foot-ennemi さん プロフィール

  •  
foot-ennemiさん: 僕のプレミアブログ
ハンドル名foot-ennemi さん
ブログタイトル僕のプレミアブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/foot-ennemi/
サイト紹介文プレミアリーグのレビューやプレビュー、分析、コラムを書いていきます。 チェルシーの大ファンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 63日(平均3.1回/週) - 参加 2017/01/18 20:42

foot-ennemi さんのブログ記事

  • マンチェスターシティVリバプール プレビュー
  • プレミアリーグもいよいよシーズン終盤。優勝争いはほぼ決着がついてしまったが、ヨーロッパカップ戦出場争いはまだまだ熱い。昨年の最終戦のこのカードでは、ワイナルドゥムのヘディング1点を守りきったホームチームの勝利。ペップにとっては痛い敗戦だった。シティは現在3位。2位のトッテナムとは得失点差しかなく、ポイント差は同じ。1試合消化が多い4位リバプールには勝ち点1ポイント差でCL出場権枠を守っている。し [続きを読む]
  • アーセナルの未来
  • アーセン・ベンゲルが窮地に立たされている。CLではバイエルンに2戦とも1−5で大敗。6年連続でベスト16で姿を消すこととなった。当然、サポーターは失望。試合終盤には「wenger out」のバナーが目立った。毎年この季節になると出されるバナーだが、今季はベンゲルの去就も怪しそうだ。リーグでも1試合未消化とはいえ、CL出場権圏外の5位。首位チェルシーとのポイント差は16で、優勝の可能性は0%と言っていい。残 [続きを読む]
  • リバプールVアーセナル レビュー
  • プレミアリーグも3月に入り、CL出場権争いも激しくなってきた。そんななか行われた上位対決は、ホームチームが出せるすべての力を出し、完勝を収めた。リバプールはCBにロヴレンに代えてクラバン、アンカーにケガのヘンダーソンではなく、エムレ・チャンを起用。3トップには、マネ、フィルミーノ、コウチーニョの強力トリオが揃った。一方のアーセナルは、トップ下にイウォビ、CMとWGの間のようなポジションにウェルベ [続きを読む]
  • リバプールVアーセナル プレビュー
  • プレミアリーグもシーズン終盤。27節を迎える今節は、注目のビッグゲームをプレビューする。アーセナルは現在4位。1試合未消化だが首位チェルシーとは13ポイント差、チェルシーの好調さを考えると逆転優勝はほぼ不可能だろう。CLでもバイエルンに1−5と大敗し、相変わらずのベスト16で終焉を迎えることが確実だ。ベンゲルへの風当たりは毎年通り強くなっている。いつも、4月くらいに契約は延長されるが今季は本当に [続きを読む]
  • レスター ラニエリを解任
  • 日本時間今朝6時ごろ、衝撃のニュースが飛び込んできた。レスターが、クラウディオ・ラニエリ監督を解任した。ここ9試合で7敗を喫し、17位に沈むチームの監督なら、この結果は必然的だろう。しかし、クラブが解任に踏み込むことが遅れたのは、昨季、王者になるという奇跡を起こした張本人だからだ。今までのキャリアで優勝がなく、変にチームをいじる、「ティンカーマン」ことラニエリが就任したときにはメディアに「降格確 [続きを読む]
  • レスターを救え!
  • そろそろ、まずいぞ。CLのバイエルン戦に大敗したベンゲルの去就の話ではなく、すでに14敗を喫し、降格圏と1ポイント差の17位に沈むレスターとラニエリの話だ。特にアウェイでは、3分け9敗。1戦も勝利なしの泥沼状況だ。頼みの綱のバーディーはここまで5ゴール。12月のシティ戦以降、ゴールがない。17位のチームの新加入選手と前置きすればそこまでひどくはない成績のスリマニも同5ゴール。そのアルジェリア人の [続きを読む]
  • リバプールVトッテナム プレビュー
  • 日本時間、今週日曜深夜に行われる2位と5位の試合は、CLストレートインと優勝のかすかな望みを残せるかどうかを争う、非常に楽しみな試合だ。リバプールは、2017年に入ってから急失速。リーグカップ、FAカップともに格下相手にまさかの敗北。若手中心とはいっても、言い訳にはならない衝撃的な敗戦だった。これで、タイトル獲得の望みが残されているのはプレミアだけ。そのプレミアも、今年に入ってからは3分け2敗。 [続きを読む]
  • アグエロ、移籍を検討?
  • マンチェスター・シティのエースストライカー、セルヒオ・アグエロの周辺が騒がしくなってきた。新戦力、ガブリエウ・ジェズスが2試合連続でスタメン起用され、しかも連続でゴールとアシストを記録。早くもチームに溶け込み、冬の移籍市場最高のヒット商品となっている。たった2試合途中出場だっただけという見方もあるが、本人もスウォンジー戦後のインタビューで、「まず、3か月はチームを助けたい。それから、クラブがどう [続きを読む]
  • チェルシーVアーセナル レビュー
  • スタンフォードブリッジでのこの1戦は、意外にもホームチームが完璧に試合を支配して完勝を納めた。チェルシーはいつも通りのベストイレブン。前節からは1枚だけ代えて、右シャドーにウィリアンではなくペドロを起用。アウェイのアーセナルは、ボランチにコクランとチェンバレンのコンビ。ウイングにはイウォビとウォルコット、ワントップにはA・サンチェスが入った。開始10分はアーセナルペース。中盤2センターにコクラン [続きを読む]
  • チェルシーVアーセナル プレビュー
  • 1位対3位のこの試合は、残り15節を切ったプレミアリーグの優勝争いを左右することになる重要な1戦だ。チェルシーは勝ち点56で首位。前節リバプール戦はドローだったが、優勝を勝ち取るチーム特有の貫録を見せつけた。ドローでもOKという、余裕を見せつけた末での1−1だった。連勝の次の引き分けで、新年初戦のスパーズ戦の敗北以来、失点は3試合で1。得点は6。攻守のバランスを見極めた試合運びを見せており、この [続きを読む]
  • リバプール対チェルシー レビュー
  • 2連勝中の首位チェルシーと、ホーム3連敗中の4位リバプールが対戦したこの1戦。アウェイチームは惜しくも勝利を逃したが、アウェイでタイトル争いのライバル相手に貴重な勝ち点1をゲットした。逆にホームチームは10ポイント差を縮められなかった。チェルシーはペドロをベンチに置き、ウィリアンをシャドーに。より守備力の高いブラジル人ウインガーを起用することで、爆発的な攻撃力を持つリバプール攻撃陣を前線から潰す [続きを読む]
  • プレミアリーグ移籍情報 
  • 今日はウェストハムがハル・シティからスノッドグラスを獲得。契約期間は2020年までの3年半、移籍金は1015万ポンドだという。今季不振でいまだ10位に沈むウェストハムは、移籍志願をするパイェに代わる新たな司令塔を手に入れることができた。フォンテという新たなディフェンスリーダーも獲得しており、かなり積極的に動いている印象だ。スノッドグラスは残留争いに巻き込まれるハルを牽引。7得点3アシストというチ [続きを読む]
  • プレミアリーグ得点争いの行方を占う
  • 第22節を終えて得点ランクトップに立つのは15得点でディエゴ・コスタとアレクシス・サンチェス。それぞれ1、2位に立つチームの攻撃を引っ張り15得点を挙げている。彼らを追うのが14得点のズラタン・イブラヒモビッチ、13得点のハリー・ケイン。僅差での争いとなっており、残り15節となった現在も抜き出ている選手はいない。ただ、本命はD・コスタとA・サンチェスの2人で変わりないだろう。2人とも出場した試合 [続きを読む]
  • リバプール対チェルシー プレビュー
  • 第23節を迎えるこのビッグマッチは優勝争いを左右する重要な1戦だ。チェルシーは2位アーセナルと8ポイント差の首位でこの試合を迎える。一方のリバプールは前節の最下位のスウォンジーにホームでまさかの敗戦。4位に転落し、チェルシーとは10ポイント差がついてしまった。優勝を争うのはかなり厳しくなったが、クロップも選手も諦めてはいないはずだ。ただ、この試合を落とすと13ポイント差となり、CLストレートイン [続きを読む]
  • プレミアリーグ移籍情報 チェルシー編
  • にほんブログ村にほんブログ村ポチッとお願いします。 2017年も3週目。移籍市場は残り10日近く。しかし、どこのビッグクラブにもいまだ動きはない。これからも獲得の可能性は低いが、可能性は0ではないので今回はチェルシー編と称して獲得候補を書いていく。チェルシーはミケルとオスカルを中国へ放出。ミケルはフリーだが、オスカルを上海上港へ5500万ユーロほどで売却。一線級のプレイヤーを獲得できる資金は [続きを読む]
  • どうした、ペップ!!
  • にほんブログ村ポチッとお願いします。 どうした、ペップ!もう、プレミア優勝を諦めたよう。4−0で大敗したエバートン戦後、「首位との勝ち点差は大きい。10ポイント差ではさすがに厳しい」的なことをコメントした。なお、グアルディオラが経験したリーグ戦での敗戦の中で最多スコア差だという。今季の印象的な敗戦はレスターに2−4、チェルシーに1−3の逆転負け、リバプールになすすべなく0−1など。どの試合も [続きを読む]
  • レスターVチェルシー レビュー
  • キングパワースタジアムでのこの1戦は、首位チームが力を見せつけた。レスターはチェルシーと同じ3−4−2−1システムを起用。スパーズと同じようにミラーゲームを挑んだ。新加入のヌディディをさっそく起用し、ウイングにオルブライトンとチルウェルを起用。スリマニの代役にはムサが入った。チェルシーは招集外となったディエゴ・コスタの代わりにエデン・アザールがゼロトップを務める。ウイングにはウィリアンが入った。 [続きを読む]
  • レスターVチェルシー プレビュー
  • チェルシーが首位、レスター15位で迎えるプレミアリーグ21節。そこまで重要な試合にはならなそうだが、興味深い試合となりそうだ。なんといっても、昨季と一昨季の王者対決。レスターは昨日シュラップを売却。アフリカネイションズカップのためマレズ、得点源のスリマニが不在。一方のチェルシーはナイジェリアが予選敗退したため、モーゼズがチームに残留できることになった。レスターはこれ以上ポイントを落とすと、降格の [続きを読む]
  • プレミアリーグ 12月のベスト監督
  • 12月は一年の締めくくりの月。しかし、プレミアリーグは1年でもっとも忙しい月の一つだ。監督達も頭を悩ませるだろう。そんな大変な1ヶ月を見事に切り抜けた監督は誰なのだろう?考察してみる。候補に挙がるのは、アントニオ・コンテ、ユルゲン・クロップ、ジョゼ・モウリーニョ、マウリシオ・ポチェッティーノか。アントニオ・コンテは首位のチェルシーを僅か4ヶ月で再建した。連勝を続け、得点も多い。しかも、クリーンシ [続きを読む]
  • トッテナムVチェルシー レビュー
  • ホワイトハートレーンでのこの1戦は、優勝を争ううえで重要な1戦となった。ただ、試合内容はホームチームのプレイしか見ごたえがなかった。スパーズはブルーズと同じ、3−4−2−1システムを採用し、ミラーゲームを挑む。フェルトンゲンは出場停止から帰ってきて、アルデルワイレルトとの鉄壁のCBを組む。E・ダイアーも含めた3バックは、相手の強力3トップを抑え込む力が抜群だ。ボランチにはワニャマとデンべレのコン [続きを読む]
  • トッテナムVチェルシー プレビュー
  • トッテナムは5位、チェルシーが首位で迎える第20節。両チームにとって重要な新年初戦だ。チェルシーは現在13連勝でこの試合に勝てば14連勝でアーセナルの連勝記録に並ぶ。14年ぶりの記録についに並んだ。今のところは全く死角が見当たらない。と、前節までは思っていたが、2016年最終戦のストーク戦では2失点。連勝を続けてからは初めての複数失点だ。シティ、トッテナムという強豪相手でも1失点しかしていなかっ [続きを読む]