとは実践(^^;)調べてなんとなく解かった事(対ブルーベリーで)  ・2〜3年の若い木には肥料焼けのリスクあり。  ・硫安や鶏糞は実の味が悪くなる。   (鶏糞はトマトの時 [続きを読む]
  • ウィンタークレマチス 冬咲き
  • 庭先のウインタークレマチス[シルホサ]が次々に咲きピークのようです。 このウインタークレマチスシルホサは手がかからずおススメです。庭植えにしていますが活着後は水やりは、よほど日照りが続かなければ無し追肥も菜園で余った鶏糞をパラパラと撒くだけ。剪定なんか伸びて邪魔な枝をテキトーに切る。こんな扱いでも毎年、周りの木々が寂しくなる冬場に花を盛大に咲かせてくれます(*^_^*)ただし夏場は可哀想なくらい落葉し [続きを読む]
  • 自作スリット鉢 その後②
  • 以前に自作したスリット鉢はスリットが長すぎた(スリット長7cm)ため水ヌケが良すぎて用土がカラカラになってしまいました。今回はスリット長を5cmで作製。前プランの通気用の穴あけ加工は強度面で不安が残る為先送りで。スリットの切り方は前回と同じで、ドリルで割れ止めの丸穴を開けてからハンディーソーで切ります。そして鉢底の停滞水を抜くため、鉢底にもドリルで穴を開けました。今回の加工箇所は以下の通り①〜⑧の8か所で [続きを読む]
  • グリーンピースとスナップエンドウの定植
  • ポリポットにタネ播きしていたグリーンピースとスナップエンドウが発芽してポット穴から根が出てきたので菜園へ植えました。土の保温と雨による泥はね予防に藁を敷きました。エンドウ豆は寒さに強いそうですが、土を保温した方がマメ科の根に共生する根瘤菌の活動促進や冬季の根の充実につながり。春からの地上部の生育に良いかと今年からの試みです。黒マルチだと根がムレそうだったので過湿嫌いのエンドウさんには藁をチョイスし [続きを読む]
  • 過去の記事 …