まんじゅう さん プロフィール

  •  
まんじゅうさん: 旅するまんじゅう
ハンドル名まんじゅう さん
ブログタイトル旅するまんじゅう
ブログURLhttp://tabi-manju.com/tabi
サイト紹介文スペインに語学留学しているアラサー女のブログです。
自由文ただいまセビージャ滞在中。毎日が発見の連続です(^^)スペインのこと、外国語のこと、旅行のこと、ほぼ毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 21日(平均7.7回/週) - 参加 2017/01/20 01:59

まんじゅう さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 青いワイン飲みました!
  • 以前に日本のサイトで青いワインがあるという記事を見てから、ずっと気になってたワインを買いました。スペイン北部、バスク地方でつくられたワインのようですね。スペイン唯一の百貨店、El Corte Inglésに8ユーロくらい(1000円くらい)で売っていました。この青さ\(^o^)/味は赤ワインでもない、白ワインでもない感じで、マイルドで飲みやすかったです。でも確かにワインの味でした。それでもアルコール分は11パーセントくらい入 [続きを読む]
  • そして火祭り!
  • 最終日は人形が燃やされるクレマ(cremà)があります。夜中の12時くらいからあちこちで人形に火がつけられ、深夜1時に市役所の人形が燃やされて終わります。まんじゅうは市役所の作品を見てきました。こちらの塔、市長と建築家の汚職によって大量の税金を投じたにもかかわらず、模型をつくっただけで実際に建築されなかったという曰く付きの塔だとスペイン人に教えてもらいました。バレンシア州歌、スペイン国歌などの音楽が流れた [続きを読む]
  • 空前絶後の!
  • マスクレタ(mascletà)という爆竹ショーを見てきました。2月の終わりから毎日昼の2時に市役所前で開催されていました。まんじゅうの家は現場から2、3キロはゆうに離れていると思いますが、それでも爆竹の音が聞こえてきていました。最終日の19日はついに近くでみました!!最初に色のついた煙が爆音とともに噴き出します。一言でいえば、音に襲われる感じです。とにかく今までに経験したことのない轟音でした。心臓と鼓膜がガタガ [続きを読む]
  • マリア様に献花
  • 火祭りの見所は人形だけじゃありません。17日と18日には広場に備え付けられた聖母マリアと幼子イエス・キリストに花が供えられます(ofrenda de flores)。元はこんな感じ。この木の部分に花が嵌め込まれていきます。花を供えるのは伝統衣装を着た人達。2日間にわたって延々と続きます。花を嵌め込む人達大変そうです。みんなお供えする花束を持っています。子供はとにかくかわいい(^-^)次から次にやって来ます。なんか中世に戻った [続きを読む]
  • 人形巡りその3
  • 引き続き。こちらバカンスをタイトルにした人形。バカンスって楽しいことばっかりじゃないよねっていうのがお父さんの顔からわかる\(^o^)/おばちゃん、口と目がすごいことなってる。こういうの大好き(^-^)こちらの男性が着てるのはバレンシアの伝統衣装かな。コウモリは、キリスト教徒の王様がイスラム教徒の手からバレンシアの町を取り戻すための手助けをしたバレンシアのシンボルともいえる動物。日本がテーマなんでしょう。い [続きを読む]
  • 人形巡りその2
  • 前に人形はなにかを風刺してることが多いって書きましたが、この一年振りかえってみればあちこちで見かけるのがこの人たち。アメリカの大統領ですね(^-^)それからスペインのラホイ首相。日本でお馴染みのキャラクターも。なんでもあり感がすごいです。人形巡り次回で最後です。 [続きを読む]
  • 人形巡りその1
  • 16日に全ての人形が組み立てられました。ということでいろんな人形見てきました!人形は各通りごとにそれぞれ大きい人形群(fallas)と小さい人形群(fallas infantiles)が置かれています。火祭りの人形は19日に全て燃やされるんですが、そのなかでひとつだけ燃やされない人形(Ninot Indultat)が下の写真です。みんなの投票で決まりました。おばあちゃんと孫が魚を売ってるところです。古きよき時代といった感じでしょうか。こちらの [続きを読む]
  • 火祭りの人形と対面!
  • 町を歩いていたらもう火祭りの人形(Ninot)を組み立てていました。予想以上にでかかったです。もう少しすればこういう人形逹を町の通りのあちこちで見ることができるようになります。町でいろんな展示物を見られるあたり、なんか京都の祇園祭を思い出します。上の写真の人形はインドをテーマにしてるみたいですね。まんじゅうが見たときには白豹が設置されてるとこでした。それぞれの人形は、それが置かれる通りごとに人形職人(fall [続きを読む]
  • イルミネーションと花火
  • イルミネーションが点灯しました。町は人で溢れかえっています。あちこちに屋台がでてたり、爆竹を売る店があったりしてにぎわっています。うっかりしてると近くで爆竹がなってかなりびっくりします。イルミネーションはルサファ(Ruzafa)という地区のあちこちの通りで見られます。イルミネーションの周りではすでに火祭りの人形が見れました。次の日記で書きます(^-^)夜には花火がありました。バレンシアは花火の製造で有名な町で [続きを読む]
  • タントモンタ再び!
  • 今週はいろんな友達に会って楽しく過ごしています。今日はバレンシアで同じ学校やった日本人の子達と飲んでいました。以前の日記で書いたタントモンタというお店に行きました。相変わらず美味しくて相変わらず満員でした。一緒に飲んだ子逹はみんな25歳オーバー。セビージャは20歳くらいの子が多かったので同年代に会えてちょっとほっとしました(*´-`)バレンシアでは火祭りがちょっとずつ盛り上がりはじめています。町のあちこち [続きを読む]
  • バレンシア中心地をぶらぶら
  • ということで、火祭りで盛り上がりだしたバレンシア中心地を散歩してきました。あちこちで火祭りのポスターやバレンシアの旗を見ることができます。そしてチュロス(こちらの日記参照)やブニュエロスの屋台もあります。ブニュエロス(Buñuelos)は揚げドーナツのようなお菓子です。買ってみました。6個で4ユーロ。結構油っこかったので2、3個食べれば十分な感じでした。でもさくさくしてておいしいかったです。それから絞りたてオレ [続きを読む]
  • ただいま、バレンシア!
  • ということで4ヶ月ぶりにバレンシアに帰ってきています。4か月ぶりに会う友人や先生と旧交を温めはじめています。3月はバレンシアで大きなお祭り、火祭り(Las Fallas)が行われる月です。Ninotは火祭りで活躍する人形のことです。また徐々に報告しますね。私事ですが、というかここに書いてることは全部私事ですが、いま住んでる部屋からポケモンゴーのポケストップにアクセスできて喜んでいます(^-^)これでモンスターボール切れに [続きを読む]
  • ナッツ
  • ナッツを食べているスペイン人をよく見ます。ナッツの自販機みたいなんが、バルとかレストランの中にちょいちょい置いてます。道でポリポリ食べてる人もちょいちょい見ます。そして道を歩いてるとヒマワリの種の殼がちらばってることがよくあります。スペイン人はヒマワリの種(pipa)が好きみたいです。ということでスーパーで買ってみました。左がヒマワリの種。これで2ユーロしないくらいです。右はナッツ自販機で買ったマカダミ [続きを読む]
  • 食とリスボン
  • リスボンの食といえば、まず魚介がでてきます。こちらイワシのコンクールの広告。なにをするんでしょうか。中心部にはイワシの缶詰を売るテーマパークのようなとこがありました。こちら1916年から2017年までの缶詰があり、自分の生まれた年の缶詰を買うことができます!別に1916年と書いてる缶詰が1916年製のイワシというわけじゃないと思いますよ( ^∀^)それぞれの年の缶詰にその年に生まれた有名人と、その年にあった出来事が [続きを読む]
  • リスボンの町並み
  • 前回も書いたとおりとにかく美しいリスボンですが、今日はもうちょっと町並みをご紹介。町にやたらトゥクトゥクが走っていました。リスボンの新しい移動手段でしょうか。こちらの猫、「猫」と話しかけたら振り向きました。日本語わかるみたいです。もう少し話せばよかったです。リスボンの繁華街には無印良品の店があります。日本のものをそのまま輸入しているようで、日本円とユーロの比較ができてしまいます。シャーペンが欲しかっ [続きを読む]
  • リスボン観光
  • ポルトガルの首都リスボンに行ってきました。リスボンに行くのは2回目、ポルトガルに行くのは3回目なんですが、ポルトガルはまんじゅうにとっていつも「なんか好きな国」です。人が素朴で言葉の響きがスペイン語よりも柔らかくてなんかすごくほっとする国だからでしょうか(^-^)リスボンは一言でいえば、坂と路面電車の町です。中心部はとにかく坂です!町並みは写真をみてのとおり美しいです(*´-`)路面電車とセットの写真をいくらで [続きを読む]
  • アンダルシアの日
  • 2月28日はアンダルシアの日(Día de Andalucía)です。アンダルシア州がいまの自治権を持つことになった国民投票が1980年のこの日におこなわれたようです。アラメダ(Alameda;並木道という意味)というディスコやレストランが連なる大通りでは、移動遊園地や各種雑貨店が立ち並んでいました。アンダルシア発祥の牛乳を宣伝するブースでは、アンダルシアの典型的な朝食、オリーブオイルとトマトをつけて食べるトーストがただで提供さ [続きを読む]
  • お寿司お持ち帰りしました
  • 日本食といえば、寿司がその代表といえます。ということで、寿司を持ち帰ってみました。こちらの寿司、12ユーロです。やっぱりちょっと割高ですね。なにより醤油の量がはんぱない!間違って落としたら沈むよね!!そして確実に使いきれない(^^;マヨネーズとかのドレッシングと同じテンションなんでしょうか。醤油なみなみ一杯の発想はなかったなという感じです。味は結構おいしかったです。そしてこれだけ食べたらお腹は満足しまし [続きを読む]
  • スペインで流行りのカップラーメン
  • 外国を旅行していて気軽に楽めるのは、スーパーですが、スペインのスーパーを見ているとあちこちで下の商品を見ます。YATEKOMO。やてこも。なんか日本語みたいです。そのままスペイン語に訳せば、今から君を食べるよー。いただきます的な感じでしょうか。形をみて想像つくかもですが、カップラーメンです。左は鷄風味のラーメン。右はやきそば。値段は1つあたり、1ユーロちょっと。Gallina Blanca(白い雌鳥)という会社の製品です [続きを読む]
  • セビージャで一番有名な姉妹
  • セビージャの大聖堂にはいったら、下のような像をみることができます。サンタフスタ(聖ユスタ)とサンタルフィナ(聖ルフィナ)です。彼女たちはセビージャ生まれの姉妹で、3世紀に殉教し、聖人となりました。左がサンタフスタ(Santa Justa)、右がサンタルフィナ(Santa Rufina)。真ん中の塔は2月9日の大聖堂の日記で書いた大聖堂のシンボル、ヒラルダの塔。二人はこの塔を守ってくれる人でもあるようです。昔地震がセビージャにあった [続きを読む]
  • ココア!!
  • ココアのブランドといえば、日本ではミロでしょうか。スペインではコラカオ(Cola Cao)かなと思います。1946年に発売されて以来、70年以上愛され続けるロングセラーです。スペインだけじゃなく、他の国でも飲まれているようで、wikiによれば一時期日本でも発売されてたみたいですね。あちこちのスーパーに売ってます。右が粉末のコラカオ。温かい牛乳にスプーン一杯分くらいをとかして飲みます。左はシェイク。カフェとかでも頼むこ [続きを読む]
  • ペルーと日本のマリアージュ
  • ペルー料理と日本料理のフュージョン料理をだす店があるというのでいってきました。ナスカ(Nazca)というお店です。ナスカの地上絵のナスカです。結論をいえばよかったです(^-^)まず食べたのはこちら。カウサ(causa)というペルーのポテトサラダ(黄色いの)の中に鶏肉が入っていて、上に載ってるのはアボカドです。料理自体はペルーの料理ですが、それを巻き寿司のような感じにしています。なかの鷄肉が豚カツみたいでおいしかったで [続きを読む]
  • スペインのバレンタイン
  • ちょっと遅れましたが、スペインのバレンタインについて。 写真はバレンタインくじのポスター。 スペインではバレンタインは日本と同じく輸入物のイベントです。 それでもカフェとかでバレンタインメニューとかケーキが売られてたりし … "スペインのバレンタイン"の続きを読む [続きを読む]
  • 過去の記事 …