Akina さん プロフィール

  •  
Akinaさん: アートの定理
ハンドル名Akina さん
ブログタイトルアートの定理
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/origami06/
サイト紹介文予備知識が無くても美術館は楽しい!例えばこんな楽しみ方、どうですか?
自由文予備知識なしで美術館へ行き、堂々と浅い感想を垂れ流すたくましいブログ。さらに、知っていたら美術館がもっと楽しくなるチョビ知識も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 188日(平均3.5回/週) - 参加 2017/01/17 22:31

Akina さんのブログ記事

  • アルチンボルドの野菜人間はSNOWで顔認識されるのか!?
  • アルチンボルド、好きですか?ジュゼッペ・アルチンボルド「ウェルトゥムヌスに扮したルドルフ2世」(1590年頃)2017年には西洋美術館の「アルチンボルド展」で彼の名作が揃って来日し、2018年にはBunkamura ザ・ミュージアムの「ルドルフ2世の驚異の世界展」で上の絵が来日します。今日本でアルチンボルド・フィーバーが起こりつつあることは、誰の目にも明らかですね!そんな最もアツイ画家、アルチンボルドの絵を見られる「アルチ [続きを読む]
  • アルチンボルド展〜おふざけと真面目が混在した画業の感想と解釈〜
  • アルチンボルド展、行きましたか?絵画界のサーカス!団長はアルチンボルド!ふざけているようにしか見えないアルチンボルドの絵画たち。しかし本人はいたって真剣だったようなのです!一目見て笑うも良し、深読みして味わうも良し。アルチンボルドの掌の上で踊ろうじゃないか!〜目次〜1. 展覧会の基本情報2. 例えばこんな作品がありました ①地球の恵みとしての植物と野菜 ②ピエロすぎる人物画 ③動物の絵からの動物園 ④突 [続きを読む]
  • ジャコメッティ展〜激細アンガールズ彫刻の感想と解釈〜
  • ジャコメッティ展、行きましたか?悪魔に愛された天才彫刻家の悲しい作品たち!アンガールズのように縦長の人物彫刻が代名詞のジャコメッティ。何度実験を繰り返しても鑑賞者を不安にさせる造形から逃れられなかったジャコメッティの、初めから終わりまで人生の全てをなぞる大展覧会でした!〜目次〜1. 展覧会の基本情報2. 気になる混雑状況は?3. もっと気になる割引!4. 例えばこんな作品がありました ①マッチ棒サイズから縦長 [続きを読む]
  • 一人で美術館に行く人ってどうなの?実はメリットが盛り沢山!
  • 一人で美術館に行ったら変な目で見られる?(c) .foto projectこれは一人でいたいかぼちゃの写真。弊職はもっぱらお一人様でして、なんなら海外旅行や遊園地も一人で行けます。(というと、かなり変わった人だと思われます)それは置いておいて、世の中一般的にはお一人様で行きにくい場所って沢山ありますよね。美術館も意外とその一つなのではないでしょうか?変な目で見られるかも…なんて理由で一人で美術館に行けないアナタ!勿 [続きを読む]
  • 2017年6月から始まる東京の美術館・展覧会まとめ
  • 6月に行きたい美術館の備忘録今月(といっても既に中旬ですが)からは弊職が行きたい美術館をリストアップすることにしました。メモしておかないと、どこの美術館でいつからいつまで何の展覧会をやっているか、すぐに分からなくなってしまうからね…ジャコメッティ展@国立新美術館6/14〜9/42017/6/17追記:行ってきました!ジャコメッティ展〜激細アンガールズ彫刻の感想と解釈アンガールズみたいな彫刻を沢山作ったジャコメッティの [続きを読む]
  • ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館inロンドンの感想と楽しみ方
  • ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館に行ってきました。栄華を極めた大英帝国のコレクションがきらびやかすぎる!絵画も、彫刻も、宝石も、ドレスも、貴金属も。ここを宮殿と呼ばずして何と呼ぶのか!ヴェルサイユよりも宮殿で、誰もが王様・王妃になれる博物館でした!〜目次〜1. 展覧会の基本情報2. 気になる混雑状況は?3. 例えばこんな作品がありました ①古今の彫刻が繰り広げる群像劇 ②V&Aでしか見られない [続きを読む]
  • テート・ブリテンinロンドンの感想と楽しみ方
  • ロンドンのテート・ブリテンに行ってきました。英国アートの古きと新しきの融合!テート・ブリテンは英国出身の画家や、英国に深い関わりのあるアーティストの作品のみを展示しています。ナショナル・ギャラリーや大英博物館が世界中からコレクションを集めているのに対し、一途な美術館ですね。アフタヌーンティーを頂きたくなる、英国づくしの美術館でした!〜目次〜1. 展覧会の基本情報2. 気になる混雑状況は?3. 例えばこんな [続きを読む]
  • 大英博物館「北斎展」の感想と楽しみ方
  • ロンドンの大英博物館「北斎展」に行ってきました。世界は江戸の画家をどう見るのか!?弊職がギリギリ英国にいるというナイスなタイミングで開幕を迎えた北斎展。結論、凄い絵はどこへ行っても凄い!灯台下暗しな事実が分かった、郷愁の展覧会でした!〜目次〜1. 展覧会の基本情報2. 気になる混雑状況は?3. 例えばこんな作品がありました ①教科書に必ず載ってるアノ富士山 ②植物も動物も写実的で愛嬌もある! ③西洋文化に [続きを読む]
  • テート・モダンinロンドンの感想と楽しみ方
  • ロンドンのテート・モダンに行ってきました。モダンアートの登竜門!ピカソやダリといった超一流がしれっと展示されていたかと思えば、今をときめくアーティストも空間を贅沢に使った展示を行っていました。アートの未来はテート・モダンにあるのです。〜目次〜1. 展覧会の基本情報2. 気になる混雑状況は?3. 例えばこんな作品がありました ①革命家たちのマスターピース ②弊職の大好きな抽象画 ③1部屋に1アーティスト ④な [続きを読む]