三階建て研究室 さん プロフィール

  •  
三階建て研究室さん: 三階建て間取り
ハンドル名三階建て研究室 さん
ブログタイトル三階建て間取り
ブログURLhttp://xn--m9jvd819h0efnrpdj1fepb.com/
サイト紹介文狭い敷地を有効に利用できる三階建ての間取り
自由文狭い敷地を有効に利用できる三階建ての間取り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 67日(平均1.5回/週) - 参加 2017/01/19 00:58

三階建て研究室 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 40坪5LDK狭い敷地に建つ三階建ての間取り
  • 三階建ての間取りは狭い敷地を最大限に有効利用できます。例えば2階にリビングダイニングと洗面脱衣ユニットバスを配置して上下階に個室を設けるプランニングです。1階には玄関と主寝室、ゲストルームになる和室6畳3階には子供部屋になる洋室6畳が2室、書斎や主婦の部屋になる部屋が1室3階に三部屋あることで子供が人の家庭であっても各自に個室を割り当てることが可能になります。3間間口の間取りであっても3階に分ける [続きを読む]
  • 60坪三階建て二世帯住宅の間取り
  • 三階建ての間取りは二世帯住宅を建てるときに上下階で住み分けができるので有効なプランです。1階を親世帯2階3階を子供世帯にして上下階でリビングダイニング、洗面脱衣と風呂を各世帯で別々に持つ間取りが作ることができます。1階は16畳の親世帯用のリビングダイニング和室は客間にも利用できるし寝室にもすることができます。寝室はウォークインクロゼットつきで収納量も大です。2階は19畳のひろめのリビングダイニング [続きを読む]
  • 35坪4LDK狭小間口の敷地に建つ3階建ての間取り
  • 三階建ての間取りのメリットは二階建てでは成り立たない土地具体的には狭い間口の土地に住宅を建てる場合2階建てだと2LDKが限界のところを4LDKも可能にできます。二階建ての場合2階に2部屋、詰め込んでも三部屋細長い敷地だと3部屋目が細長い部屋になてしまいます。ある程度の幅のとれた大きさの個室を得たい場合三階建ての間取りにすることで、3階にきれいに2部屋確保することができます。参考の間取りでは1階にLDKと水回りを配置 [続きを読む]
  • 二世帯住宅 三階建て 間取り
  • 三階建ての間取りで二世帯住宅を作る場合1階に親世帯の1LDKか2LDK2階に子供世帯のリビングダイニング3階に子供部屋といった配置になります。敷地が長細い場合は光を取り入れるのに中庭を作ります。中庭があることで南の部屋でない場合でも南からの光を取り入れることができます。子供部屋の配置で迷ったときは将来使いやすい配置にすることもできます。参考の間取りは中庭を配置した二世帯住宅で1階と2階のリビングダイニング [続きを読む]
  • 二世帯住宅の間取り
  • 三階建ての間取りと言っても狭い敷地の有効活用だけではありません。二世帯住宅などの大型の建築物を建てる場合にも適しています。1階に親世帯の住居、2階3階に子供世帯の住居といった具合です。各階は階段とエレベーターで結ばれているので上下階の行き来もスムーズにできます。参考の間取りは75坪のいい気な家になります。1階は和室8畳と6畳LDKが16畳の2LDK洗面脱衣室と浴室が1.25坪タイプ2階はLDKが22畳と家事 [続きを読む]
  • 1階が駐車場の三階建ての間取り
  • 参考の間取りは1階がガレージになっている3階建ての住宅のプランです。都市部においては駐車場を取ると建築物が建つことができなくなるような大きさの敷地が数多くあります。2階建てで総二階で建ててしまうと車が置けなくなるような敷地です。そのような場合は1階を駐車場にして2階3階を住宅部分にする間取りが考えられます。鉄骨で建てるのもよいし鉄筋コンクリート造でもよいでしょう。1階を鉄筋コンクリートや鉄骨造で作り2階3 [続きを読む]
  • 三階建てエレベーターのある間取り
  • 参考の間取りは58坪3階建ての間取りです。上下階の移動は基本的にはエレベーターで移動します。ホームエレベーターがあるので住宅にもつけられます。1階はサロンになっていて、ソファーやテーブルなどラウンジ的な感覚で使います。トレーニングるーうにしてもSOHOにしてもよいでしょう。住宅取得の時には融資を使う方が多いです。住宅ローンと呼ばれるものです。住宅購入の際、必ずと言っていいほど殆どの人が住宅ローンを組むかと [続きを読む]
  • 二世帯で住む三階建ての間取り
  • 三階建ての間取りは二世帯住宅のプランも同じ敷地内で可能にすることができます。例えば1階に親世帯2階3階に子供世帯といった風にリビングと洗面バスを共有しながら住むことも可能です。参考の間取りでは1階にメインのリビングダイニングキッチン二階にはミニキッチンのあるセカンドリビングがあります。時間帯の違う家族の間では食事やお風呂の時間の異なる場合があります。活動の活発な子供も時間帯が違う時期があります。そうし [続きを読む]
  • 三階建て4LDKの間取り
  • 三階建ての住宅は土地を有効に利用できるので総体資金を軽減する効果があります。土地が大きくなければそれだけ住宅ローンの借り入れが少なくなるということです。住宅購入でほとんどの人がお世話になるのが住宅ローン。最長で35年と長い付き合いになりますので、銀行の選択、金利パターンの選択には慎重になります。5年後、10年後はどういう社会、経済なのかは一般の私たちには予測が難しいです。でも、予測可能なことに自分 [続きを読む]
  • 狭小間口に建つ三階建ての間取り
  • 敷地の大きさ 20M×5M 西道路建物の規模 45坪4LDK 三階建ての住宅は狭小間口に建てることが多く見られます。狭い間口で奥行の長い敷地に三階建てを建てることで敷地を有効活用することができます。参考の間取りでは5Mと狭い間口の敷地を有効活用します。例えば1階にガレージを設けて2階にリビングダイニングを作る。1階と3階に個室を作っていく間取りが見られます。1階には洗面脱衣と浴室、寝室か洋室を配置中庭を作ることで洋 [続きを読む]
  • 3階建て二世帯住宅の間取り
  • 三階建ての住宅は各階で世帯を分けた二世帯住宅にも向いています。参考の間取りは1階は親世帯のスペース2階と3階は子供世帯の設定です。玄関は共有で、洗面お風呂とキッチンリビングダイニングは親世帯とこども世帯にそれぞれあります。1階の親世帯は16畳のリビングダイニングキッチンと8畳の和室からなります。8畳の和室には縁側付き、縁側を入れると10畳あります。リビングダイニング脇にはいきやすい洗面脱衣室と浴室、洗面脱衣 [続きを読む]
  • 三階建て住宅
  • 三階建ての間取りのメリットは敷地の有効活用にあります。例えば、1階に駐車場を設けながら2階3階に居住スペースを作っていくプラン。2階のLDKを中心にして3階と1階に個室を配置します。1階には洗面脱衣室やバスなどの水回りも配置ガレージ以外のスペースでゆとりがあれば部屋を1室作ってゲストルームや寝室にしても良いでしょう。1階なので親世帯の部屋として使うのもできます。3階部分には個室を配置子供部屋になる洋室と夫婦の [続きを読む]
  • 狭小住宅 3階建て
  • 三階建ての住宅を建てるメリットは人それぞれですが大きなメリットは土地の有効活用にあります。二階建てでは作ることのできなかった部屋数を3階建てでは実現できるというのが強みです。2階建てだと1LDKか2LDKしか建たないような狭い敷地であっても3階建ての住宅であれば3LDKや4LDKが可能になってきます。間口が狭く細長い敷地でとても住めないと思われた土地でも3階建ての住宅の間取りにすることで住むことが可能になるのです。都 [続きを読む]
  • 過去の記事 …