fuxin24 さん プロフィール

  •  
fuxin24さん: 200%ストレート合格
ハンドル名fuxin24 さん
ブログタイトル200%ストレート合格
ブログURLhttp://fuxin24.net/
サイト紹介文ストレート合格に届く学習ペースとは?を日々考えていくサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 157日(平均9.1回/週) - 参加 2017/01/18 21:19

fuxin24 さんのブログ記事

  • 【テストに暗記法】#5これからの暗記法
  • 暗記のミライはどこへ行く?全5回の「テストに暗記法」は今日が最終回。過去問が、当試験での最強暗記ツールなのは昨日分かった。では今日は、なぜ独学に端を発する「過去問INPUT」がミライで注目されるかに迫る。1?過去問OUTPUT⇔INPUTの定義当サイトの見解〜過去問INPUTの量が合否の差。「過去問INPUT」って何だよ。早く教えろよ。いえそれ、実はもう知られてはいること。でもそれを説明できるのは、スト合格者のさらにその一部に限 [続きを読む]
  • 【テストに暗記法】#4 いま最新の暗記法
  • 少し余談というか、予告といいますか。この【暗記法】シリーズと、来週の【模試直前】シリーズは事前に準備済のものを分割して連日掲載しています。ではさて本人が今リアルタイムでやっているのは、イケカコならぬ【簿記1級意思決定会計エクセル】。これ、大変時間がかかるのですが、その分隠れた意図とメリットが。「明らかに何か良からぬことを企んでいる」。その研究成果は7/10〜の2週間で発表予定。そういえば「事例Ⅳ」は7月末ま [続きを読む]
  • 【テストに暗記法】#3 周囲がやってる暗記法
  • 各ブログとも、力の入った暗記記事が続きます。「1次」暗記力を磨くほど、合格所要年数が明らかに短くなるので、ここでひと踏ん張り。なおこの時期の暗記対策は当記事のような一般論より、個別化・差別化・具体的なほど役に立ちます。ブログの7月記事は本番準備がメインになり、暗記記事はほぼなくなります。そこでぜひ6月の記事を大切に。 Q:周囲がどう暗記してるか気になる?A:気にする必要はないけれど、知っておくと便利。「1次 [続きを読む]
  • 【テストに暗記法】#2 暗記が占めるウェイト
  • 「1次」で暗記のウェイトはどれ位?A:62.6% ※当サイト調べ「1次」はマークシート型知識試験。そして「暗記する」「答えを覚えておく」とどれ位点が取れるか、当サイトらしくざっと割り切ると6割強が「暗記」(科目別のウェイトは以下1?に示す)。つまり、ポケテキ用語暗記過去問を3回解いて答えを覚えるもし本試験がテキスト持ち込み可この3つが揃えば暗記だけで420点取れるのが「1次」。実際は、テキストのあのボリューム全てを覚えたら脳が [続きを読む]
  • 【テストに暗記法】全5回〜#1プロローグ
  • 「2次」で勝つには暗記(語彙)が大事。え、「2次」とはオトナの読み書き国語能力検定。こないだそう言っていただろ、ですって?うん、でもそれ「狭義」の話で、「広義」で捉え直すとこう。参考:文科省文化審議会 これからの時代に求められる国語力これからの時代に求められる国語力国語は、各人の知的活動の基盤として、あらゆる「知識の獲得」と「能力の形成」にかかわる。国語は、各人の論理的思考力の基盤である。思考と国語は密接に結びつ [続きを読む]
  • 【2018年合格目標】数字で眺める診断士試験
  • 今日は週末、日曜日。勉強の手を少し休め、【2018年合格目標】記事で、自分の学習の方向性が目論見通りに進んでいるか確認してみましょう。また明日からは「暗記法特集」、来週は「模試直前対策」シリーズを準備しています。模試をきっかけに頭一つ抜けるためのご参考として、ぜひお目通しください。 平均合格所要年数=2.54年データはこちら合格者の学習所要年数 (LEC調べ)を加重平均2018年合格に向け、診断士受験を開始、または検討 [続きを読む]
  • 【情報】出番はあるのかBランク
  • さぁ、どっちの1マーク?例えば本試験のラスト2分で、以下2マーク残した。さぁ、解くのはどちら?A:見覚えあるがうろ覚えの1マークB:全く初見の1マークもし時間の余裕があれば当然両方。でも時間がないから、「点を取れる匂いがする方」を解く(A⇔Bどちらかの正解はない)。そして当試験、日常から本番まで度々この2択を迫られ、正解を数多く掴んだ順からスト合格。それでね。最後の2択センス=当たる匂いをかぎ取る力の裏付けが、 [続きを読む]
  • 【ふと着想】「2次」1,200人合格を実現するには
  • 「2次」合格1,200人の実現へ。前年844→今年1,200人(前年比+42.5%)「2次」1,000人合格には、5,000人受験が前提経験則より、昨年「1次」合格2,404人の6割が、今年免除で「2次」受験すると5,000人合格には、「1次」合格者前年+1,000人超となり少し苦しい。4,800人受験→1,000〜1,200人合格(合格率〜25%)の方が座りが良い。合格者数をたまにズバズバ当てる。そう評される当サイトが、1,200人合格説を採る根拠とは。それは出題側は、実は合格者 [続きを読む]
  • 【情報】こんなの当たるかDランク(怒)
  • 「情報」は前半の暗記で稼ぎ、後半「ソフトウェア開発」でもう一稼ぎ。試験ブログの「情報」記事を眺めると、だいたいそう書いてある。そして当試験、皆が口を揃えることは事実・本質と思って良い。そこで、わかっているなら実行あるのみ。ではDランクのどこを当てるか…。そんな淡い期待を見事に裏切るのが、「情報」Dランク。1?ハード/ソフトウェア、データベースH24第1問 記憶装置 DランクH24は難しい年でないが、しょっぱな第1問 [続きを読む]
  • 【経済】本当は理解で解きたいマンデル=フレミング
  • 理屈を示すとノーベル賞。 まず結論だけ知っとけば?この表を見て、マンデル本人の口からこう聞こえてきたら、しめたもの。Robert A. Mundell 1932-カナダの経済学者。1999年ノーベル経済学賞写真:Wikipediaマンデル=フレミング・モデル 出典:コトバンク を一部変更(ある条件下で)金融緩和政策として貨幣供給を増加させた場合、LM曲線が右方シフトし、金利の低下を通じて資本の流出を招くよ。これは自国通貨を減価させるため、貿 [続きを読む]
  • 【経済】そういえばBランク
  • 過去問をぐるぐる。過去問をタテヨコナナメと縦横無尽に解くのが当試験。なお、自分が持つ問題集のページ順に解くとヨコ解き。年度別問題集なら論点別、論点別なら年度別にタテ解き。タテ解きにヨコ解き。さらに今日はナナメ解き。「1次」問題集は年度別・論点別の2種あるから、語源を知って、タテヨコどっち?と慌てない。そして答えを覚えてしまったら。ここぞと過去問をぐっと睨みつけ、自ら工夫しまた別の角度で解くのが、ナナメ [続きを読む]
  • 【経済】今こそ解けるDランク
  • 昨年のDランクは、今年も出すよ。過去問を重視し、回転。問題集回転の優位性は、こう説明がつく。出題側は知識を効率良く教育する狙いがある場合、長期記憶効果を狙い、一度出した論点を繰り返し出題。ではどうするか「経済」は特にこの傾向が顕著。するとA:「石川の経済」流に、知識を固めてから過去問を解くB:過去問を解きながら、「石川の経済」等で理解を深める。合格点を取るにはどちらでもOK(ただ方法Aが高得点)。それより、難化 [続きを読む]
  • 【経済】【情報】どちらか1つはサービス科目
  • 温暖化対策は経済学の負の外部性で説明され、中国米国いずれの対応が正しいか注目される。(40字)2017/6/7日経朝刊「春秋」画像:岡山県奈義町HP先日の春秋に経済学ネタ。そこで不調法ながら筆者も40字要約をしてみましたが、ご自分でされた方のご感想はいかがでしたでしょう。「経済学」を使うと、相手の理解を得やすい。そして「経済学」を掌中にするには今が旬。それでね。今週の完成答練科目「経済」「情報」とは、毎年どちらかが難化する [続きを読む]
  • 【2次びっくり】ローコスト1,000円ノウハウの時代が到来
  • 先見、先取、先進か。または単なる行き過ぎか。ふと思った仮説をサイトに書くと。目の肥えた読み手に鍛えられ、選ばれた仮説だけが「翌年の合格」として一つの事実に。そして翌年新たな書き手のアイデアに刺激を受け、また次の仮説が。参考:「合格仮説論」Web上の「仮説」はなぜ許される?・企業経営や診断士の職業自体が、仮説検証PDCAに拠るから。・Webの怪情報を取捨選択できる、目の肥えた読み手がいるから。・合格する方法が多様 [続きを読む]
  • 【補足いたします】キャッシュ=0の仮定(ゼロバランス)
  • 昨日の記事は唐突でわかりにくい。そうお叱りをいただいたので、どうわかりやすく説明できるか精一杯工夫しました。ぜひご意見をいただけますと幸いです。 さて「事例Ⅳ」では5年に1回、1次「財務」レベル=ごく初歩の作成力が問われてしまう。その前提をいったん外すと、CF計算書はね、作るより読む力の方が大事だよ。CF分析〜CF計算書を読む力とは 株式会社東京商工リサーチ 26 shares 4 usersキャッシュ・フロー計算書http://www.t [続きを読む]
  • 【2次びっくり】得点開示モデルの進化論
  • 70点答案に書いてあるのは、人並み当たり前な「1次」知識。※当サイトがネット掲載済の答案でざっと見た仮説。開示得点付き再現答案がネットで自由に入手できる時代。すると当試験の競争のどこがどう変わるか?それをモデル化したり仮定するスキルを磨けるのが、当試験の魅力の一つ。従来のこんな合格スタイルに、この選択肢(得点開示モデル)が加わったのでは。得点開示モデル?ほう、それは初耳。そう興味を持った方に、もう一つ耳 [続きを読む]
  • 【追加投稿】議論白熱〜世界で一番簡単なCF計算書
  • 例えばキャッシュ=0と仮定する。簿記経験者や会計士でも±に頭を捻るCF計算書。それを現金仕訳も知らず2年3年つつきまわせば、より難しくたっぷり楽しめる。難しいことをわざとわかりづらく、より難しく。そして次の「2次」まで暇つぶし。それが「CF計算書が大事です!」のカラクリと看破したら、初学スト生はサラリとこう。モデルや仮定で、難しいことを簡単に。CF計算書が難しい理由はいくつもあるけど、会計(CF計算書)⇔ファイナン [続きを読む]
  • 【簿記要らず】CF計算書は大事!のカラクリ
  • 犯人はお前だ!画像:WOWOW名探偵と言えば、関係者全員を集めた①謎解き ②犯人捜し ③動かぬ証拠で3点セット。そして当試験では、CF計算書は大事です!のカラクリに誰一人疑義を呈さず、5年に一度試験に出るたび業界総出であわあわ。すると名探偵は関係者を集め、静かにこう切り出す。お集まりの皆様、ではカラクリを突き止めましょう。まず罪状。「財務」「事例Ⅳ」ともに、CF計算書を出題範囲に含む。BS・PL作成をさせず、CF計算書 [続きを読む]
  • 【簿記要らず】証券投資論に強くなる3マーク
  • 診断士受験者は、PL、カネ勘定が苦手?え、そんな馬鹿な。日頃からビジネスで鍛えてるし、オレ会社では「数字に強い」って言われてるぜ。はい、残念。ではどこが残念?通常のビジネスパーソンが肌で知るカネ勘定とは、売上・経費など「営業利益より上」の世界。あと債権回収だけはしっかりと。経営者や経理部以外は、利息・配当・税金などまず無縁。机上の勉強ばかり重ねると、間違いを教わっても気づかない。会計利益とキャッシュで混乱 [続きを読む]
  • 【簿記要らず】企業財務論に強くなる3マーク
  • 中途半端な簿記知識が、むしろ邪魔。なぜみな魔法にかかるが如く「財務を毎日コツコツ?」 初学かつ簿記が苦手なら、むしろ簿記を捨てれば合格しやすいのに、という話の第二話。・「財務」の簿記論点は、足し算や引き算。解き方の体得コツコツ必要。・「財務」のファイナンスは、掛け算割り算でスラスラ。コツコツ不要。そして当サイトがどう物騒かといえば、こう。・作問者はつい簿記の知識が頭にある。・簿記を中途半端に知るとひっかか [続きを読む]
  • 【簿記要らず】暗記で解く7マーク28点 #1CVP分析
  • 簿記なんてキライ。 仕訳なんて知らない。 すると点数が足りない。そして受験断念またはズルズル無念が、「簿記トラップ」。でもね。当試験は簿記のテストではなく、簿記を使わず合格する方はれっきと存在。そんな方たちがどこを真っ先に解くかと言えば、「簿記」を使わずに解く7マーク28点①CVP分析②株式指標③配当割引モデル④企業価値(DCF法、WACC)⑤⑥証券リターン・リスク、CAPM⑦デリバティブ参考:簿記を含め、必ず取れるベタ [続きを読む]
  • 【簿記要らず】ファイナンスで稼ぐ「財務」の勝ち方
  • 苦手にしなくて良いんだよ。嫌なら「捨てれば良い」んだよ。苦手にする位なら、「捨てれは良い」「財務」を不得手、苦手とする方にとり、「財務」答練は苦痛そのもの。問題だけもらって自宅で解こう。痛みはつい先送りしたりして。でもね、「財務」を苦手にする必要などなくって。・「財務」が苦手になるのは、受験校の教え方が悪い。・独学の場合は、自分の勉強の仕方が悪い。・不得手や苦手がある時、今のやり方を継続するのは疑問。・「財務」 [続きを読む]
  • 予告:【簿記要らず】簿記の要らない「財務」の勝ち方・全5回
  • あれやれ、これやれ、あぁうるさい。少しは点になるネタを書け。完成答練も2周目に。自称先輩応援団への読み手の不満が最高潮とみるや、マッチとポンプを携え駆けつけるのが当サイト。まずマッチ。・試験ブログの書き手の多くは、実は書くのが面倒なんだよ。 ・あれ、もう書く順番だ。ネタがないな、困ったな。 ・そうだ!昨年の日記を見て、自分で自分に助言しよう!なおこの、周囲をよく見ず、自分がそうなら他人もそうと決めつ [続きを読む]
  • 【2次ほっこり】合格モデルのポジショニング 〜どこを目指すか
  • 合格の仕方はひとつではない。初学スト生は、目の前の完成答練に一意専心。でも「中小」まで終えペースをつかむと、「2次」に少し興味も。このとき役立つ考え方のひとつが、コップの中の嵐Storm in a teacup画像:pictastarコップの中の嵐とは「2次」2年目は、既に合格実力を持つ方同士の競争。1年目と違い、有り余る時間をつぶす過剰品質傾向。「2次」とは高い不合格リスク+高い合格プレミアムでの戦い。でもそれいわば、コップの中の [続きを読む]
  • 【経営】3×3=9マスでマーケティング
  • Q:マーケはなぜ急に難化したか?A:前年のマーケが簡単過ぎたから。完成答練や模試に向け過去問を回転すると、H28「マーケ」出題がヤケに難しいと気づく。でもね、難しい問題を難しく解くと、試験は難しくなる一方。難問に深入りせず、試験傾向を睨みつけてこそマーケター。当試験では、「合格率5%の難関資格!これを突破すべくわが校・わがサークルに来たれ!」との歌声をよく聴く。いえそれ数字のマジック。タネはこれだよと、 [続きを読む]