fuxin24 さん プロフィール

  •  
fuxin24さん: 200%ストレート合格
ハンドル名fuxin24 さん
ブログタイトル200%ストレート合格
ブログURLhttp://fuxin24.net/
サイト紹介文ストレート合格に届く学習ペースとは?を日々考えていくサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 72日(平均9.0回/週) - 参加 2017/01/18 21:19

fuxin24 さんのブログ記事

  • 【法務】過去問タテ解き#3 会社法(設立、組織再編)
  • 「法務」をホーム化。「法務」をホームに考える有利さとは、「2次」との共通性。同じ論点を出すが、同じ問題は出さない。必要知識を、点→線→面の芋づる式に素早く引き出す「地頭」力。妥当性で2択に絞り、間違っている方を落とす最後の2択「センス」。つまり合否の決め手=最後の2択Cランク問題で、初見の事態に知識を引き当て、理詰めの最適解をその場で選ぶのが「法務」、作るのが「2次」。「法務」と「2次」が求めるスキルが共通と気づいたら、 [続きを読む]
  • 【書き手共通】訊かれた時の答え方
  • 意見を主張し足踏みするより、書き手が成長する姿に加点。そんなことをお昼休みにふと読むと、どの程度興味を持っていただけるか実験。 にほんブログ村読み手が知りたい〜オープン・イノベーション個別対面やメールの親身の指導も良いけど。衆目を集める中で「あいつら頭の中で何考えているか」を日々つまびらかにし、口コミ宣伝力で試験の質をラディカルに向上。それが試験ブログの良い所。そこで読み手が質問、書き手が回答。 [続きを読む]
  • 【水曜ほっこり】金のノウハウ、銀のノウハウ
  • 薄っぺらなノウハウと、キラキラ光る分厚いノウハウ。 あなたが池に落としたのはどちら?金の斧と銀の斧。そんな寓話から、週の真ん中水曜日の息抜きが始まる。さて当サイト、ノウハウを日々蹴落とすかと思えば、どうせ全員横並び。事例共通の読み方・書き方ならノウハウ採用で良くね?スピード競争の時代。変わり目が早いことを、「変節」と呼ぶか、「しなやかな現場対応力」と捉えるかは人それぞれ。さて、キラキラ光る分厚いノウハ [続きを読む]
  • 【法務】過去問タテ解き#2 会社法(機関設計)
  • 会社法の出題は昨年なぜ急減?覚えなきゃ解けない。だが覚えた所が問われない。だがそのGAPこそが「法務」の矜持。さてその筆頭解は、「財務」「運営」「経済」が、領域ごとの出題マーク数=固定に対し、「法務」は、①会社法⇔民法、②産業財産権他の範囲内で、自在に変化。つまり出題ローテーションがあり、その間隔は5年ローテ説が有力。「法務」はここ3年連続して難化。でもその仕掛けは明確。同じ論点を出すが、同じ問題は出さない。出題 [続きを読む]
  • 【法務】過去問タテ解き#1 民法 〜「法務」のホーム化
  • 「法務」なのにアウェー。では「法務」をホーム化するには?今日から2週は、「法務」の過去問タテ解き。そして「法務をホームに」ネタは、今日から3回の記事冒頭でシリーズ掲載。さて試験ブログに読み慣れると、「1次」は知識との競争・・その道を極める本質は皆が共通。「2次」は周囲との競争・・本質以外の差別化競争。ボクたちこそ多数派なのです!と広言し、「2次」出題側に狙い撃たれて8割落ちるのが自称先輩お子様ノウハウ。いやあれで2割 [続きを読む]
  • 【エクセル活躍実現】イケカコ斜め読み#5 不確実性〜ミライに向かって
  • 「経済」と「財務」のクロスオーバー「経済」と「財務」が巡り合う時、§12不確実性の議論が始まる。「財務」:この投資案にGOサイン出してもいいかしら?「経済」:経済情勢の不確実性を考えると、リアル・オプションという手もあるよ。そうか、「1次」で教わる7科目とは、何か実務上の意味がある伏線なのか。そして複数科目のクロスオーバー論点こそ、実務で役立つ診断士の活躍機会。ミライの動きを知りたい時は、「経済」に尋ねる。公務員試験の [続きを読む]
  • 【読み手が知りたい4事例】事例Ⅰの掴み方
  • ノウハウを読み聞かされる位なら、知りたいことを先に訊く。周囲が気づいてないことを、自ら見つけ実行してこそ、一発勝ち逃げスト合格。千人千色のマイノウハウを聞き飽きたら、知りたいことを積極質問するのはいかがでしょう?10人に聞いて皆が同じことを答えるのが本質。てんで好き勝手なバラバラを主張するのが異質。そして以下の仮説に立つと、質問したいことは意外に絞れる。①「事例Ⅰ〜Ⅲ」に共通②「事例Ⅰ〜Ⅲ」で個別③事例 [続きを読む]
  • 【エクセル活躍実現】イケカコ斜め読み#4 戦略的意思決定
  • 「経営」と「財務」のクロスオーバー「経営」と「財務」が巡り合う時、§8戦略的意思決定が始まる。「経営」:おぃ、この投資案、儲かる儲からない一体どっちだ?「財務」:ははっ、FCFを現在価値に割り引いたNPVがプラスなので、投資はGOサインです。.ちなみに「経済」と「財務」が巡り合う時、§12不確実性への対応が始まる。そうか、「1次」で教わる7科目とは、何か実務上の意味がある伏線なのか。そして複数科目のクロスオーバー論点こそ、実務で [続きを読む]
  • 【読み手が知りたい4事例】事例の本質論
  • 卵をひとつのカゴに盛るか否か〜長期・継続・分散〜画像:東洋経済 投資の真実「卵をひとつのカゴに盛るな」。 これは分散によるリスク回避を狙った、金融資産投資に欠かせない格言。診断士「2次」でいえば、長期・継続は申し分なし。分散は・・「?」。本質論1? 知識の分散ポートフォリオ診断士受験も2年目Sランクになると、依存した手法が出題側に狙い撃たれる一発OUTは避けたい。そこで複数手法に分散し、試験傾向が硬軟どちらにブレ [続きを読む]
  • 【読み手が知りたい4事例】週末掲載予定
  • こんなボクでも東大に!春になると、大学受験予備校の宣伝も活発。すると電車内の吊り広告が妙に気になったりして。東大と診断士試験を比較する意味などほぼないけれど、共通:合格することが、ある一定の努力・能力の証し。共通:ボーダーでは1点を争う。つまり年により受かったり落ちたり。共通:え、あの人が・・と言われる、一発逆転合格の前例は多数あり。異質:彼は絶対合格!と言われ、東大は落ちないが診断士は落ちる。す [続きを読む]
  • 【法務】スピテキ斜め読み#7 独占禁止法他
  • 不当競争防止法、独占禁止法、景品表示法の3つに関し、その立法の趣旨と規制対象の異同を述べつつ、今後の経済環境の中で期待される役割について、思う所を述べよ(300字)。画像:appllio診断士「法務」でそんな出題はない。また4択マークで2択に絞ればそこそこ当たるから、必要以上にガツガツ暗記せず、ふんわりイメージで解けるのが良い所。だが、不当競争防止法と独禁法って、どこがどう違うのか・・?ふとそんな疑問を持つことか [続きを読む]
  • 【法務】スピテキ斜め読み#6 著作権
  • 産業財産権には守られ、著作権は侵さない。過去問を解くと実感できるが、産業財産権では、根掘り葉掘り登録要件や手続きを問われるが、登録手続き不要の著作権は、いかに侵害しないかが問われる。言われてみれば、特に著作権のケース問題では、著作権を平気で侵しかねない顧問先のオトウサンを懸命に諫める・・様なストーリーが多い。従い、今日の#6著作権、不正競争防止法では、根掘り葉掘り丸暗記というより、何やらかすとNGか、 [続きを読む]
  • 【法務】スピテキ斜め読み#5 産業財産権
  • 王様と家来の物語「1次」7科目の受験校教室講義も、いよいよ最後のヤマ知的財産権に入ると、講師の説明にも力が入る。まず特許法を確実に理解、暗記しましょう。実用新案法、意匠法、商標法は、特許法との違いを覚えましょう。最後に問題集を解き、「まとめ表」を経て知識を増やせば合格点です。そして「法務」の後半論点では、本日#5:特許法が王様。実用新案法、意匠法、商標法が家来。明日#6:著作権は裸の王様。著作人格権・財産権の [続きを読む]
  • 別紙【法務】スピテキ S〜Cランク表
  • 【法務】スピテ論点のS〜Cランク表です。見出しだけで600行越えますが、HTMLはエクセルにコピペできますので、ご参考にどうぞ。章節項目ランク§1 法律の分類①法律の分類1成文法と不文法C2一般法と特別法C3強行法規と任意法規C4公法と私法C5民事法と刑事法C6実体法と手続法C7英米法と大陸法C1?民法に関する基礎知識①民法の原則1近代私法の基本原則(1)所有権絶対の原則C(2)契約自由の原則C(3)過失責任の原則C2民法の構造C②法律 [続きを読む]
  • 【法務】スピテキ斜め読み#4 資本市場・倒産法制
  • 資本市場の信頼を裏切ると?あの大手電機メーカーは何やらかしたのか。では来年は診断士たるわが身、以下4つの用語でそのやらっかしっぷりを80字で周囲に説明すると、例えばこう。【用語群】資本市場所有と委任の関係粉飾決算モラルハザード【回答例】株式会社は資本市場からの資金調達を前提とし、株主と経営者は所有と委任の関係にある。バレなきゃ良いとモラルハザードを起こし粉飾決算に走ると、資本市場から厳しく罰せられる [続きを読む]
  • 【エクセル活躍実現】イケカコ斜め読み#3 業務的意思決定
  • 「運営」と「財務」のクロスオーバー「運営」と「財務」が巡り合う時、§6業務的意思決定が始まる。「運営」:ねぇ、特別注文が来たのだけど、引き受けて良い?「財務」:それなら、限界利益を稼げる順に引き受けてください。.ちなみに「経営」と「財務」が巡り合う時、§8構造的意思決定が始まる。そうか、「1次」で教わる7科目とは、何か実務上の意味がある伏線なのか。そして複数科目のクロスオーバー論点こそ、実務で役立つ診断士の活躍機会。そ [続きを読む]
  • 【読み手が知りたい3連投(下)】不合格になる理由
  • 「2次」不合格の理由はなんでしょう?春爛漫から新緑の頃にかけ、各地で合格者セミナーが催され、合格談義の花が咲く。そこで優しそうな顔つきの方を選び、こっそりこう聞いてみる。ただし、質問力の基本は「相手が聞かれたいことを尋ねる」こと。誰もが吹聴したい合格自慢と異なり、失敗体験に真摯に答えられる方は限られる。そこで質問相手を選ぶ眼力が勝負どころ。 にほんブログ村不合格理由モデルたまたまスト合格組は、「2次」 [続きを読む]
  • 【エクセル活躍実現】イケカコ斜め読み#2 事業部の業績評価
  • 簿記2級+イケカコ=最強説だがどっこい、簿記を知らないボクでも合格でちゅ!イケカコはやらない方がオススメでちゅ!合格スタイルは人それぞれ+マイベストと幾度お伝えすれど。後輩が追い越す事態に認知的不協和を感じる自称先輩は、後輩の足を引っ張ることに夢中・・なのでちゅ。苦節幾年、ボクは「事例Ⅳ」A評価なのでちゅ!と役立たずな自慢をする前に。もう少しファイナンスを勉強してから受験生支援をしてはいかがでしょう。 [続きを読む]
  • 【読み手が知りたい3連投(中)】初学スト生の「2次」対策
  • 想定外を口外する老害最近巷で噂の就活老害とは、まだ新社会人、20代の若さでありながら、本人は良かれと思いWebで提供した情報が、それもう古くて間違ってなくね?と叩かれる。つまり、古い情報を流す方も問題ながら、虚偽入り混じるネット情報が鵜呑みにされる時代が来たかとヒヤヒヤ。そしてあらぬ批判や誹りをサラリ受け流す当サイトも高い関心。当サイトは、・周囲が隠したがることを想定外のタイミングで口外し、・情報非対 [続きを読む]
  • 【エクセル活躍実現】イケカコ斜め読み#1 CVP分析
  • 受験知識が豊富になるほど、合格するのに苦労する。こう書かれた本人たちが、非礼と感じる⇔意外とそうか、どちらに受け止めるかは別とし。その説明になるのが、知識の限界利益率※知識を1つ増やした時に、得点が伸びる割合言い換えると、自分が持つ総知識における、「他に応用できる頻出AB知識」⇔「1次稀出または未出題のDE知識」の構成比。これを本日のメインテーマ、CVP図表に置き換えるとこうなる。固定費(2次合格に必要な知識量) [続きを読む]
  • 【読み手が知りたい3連投(上)】合格率5%の台所事情
  • ぶっとびぶっこみ、合格仮説土曜の朝くらい、ゆっくり寝かせてくれないかな・・。そんなボヤキをヨソに、試験に関することなら手当たり次第に数値化・データベース化。pivotグラフを描いては訳知り顔の合格仮説を立てるのが当サイト。そしてその数字に確たる根拠こそないが、意外とそんなものかな?とも思え、反証ない限り一旦正とするのが仮説思考。では過去データから「2次」受験・合格者数を忖度し、こうモデル化。受験者比 初学 [続きを読む]
  • 【これでどう?】最後まで○○をあきらめない
  • 最後まで考えることをあきらめないブログの歴史とともに明らかになったのは、当試験は、受験継続をあきらめた方から順に脱落していく反面、むしろいち早く考えることをあきらめ、最後まであきらめず受験し続ければ、必ず合格。ものは試しで合格者サークルのコンパで冒頭のセリフをぶつけると、自称先輩達は皆しかめっ面してそっぽ向く。あぁ、ボク達の大切な合言葉が、一言足されて真逆になるとは。そんな一発大逆転こそ、日本語を [続きを読む]
  • 【法務】スピテキ斜め読み#3 会社法(組織再編)
  • では会社を作ってみるか。今もそうかは知らないけれど、受験校の「法務」講義2コマ目は、スピテキならP.92で一旦終わり。次回3コマ目は5?株式会社の設立からスタートした記憶が。つまり§2会社法の学習を2コマに分けるなら、前半:会社の機関設計までを丸暗記後半:会社の設立〜組織再編までを実務手順で理解このとき通学クラスの良い点は、周囲にたいてい1人や2人は、実際に起業経験のある独立開業者企業内で株式総会や企業再編に [続きを読む]
  • 【法務】スピテキ斜め読み#2 会社法(機関)
  • テストに暗記脳。「1次」講義も6科目めとなると、受験校クラスに大抵1人や2人いる、毎回涼しい顔で高得点を重ねる「地頭系」の存在がチラチラ気になる。ただ地頭系といえど、「情報」で学んだ通りメインメモリが無尽蔵にある訳でなく、知識の見出しを自分で作り、その見出し経由で記憶を引き出す速度が格段に速い。そして地頭系が最初に注目、または講師に教えてもらえることが、テキストまとめ表の活用頁は2017年版スピテキP.86 株式会 [続きを読む]
  • 【法務】スピテキ斜め読み#1 民法
  • 過去問5年分の法則資格試験の過去問題集は、一般に過去5年分を収録する。また法律系科目では法律が改訂されることがあり、古い過去問には手を出しづらい。すると、古い過去問を知っている方だけが有利にならないよう、出題側は皆が知る過去5年以内の出題内容をベースとするほか、ここ2〜3年未出題の重要知識は、今年出しておきたいのが作問心理。当試験において、特に出題領域ごとのマーク数を堅持するのが、「財務」「経済」。その逆 [続きを読む]