スイスイ さん プロフィール

  •  
スイスイさん: うちの中学生日記
ハンドル名スイスイ さん
ブログタイトルうちの中学生日記
ブログURLhttp://poppotown.seesaa.net/
サイト紹介文中学生男子を育てています。 (2017年4月入学)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 69日(平均4.2回/週) - 参加 2017/01/17 19:49

スイスイ さんのブログ記事

  • 模試の過去問っているのかな。
  • 県の中3生のほとんどが受検する模試の過去問が発売されたらしく、念のため夫に、「模試の過去問なんていらないよね〜」と聞いてみたら「当然買うべき」との返答。「志望校の過去問」に時間をかけて取り組むというのはわかるけど、「模試の過去問」を入手し、模試対策をするなんてなんだか不思議な・・・。だって、「模試」だよ?しかし、夫が言うに、この模試の結果は私立高校の事前相談の際に持参するものなので、おろそかにはできな [続きを読む]
  • 卒業式が終わってホッとしました。
  • 昨日、小学校の卒業式を終えました。「あと○週間、あと○日、いよいよ明日」と、だんだんと近づく卒業式になんともいえない気分になっていたけど、終わってみるとあっけないものでした。スーツ姿の息子はいつもよりずいぶん立派に見えてとても嬉しかった。その気持ちが小学校を離れる悲しさよりも大きかったのか、心配していたのに、まったく泣くことはありませんでした。卒業証書授与のときの動き(まるで工場の生産ラインのよう [続きを読む]
  • 卒業式でどうしたら泣かないでを済むか考える。
  • 今日、自転車で小学校の前を通りかかったら、「勇気を翼にこーめて希望の風に乗り〜」なんて歌声が体育館から聞こえてきた。そういえば卒業式の予行練習があるとか言ってたな。たったこれだけが聞こえてきただけでうるーと来てしまって、これじゃ本番のとき号泣してしまうんじゃないかと心配になってきた。泣くことが悪いことだとは思わないけど、やっぱりやだなー。卒業式で泣かないようにするにはどうしたらいいんだろうな。そも [続きを読む]
  • 中学校の制服が届いた。
  • 箱を開けると真新しい制服が・・・!こんなカッコイイ(普通の学ランですが)の着るようになったなんて、成長したものだなと感慨深く思う母です。息子が帰宅してから試着させると、まだちょっとブカブカだけどなかなかいい感じ。今まで中学校に進学することをあまり前向きに捉えていなかった息子も、こうして制服に腕を通すことで、少しはその気になれたみたい。この制服がなじむようになる頃にはそれなりに中学生らしくなっているだ [続きを読む]
  • ベネッセから箱が届いた。
  • ベネッセから箱が届きました。タブレットはもうもらったし、一体何が入っていてこんなに重いのかと思ったら、1学期に使う5教科分のドリルがどさっと入っていました。平日はタブレット学習をして、週末はドリルで記述力をつけるというのがいわゆる「ハイブリッドスタイル」の基本パターンらしい。ドリルはなかなかのボリューム?と思いきや、半分位が解答解説だったり、添削問題がとじ込まれていたりするので、実質的には大した量で [続きを読む]
  • まだ関係ないけれど、公立高校の合格発表日
  • 今日は公立高校の合格発表日でした。近所の高校に向かう中学生たちが家の前の道を歩いているのを見て、全然関係ないのになんともいえない気持ちになりました。中学生とはいえまだ子供が合格不合格の判定を受ける厳しさ。それを思う親の気持ち。受験って本当に大変なことなんだと。そして3年後の自分は一体どうなっていることか。とても複雑な気持ちになりました。自分が発表を見に行ったときはどんなだったかな。そのときの気持ち [続きを読む]
  • TVの視聴時間を制限しようかなと考え中。
  • 息子の、TVの視聴時間を決めようかなと思い始めています。「1日○時間まで」とか。息子は一人っ子だし、私はほとんどTVを見ないし、夫の帰りは遅い。チャンネル争いをすることもなく、いつでも見たい時にTVが見られるので、最近は特に見たい番組がなくても、暇つぶし感覚でTVのスイッチを入れてダラダラ視聴している。TVの話題は友達とのコミュニケーションに欠かせないし、一応やるべきこと(公文や進研ゼミ)が終わった後のこと [続きを読む]
  • 進研ゼミ中学講座を始めて1週間
  • 進研ゼミ中学講座(ハイブリッドスタイル)3月号が始まって1週間。今のところは予定表通りに進めることができている。1回の学習量がせいぜい20分程度なのでなんとか続けられているみたい。でも、タブレットで学習した内容が身についているかどうかは???今日は紙のテキストの課題(英語)をやったけど、あんまり理解できていないみたいだった。そういう姿を見ているとちょっと心配になるけど・・・。まだ導入なので焦ることはない・・ [続きを読む]
  • つまんない後悔をしないために。
  • 先日息子が「パパって大学行ってた?」と夫に訪ねていた。産まれてこのかた、親の学歴なんて気にしたことのなかった息子が急にこんなことを言い出したのは、なぜなのだろう。自然発生的なものなのか、友達同士でそういう話するからなのか。大卒ではない夫が「行ってないよ」と答えると、息子は「え!?パパって大学行ってないの?どうして?」とさらに尋ねた。それに対し、夫は何も答えることができなかった。「パパは専門学校に進 [続きを読む]
  • 巣立ちの会がありました。
  • 先日、息子の小学校で巣立ちの会がありました。子どもたちが学校の先生や保護者のみならず、警備員さん、事務員さん、地域の人などに感謝の気持ちを表す会・・・っていう位置づけでいいのかな?私が子供の頃はこういうのありませんでした。子どもたちの学習発表、保護者の歌、先生の歌、児童代表の言葉、最後にみんなで合唱・・・みたいな流れで、過剰に感動を演出することもなく割と普通の内容でよかったです。大勢を前にした発表の場で [続きを読む]
  • まだ卒業前だけど小学校のものを少し捨てました。
  • 先月注文した中学の用品類(靴やジャージなど)が販売店から続々と配送されてきており、だんだん置場がなくなってきたので、まだ卒業前だけど小学校のものを少し整理しました。捨てたのは算数セット、探検バッグ、ノート類。算数セットの中で一番使用感があったのは時計。文字盤も針もなくなっていた(一体どんな使い方?)。その他のものはきれいで、授業ではほとんど活用されなかったらしい。九九のカードなんて入学前に苦しみな [続きを読む]
  • すぐに売れた参考書&問題集
  • 息子のデスク周りから撤去したほぼ未使用の参考書や問題集をどうしようかと考えた。後になって取り組む可能性はゼロ。兄弟もいない。近所の子に譲るのも、なんだかみっともないな。親ばかりが子供に勉強させようと躍起になったもののそれもむなしく、結局活用できなかったんだなって感じがして。事実なんだけど。そこでダメ元でフリマサイトに出してみたら、あっという間に買い手がついた。こんなものでも売れるんだね。この売り上 [続きを読む]
  • 進研ゼミ中学講座3月号が初日でした。
  • 進研ゼミ中学講座3月号(ハイブリッドスタイル)は今日が初日でした。科目は英語で、スポーツや月の名前の単語を学習。あっさりした内容でした。最初だからこんなものなのかな?終わった後は、「アルファベット書き方手帳」というアプリでアルファベットの書き方を練習していました。アルファベットの書き方は中学でも教えてはくれるけど、サラッとしかやらないと聞いているので、こういう練習ができるのはよいと思いました。タブ [続きを読む]
  • 息子の本棚から学習マンガと問題集を撤去する。
  • 今日は息子の本棚に入っている「学習マンガ」と「使わなかった問題集(ドリル)」を撤去しました。「学習マンガ」は、ドラえもんとかクレヨンしんちゃんの、「○○ができるようになる」とか「△△がわかるようになる」っていうシリーズ。人気マンガのキャラの力を借りてなんとか学習に関心を持たせようと随分買ったけど、肝心の効果はあったのだろうか。よく眺めてはいたけどね。でも所詮はマンガ。他に見てほしいもの(ベネッセの [続きを読む]
  • 進研ゼミ中学講座を始めることにしました。
  • 今、公文の国語と算数をやっており、中学入学後も継続するのですが、それだけだと定期テストや数年後の高校受験が心配。でも塾はまだ違うし・・・。と考えた末、進研ゼミ中学講座を始めることにしました。(つい最近始めたZ会はレベルが合っていない気がして退会しました)進研ゼミは小4のときにタブレットでやっていたけど、あまり学習効果があがらず1年ほどで退会しました。うまく行かなかった理由は、基本的な学習習慣のついていな [続きを読む]
  • 英語の教科書を見た夫と息子の反応
  • 先日手に入れた中1の英語の教科書を息子よりも先に見た夫が例によって「ヤバイヤバイ」と騒ぎ出したよ。この人は人の不安を煽るのが本当に好きな人だ。確かにパッと見、いろいろ書かれているけれど、中学高校時代にある程度勉強した覚えがあれば、内容はそれほどでもないはずだけどね。さらに、「やっぱり公文の英語やったほうがいいよ!」とか言い出した。公文やったことないのにどうしてそんなに公文を信仰しているんだろう?そ [続きを読む]
  • 一足早く手に入れた英語の教科書
  • 「いまどきの中学英語ってどんなことを習うのだろう」と気になった私は、今年度の中1生が使用している教科書を入手してみました。そうしたら自分の時代のとは全然違っていてびっくり。英文と派手なイラストが入り乱れてとにかく情報量が多い。見た瞬間に拒絶反応が出たよ。小学校の教科書でもそうだけど、もっとシンプルな構成のほうがとっつきやすくて理解しやすいように思えるけどなあ。・・・って思うのは私が昭和時代の人間だから [続きを読む]
  • 塾探し一旦中止。
  • 予約していた入塾テストはキャンセルし、塾探しを一旦中止することにしました。もともと、「中学入学前から入塾させよう」と言い出したのは夫で、私は「それはどうかな」と思っていたんだよね。塾の必要性はすごく感じているし、いつかは行かなくてはならないけど、メインである中学校生活が未知の段階で、放課後の予定だけガチガチに固めちゃうっていうのはどうなんだろうと。あれこれ新しいことが盛りだくさんだと疲れちゃうし、 [続きを読む]
  • 体験授業を受けたかっただけなのに。
  • ある塾で、絶賛(?)無料体験授業受付中!みたいなキャンペーンをやっていたので、webから申し込んでみました。塾の授業が体験できるのはいいなと。そうしたら早速電話がかかってきて、「まずは入塾テストを受験してください」って。ふーむ。そういうことなのね。現時点で見込みのあるなしを判定するわけか。きっとどこでもそうなんだね。一応テストの申し込みはしたけど・・・、だんだんその日が近づいてきて受けるかどうか迷いはじ [続きを読む]
  • 公開実力テストの復習
  • Z会の公開実力テストの結果が悲惨だったことはもういいんだけど、テストを受けっぱなしのままっていうのもどうかと思い、解けなかった問題をもう一度考えたり、解き方を確かめたりっていうのをここ数日息子と2人でやっていました。先日の記事で「教科書レベルの」「主婦でも解ける」と書いたけど、息子の持っている教科書を確かめてみると、塾や通信教育など学校外の勉強をしていない子にはやっぱり難しかったのかなと思えてきまし [続きを読む]
  • いいきっかけになれば・・・。
  • 息子と夫に公開実力テストの結果を見せました。2人とも絶句してました。息子には、今後は学習面、生活面含めて心を入れ替えたいよね。とは言っても急に変わるのは無理だから、出来るところから少しずつ変えていきたいよねって話をしました。夫に言うことはありません。もともと何も期待していないし。改めて思ったのは、一番危機感を持っていないのはこの人だなってこと。でも、すでに結果がでている人のことはどうでもよいのです [続きを読む]
  • 公開実力テストの問題を私も解いてみた。
  • 驚愕の結果だったZ会の公開実力テスト。どれほどの難問だったのかと思い、私も算数を解いてみた。そしたら思ったほど難しくなかった。Z会らしい良問ぞろいでちょっと難しいかなと思えるのもあったけど、教科書やドリルに出てきそうな基本的な問題がほとんどだったから、当たり前のこと(授業をしっかり聞く・宿題をきちんとこなす)をしっかりやっていれば平均点には到達できるテストという印象だった。学業から離れてウン十年の家 [続きを読む]
  • 公開実力テストの結果が返ってきた。
  • 先日受けたZ会の小6公開実力テストの結果が自宅に届きました。結果は散々なものでした。わかっていたけど、この結果を息子に見せていいのかどうか迷ってしまうほどに悪い、悪すぎる・・・。ほとんどの子がZ会の通信講座を受講している子たちだったので、全体的にレベルが高いのだろうけど、それにしたってこの結果は酷すぎる。無料だからと安易に申し込み、出かけて行った自分たちを猛烈に恥じるとともに、非常に厳しい現実を突きつけ [続きを読む]
  • 今さらだけど歴史まんがを買ってみた。
  • 近所の本屋さんでたまたま見つけたこの本が意外と面白かったのでとりあえず1冊だけ買いました。我が家にはすでに歴史まんががあるけど、息子はまったく読もうとしません。ついでに言うとその本は夫がセレクトしてきたやつ。日本の歴史が1冊にまとめられている本です。歴史まんがって全巻揃えるとかなりコストがかかるので、夫は1冊で日本の歴史がすべてまかなえる本を選んだのだと思う。でも、2000年分の歴史を1冊で語るにはちょっ [続きを読む]
  • 親も一緒に勉強なんて私は無理。
  • 先日、無法地帯と化した息子のデスク周りを片付けていた際に出て来た「全国学力・学習状況調査」の結果を見て、夫がヤバイヤバイと騒ぎ出した。私からすればあれだけ遊びほうけていれば当然の結果では?と思うので大して問題にもしていなかったのですが。それで、子が変わるためにはまず親がそういう雰囲気(勉強っぽい雰囲気?)を醸し出さないといけないとかで、親も一緒に勉強するべきだ言い出しています。ドラマ「下剋上受験」 [続きを読む]