ちかこ さん プロフィール

  •  
ちかこさん: い〜ちぬ〜けた♪
ハンドル名ちかこ さん
ブログタイトルい〜ちぬ〜けた♪
ブログURLhttp://ichinuketa2020.blog.fc2.com/
サイト紹介文小さな暮らしの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 182日(平均1.6回/週) - 参加 2017/01/18 23:13

ちかこ さんのブログ記事

  • 連休は、おうち大好きひきこもりでした
  • 先週はとても忙しかったので、この連休は家でゆっくりすると決めていました。土曜日に、残っていた用事を済ませて、2日間のひきこもりです。最近うちの仲間に加わったオジギソウと戯れたり黙々と編み物をしたり読書とかDVDとか、お昼寝だとか。ひきこもりを思う存分堪能しました。出歩くのは、あまり好きな方ではありません。人混みは苦手です。定期的にひとりになる時間が必要なタイプです。娘もわりとそんなかんじです。だから [続きを読む]
  • 炊飯器を捨てました
  • 今日は月に一度の燃やせないゴミの日だったので調子が悪くてしまいこんでいた炊飯器を捨てました。スイッチが入りにくかったり途中で切れたりするようになり、騙し騙し使うのがいやになって土鍋を復活することにしたのです。2週間くらい経って、土鍋で問題ないので手放すことにしました。萬古焼 三鈴窯 ごはん土鍋三合炊を使っています。把手が割れてしまいましたが、コロンとまるいフォルムがかわいいんです。炊飯器を置いていた [続きを読む]
  • 不思議な夢を見ました
  • 昨日、不思議な夢を見ました。ある女優さんとなぜか意気投合して、病気について話が盛り上がる、という夢です。細かいところは忘れましたが、その女優さんの台詞が記憶に残りました。「今の自分があるのは、過去のいろんな経験があったからこそだよ。」それなりに、いいこともわるいこともいろいろあったし今もありますが、その全部が私の血となり肉となり、私を形作ってくれています。あの時こうしていれば……という後悔も、今の [続きを読む]
  • 家中の拭き掃除をしました
  • 今日は曇りの予報でしたが、お日様が顔を出してくれて、とてもいいお天気です。窓も玄関も開け放して、家中を拭き掃除しました。久しぶりで気持ちいいです。バケツにハッカ油を数滴落とし、無心で手を動かします。心の埃も拭きあげるように、静かにゆっくりと。床にものがないので、拭き掃除だけに集中できます。きれいになった畳に寝転んで撮った写真です。ごろんと寝転べる畳が好きです。家中開け放してるので、風が通り抜けてい [続きを読む]
  • 幸せなんて、探さなくっていい
  • 空を見上げるのが趣味のひとつです。今日は午後から梅雨の晴れ間が広がりました。空が広いのは、田舎のよさです。どど〜んと、空!です。雲のようにぷかりと浮かんでいる気分です。これなんか、鳥が大空を羽ばたいているような、大きな熱帯魚が悠々と泳いでいるような、空ばかりかイメージもぐんぐん広がります。そして夕空。お日様は雲の向こうですが、今日も一日お疲れ様とほほえんでくれているようです。時間が許すのならばいつ [続きを読む]
  • テレビは必要か否か
  • 私も娘も、テレビはほとんど、というか全く見ません。でも、テレビはあります。テレビを使うのは、次のふたつの時だけです。 映画を観る 娘がゲームをする結構場所をとる存在感のあるテレビを、これだけのために置いておくのもどうかなあと、いつも思います。映画もゲームも毎日のように使うわけではないし、使うときに出すというほどコンパクトなものでもないので。賃貸アパートなので、壁に埋め込むなんてことはできません。ゲ [続きを読む]
  • タオルをいただいたので、古いものをウエスにします
  • 新しいタオルを4枚いただきました。古いタオルをウエスにします。タオルにこだわりはありません。実家にあるものを貰ったり、買うときはいつもリサイクルショップです。リサイクルショップには贈答用のタオルが安く売られています。なので、うちのタオルには統一性はありません。こだわっているとすれば、バスタオルは使わないことでしょうか。フェイスタオルですべてこと足りるので、大きなタオルは必要ありません。この籠ひとつ [続きを読む]
  • シンク下のシートを変えました
  • シンク下のシートを変えました。竹炭シートというものを選びました。防虫もあると思って買ってきてよく見てみると、「消臭、抗菌、防カビ」と書かれてあります。防虫はないのかな?まず、古いシートを出して、ハッカ油を入れた水で拭き掃除をしました。Gの季節ですからね。ちっともおしゃれではない台所ですが、こんなかんじです。まずは流し台の下。これがうちにあるお鍋のすべてです。左端にあるのは、ヤシの実洗剤です。薄めて [続きを読む]
  • 父の日に思うこと
  • 一青窈さんの「ハナミズキ [ 一青窈 ]」は、911の鎮魂歌だと知りました。幼い娘を残して犠牲になった父親の想いを歌った曲なのだそうです。そう知って改めて聞くと、涙がとまりませんでした。私の父は数年前に亡くなりました。長い闘病の末、父の母である祖母を追うように旅立って行きました。孝行らしい孝行もできないまま、むしろ心配だけをかけ続けたばかな娘です。きっと最期まで放蕩娘のことを案じていたことでしょう。私の最 [続きを読む]
  • 偶然を装った本との出会い
  • たまたま、友人がリサイクルに持っていくという本の中に、5/28の記事に書いた、「夢をかなえるゾウ [ 水野敬也 ]」があり、譲っていただきました。記憶に間違いがないか確認してみると、自分が『劇的に変わる方法』は、ガネーシャの最後の課題のところに書いてありました。「人間が変わるにはな、もうでっかい不幸が必要やねん。悩んだり、苦しんだり、もう死んでまおかなて思うくらいのでっかい不幸や。そういう時、人はやっと、 [続きを読む]
  • お風呂場のカビ取りをしました
  • 梅雨の前にと、お風呂場のカビ取りをしました。以前、酸素系漂白剤で落ちなかったので、いただき物のカビ取り剤を使いましたが、入居前からある頑固なカビは取れませんでした。もっと強力なカビ取り剤を使うしかないのでしょうか。蛇口やドアの水垢は、クエン酸できれいになりました。ピカピカで気持ちがいいです。おしゃれでもなんでもないお風呂場の一角です。壁にあるのは手桶とたわしとタオル、カミソリです。カミソリが差して [続きを読む]
  • 去年の手帳を捨てました
  • 今日はごみの日なので、去年の手帳を捨てました。うちにはシュレッターはないので、手帳を破いたあと濡らして絞って、生ごみと一緒にして捨てました。手帳はあな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術 を使っています。残しておきたいページだけ除いて中のリフィルを捨てるだけです。あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術 カラー実践版 (別冊すてきな奥さん)posted with ヨメレバ浅倉 ユキ 主婦と生活社 2012-04-18 A [続きを読む]
  • 自分を変える、一番手っ取り早い方法
  • 以前読んだ、「夢をかなえるゾウ [ 水野敬也 ]」の中に、手っ取り早く自分を変える方法について書かれていたのを思い出しました。「夢をかなえるゾウ [ 水野敬也 ]」は、巷に溢れる成功哲学を大阪弁をしゃべるおもろいガネーシャが紹介していく小説です。あらゆる成功哲学を試した主人公に、最後にガネーシャが教えます。自分を変えるために、一番手っ取り早い方法。それは、とてつもない不幸なのだそうです。それを言ったら身もふ [続きを読む]
  • カーテンを洗濯しました
  • 今日はお天気もいいし、家中のカーテンを洗濯しました。家中といっても、4ヶ所です。3回、洗濯機を回しました。カーテンフックは外さずに中に折りたたんで、ネットに入れてそのまま洗います。終わったら湿ったままレールに戻せば、すぐに乾きます。きれいになったカーテンを通して部屋を抜ける風も、心なしかクリーンなかんじがします。風を感じながら読書をしたりゴロゴロ贅沢な時間を楽しみました。寒い時期はなかなか動けなくな [続きを読む]
  • 娘の開かずの箱を整理してもらいました
  • 引っ越してきて一年、娘が一度も開けることがなかった箱の中身を整理してもらいました。結果、大きなダンボール一箱分の荷物を、ほとんど捨てることになりました。せっかく持ってきたのにね。一年使わなかったのはしまいこんでいたためでもあるでしょうが、娘も成長してやりたいことにも変化があり、一年前は必要だと思っていたものも必要なくなったのでしょう。娘の部屋には一間の押入れがあります。半分は備蓄や季節のものを置か [続きを読む]
  • まずはゴールを決めて逆算してみる
  • 持ち物を少なく生活をシンプルにしていくと、精神的にも整理されてきたのか、将来はこうありたいというイメージも明確になってきました。「こうなりたい」ではなく、「こうありたい」です。そのための第一歩を去年踏み出したわけですが、一年前はまだ恐れや不安も大きかったです。でも、恐れや不安が一歩を後押ししてくれた部分もあります。そして一年かけて足場を固めてきた中で、イメージはより強くなりました。ひとまずのタイム [続きを読む]
  • 母の日の贈り物 虹色の薔薇と青薔薇
  • 母の日に贈ったバラです。花びらの一枚一枚がきれいに染まっています。とても神秘的です。鮮やかな青色です。特別のドレスを身にまとってどこか誇らしげに見えます。全体像を撮るのを忘れていましたが、花束のラッピングやリボンも使って華やかに飾ってくれていました。母の笑顔に、私もとても嬉しくなりました。母には、どんなに親孝行しても足りないくらいです。でもきっと母は孝行してほしいなんて思ってないんです。母親って、 [続きを読む]
  • 幸せ受信アンテナ
  • なんとなくのイメージなのですが……。「幸せを受信するアンテナ」のようなものがあって、アンテナの上にいらないモノが積み重なってその感度が下がっているとイメージしています。いらないモノを取り去っていくと、徐々にアンテナの感度が上がっていきます。感度が上がると、自動的に勝手にアンテナが幸せを受信してくれます。気づいてみれば、本当は世の中には幸せが満ち溢れています。ただ、受信機能がうまく働いていないだけで [続きを読む]
  • 贈り物のワクワク感 母の日はこれに決めました。
  • 母の日の贈り物は、悩みに悩んでこちらに決めました。レインボーローズ 虹色のバラと青いバラの夢のブーケ 結婚祝い 結婚記念日【品質保証★花】やっぱり花束がいいなあと思いました。もらうと嬉しいですよね〜。母の日期間なのでお花屋さんもお忙しいようです。でもその期間を除いて早目に届けていただけることになりました。どうしてもレインボーローズにしたかったので、ありがたく思います。母の喜ぶ姿が楽しみです。このワク [続きを読む]
  • 母の日にはレインボーローズ
  • 母の日にはカーネーションが定番ですが、今年はレインボーローズを贈ると決めていました。特に理由はありません。お花の好きな母が喜ぶかなと思っただけです。レインボーローズ、人工的なものだけれど、きれいで夢があってロマンチックなかんじがします。候補がいくつかあり、悩んでいるところです。楽天を眺めていて、レインボーローズと青バラの組み合わせの中から選ぶことにしました。経済的な部分と気持ち的な部分の折り合いの [続きを読む]
  • 持たない生活だけれど持っているモノ
  • 持たない生活を心がけていますが、敢えて持っているモノがあります。それは本です。私も娘も読書が好きで、本好きあるあるですが電子書籍より紙媒体で読みたいのです。この楽しみを親子で共有できるのがとても嬉しいです。家計予算の費目は少ないですが、毎月書籍代を取り分けています。特に娘には、できるだけたくさんの本を読ませてあげたいと思っています。読書は、心を豊かにしてくれます。図書館も利用しつつ、興味のある本は [続きを読む]
  • 小さな幸せというけれど
  • 知人との世間話の中で、最近嬉しかった出来事を話した時に、「小さな幸せってやつだね〜〜」と言われました。別段ドラマティックでもなく、特別褒められたり讃えられたりするようなことでもなく、日常に埋もれて見過ごしてしまいそうな出来事ではあるのですが……。見過ごしてしまいそうだからこそ、気づいて感じることができるのは、大きな喜びです。だから全然小さくはないんです。誰の目にも明らかな幸運に幸せを感じることは簡 [続きを読む]
  • 人間関係の断捨離
  • ずっと我慢を重ねてきた関係の人がいます。一方的な我慢ではなく、たぶん彼女も私に対してなんとかよりよい関係を持とうとしてくれていたんだと思います。でもね、「言いたいことを言える」のと、「配慮のないことを言う」のとは違うと思うのです。いつも通りのことを言われただけなのだけど、私の我慢のリミッターは振り切れてしまいました。何を言われたのか詳しくは書きませんが、存在自体を否定するようなことです。ここまで言 [続きを読む]
  • 空気清浄機を捨てました
  • 都会に住んでいた頃は年中稼働していた空気清浄機、田舎に越してからは押入れにしまいこんでいました。花粉の時期だけ使えばいいかなとしまっていましたが、いざ出してみると動かなくなっていました。何が原因なのかはわかりません。使っていたのは、こちらの空気清浄機です。シャープ【SALE】加湿空気清浄機 KC-F50-W(ホワイト系)★【KCF50】見慣れたガランとした部屋に、結構存在感のあるこの空気清浄機を置くと、なんとなく窮 [続きを読む]
  • 幸せは、いつかどこかのはるか遠くにはありません
  • 幸せって、なにか大層で大げさで難しいものではないなあと思います。いつかどこかではなく、いまここにあるものなんです。ミニマルライフや断捨離が流行るのも、多くの人がそのことに薄々気づいているからなんじゃないかなあと思います。古今東西、青い鳥は自分の家にいたみたいな物語は数多くあるし、様々な宗教でも言い表わされています。昔から語り継がれていることなんだなと思います。ネイティヴアメリカンの言葉を思い出しま [続きを読む]