シェリナナ さん プロフィール

  •  
シェリナナさん: ADHD愛着障害の娘。〜産んだ覚えはございませんが
ハンドル名シェリナナ さん
ブログタイトルADHD愛着障害の娘。〜産んだ覚えはございませんが
ブログURLhttps://ameblo.jp/sherrynanana/
サイト紹介文満身創痍の日々。2013年からの過去記事を読み直しながらUPし直しています。私たち家族の軌跡です。
自由文引き取った当時5歳だった彼女は、私たちが本当の親でないこともわかっています。
周囲から子供は子供ながらに遠慮すると聞くけど、彼女の辞書に「遠慮」の文字はなし。
大人2人の穏やかな生活は、儚くも消え去ったのでありました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 218日(平均5.3回/週) - 参加 2017/01/17 19:06

シェリナナ さんのブログ記事

  • 愛着障害セラピー。その7. 心のバランス。
  • 2012年のセラピー、過去記事です。 続きの記事です。よかったらこちらからご覧ください。愛着障害セラピー。その1.「空 飛んでみたい」 いいね、ありがとうございます。コメント返信できなくてすみません。ありがとうございます。――――――――――――――― 週に1度。半年という期間で、通い続けているセラピーも終わりが近づいていました。しかし、レンの自宅での泣き喚きは相変わらず。時々、愚図りを押さえようと彼女な [続きを読む]
  • 私、きっとストレスで早死にするわ。
  • 2013年、4年生の頃の記事です。今、お辛い皆様。朗報になるのか分かりませんが今のレンは、食べ方はとても綺麗です。――――――――――――――― さて得意の愚痴です。昨年(2012年)のセラピー話が終わるまではと思いつつ、とても吐かずにはやっておれません。 自分の精神状態をクリアに保つのってホントに骨が折れる。つい先日、発達障害を抱えるお子さんをお持ちの方が書かれた素敵なブログを拝見しました。とても愛情豊かな [続きを読む]
  • 愛着障害セラピー。その5.「写真の中のママ」
  • 2012年のセラピー、過去記事です。 続きの記事です。よかったらこちらからご覧ください。愛着障害セラピー。その1.「空 飛んでみたい」 セラピー最終日をその月に控えた10月初旬。レンはとても不可解な言葉を口にしました。 ――――――――――――――― 2012年10月1日。セラピーのためにレンを学校に迎えに行くその日。私は思いつきで、数枚の写真を持っていきました。それはレンの亡くなったママとレンとのツーショッ [続きを読む]
  • うつ病の恐ろしさ。
  • 昨日の記事に「セラピーに続きます」と書いていましたが続きませんでした(^-^; 勘違いしてすみません。 昨日の記事悲しくないのに涙が止まらないの続きです。よかったらこちらからご覧ください。 ――――――――――――――― ほぼ毎日書いていた日記は ウツ状態になってからセラピー最終日まで記していません。信頼する教育相談所のTさんのアドバイスを受け家事育児完全放棄。(Tさんは『睡眠をしっかりとれ』とおっしゃっ [続きを読む]
  • 疲れる。疲れる。どうして。悲しくないのに涙が止まらない。
  • 沢山のコメントをありがとうございました。ものすごーく嬉しかったです!!さて、また過去記事、続きです。セラピーから少し脱線しますが。(2013年夏)―――――――――――――――先の記事「ママに会いたい」(愛着障害セラピー。ママに会いたい)と言った翌週、レンは体験で習い事教室に行きます。この日の出来事は、レンをよく象徴していて他人事としてみれば、かなり面白い。受け取りようでは、結構笑って頂けるネタ、なんで [続きを読む]
  • 私の密かな「たくらみ」を今日は暴露します。
  • 今日は、現在の私が書いています。 セラピーの話の途中ですが。ちょっと中断して別のことを書かせていただきます。 今 私は、過去に書いていた記事を読み直しながら基本的に内容はそのままUpしています。 過去記事では、少し前あたりから批判コメントについて書いている記事が2件ほどあり それを読むと、ブログを開始してこの頃にはもう様々な批判を受け始めていることがわかります。 現在はアメーバIDを持っている方からのコ [続きを読む]
  • 「(亡くなった)ママに会いたい」愛着障害セラピー。その3.
  • 2012年のセラピー、過去記事です。 続きの記事です。よかったらこちらからご覧ください。愛着障害セラピー。その1.「空 飛んでみたい」 ――――――――――――――― この3年生時に受けたセラピーはギリギリ5時間授業までを受けられました。(今年度(2013年)は給食を食べるにも間に合いません)いつも校内の一定の場所で担任の先生から娘を引き渡していただくのですが、9月の初回、この5時間授業が長引いているのを知らず心 [続きを読む]
  • 愛着障害セラピー。その2.「心が腐る」
  • 2012年に受けたセラピーで娘が小3の時の話です。 続きの記事です。よかったらこちらからご覧ください。 愛着障害セラピー。その1.「空 飛んでみたい」 当時の記憶が甦ります。私にとっては大袈裟でなく地獄のような日々でした。 ―――――――――――――――(2012年)6月から始まって3か月目。Nさんはその間ずっと、レンと遊んだりしながら話しやすい雰囲気を作りその合間合間に何度も繰り返し、レンに話しかけました。ママ [続きを読む]
  • 愛着障害セラピー。その1.「空 飛んでみたい」
  • 続くも終わりも怖い夏休み。 いかがお過ごしでしょうか。 あれもこれも今言いたいことが多すぎて今現在書いている記事が嬉しいというコメントも頂いてそれがとても嬉しくて調子に乗って書きたい書きたいと思いつつ持病の腕の痛みに悶々としながら8月に入ってしまいました。 少しずつでも更新していきたいと思います。 読んでくださる方たちにお会いできるようで更新できると何だか嬉しいんです。 ここからの記事は2013年に記事 [続きを読む]
  • 子に腹が立つ時、傷つけたい言葉を口にしたくなる心理とは
  • 今日は過去記事ではなく今、PCに向かっています。 腹が立つ時。あえて相手を苛立たせる言葉を選んだり傷つけたい言葉を口にしたくなります。 それってどうしてかなぁと考えてみると。 怒りという感情の中には必ずしもそうではないでしょうがその多くの場合「悲しい」とか「寂しい」とか「わかってほしい」という気持ちが隠れているように思います。 大声を出すのはストレス解消にいいというけれど 先の記事の時。黙って耐えて [続きを読む]
  • 実にウソ臭い。
  • いよいよ戦いの火蓋は切って落とされました。夏休みです。皆さん、心を強く持って共にこの時期を駆け抜けましょう。同志はたくさんいます。 前回の記事 の続きの過去記事です。 ―――――――――――― ちょっと前まで床に仰向けでギャン泣きしていた娘ですが 21時32分には、寝室に寝かせ心にもないキスまで額にして、笑い合って「おやすみなさい」をしましたよ。彼女、横になってのハイ?タッチまでしました。 実にウソ臭い。最 [続きを読む]
  • 心苦しさを解消させていただくために
  • いつも読んでいただきありがとうございます。今日は過去記事ではなく音声入力ソフトを使って書いています。 アメブロに設定されている「アクセス解析」からするとこのブログのアクセスは「スマートフォン」が8割を占めるようです。 とすると、 PC画面で常時ヘッダーに載せている文章がご覧いただくことができないのだと気づきました。ヘッダーには以下のように書いています。 「親族の子を5歳から養育。満身創痍の日々を綴って [続きを読む]
  • 子どもへの愚痴と悪口言いたい放題
  • 過去記事です。 ――――――――― 海より深い母の恩。自画自賛にて、海よりの私。寝室に逃げ完全に干上がっています。夫がいたらお利口で、宿題の算数ドリルも姿勢良くやって、しかも満点ってどういうことですか?彼が家を出た途端、態度は悪いは、口は悪いは、言うことは聞かないは、あげくに愛犬ナナに八つ当たり。私が何かしましたか?ナナが何かしましたか?きっかけさえなしで突然に始まる愚図り喚き。うっとうしすぎるレン [続きを読む]
  • なぜ愛着障害になったのか。その5.一週間で納骨までを終えて。
  • 続きの記事です。よかったらこちらからお読みいただければ幸いです。なぜ愛着障害になったのか。 ーーーーーーーーーーーーーーー レンの実母が亡くなりました。一週間で納骨までを終えて。母の遺品も妹の遺品もそのままに、私は一旦、ともかく夫と共に自分の家に帰りたくてたまりませんでした。皆が逝ってしまった今、一刻も早く誰もいなくなったその家を離れたかった。黄疸を取る手術のためだけの10日程度の熊本滞在予定は、その [続きを読む]
  • なぜ愛着障害になったのか。その4.ママを亡くしたときの娘の反応。
  • いつだったか、妹のことを映画にしたいとブログに書いたことがあります。(生前の妹とそんな会話をしていたからです) ちょっと普通ではない妹だったのでエピソードには事欠きません。 実に面白い妹でした。あんなにわがままで自由な末期がん患者はいませんね。 若くして子を残して死ぬなんて悲劇としか言いようがない悲しい出来事ですし私が個人的に経験した介護という観点からはこれ以上ない過酷な時間でしたが それでも、私も [続きを読む]
  • 娘の愚図りと反抗と意地悪の理由。
  • 過去記事です。一連の記事(なぜ愛着障害になったのか。)を書いている間の ある夜の出来事です。 ------------------------今、レンは何が気にいらないんだか全てが気にいらないんだかリビングにゴロゴロ転がってブリブリ怒って拗ねまくり。まあ、発狂してないからまだいいですけど。やたら私に触っては、離れ、ナナにも超意地悪。「抱っこっ(して!怒)」って私をにらんで命令口調。でも抱きかかえようとしたら即逃げるから「レ [続きを読む]
  • なぜ愛着障害になったのか。その3.余命宣告
  • さて。 前回の記事の続きです。よかったらこちらからお読みいただければ幸いです。なぜ愛着障害になったのか。 ------------------------ 余命ひと月を宣告されたのは妹ユカリに黄疸が出、その処置としての手術ができなかったことによります。妹の話では黄疸が出て、救急で運ばれた日赤病院で「一刻も早く対応を」と言われたと。しかし翌日、診察した主治医は一週間後に予定されていた私の帰郷を待って手術すると言われたそうです [続きを読む]
  • なぜ愛着障害になったのか。その2。
  • ここは今日の私が書いています。 最近私は、空いた時間にさまざまな講演やワークショップなどに参加して、勉強を重ねているところなんですが。 今週、ある著名な方の講演会に参加したところ。テーマは「これからの女性の働き方」等々だったはずなのに内容が講演などではなくワークショップでしかもテーマとは(私の感想としては)違っていて。 一部に、自分の家庭以外の家族との関わり方を見直すワークがあり。これからの自分を考 [続きを読む]
  • なぜ愛着障害になったのか。その1。
  • おはようございます。今日もお越しいただきありがとうございます。週の頭から、明るい話題でもなく恐縮ですが書いているこちらは全然大丈夫です。 どうぞめちゃくちゃ良い1週間をお過ごしください。数日続く記事になります。 --------------------------- ここを書こうとすれば、嫌でも妹や母のことに思いを馳せない訳にはいかず。それが思っていたより、結構堪えることに今更、びっくりしています。過去書いたものでコピーして使 [続きを読む]
  • 二度目の家出。その2.家出の理由。
  • ご心配頂きありがとうございます。 不具合はルーターの故障でした。 無理しない範囲で好きにやらせてもらっています(^^)/ 過去記事です。 ―――――――――――― 前々回の記事からの続きです。よければこちらからご覧ください。二度目の家出。その1. 昨日、レンは14時から15時半までの学校主催の学習教室の予定がありました。親友Aちゃんと一緒に行く約束でしたから行くことに心配はしませんでした。私は出かける用事があっ [続きを読む]
  • 申し訳ありません。続きが書けません。
  • おはようございます。続きの記事なのに更新できなくてすみません。昨夜からPCがインターネットと接続できず過去記事を上げることができません。持病で腕痛があり、量的にスマホで手入力で記事を書くことができず復旧できるまで続きを書くことができません。せっかくお越しいただいたのに本当に申し訳ありません。接続でき次第、続きをUPさせていただきます。どうかよい1日をお過ごしください。ーーーーーーーーーランキングに参加 [続きを読む]
  • 二度目の家出。その1.家に帰りたくない
  • 2013年の過去記事です。 2回の連載です。 コメントの返信、物凄く書きたいのですが実は腕に強い痛みがあり。この文章も音声入力ソフトを使っています。返信には 等の作業が発生するので指や腕を使うことになり…。本当に申し訳ありません。大切に読ませていただいています。 それから。沢山のいいねをありがとうございます。おかげさまで今夜も更新が続けられます。 今日も読んでくださってありがとうございます。 ※アメ [続きを読む]