mezasemultilingual さん プロフィール

  •  
mezasemultilingualさん: 私のスペイン語ノート、多言語ノート、スペイン語音楽
ハンドル名mezasemultilingual さん
ブログタイトル私のスペイン語ノート、多言語ノート、スペイン語音楽
ブログURLhttp://ameblo.jp/mezasetrilingual-spanish/
サイト紹介文アメリカは、スペイン語話者人口が世界第2位に浮上。スペイン語音楽、多民族国家アメリカ事情も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 123日(平均4.3回/週) - 参加 2017/01/19 13:38

mezasemultilingual さんのブログ記事

  • アメリカで運転経験者なら分かるはず、EASTとWESTを混乱する
  • 実は最近、このブログに書くネタを失っています、、、。なぜかというと、スペイン語の勉強をしていないからです。でも、これまでと変わらず、スペイン語のラジオは毎日聴く習慣になっています。耳でスペイン語に毎日触れているわけです。スペイン語を勉強していない理由は、英語の方に力を入れているからです。英⇔日の翻訳者を目指そうと思っています。スペイン語も捨てられないので、時間があれば、スペイン語の歌詞解読くらいは [続きを読む]
  • 食洗器に思うアメリカ生活
  • 私は普段の生活の中で、陶器のお皿やボウルは惜しげなく(!?)使います。なぜかというと、食洗器があるからです。食洗器に入れて洗いやすい食器はどんどん使って、大きな汚れはこすって洗い、食洗器に入れておきます。食洗器がいっぱいになったら、稼動させます。今は日本でも食洗器はよくある家電だとは思います。 アメリカでは、食洗器は借りアパートにも大きいのがたいてい付いています。でも、一般的な借りアパートに、 [続きを読む]
  • Premios Billboard de la musica 2017
  • ラティーノ音楽の受賞式兼祭典は逃しません!この度は、2017年4月27日(木)にPremios Billboard de la músicaがありました。いつも、この手のイベントは木曜日にあります。今回の会場はマイアミでした。 テレビでの生放送をいつも録画して見ます。しかし!!!今回は忘れてしまいました、、、。仕事で忙しくしていて。でも、大丈夫。その週末に再放送があったので、それを録画して見ました。テレビ局はTelemundo 52。 [続きを読む]
  • "Bailando por el Mundo" Juan Magan ft. Pitbull +
  • 私はJuan Magán の音楽性が大好きです。最近まで知らなかったのですが、、、彼の音楽はハウスらしい。 ふむ〜〜〜、私はハウスが好きだったのかぁ、、、。自分で感心しました。この手の、軽快で体が自然に動くような音楽が好きなんです。私は英語の歌は聞かないので、英語のハウスは聞かないですが、ハウス音楽のクラブに行ったら、私はハマるタイプじゃないかと思います、、、。別にクラブにはもう行きませんが。 "Bai [続きを読む]
  • アメリカ合衆国のラティーノ政治家たち
  • トランプ氏が大統領選に出馬していた時に、この話題を取り上げるべきでした、、。というのは、共和党内で大統領候補を決める段階の時、共和党からの候補者の中に二人ラティーノの政治家がいました。 この度の大統領選では、最終的には共和党の白人トランプ氏か、民主党の白人女性ヒラリーか、という対戦になりましたが、その前段階には共和党内にラティーノ候補者もいたわけです。 一人は、Ted Cruzで、テキサス州の上院 [続きを読む]
  • 住んでなかったら知る由もなかったこと② あなたは西出身、東出身?
  • もう一つ、その地域に住んでいなければ知る由もなかったことを。 実は私、デトロイト郊外に住んでいたことがありました。住んでいて、へっ??と思うことが何度かありました。どこに住んでいるの?(Where do you live?)と聞かれて、答えると、Oh, you are from east side!などといわれていたのです。こう言われたのは、必ずwest sideに行っていた時でした。デトロイトの人は、east side、west side という言葉を確か使って [続きを読む]
  • アメリカの雪国の人たちのよくあるバケーション場所
  • 私はこれまで、アメリカ国内4ヶ所に住んだことがあります。今日は、アメリカに住んでいなければ知る由もなかっただろうことを書きたいと思います。 アメリカ合衆国の北の方は、冬は雪国です。私はアメリカの雪国にも住んだことがあります。お空はグレーで、どんより、周りは一帯雪景色。それが冬の間、何ヶ月も続くわけです。。。気分は落ち込みます。実は、この状態では一冬が過ごせません。ダウンな気分になるんです。&nbs [続きを読む]
  • スペイン領からアメリカ合衆国になった州の歴史
  • 現在のアメリカ合衆国の地図で地名を見ると、ニューオーリンズ辺りにはフランス語の地名があり、スペイン人が殖民した地域、つまり、現在のフロリダとメキシコと国境を接する州にはスペイン語の地名が多く残っています。 グアムもプエルトリコもスペインの植民地でした。のち、アメリカの手に渡りました。現在、アメリカの50州には入らないけれどアメリカ領なのは、グアム、プエルトリコ、U.S. Virgin Islands, American Samo [続きを読む]
  • プエルトリコの bilingualism の歴史と将来
  • プエルトリコは、アメリカの州ではありませんが、アメリカ領です。政治は彼ら独自のものがあります。私の感覚では、プエルトリコ人はスペイン語と英語のバイリンガル。でも、全員がそうなわけでもなさそうです。パイリンガルなのは20%。(えっ?そんなに少ない??)日常会話をスペイン語でする人が圧倒的に多いのがプエルトリコです。プエルトリコでのスペイン語や英語の教育はどうなっているのか気になり、調べてみました。&nbs [続きを読む]
  • "Somos trabajadoes" アメリカ・メキシコ国境の壁に書かれた落書き
  • 今日はいきなり、盗んできた()写真から。この写真を少し前にニュース記事で見たんです。"Somos trabajadoes"の文字が見えて、気になっていました。今頃になって、この写真を探し出し、もっと広範囲を見ると、"Ni delincuentes ni ilegales"と"internacionales"の文字がさらに見える、、。スペイン語が分かる人は、意味が分かると思います。 trabajador は、この場合、英語にするとworker。つまり「労働者」のこと。delincue [続きを読む]
  • スペイン語に吹き替えされているアメリカ映画を見る
  • 昨日は、スペイン語のTVチャンネルで、アメリカ映画がスペイン語に吹き替えされているものを少し見てみました。いつも笑うのですが、吹き替えの声優は、声の演技が、、、、ちょっとちゃいますわね。。。なぜかコメディーのような声になっています。私は独りでいつも笑っています、、、。日本語に吹き替えされたものを見ても、ハハハ・・・と笑ってしまうのは私だけでしょーか??どこか、不自然!? ま、それはいいとして、、 [続きを読む]
  • 【los cognados】[英]buffoon [西]bufón(Romeoの歌から)
  • 英語とスペイン語の両方を勉強しているメリットを感じます。los cognados については前に書きました。「同族の言語」ということです。前の記事↓http://ameblo.jp/mezasetrilingual-spanish/entry-12245108480.html 今日は、英語の "buffoon" という言葉に出遭いました。昨日、アメリカでは「美女と野獣」の実写版の映画が公開されました。その映画に出てくる Gaston という人物がいつも「道化者(buffoon)」だ、とありまし [続きを読む]
  • プエルトリコ人が自分たちを "boriquas" と呼ぶその由来
  • 好きな歌手 Daddy Yankee は、プエルトリコ人。その彼が、他のプエルトリコ人に向かって、"Boriqua〜〜!!"と連発し、最後はさけんでいました、、。当時、初めて聞いた言葉でした。その時は、"Boriqua" って、なに〜〜〜〜?????!!!もう何年も前のことです。 プエルトリコ人は、自分たちのことをよく boriquas (複数形) と呼びます。boriqua は、単数でプエルトリコ人、又は「プエルトリコの」という形容詞。  [続きを読む]
  • フランス語の débâcle から来た debacle [英][西]
  • 英語でも、スペイン語でも "debacle" という単語に出遭います。英語では、これまで数え切れない程、出遭いました。よく使われる単語です。 元は、フランス語の「かんぬきをはずす」という意味から来ているらしいです。 英語での意味は、とにかく何かが「どっと出ること」です。ダムが崩壊した時に水がどっと流れ出ることとか、雪や氷の崩壊、(株などの)暴落、突然の失敗など。 私はフランス語は知りませんが、フ [続きを読む]
  • Enrique Iglesias と彼の新曲
  • スペイン語の歌を聴いている時が幸せです。車の中でスペイン語のラジオを必ず聞くので、早く車に乗ってラジオを聞きたい!と思うのです。 今日はガソリンを入れている短い間でさえ、妙にラジオが恋しくなり(?!)、車に飛び乗りました。エンジンをかけると、ラジオが聞こえます。。。幸せ〜。 その時、かかった歌。最後はラジオのパーソナリティーが一緒になって歌っていました。Súbeme la radio ↓ Enrique Iglesia [続きを読む]
  • 私が毎日の生活の中でどのように"耳から"スペイン語を学んでいるか
  • これまで、私のスペイン語の勉強の仕方について書いてきました。でも、今日は特に"耳から"学ぶ方法について書いてみます。 私は毎日、スペイン語のラジオを聴きます。たぶん、全部で一日二時間くらい。音楽を楽しむのが第一目的ですが、ニュースやトークにも耳を傾けます。音楽は意味が分からなくても楽しめますが、しゃべりの方は意味が分からなければ、なんのこっちゃ、になります。ラジオのしゃべりも90%以上理解できるよ [続きを読む]
  • スペイン語の音楽界にある謙遜心、開拓心、向上心
  • 私はスペイン語の音楽を楽しむと同時に、歌手たちの生い立ちや経歴なども調べます。音楽番組やインタビューなどを見て、歌手たちの生の声も聞きます。それが私のスペイン語の勉強法でもあります。スペイン語音楽鑑賞歴15年くらいですが、多くの成功した歌手たちには共通点があることに気づき始めました。 まず、謙遜心がすごいんです。成功しているから、又はミリオンセラー歌手だからといって、威張る人はいません。イタリア [続きを読む]
  • 私がとろけてしまうバチャタの歌
  • そんな歌はいくつもありますが、、。この3曲はどれも感傷的な歌ですが、メロディーがとてもよい。ラジオでかかる度に、とろけます。 Te extraño Xtremehttps://www.youtube.com/watch?v=Spz1YgguUOM No me digas que no Xtreme これは↓女性歌手とコラボしたバージョン。コラボするとなおさらいいと思います。https://www.youtube.com/watch?v=pwR78llBhkU Cuanto duele Carlos y Alejandrahttp [続きを読む]
  • 私が好きな歌手のリバイバル曲 : Selena の "Si una vez"
  • 昔、Selena という歌手がいました。テキサス生まれ、メキシコ系の女性。最近のアイドル歌手Selena Gomez とは違います。Selena は、スペイン語はあまりしゃべれなかったけれど、スペイン語で歌っていました。1995年、売れていた時、ファンクラブを統括していた人に撃たれて亡くなりました。 私が Selena の存在を知ったのは、Selena (1997年・米)という映画ででした。主役 Selena の役を演じたのは、あのジェニファー・ロペ [続きを読む]
  • 私にとってはパラダイス アメリカのいいところ
  • アメリカの銃の問題とか、マイノリティーが射殺されただの書いてますが、私は今のところに住んでいて、満足しているんです。そりゃ、夜中に銃弾の音が聞こえたりすることありますよ。安全な地域でも、又は隣町とかでイサカイごとがあって、誰かが銃を持ち出して撃ったりすることあるんです。でも、私にはあまり関係ないこと、のようにいつもとっています。 私はアメリカはずっと一箇所に住んでいるわけではありません。田舎は [続きを読む]
  • アメリカでターバンを巻いたシク教徒が銃で撃たれる 
  • このブログはアメリカの多民族についても書いているので、今日は最近あったニュースについて一応書いておこうと思います。ついこの間、カンザスでインド人が射殺され、そのことについて書きました。その後まもなく、ワシントン州で、シク教徒が銃で撃たれました。腕を撃たれ、命に別状はないらしい。撃たれる前に"Go back to your own country."と言われたそうです。ヘイト・クライムとして、容疑者を探しています。 インドで [続きを読む]
  • アメリカに住む英・西バイリンガル君の話
  • この人はスペイン語と英語のバイリンガルです。どういうことかというと、アメリカ生まれ、生まれてから4歳くらいまでは家庭で言語はスペイン語だけ、プレ・スクール(幼稚園)に行ってから、英語を学び始める。家庭ではスペイン語、社会では英語。彼の脳は、スペイン語脳らしいです。夢もスペイン語で見る。寝言もスペイン語でしゃべる。そんなバイリンガル君のちょっとおかしなスペイン語と英語を紹介します。 英語で、「食 [続きを読む]