アラフォー婚活〜回想録ブログ〜 さん プロフィール

  •  
アラフォー婚活〜回想録ブログ〜さん: アラフォー婚活〜回想録ブログ〜
ハンドル名アラフォー婚活〜回想録ブログ〜 さん
ブログタイトルアラフォー婚活〜回想録ブログ〜
ブログURLhttp://arafokonkatsu.muragon.com/
サイト紹介文いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 66日(平均5.9回/週) - 参加 2017/01/19 12:25

アラフォー婚活〜回想録ブログ〜 さんのブログ記事

  • 森クン4 正式にお付き合い?(36歳記)
  • 森クンについて、もっとよく知ろうと思いました。 知っているのは、 34歳 メーカーで都内に勤務。残業がほぼない、代官山に住んでいる 姉が一人、既婚 両親は健在 自転車が趣味 その程度。 話の中から、大卒でサラリーマン、彼女とは同棲していたが半年前別れた、くらいしかわからない。(正社員ですよね、年収ってどのくらいですか?)とか聞けない。。。 ただ、代官山は家賃は安くないし、高そうな自転車を数台持って [続きを読む]
  • 恋愛か婚活か (36歳記)
  • 森クンのことを考えていました。 婚活サイトで知り合い、ある程度のプロフィールは公開しているものの、知り合ってまだ3回目で、相手のことをよくわかっていない。雰囲気でキスはしてしまったが、特別にこの人が大好きという訳ではない。ただ、かわいいし、今のところ不可もないので、他の女性には取られたくないという気持ちもありました。 しかし、森クンはキスの後も、正式にお付き合いとは口に出して言わなかったし、もしか [続きを読む]
  • 森クン3 アパートへ(36歳記)
  • 日曜日、正直クタクタでしたが、森クンと遊びました。 他の女性と間違えらた件もあり、焦っていた自分は、森クンのアパートに行きました。他の女性とお付き合いが始まる前に、自分が一歩リードしなければ、と思ったのです。 森クンと買い物に行き、彼のアパート(といっても賃貸)で一緒に料理をしようということになりました。一緒に肉を焼いて、ハンバーガーを作りました。 代官山にあるこじんまりとした、2LDKアパート。 [続きを読む]
  • かけもち婚活パーティ!(36歳記)
  • 36歳のうちに、何としてでも出会いを、と意気込んでいました。(35歳でも同じ気持ちでしたが) 週末の土曜日、パーティを2つ、日曜は森クンとデートというハードなスケジュール。 正直、クタクタでした。当日には行きたくない病にみまわれましたが、就活と同じ、仕事だと思って重い腰をあげました。 土曜日のパーティは、エグゼクティブな男性と、うたっていましたが、よく見ると、年収は500万や、ただ大卒というだけで [続きを読む]
  • 35歳をすぎての婚活 (36歳記)
  • 35歳をすぎると、結婚できる可能性は、絶望的な数字になるとは、ネットなどの情報で耳にはしていた。 だけど、自分は謙虚な方で、条件もさほど高く希望しているわけではないから、意外とすぐに結婚できるかも、と本気で思っていた。 年収も顔も年齢も学歴も自分と同じくらいか、そうじゃなくても、それにかわる何か素敵なものが一つでも、あればいい と、かなり条件を謙虚に設定していたつもりだった。 現実は、条件に合う人 [続きを読む]
  • 同時進行、アリ(36歳記)
  • 結婚相談所を通して知り合った田島さんには、申し訳ないけれどお断りをしました。 相談所を通すと、直接連絡をする必要がなく、ネット上でお断りを するだけで終了です。 ーーーですが、さすがに心が痛みました。 。。。あのコースランチ、楽しんでおいて、翌日さようなら、とは自分でも残酷だと感じました。 なのでプライベートにメールで、お礼と謝罪のメッセージを送りました。 田島さんからは「先日は素敵な時間を [続きを読む]
  • 51歳田島さん チャレンジ (36歳記)
  • 結婚相談所の希望には、10歳前後までOKだとしていたので、51歳の男性は希望外ですが、写真ではさわやかで、若く見えたので、チャレンジしてみることにしました。田島さんです。 その他の条件がかなりよかったのです、なので歳なんて関係ないかも、と思いました。 気になるのは、彼の健康状態、老後は一人で長く余生を過ごさないといけない不安。(平均寿命で考えれば) 当日、高級ホテルのロビーで待ち合わせをしました。 [続きを読む]
  • 結婚相談所、再開。 厳しい現実(36歳記)
  • 森クンと会う一方で、他にも出会いを探しました。 結婚相談所は、しばらく休会していましたが、再開することにしました。 安くない入会金を支払った分、とりかえさないとという気持ちもあり、出来るだけやってみようと思いました。 そして36歳を境に、ほとんどの人にお断りをされていましたが、たま〜にOKしてくれる人もいたので、その中から会ってもよさそうな人をなんとか、絞り出しました。 自分は、細身で健康(たばこ [続きを読む]
  • 森クン2 さわやかデート(36歳記)
  • 森クンと桜見に行くことになりました。 藤田さんやフレディとの苦い経験から、森クンとのお付き合いを大切にしようと思いました。 森クンは、若いころはきっと結構モテていたんだろうな、と思いました。女性に対しての気遣いや、行動もスマートで、さわやかでした。どうして独身で、今は婚活をしているのかが少し気になりました。 「この婚活ネットって、毎日すごい数のメールがきませんか?」とやんわりきくと、「確かに、たく [続きを読む]
  • フレディとの決着(36歳記)
  • あの夜以来、フレディからよくプライベートの電話がかかってきました。が、ずっと無視をしていました。 ある日、仕事の関係でフレディとオフィスで会ったときに、近づいてきて 「今度、一緒に遊びに行こう」と誘ってきました。「もし奥さんがOKするならね」と言ってみました。 フレディはしばらくだまり、初めて、今までふれていなかった奥様とのことを話しだしました。 実は奥様とは数か月前から別居中で、ほとんど会ってい [続きを読む]
  • 友達の意見(36歳記)
  • ほとんどの友達はそんな奴(フレディ)は忘れて、婚活に集中しな、と言ってくれた。 でも中には、なんとフレディとお付き合いした方がいいという友達もいた。 え?不倫ってこと?理由は、 「そんなにドキドキするような恋は、この先もうないかもしれない、人生を謳歌した方がいい、もったいない。相手は外国人だし、軽〜くこっちも楽しめばいいんじゃない?それに、●●は一人でも生きていけるタイプだし、仕事もある」という。 [続きを読む]
  • フレディへの気持ち(36歳記)
  • その夜、駅までフレディと手をつないでかえりました。映画のようなロマンチックなシチュエーションに完全によっていたのだと思います。 別れ際も、ハグとキスをして恋人気分になっていました。 。。まあいい、この時間だけは自分の気持ちに素直になればいい、また明日からリセットしよう、、。。。その夜はそう思っていました。 次の日、我に返り、急にむなしさと後悔の気持ちがこみあげてきました。 自分は、もう後がないとい [続きを読む]
  • ロマンチックdeおろかな夜(36歳記)
  • 仕事の打ち合わせのため、フレディとオフィスで再会しました。 仕事に集中して、なるべく目を合わせないように、気を付けていました。 そして新たなプロジェクトのメンバーで、仕事帰りにご飯を食べに行く話になりましたが、フレディも参加するので、自分は残業して、行かないことに決めていました。 「じゃ、後できてね。待ってるよ」とフレディはいいました。「行けたら、行きます」とだけ言いました。 一時間半ほどたち、フ [続きを読む]
  • ネット婚活 森クン(36歳記)
  • ネット婚活でつながっていた二人。 1人は、年下で34歳。メーカーにお勤めのサラリーマン。森クン(かわいい感じ) もう一人は38歳で公務員の方。 それぞれと、時々メッセージのやりとりをしていましたが、藤田さんとお付き合いをしようか、悩んでいた時期に、放置していました。 森クン(34歳)と代官山のカフェで会うことになりました。結構おしゃれで、見た目も若くて30代には見えませんでした。サイクリングが趣味 [続きを読む]
  • 微妙な気持ち(36歳記)
  • フレディがオフィスで抱きついてきた後は、お互い笑顔で「お疲れさま」と言ってお別れしました。 その後、少し考えていました。 いや、イギリス人だし、ハグは親しい人同士はするよな、普通だと思う。 勘違いをしてはいけない、、。  ただ、もともと素敵だと思っている男性に後ろからギュッとか、、、反則だ! 問題は自分の気持ちが少し高揚してしまったということ。。。ドキドキが。 いや、これはまずい。 婚活に集中でき [続きを読む]
  • フレディ(イギリス人)再び ②(36歳記)
  • 彼氏。。 彼氏というより結婚相手が欲しいんだけど。。 。。。結婚につながりそうな人が今のところ誰もいないことに、気づかされ、愕然としました。。 。。(実は婚活しているんです!!)とは言わず、 「さあ、ね。」と笑顔で答えました。 がらんとしたオフィスに二人で入り、荷物を置き終わり、電気を消し、帰ろうとした瞬間。。 後ろからフレディが抱きついてきました。 えっ?  ぎゅっとハグをして(といっても後ろか [続きを読む]
  • フレディ(イギリス人)再び ①(36歳記)
  • 仕事の関係で1泊2日の名古屋に出張になりました。フレディとまた一緒になりました。 仕事中は、忙しさのあまり、プライベートな話は一切しませんでした。 出張帰りの新幹線の中では、全員疲れきっていて無言でした。自分も爆睡していました。 東京駅から、同僚たちと別れ、フレディと二人きりになりました。一人でオフィスまで出張の荷物を戻してから、アパートに帰ろうと考えていました。 「荷物が重そうだから、オフィスま [続きを読む]
  • 元カレと復活?②(36歳記)
  • 自分からお別れしておいて、今更なんていって、連絡すればいいのだろう。。。 やっぱり、ありえない。そう思いながらもSNS上で検索をしてしまった。  別れてから近況は全く知らなかったが、検索をしてすぐ後悔。 ステータスが交際中になっていた。 そりゃそうだろう。。 それに、きっとほとんどの元カレがすでに結婚しているに違いない。この歳だから。 大学時代に付き合っていた彼は、大学院を卒業したあと、エンジニア [続きを読む]
  • 元カレと復活?①(36歳記)
  • 元カレたち。。。 それはいろいろと理由があって、結果、お別れをした人達。 そんな人たちに今さら連絡をして、復活をして、結婚に結び付くなど考えられなかった。 中にはそれで上手くいった人たちも世の中にはいるだろうけど。。 とはいえ、あの占い師の言ったことも確かにうなずけるところはあった。  元カレたちは、程度の差はあれ、好きだから興味がわき、お付き合いをしてきた。自分にとって魅力的だった。そして、いわ [続きを読む]
  • 占い師のアドバイス まともな男性って?(36歳記)
  • ある日、仕事帰りに銀座の路上で手相占いがふと目に入り、婚活について相談してみました。 50代前後の男性占い師は、一通り手相をみて、「結婚線は3本ある」と言い、その2本までは、年齢的にすでに逃したようでした。3本目は、はるか遠いんですけど〜40代、50代とか??(ため息) そして、占いというよりも相談にのってくれました。ネット婚活やパーティの婚活についてかなり偏見を持っているようで、 「あのね〜、だ [続きを読む]
  • 友達へ相談(36歳記)
  • 藤田さんからのお断りでショックをうけ落ち込んでいたため、友人に相談しました。 友人「それは、男としてショックなんじゃないかな、だいたい日本人の男性は、相手が外国人の男性というだけで、ひいてると思う。しかも自分が婚活している相手なら、なおさら」 わたし「そうかな〜でも仕事関係の人だし、別に手をつないだりしてたわけじゃないし」 友人「でも一緒に絵画展に行ったんでしょ、ある意味デートじゃん。それも、もし [続きを読む]
  • 藤田さん4−② 覚悟(36歳記)
  • 「考えてくれたのは、ありがたいんだけど」 と言われました。 「どういう意味ですか?」 動揺していました。 藤田さんは、先月、フレディと楽しそうにしている自分を見て、藤田さんに気持ちがないことに気づいた、という。 そしてこれからも変わらないよ、と。 4、5回僕と会って、気持ちがないということはこれから会い続けても結果は同じだよ、と言われました。 そうなのだろうか? 時間をかければ少しずつ好きになって [続きを読む]
  • 藤田さん4−① 覚悟(36歳記)
  • 藤田さんと偶然六本木で会った日から、1ヶ月がたっていました。「お話したいので、今日お会いできますか」という内容でした。 藤田さんの家は千葉ですが、東京でお仕事をされているので、仕事終わりに新橋で待ち合わせしました。 近くの喫茶店に入りました。 実はいろいろと考えた結果、付き合ってみないとわからないので、思い切って藤田さんとお付き合いをOKしよう、と覚悟を決めていました。 ドキドキしながら、 「いろ [続きを読む]
  • 焦り&迷い(36歳記)
  • これまで婚活で出会った人達と面会の時は、無意識に「将来この人とやっていけるのか」、とか、「変なくせはないか」、「この歳までなぜ結婚しなかったのか」、など、いろいろと探り、考え、いつもぐったりしていました。 自然に好きになってお付き合いという流れとは違って、特殊なものを感じました。条件ありきで就活と同じ。そりゃそうだ、本当に結婚のための活動だから。 藤田さんについても、プロフィールからある程度の情報 [続きを読む]
  • 最悪の気分(36歳記)
  • 帰路につく電車の中で、藤田さんへ謝罪のメールをしました。「連絡が遅れてしまい、お待たせして本当にすみませんでした」と。 落ち込みました。正直、フレディと会ってから藤田さんのことは、すっかり忘れていました。 そしてさらに落ち込んだのが、 藤田さんから、「●●さん、二人共とても楽しそうで、彼は恋人に見えました、まさか同僚だとは思いませんでした」と言われ、(同僚ではないけど、仕事関係者) フレディから「 [続きを読む]