秒速100User さん プロフィール

  •  
秒速100Userさん: こうして僕らは腐る
ハンドル名秒速100User さん
ブログタイトルこうして僕らは腐る
ブログURLhttp://www.byosoku100.com/
サイト紹介文雑記ブログ。イギリス留学予定。映画、本などのレビューもあります
自由文イギリスに移住したらばそれを中心にブログを書こうと思っております。現在は社会批評などを中心とした雑記ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 126日(平均4.7回/週) - 参加 2017/01/17 16:46

秒速100User さんのブログ記事

  • 米ドラマ:「SUITS」働きたくなるニューヨークの法律ドラマ
  • 日本のドラマはほとんどみないですが、アメリカのドラマは割りと見ます。アメリカは映画もそうですが、ドラマも予算がすごくかかっていて、脚本も最高におもしろいです。めちゃくちゃ面白いドラマはいくつかありますが、法廷ドラマでもある「SUITS/スーツ」弁護士の条件発売日: 2013/11/26メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見るHulu、Netflix、Amazonビデオでも見れます。日本ではSeason5まで見れます。WOWOWに [続きを読む]
  • ゲイにキスされてわかるセクハラとゲイヘイト
  • 知り合いのバーでちょっとした催しがあるということで、友人たちと行ってまいりました。テラスでバーベキューをするというイベントでDJが音楽を鳴らしつつ、肉を食う感じ。それはそれでよかったんですが、会ったことのない人たちもたくさんいてボチボチ盛り上がっておりました。そこにゲイの人がいたわけです。見た目は普通のイケている兄ちゃんでオカマとかではない男。別の人から、あの人はガチゲイだよと言われてはおりまし [続きを読む]
  • 書評:「ノルウェイの森」著者 村上春樹【ネタバレあり】
  • 購入したのは半年ぐらい前かもしれません。ずっと放置していたものを、イギリスに行く前に処理したくていっきに読みました。ノルウェイの森 上 (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/09/15メディア: ペーパーバック購入: 31人 : 899回この商品を含むブログ (770件) を見るノルウェイの森 下 (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/09/15メディア: ペーパーバック [続きを読む]
  • いい加減、「東京問題」で全国を巻き込むのは勘弁してくれませんかねえ
  • にわかに痴漢問題が話題になっているようです。www3.nhk.or.jpmiurayoshitaka.hatenablog.comこの問題が話題になる度に思うんですが、これって「東京問題」ですよねえ。大阪でも名古屋でも痴漢はあるようですが、ここまで多くないようです。少なくても路線飛び降りの事例は東京のようです。それだけ痴漢と痴漢冤罪が多い証拠でもあります。そもそもの問題が「東京の電車が満員すぎる」という社会問題があり、さらに「状況証拠だ [続きを読む]
  • ヒトラー以外の独裁者が日本であまり支持されない理由
  • ネオナチだったり、日本のtwitterあたりでヒトラーを好意的に評価する人を度々みかける。自分の観測範囲ではヒトラー礼賛している人がでてきては、史学に造詣のある人が反論していたりするのをチラホラ見ます。いつも思うんだけど、スターリンやレーニン、毛沢東、ポル・ポトみたいなのを評価している人を見かけない。ヒトラーだけがガチな感じで礼賛している人を見ることがある。スターリンに至っては「なるほど、シベリア送り [続きを読む]
  • 書評:「騎士団長殺し」著者 村上春樹【ネタバレあり】
  • ゴールデンウィークも終盤ですね。僕は少し前に買った村上春樹御大の「騎士団長殺し」をようやく読み終えました。村上春樹の作品については「風の歌を聴け」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」そして最新作の「騎士団長殺し」を読み終えたことになります。内容については以下の記事にまとまっているので、詳細は語りません。toyokeizai.net一番有名な「ノルウェイの森」は家に上下巻ありますが、まだ読ん [続きを読む]
  • 4月の人気記事まとめ
  • 4月は随分と落ち着いた日々が続き、旅行したり、記事更新したりとまったりとした日常に戻りました。HuluやNetflixで映画を見たり、イギリス行きの準備したりと楽しんでおります。4月前半にアクセスが下がって、後半ぐらいから以前の水準に戻りました。右肩上がりだったアクセスも先月より少しダウンし、あまり更新しない効果がボディブローのように効いてきたんでしょうかね。今月からブログ更新も頻繁に行っていきたい。 [続きを読む]
  • ポルノ作家は鉄道マスコットのイラストを描いてはいけないか?
  • 最近はてブで炎上していたTwitterでの発言への意見に対して、アンサー記事があがりました。kutabirehateko.hateblo.jp成り行きはこうです。この方はアイヌなどで様々な、差別や性に関するオピニオンを発信する人でした。様々な記事でホットエントリー入りしてたりするのでご存知の方も多いのではないか。どちらかと言えばオタク嫌いフェミ寄りの人物です。オタクの多いTwitterやはてな界隈ではターゲットにされておりました。 [続きを読む]
  • なぜ日本人は「北欧諸国」について言及しないのか
  • 最近では戦後日本のお手本でもあるアメリカで内向きな大富豪がTOPに立ったおかげか、欧米はもう終わりだ、問題だらけだ的な意見が目立つきがします。圧倒的男女平等かつ素晴らしい労働環境の北欧諸国は経済成長もしている。(特にスウェーデン)働き方改革を批判すると人々が、長時間労働は日本の国力を下げるといういいますが、スウェーデンの経済成長率は2015年の4.09%2016年の3.31%2017年の2.07%と圧倒的に優秀です。北 [続きを読む]
  • LINE タイムライン広告とかいう、ガラパゴス仕様の邪悪なサービス
  • もはや大抵の日本人はLINEを使っていてインフラとして手放せないものになっているかとおもいます。最近のアップデートでタイムラインという機能に、見たくもない記事を強制的に混ぜてくるという非常に鬱陶しいかつ無益なサービスを追加しやがりました。LINEは左から友達リスト、チャット、タイムライン、ニュース、設定という具合にアイコンが並んでます。タイムラインには友達が近況などを報告したりするように出来ております [続きを読む]
  • 金沢(石川県)という最高に飯旨な県
  • 暖かくなってきたのでバイクでどこか行こうと思い立って、以前から気になってたけどまだ行ってなかった金沢に行ってきました。お目当ては兼六園ですが、どちらかというと飯が良かった。街並みも兼六園中心にコンパクトにまとまっていて移動しやすく、土曜の人通りの多さを見て驚きました。なんせ田舎ってどこへ行っても大して人がいませんから。金沢市は50万人程度の都市なので、田舎っぽさを堪能出来るかと思ったけど、市内 [続きを読む]
  • 大型バイクに乗ってわかったこと5選
  • 大型バイク(750cc)を買ってもう4年近くも経ちます。HondaのShadow Phantomという去年生産中止になっ
    たものです。日本製アメリカンバイクなのですが、色々気付かされましたね。" src="//hatenab
    log-parts.com/embed?url=http%3A%2F%2Fwww.honda.co.jp%2FSHADOW%2FPhantom%2F" frameborder="0" scrolling="no"
    ;>www.honda.co.jp1.女の子にはモテないこれはよく言われることですが「大型バイク乗ってるん
    ですよ。」「へえー、女の [続きを読む]
  • ラップに興味がない人が聴くべき Drake(ドレイク)の名曲5選
  • おそらく今一番売れているラッパーは誰かと言えばこの方の名前はあがるでしょう。カナダ出身のラッパー、Drake(ドレイク)です。以前紹介したFlo Rida(フロー・ライダー)もだいぶ売れていますが、1年毎に新譜を出してその度にチャートを占拠するレベルなのはドレイクぐらいのものです。www.byosoku100.comそんな、ドレイクの名曲を紹介いたします。ラップなんて何がいいんだよと言う方は、ドレイクも試しに聴いてみましょう。 [続きを読む]
  • マストドンに見る「オタクの理想」と「大衆の要望」の壁
  • 何かとバズっているマストドン関係の話題cpplover.blogspot.jp技術大好きおじさんが、ものすごく食らいついててはてブっぽいなあと思わされる話題です。結論から言えば、彼らの持っている理想はほとんどの技術に疎いパンピーが求めているものではないと思います。オタクっぽい人たちは巨大すぎる会社や規制をしきまくる存在があまり好きではないところがあります。当初はクールなアプリだとか、イカしたハードと思っていたもの [続きを読む]
  • お金がなければ良い恋愛を「見つける」のが難しい
  • 良い記事がホットエントリーに上がっていましたpha.hateblo.jpいたってシンプルな文章に真理が詰め込まれています。二人がいればいいじゃない、という結論なのですが現実はどうでしょうか。僕自身もかつて二人でいるだけでいいじゃない、という恋愛は多少なりともあります。だけどそこまでたどり着くまでの道程に多少なりともお金が必要だったのではないかと思っております。僕は良い恋愛相手を見つけるまでの作業として、色々な [続きを読む]