100 さん プロフィール

  •  
100さん: どたび -世界一周RPG
ハンドル名100 さん
ブログタイトルどたび -世界一周RPG
ブログURLhttps://ameblo.jp/world-free-trip/
サイト紹介文世界一周、たまにワーホリ。東回りで現在3年目。今年30歳になるドドの、世界一周の日記です。
自由文Webディレクター@渋谷の仕事を辞めて
→カナダ・トロントでWH(2014/4/23-2015/6/12)
→世界一周旅行中(6/13-11/30)
→お金が無くなりオーストラリアでWH(11/30-2016/7/31)
→世界一周の再スタート(8/1-)
そんな私<ドド>の生存確認用ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 245日(平均6.4回/週) - 参加 2017/01/18 16:22

100 さんのブログ記事

  • 香港 Hong Kong④ 〜雨だって全然楽しい散歩だよ!
  • かめちゃんの部屋から臨む香港の景色。せっかくのビル群が雨でくすみまくってる。なんだか東京に似たビル群だなぁ。日本近いなぁ。まつんと二人、お仕事へ出かけるかめちゃんをお見送りして、かめちゃんの部屋へ戻る。かめちゃんたら「いつまででもいてくれていいよ」て鍵を渡してくれた?優しすぎて感謝しかない!まつんも今日の午後の飛行機で帰国。かめちゃんの部屋に荷物を置かせてもらったまま、さっそくオイシー朝飯を食べに [続きを読む]
  • 香港 Hong Kong③ 〜独身美女の会?
  • 今日も朝から動くぜ!8時に出発。朝飯のお粥がおいしい店を探すため、隣の佐敦駅まで歩いた。朝は雨が止んでるし歩いてる人も少ないしいい感じ。表通りも裏通りも、どこもごちゃごちゃして中国っぽい雰囲気が楽しい。夜にネオンが光ったらより香港らしい景色が見えるんだろう。ぜいたくに数件見てまわって、決めたのは「彌敦粥麵家」。たいしてきれいな雰囲気はないが、朝なのに騒がしくほぼ満席の店内。席に着くと、おじさんがお [続きを読む]
  • 香港 Hong Kong② 〜宿:Tom's Guest House
  • 香港初日にお邪魔したのは、重慶マンションに入っている安宿、Tom's Guest House。ダブルの個室、シャワールーム付きで1泊270香港ドル。(約3,820円)(成都のドミが1泊600円程度だったとか忘れたい)宿は重慶マンションのCブロック、16階にある。重慶マンションは大きいためか、ブロックごとにエレベータがある。Cブロックのエレベータは、メインの入り口を入って奥にあるよ。わかりやすく「C」と書いてあるので、迷うことはな [続きを読む]
  • 香港 Hong Kong① 〜おしゃれソーホー地区と100万ドルの夜景
  • 一足早く重慶マンションの宿に到着した私。友達を迎えるべく、重慶マンションの入り口で待機。重慶マンションは面白い。ここ本当に香港???て思うくらい、外国人がいっぱいのごった煮。妙なスーツを着た客引きや、ここで暮らしているらしい人が、謎のどでかい荷物を持って入っていく。ヒジャブをかぶったイスラム系の女性や、カラフルな原色ドレスのアフリカン女性もちらほら。その間をすり抜けながら、雨水をかき出し続ける掃除 [続きを読む]
  • 成都 Chengdu⑨ 〜空路で雨の香港へ
  • 成都最終日。今日は朝7時の飛行機で香港へ向かう。香港エアライン Hong Kong Airlinesで、1万円。(Skyscannerで検索した最安)日程優先でチケット買ってるから、平日ならもっと安いのあるかも。東チベットで公安に追いかけられて、香港行を早めようか考えもしたけど、結局、予定通りのスケジュール。チケットを無駄にせずに済みました。今回は奮発して、昨晩は宿に泊まり、朝タクシーで空港へ向かった。今までなら、早朝の飛行 [続きを読む]
  • 成都 Chengdu⑧ 〜さよなら相棒、あと中国→日本へ荷物の発送方法
  • 本日でゆかちゃんと行動を共にするのは最後。ゆかちゃんはここからラオスを皮切りに東南アジアへと南下する。タイで合流してから約1ヶ月半。アジア旅行の思い出には欠かせない、とっても素敵なパートナーでした。(特に食の部分w)一緒に旅行してくれてありがとう!次は日本で、ゆかちゃんが帰ってくるのを待ってます。この素敵な食いっぷりとしばらくお別れ。麻婆茄子に、牛ひき肉のメキシカン風のやつ、辛いスープ。最後は心ゆ [続きを読む]
  • 成都 Chengdu⑦ 〜おじさんパンダの愛らしさにメロメロ
  • 成都の見どころといえば、パンダ保護園もその1つ。(正確には、成都熊猫繁殖研究基地という名前)長期旅行者だと、行く前は誰もが「パンダなんてわざわざ見なくても」と言うらしい。私も漏れなくそんな感じで、全然期待してませんでした。やることないし、暇つぶしに行こうかなってくらいで。それが、行ってみたらパンダにめろめろ。時間があるならぜひ!パンダ園は超オススメです。癒されまくる。* * *パンダ園へは、私と同 [続きを読む]
  • 成都 Chengdu⑥ 〜食の相棒、ゆかちゃんとの再会
  • ゆかちゃんが帰ってきた!お互い無事に成都へ帰還&再会を祝して、近所の中華料理屋でカンパイ?漢字のメニュー名から想像できない料理ばっか頼む。3皿目にはレンコン出てきたにやけちゃった。レンコンは中国語で?藕というのね。野菜炒めばっかり、やだヘルシー?野菜だけの炒め物なら、だいたい10〜12元。(約160〜200円)肉が入ると、20元近くなる。日本の高級中華だと、一皿1,000円越えてくるからな、、、あぁ幸せ。白飯のお [続きを読む]
  • 東チベット旅行中に使えそうな情報まとめ!
  • 東チベット旅行中、ルートや宿などのまとめ記事をめっちゃ重宝しました。なので私も、2017年6月時点での情報をまとめます。ラルンガルやセルタが外人禁止になった以降の内容です。(ラルンガル辺りが外人禁止になったのは、たぶん2016年5月以降)0、準備するもの■パスポート東チベット内のあちこちでチェックされるので、必携。数年前の旅行記事では、中国ビザ延長のために成都で預けている間に行くのが王道らしかったけど、今 [続きを読む]
  • 甘孜 Ganze④ 〜成都まで一気に下る、16時間のバス旅
  • 先日の件で公安に追われてるかもって心配すぎるので、トクさんの助言通り、東チベットを降りることにした。このままいても常にビクビクして、せっかくの東チベットを楽しめそうにない。正直、昨日が平気だったからこのまま理塘(リタン)行っても平気かもって思った。でも、アチェンガルが何事もなく楽しめたのは、チベットの神様からの誕生日プレゼントだったのかも。先の予定が決まってるので絶対に捕まりたくない。危ないことは [続きを読む]
  • 甘孜 Ganze③ 〜宿:城信??
  • ガンゼで泊った宿は、城信??(城信賓館)。ガンゼに滞在する日本人旅行者には、よく聞く名前な気がする。東チベット内で会った日本人旅行者さんも、ここに泊ると言ってた。☆2016年5月ラルンガルゴンパまとめ(2016年5月の記事)☆頑張ったから見て!東チベット情報まとめ!(2014年5月の記事)↑ゆきんこさんのこの記事にも紹介されてる宿。東チベット旅行中にめっちゃ重宝した記事なんだけど、城信??の行き方のみ、今と違 [続きを読む]
  • 甘孜 Ganze② 〜はっぴば30歳!inアチェンガル!
  • はっぴーばーすでー自分!誕生日が引き寄せたラッキーか。とにかく最高のアチェンガルを見ることができました。30歳、最高のスタートかも!* * *昼の13:30頃にアチェンガルに到着。(ガンゼからアチェンガルへの行き方は、前記事にまとめてます。)さっそく、アチェンガル全体を見渡せる丘へ。曇る前に、青空の下のアチェンガルが見たい!ちょっと高いだけに見える丘も、あがっているとすぐ疲れる。4,000メートル近い標高はさ [続きを読む]
  • 炉霍 LuHuo③ 〜バスでガンゼ(甘孜)まで
  • ルーフォから、次の目的地、甘孜(ガンゼ)へバスで移動。事前調べではバスはないようだったけど、宿の人に「1日1本ある」と教えてもらった。13:30頃、ガンゼ行、33元(約550円)。が、結局12:45頃にはバスが来て、客を乗せたらすぐ出発した。なので12時すぎからバスターミナルに待機しておくのが良さそう。チェックアウトの時には、いつもと違うおばちゃんが対応してくれたのだが、「(払ったはずの)2泊目を払え」とひと悶着 [続きを読む]
  • 炉霍 LuHuo① 〜外人禁止の「セルタ(色達)」にもっとも近い町
  • なんとか宿が見つかり、荷物を置いたらさっそく町歩き。明日は日帰りで出るつもりだったので、ルーフォの町を観光できるのは今日だけだ。といっても、ルーフォは大きい町ではないので、半日散歩くらいでちょうどいいのかも。ルーフォの標高は約3,200メートル。そろそろ、無理して動き回るのを控えた方がよさそうな高さになってきた。標高に体を慣らしていかないと。1日2回、高山病の予防薬を飲んでいるおかげか、今まだ高山病は [続きを読む]
  • 康定 Kangding③ 〜炉霍(ルーフォ)まで。チベタンの不思議な川
  • 康定バスターミナル、6:45発のバスで、次の目的地、炉霍(ルーフォ)へ。朝飯は安定の屋台。手作りの肉まんに、豆乳。目の前で丸められていく肉まんがなんとも美味しそう。が、昨日の食べ過ぎがたたって、今朝は豆乳のみ。ひかるくんの教え、食べ過ぎない、てのを初日から破ったもので、これからは抑えていかなきゃ。朝はバスターミナルの入口が開いてなくて、隣のポリス入口からみんな出入りしてた。ルーフォ行バスは、手前の並び [続きを読む]
  • 康定 Kangding② 〜宿:康定貢嘎国際青年旅舎
  • 康定で泊った宿は、康定貢嘎国際青年旅舎(カンディン コンカ インターナショナル ホステル)。8人ドミトリーで1泊、35元。(約590円)東チベットでは珍しく安宿で、日本人旅行者はだいたいここに泊るみたい。あちこち安宿を探し回るより、ここにさっさと落ち着いて町歩きするのがいいと思う。ログハウス調で可愛く、居心地よくていい宿でした。東チベットを旅行しているブログでもよく見かける名前だ。☆東チベット・康定(ダル [続きを読む]
  • 康定 Kangding① 〜何もない町?いやいや意外と楽しい散歩
  • 荷物を置いて、さっそく康定の町歩き。宿を出たのが15時頃。康定は見るものがないと聞くけど、東チベット最初の町だし、けっこう大きそうな町なので、さくさく歩いて見てまわろう。宿はバスターミナルのそばだけど、町までは少し距離がある。宿の目の前を流れる川は、そのまま町の中心まで続いているようだ。ここ康定で、標高2,600メートルくらい。周囲に見える山の近いこと。青空と山の緑がくっきりしていて、空気が澄んでいるよ [続きを読む]
  • 成都 Chengdu④ 〜東チベットの入口の町、康定へ
  • 東チベットで最初に向かう町は、康定(カンディン)。中国本土(というと語弊がありそうだけど)と東チベットを結ぶ、東チベットの入り口のような町だ。康定行のバスは毎日、成都の新南門バスターミナルから、ほぼ1時間おきに出ている。到着まで約7時間半。115元。(約1,920円)私とゆかちゃんは、朝一の7:10発のバスで康定へ向かうことにした。朝6時すぎに宿を出発。荷物はリュックと肩掛け、いつものポーチ。約10日で東チベッ [続きを読む]
  • ?山(楽山) Leshan② 〜四川料理まみれ
  • 延長ビザの受け取りを待つこの土日は、ひたすら食べ続けてただけでした。楽山は四川なので、どこで何を食べてもおいしかった。天気がドン曇り続きで雨降ったりもして、外を出歩く気分になれず。世界遺産の楽山大仏にも行ってないや。大きな大仏は、ミャンマーでもう充分すぎるほど見て、私もゆかちゃんもお腹いっぱいだし。お鍋ストリートみたいに並ぶお鍋やさんを冷やかしたり。そのうちの一店が、私らの質問を注文と勘違いして鍋 [続きを読む]
  • ?山(楽山) Leshan③ 〜宿:?山海韵国際青年旅舎
  • 楽山で滞在した宿は、?山海韵国際青年旅舎。ダブルの部屋で3泊、384元。1人1泊64元、朝食なし。(約1,030円)土日を挟むので友達とのんびりしようと、ドミではなく個室チョイス。中国滞在の(観光)ビザ延長に来た楽山で、「外国人滞在証明書」(レシート)を出してくれる、ドミトリーのある宿。ドミトリーは50元前後。楽山の宿は、成都より全体的に高い。中国滞在のビザ延長については、前回の記事でまとめてます。☆?山(楽 [続きを読む]
  • ?山(楽山) Leshan① 〜たった2日で中国ビザを延長できる場所
  • ようやく中国ビザの延長ができる日になったので、楽山へ。来る東チベット旅行へ向けて、このビザ延長が済めばあとは行くだけ!日本のパスポートだと、15日間はビザなしで中国に滞在することができる。それを延長したい場合、滞在13日目以降でないと申請できない。13日目が土日祝日の場合、その前営業日に申請を受け付けてくれる。私は今回、6月3日(土)が滞在13日目になるため、前日の2日(金)に申請できた。延長の申請は、成 [続きを読む]