眠い子メル子 さん プロフィール

  •  
眠い子メル子さん: 中学受験迷走組2018−塾なし自宅学習ブログ−
ハンドル名眠い子メル子 さん
ブログタイトル中学受験迷走組2018−塾なし自宅学習ブログ−
ブログURLhttp://nemuikomeruko.com/
サイト紹介文四谷大塚入塾テスト不合格からスタートした息子の受験日記。ママ塾で中学受験に挑戦します。
自由文2018年に中学受験を迎える家族の受験ブログです。

自宅学習をメインにした勉強方法で受験に臨めるのか?親の葛藤を中心に綴っています。

底辺からスタートしてどこまで親塾でのばすことができるのか?優秀層の受験ではなく中堅校狙いのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 119日(平均1.8回/週) - 参加 2017/01/19 16:48

眠い子メル子 さんのブログ記事

  • 中学受験まとめ教材「四科のまとめ」の威力
  • こちらのブログ更新は久しぶりになってりまいました。日々のつぶやきはアメブロで更新中です。こちらのブログは閉鎖しようかと考えていたのですが、悩みなどのつぶやきブログではなく、受験に向けて取り組んだことなどをもう少し冷静に綴っていきたいと思います。四科のまとめの噂四谷大塚の四科のまとめを終わらせると偏差値50-55になるという噂?がありますよね。「こんな問題数の少ない問題集を1冊やったところで、力がつくとは [続きを読む]
  • 偏差値が低い子を伸ばした塾講師の一言
  • 「Storys.jp」ってサイトご存知ですか?自分の実体験を投稿するサイトです。現実は小説より奇というか、現実は小説より面白く、感動も多い。私、ノンフィクション作品が大好きなんです。このサイトに中学受験を体験された方のストーリーが掲載されています。偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。http://storys.jp/story/11026ネタバレをここに書いても仕方がない [続きを読む]
  • 国語、読解力のない子の文章の読み方
  • ついに、息子の国語・読解力にメスをいれるっていうお話です。あれ?今までだって、読解やっていたでしょ?と突っ込まれそうですが、正直、息子の読解力では、まともな指導はできない訳です。読解力のない息子の横に座り、どんな風に素材を読んで、どんな風に設問文を読んで解答しているか、まじまじと見つめてみる。すると、気がついたことが。文章を読めない子の読み方物語文でも説明文でも、言い回しが抽象的だったり、一文が長 [続きを読む]
  • (無題)
  • ついに、息子の国語・読解力にメスをいれるっていうお話です。あれ?今までだって、読解やっていたでしょ?と突っ込まれそうですが、正直、息子の読解力では、まともな指導はできない訳です。読解力のない息子の横に座り、どんな風に素材を読んで、どんな風に設問文を読んで解答しているか、まじまじと見つめてみる。すると、気がついたことが。文章を読めない子の読み方物語文でも説明文でも、言い回しが抽象的だったり、一文が長 [続きを読む]
  • 中学受験向け理科実験教室 
  • 今日は、中学受験向け理科実験教室の話。2017年受験組のブロ友さんが、受験の振り返り記事を投稿してくださったのだけど、その中で、栄光サイエンスの理科実験教室が良かったと書かれていました。今までも、四谷大塚やワセアカの理科実験教室に通おうかと思った事はあったのだけど、行動に移す事はありませんでした。ブロ友さんの投稿を読んで、理科実験教室への気持ちが再燃。体験教室、参加してきました!栄光サイエンスラボにつ [続きを読む]
  • 国語、読解演習をしないで耐えた半年
  • 相変わらず、国語ができない男。優秀男児になってもらいたいわけじゃない。人並みにできることを願うことすら贅沢なのでしょうか?人並みじゃなくてもいい。平均よりちょっと下あたり!具体的な位置に関しても目標値を持っているのです。でも、未だかなうこともなく、かなえられる予感もない。国語はこのまま低迷するのか?四谷の組分けテスト。4年生の夏休み明けに初めて受けた時の国語偏差値、なんと20台。ネタにできるほどの余 [続きを読む]
  • 親塾の限界を感じたらどうするのか?
  • 親塾。一番の良さは、子どもにあったレベルとペースで指導できること。特に集団塾ではついていけないような子どもにとっては、親塾は最高の学びの場だと思います。時間やカリキュラムも柔軟に対応可能。親が子どもの得意不得意をきちんと管理できる弁当不要。毎晩温かい食事を家族で食べられるそして、塾代0円。実際には、テキスト代もかかるし、親の時給換算したら、割に合わないこともあるかも。中学受験における親塾の問題点親 [続きを読む]
  • 線分図に負けるな!割合・相当算・損益算を攻略したい。
  • 算数。夏に塾をやめてから新単元には手をつけず、辛抱強く過去に習った単元を総復習。塾のようにカリキュラムを一気に終わらせて6年生から、総復習と演習に入るのが王道だとは思いましたが、息子の状態ではそれを選べず。穴だらけなのに前には進めない。5年のうちに穴を塞ごう作戦でした。「受験算数の裏ワザWチェック問題集 新装版 (裏ワザテクニック)」をベースに過去にやったはずの問題をコツコツ取り組む。受験算数の裏ワザWチ [続きを読む]
  • 中学受験に全く役に立たない能力だけど
  • 平日、母が帰宅するのは18:30頃。息子は下校して休憩して17:00過ぎから自習をスタートさせるというのが、我が家のスタイルになっています。17:00スタートと言っても、意志の弱い息子はダラダラと学習時間を遅らせ17:30くらいから勉強しているというのが母の予想。息子の隠れた能力(全く役に立たないけど)自習の課題は私がノートに細かく指示を書いています。『でる順計算p38 (1)-(4)』とか『漢字 p68-69』などなど。で、夕食が終 [続きを読む]
  • 中学受験、苦しい時に聞きたい音楽
  • 塾なし生活になると中学受験ネタのイベントには無縁。新6年生にもいつの間にか突入しているけれど、息子は無自覚。ちょっとしたスパイスを!ということで、週末に「今日から新6年生だ!」と息子に宣言。他にメリハリの効いたこともできないので、音楽好きの息子とこの1年の受験テーマソングを決めることにしました。今年1年、我が家のテーマ曲決定!普段、一人で勉強しているときは、音楽をガンガンかけて、歌ったり、ノリノリにな [続きを読む]
  • 中学受験、親の内職という負担
  • 塾に通っていた時は、週末といえば、我が家にとっては溜まっている宿題を消化するための時間でしかありませんでした。金曜日の授業で出た宿題。月曜日に提出するには土日しかない。理解するまでの時間も、作業する時間も人の倍どころか3倍、4倍かかる息子は、朝から夜までずーーーーーーーっと塾の宿題をやっている日も少なくありませんでした。塾なし生活に戻った現在、週末は、サッカーとかキャッチボールとか体を使う時間を確保 [続きを読む]
  • 中学受験、新6年生スタート!我が家の戦略
  • 首都圏も入試もあと数日で終ろうとしていますね。嬉し涙、くやし涙、人それぞれドラマがあると思いますが、ブログで2017年組の子どもたちの頑張りを拝見しながら、もう1年後なのだと息苦しい気持ちになりました。今からこんな心理状態で1年走り抜けられるのか不安で仕方がありませんが、我が家は我が家の選んだ道を進むしかない。息子と今後1年間をどうするか話し合いました。不安で仕方がない母は、すぐ、「ねぇ、どこか塾に行く [続きを読む]
  • 中学受験、旅行ってどれくらい行っていいの?
  • 首都圏入試も山場を迎えようとしている今、我が家は1泊2日で旅行をしてきました。中学受験の世界に足を踏み入れると、家族旅行ってしていいのか悩みます。特に我が家のように出来が良くない場合、遊んでる余裕なんてないのが実状です。ですが、我が家は日帰りも含めて、かなり旅行をしている方だと思います。「遊び歩いていて不合格になる」のと、「遊びは全くなくして合格する」のだとどちらがいいか息子に問うてみました。答えは [続きを読む]
  • 算数の答え合わせ、不器用な子のタイムロスを考える
  • みなさんのお子様は、自習する時、どんな風に答え合わせをしていらっしゃるのでしょうか?息子は自分で答えあわせをするわけですが、解答が別冊になってる場合は別冊を、問題集の後ろに掲載されている時は後ろの該当ページを探して丸つけすることになりますよね。不器用な子は答え合わせにも時間がかかるしかし、息子のように不器用なヤツは、丸つけだけでもかなりの時間のロスをします。算数や理科で使用している問題集、裏ワザは [続きを読む]
  • 字を書くことが苦手な子も取り組める漢字ドリル
  • 協調性運動障害による書字障害がある息子。漢字の練習に長い間苦戦していました。作業療法士の先生からも「何度も書かせる練習はしないように」「きれいな字で1回、集中して書かせる」「きれいな字を書くとか、早く書きなさいとか、2つ以上のオーダーを出さないこと」などと指導を受けておりました。これまでに、A4の紙1枚に1文字大きく書いてみる、タブレットで書いてみる、唱えて覚える漢字ドリル、支援級向けのドリルなど試 [続きを読む]
  • 【謝罪】やってしまいました
  • 昨日、ブログのデータを消してしまうというミスを犯してしまいました。せっかくアメブロから引っ越ししてきたのに・・・と落ち込んでおりましたが、バックアップによって復活を果たしました。昨日、アクセスしてくださった方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。よくミスをしでかしてしまう私ですが、今後ともよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 首都圏模試(小5第5回統一合判)の解き直しと分析
  • この週末、首都圏模試の解き直しをしました。四谷大塚の組分けテストから首都圏模試に乗り換えて今回で3回目。実は組分けテスト時代は殆ど解き直しができませんでした。塾に通っていたのは半年位ですが、テストが終われば次の宿題が控えていて、不器用な息子は解き直しをする時間的な余裕も精神力もありませんでした。今、塾のカリキュラムや宿題に追われることがない状態。じっくり解き直し、今できていることの確認、できない事 [続きを読む]
  • 逃げてもいですか?中学受験ブログを続ける意味はある?
  • 1年後、我が子の受験結果をブログで報告する強さはあるのか?2017年の中学入試もはじまり、今日は千葉の初日ですね。受験結果をきちんと報告されていらっしゃるパパさんやママさんのブログを拝見して、一年後、私は重圧の中、息子の結果をブログで報告することができるのだろうか?と考えてしまいました。受験は望ましい結果だけで終れるわけではない。もし、希望している学校に届かなかった時、私は応援してくださったブロ友さん [続きを読む]
  • 理想の私立中学がないのなら
  • 今日、とても素敵な方、K氏とお会いしました。初めて会ったのは3ヶ月ほど前。お話しされる内容がどれも引き込まれ、私が話す息子の事も真剣に耳を傾けてくださる。もう一度会いたいと思ってはいましたが、忙しい方なので、会いたいと連絡するのは躊躇していました。年明け、また会いましょうと声をかけてもらった時、久しぶりに小躍りしました。今日も2時間、いろんな話をしましたが、こんなに人に話すのが楽しいと思ったのは久し [続きを読む]
  • 小学5年生最後の首都圏模試(小5第5回統一合判)・結果
  • 5年最後の首都圏模試の結果が出ていましたね。息子は今回の目標を「4教科平均偏差値60」と掲げてがんばっていたようです。親目線では、偏差値60の実力は現時点ではないと思っていました。なにせ国語と社会がとんでもなくできないのですから。もし算数と理科が神がかり的にできるのなら可能性はあるかもしれませんが、理系科目も並ですから・・・・。現時点で50台前半、夏休みで50台後半に持っていき、60台にもし乗れたら志望校は [続きを読む]
  • 中学受験、入試本番を怖いと感じるなら
  • 中学受験ブログ界では、「下剋上受験」のドラマが話題になってますよね。私、この5、6年、ドラマを全く見ていません。正確には大河ドラマは見ていましたが、、、。そんな私が今クールに見ようと思ったのは、下剋上受験ではなく、木村拓哉主演の『A LIFE〜愛しき人』。ドラマの中で、木村拓哉演じる外科医に、松山ケンイチ演じる外科医が質問します。「(手術は失敗したのに、また切ろうとするなんて)どうして、怖くないんですか? [続きを読む]
  • 中学受験、落ちる覚悟を持つということ
  • 職場は一日中ラジオが流れている環境です。先日、J-WAVEの番組にメンタルトレーナーの高畑好秀さんが出演されていました。センター試験前日、受験生の応援メッセージと試験の心構えについてお話されていました。印象に残った言葉は、 「落ちる覚悟」が必要だとうこと。「落ちたくない、落ちたくない」とばかり考えていたら怖くなる。だから、落ちてもいいやって思える覚悟が必要なんだって事を話されていました。たかが受験、 [続きを読む]
  • 中学受験塾の明かりを見上げてー塾なし中学受験の孤独
  • 1月校の入試がスタートしましたね。1年後、この寒さの中で、子供達が戦うのかと思うと身が引き締まります。仕事帰り、暗くなった夜空を見上げ、かつてムスコが短期間通った塾の横を通り過ぎる。明かりが煌々と見える。今も同学年の子たちは勉強していることでしょう。6年生の子も最後の追い上げ、仕上げに真剣に向かっていることでしょう。そんな中、息子は自宅でのんびり自宅学習。鬼のいぬ間に洗濯と、YouTube見ながらたらたら [続きを読む]