まんじゅう さん プロフィール

  •  
まんじゅうさん: 旅するまんじゅう
ハンドル名まんじゅう さん
ブログタイトル旅するまんじゅう
ブログURLhttp://tabi-manju.com/tabi
サイト紹介文スペインに語学留学しているアラサー女のブログです。
自由文ただいまセビージャ滞在中。毎日が発見の連続です(^^)スペインのこと、外国語のこと、旅行のこと、ほぼ毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 113日(平均4.2回/週) - 参加 2017/01/20 01:59

まんじゅう さんのブログ記事

  • 夏を迎えるお祭り
  • 6月23日の夜はサン・フアンのお祭りでした。ということでまんじゅうも少し見てきました。写真は夜のコンチャ海岸。サン・フアンという聖人の誕生を祝う日みたいですが、6月21日は夏至だということもあって、夏が来たことをお祝いするお祭りという意味合いが強いようです。この日にはみんなあちこちでたき火をたきます。過去の悪いものを火に燃やしちゃおうというわけです。学生は喜んでいままでのテストとか教科書を燃やすそうです [続きを読む]
  • バスク語始めました
  • ということでバスク語勉強してます(^-^)バスク語はバスク地方で話されている言葉です。バルセロナでいうカタルーニャ語のような感じで、町のあちこちでバスク語を目にすることができます。カタルーニャ語と違うのはカタルーニャ語はスペイン語やフランス語と兄弟の言葉だけど、バスク語はそれらの言葉とは全然関係ない系統不明の言葉だということです。バスク語を勉強するというと、どのスペイン人もあの言葉はすごく難しいし、全 [続きを読む]
  • バスクに初上陸!
  • ということで初めてバスクに来ています\(^o^)/\(^o^)/バスクはスペインの北東部にある自治州です。いままんじゅうがいるのは、サンセバスチャンという町です。写真は町の紋章。最近は美食の町として日本でも有名になってる人口18万人ほどの小さな町です。スペインといえば緑が少なく山も少ないイメージですが、ここサンセバスチャンに来るとイメージは覆されます。緑生い茂る山々と美しい海岸。そしておいしい食事とくれば、人 [続きを読む]
  • ミラノで食べたもの
  • おいしいものもいろいろ食べました。カプチーノ(^-^)マルゲリータ(^-^)ホウレン草のパニーニ(^-^)イタリア料理な時点でなんでもおいしいねんけど、一番よかったのは「リスト」というこちらのレストラン。伝統的なイタリア料理をバイキング形式で楽しめます。商業施設の一画にありますが、中心街からはちょっと離れています。住所 Viale M. Traiano, 79 Centro Comerciale Portello Milano観光客っぽい人をみないとこもよかったです [続きを読む]
  • ミラノいろいろ
  • ナビッリ(Navigli)という地区に行ってきました。ここは運河と運河が交差する場所で運河沿いにたくさんのレストランが並んでいます。豚がいました。フゴフゴ言っててかわいかったです。他の人が連れてたまあまあ大きな犬と物怖じすることなく向かい合ってました。ちなみにこの運河沿いに漫画専門店がありました。入ってみるとルパン三世のパネルがおかれててテンションあがりますよ(^-^)そしてミラノは都会です!近代的なビルの並ぶ一 [続きを読む]
  • ミラノ近郊の湖へ
  • ミラノ(Milano Cadorna)から電車(trenord)に乗って、コモ湖(Lago Nord Como)に行きました。約1時間。片道5ユーロほどです。コモ湖はイタリア北部にある湖です。学生の時、地図帳で見つけて、前から読んでも後ろから読んでも同じなんでなんか印象に残った記憶があります。ここはお金持ちがバカンスに来る場所でもあります。来てみるとわかります!山と湖!夏を過ごすには最高の場所ですね。ゆっくりぐるっとまわってみました。なぜ [続きを読む]
  • ドゥオーモ見学
  • ミラノのシンボル、ドゥオーモの中に入ってきました。写真はオーケストラのコンサートが催されてた夜のドゥオーモ。全部見学できるコースには2通りあって、てっぺんまでエレベーターが18ユーロ、階段が12ユーロです。さすがに大きいです。いままで見た大聖堂のなかでも一二を争うくらいでかいステンドグラス。前の聖母はドゥオーモのてっぺんの先っちょにいる聖母の複製です。この大きさのがあと2枚あります。粛々とぐるぐる階段を [続きを読む]
  • ミラノにいます
  • スペイン留学も一段落ついて、今は休暇でミラノにいます。バルセロナから直行便があるし、大都会なんで飽きないかなという理由からです。あ、あとイタリア語ちょっと使いたかったしね(^^)2週間ほど滞在する予定です。同じホテルに11連泊するという今までやったことないことをしてホテル暮らしを楽しんでいます。ずっと同じ町にいる予定なので、本もたくさん持ってきて勉強なんかもしています。中心街からちょっと離れてるので静か [続きを読む]
  • バレンシアの同志たち
  • 先週で語学学校もおわり、週末はバレンシアにいる友達に会っていました。バレンシアはなんだかんだいっても留学のはじまりの町。一番思い入れがあります。仕事をやめてはや1年半近くがすぎましたが、仕事をしてたときには会えなかったような人達に会えて、すごく刺激を受けています。なかでも年が近くて、境遇も似ている二人の日本人はほんまに会えてよかったなあという同志たちです。彼らに負けないように、私も日々地道に好きな [続きを読む]
  • 引き続きミラノを散歩、それからうれしい発見!
  • 今日もぶらぶらしてました。ミラノはローマに次いで大きな町のようなので、カフェもレストランもお店もいっぱいあって楽しいです。気がつけば路面電車を目でおってしまいます。大聖堂の近くにあるビットリオ・エマニエーレ2世アーケード。しゃれおつです。私が今までに見たアーケードの中でたぶん一番おしゃれです。このアーケードを歩いてて、まあまあ大きそうな本屋さんに入りました。もしかしてっと思って漫画コーナーを確認す [続きを読む]
  • バルセロナで食べた甘いもの
  • 甘いものはどこにいっても食べたくなるものです。バルセロナの甘いものが楽しめるお店3つを紹介します。・Julivert Meuクレマ・カタラーナを食べました。クリーム・ブリュレともいうのかな。カスタードクリームの上に焦がしたカラメルがのっています。まんじゅうの前にもクレマ・カタラーナ目的できたカップルがいたらしく、お店の人がうちはクレマ・カタラーナで有名になってきたみたいだよ!って言ってました(^-^)ホームページは [続きを読む]
  • バルセロナのこといろいろ
  • バルセロナってやっぱり大きい町なので見所はすごくたくさんあります。なに書こっかなって考えてスペインでもニュースになっていました。スペイン語ではsuper luna(スペル ルナ)といいます。なんか英語よりいい感じだと思いませんか(^.^)宿題やって調べものして、一杯飲んだあと、スペル ルナを見てきました。雲はなかったのでちゃんと見れました。なんかいつもよりまぶしい気がしました!帰りにケバブ買って帰りました。3ユーロで [続きを読む]
  • グエル公園
  • ガウディ建築の名所の1つグエル公園に行ってきました。少し中心地から離れていて、事前の予約がベターです。それにオンライン予約すれば通常8ユーロが7ユーロになるしね。公園自体はそんなに大きくないです。こちらベンチ。色使いが好きです。人だらけなんで、なかなか写真とりにくいです。公園のシンボルともいえるとかげ。左の建物はちょっとしたミュージアム。右の建物はお土産物屋です。遠くに海も臨めます。曲線の魔術師です [続きを読む]
  • バルセロナと漫画とアニメと
  • せっかく大きい町にいるということで、漫画の専門店に行ってきました。スペインでmangaといえば日本の、comicといえばその他の国のって感じです。どの本屋の漫画コーナーにいっても、日本の漫画、アメコミ、ヨーロッパの漫画と各種揃っています。漫画といえば、日本の漫画しかおいてない日本に比べて、よりバラエティー豊かといえるかもしれません。こちらの漫画専門店は2階建てになっていました。日本の漫画は地階にたくさんおい [続きを読む]
  • カタルーニャ音楽堂で芸術鑑賞
  • バルセロナの名所の1つ、カタルーニャ音楽堂に行ってきました。音楽堂の角にある彫刻。一番上の剣を持った人はバルセロナの守護聖人、サン・ジョルディです。4月23日はこの人の日でバルセロナでは本やバラをプレゼントし合うということです。20ユーロくらいでのツアーもあるんですが、せっかくなので40ユーロ近く払ってその音楽堂でコンサート聞いてきました。コンサートはほぼ毎日なにかやってて、内容によって20ユーロくらいの [続きを読む]
  • カタルーニャ語はじめました
  • バルセロナにおるしということで、毎日1時間カタルーニャ語を勉強してます。カタルーニャ語は以前に書いたバレンシア語とよく似ているバルセロナとその付近で話されている言葉です。スペイン語とフランス語の間という感じの言葉です。バレンシアと同じく、バルセロナの町の通りの名前や町に貼ってあるチラシとかは基本カタルーニャ語です。今日は諸聖人の日(Día de Todos los Santos)というスペインの国民の休日です。11月2日が死 [続きを読む]
  • ダリとの遭遇
  • ずっとしたかったことかないました♪ヽ(´▽`)/バルセロナ近郊の町、フィゲラスにあるダリ美術館に行ってきました!フィゲラスはバルセロナから北東に電車で2時間。フランス近くにある町です。シュールレアリズムの画家ダリはこの町に生まれました。まんじゅうはこの画家がすごい好きです(^-^)絵はすごいきれいやけど、なんかよく分からんものが組み合わされてて理解できへんくなってる感じがたまらないですね(^-^)ちなみにダリの [続きを読む]
  • バルセロナの海と山
  • バルセロナといえば海でもあります。そして海が楽しめる場所は、バルセロナ中心街の大通り、ランブラス通りを歩ききったところにあるバルセロネタといわれる一画になります。商業施設もたっててかなり賑わってました。コロンブスの像。港町です(^-^)海のあるバルセロナには山もあります。山の上にあるモンジュイック城に行ってきました。スペイン広場からバスにのりました。行ったのは第一日曜日でこの日は無料で入れる日やったら [続きを読む]
  • バルセロナ観光といえば
  • やっぱガウディの建築物でしょうか。バルセロナの町のあちこちにあるんですが、今日は2つ紹介したいと思います。・サグラダファミリア(聖家族寺院)言わずとしれたって感じでしょうか。観光客でごった返してました。上と下の写真は生誕のファサード。幼子イエス・キリストとマリア、ヨセフの姿がみえます。スペイン語にはたくさんのアラビア語起源の単語があります。スペイン語の単語のなかの4000語くらいがアラビア語起源やと言わ [続きを読む]
  • トレド観光
  • トレドにも行ってきました。11世紀から16世紀くらいまでスペインの政治の中心やった町です。その後中心は今の首都、マドリードに移りました。大聖堂。中はこんな感じ。トレドは剣の生産で有名な町です。今回建物の中にはあんまり入ってませんが、町は坂が多くて、道が狭くて歩いてるだけでも楽しい町でした。自分のお気に入りの通りを見つけてみるのもいいかもしれません。見所の多い町ですが、建物は5時6時には結構閉まっちゃうの [続きを読む]
  • バルセロナにいます
  • 今週途中までバカンスを楽しんで、いまはバルセロナで勉強しています。また書きますが、先週の旅行でバルセロナも観光してました。まんじゅうの住んでいるアパート付近は観光地ではありませんが、大通りに面しているのでたくさんのお店があります。下の写真のようなひたすら広くてまっすぐな通りと街路樹が碁盤の目のように広がっています。アグア・デ・バレンシア(バレンシアの水)を飲みました。バレンシアに来て早々その存在を教 [続きを読む]
  • マドリード観光
  • 更新が遅れてすみません。1週間休暇をとって旅行してました。まず行ったのがマドリード。上の写真はマドリードを象徴する熊と山桃。市の紋章になっていてあちこちで見ることができます。ちなみに山桃のスペイン語はマドローニョ(Madroño)。マドリード(Madrid)と少し似ていますね(^-^)上の像があるプエルタ・デル・ソル。こちらでスペインで最も有名な大晦日のカウントダウンが行われます。ここから少し歩いたとこにあるのがマジョ [続きを読む]
  • スペイン国営ホテル初体験!!
  • トレドではパラドールというスペイン国営のホテルに泊まりました。スペイン各地にあって、昔の建物とかを改装してホテルにしています。おいしかったレストラン(というかバル)を紹介しておきます(^-^)そのままローマ字読みでタント・モンタと読みます。なんでこの名前にしてるのかは分かりませんが、これはtanto monta monta tanto, Isabel como Fernando(イサベルもフェルナンドも同じこと、どちらも同じだけの力を持っている)とい [続きを読む]
  • マドリードで食べたもの
  • マドリードではほんまにいろんなものを食べました。チュロス・コン・チョコラテ。あまあああい。おいしいけど、たまに食べるくらいで十分です。こちらについては以前の日記参照。パン・コン・トマテ(生ハムつき)、カフェ・コン・レチェ(カフェ・オ・レ)とオレンジジュース。先週に続いて今週も授業は午後からなので、午前に勉強したり、町を歩いたりしています。授業おわりにはスペイン語と日本語との言語交換、インテルカンビオに [続きを読む]
  • レアルマドリッドのホームスタジアム見学
  • サンティアゴ・デ・ベルナベウスタジアムを見学してきました。スペインには17の自治州があり、そのほとんどの州で自治州の歌というのが定められているようです。バレンシア州にもあります。https://youtu.be/MjNOrmRdayIバレンシア語です。へー万歳はビスカって言うんやーって思うくらい最後に万歳を繰り返しています。最後の方を少し訳してみると…スペインに新たな栄光を捧げるため我らが地方は戦うことを知っていたすでに工場に [続きを読む]