崖地 さん プロフィール

  •  
崖地さん: ビルメン資格道
ハンドル名崖地 さん
ブログタイトルビルメン資格道
ブログURLhttps://reppasoul.com/
サイト紹介文ビルメンテナンス関連の資格を紹介していきます!電験・ボイラー・冷凍・電工・危険物・消防等々。
自由文力を入れている記事は電験と消防設備士。特に電験2種に関しては1次試験対策・2次試験対策について詳しく書いています。
その他、ビルメン4点セット・ビル管・エネ管など、色々紹介しています。
よろしくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 245日(平均1.8回/週) - 参加 2017/01/20 06:10

崖地 さんのブログ記事

  • 【勉強】学校で学んだことは、社会に出て役に立つのか
  • よく学校を「人間関係の勉強」「社会の縮図」とか言いつつ、勉強自体は役に立つことはないという話も結構見かけます。世界的に見ても日本の学力は後れを取ってきているわけで、研究開発にもお金を掛けなくなり、どんどん勉強は廃れていってきています。本当に勉強は役に立つことはないのでしょうか‥?最低限「資格取得」には役立つこのブログを見に来た方はなんらかの資格取得を目指しているはずです。資格の勉強を経験した方は、 [続きを読む]
  • 【人生設計】ビルメンの最終目標とは?
  • ビルメンとは、建物を管理する仕事です。「衣・食・住」の「住」に当たる部分であり、特に人が集まる都会では仕事も多いです。機械のエラーや警報を監視する人手も必要であるため、機械化が進んだとしてもしばらくは無くならない仕事でしょう。ビルメンとマイホームビルメンの目標として、知識・技術を磨き、技術屋として一人前となるという点があります。リーダーとなり、管理能力を身に付けるなども将来的に必要ですが、経験を積 [続きを読む]
  • 【ブログ】時期によるアクセス数の違い
  • このブログは2017年1月に開始しました。開始初期は季節や時期によるアクセス数の違いなど考えていませんでしたが、資格ブログである以上、試験日前後は検索されやすくなります。最近、当ブログのメインである電験の試験日が過ぎ、ちょっとした変化がありました。一時的アクセス増加ブログ開設後初めて、電験の一次試験時期の9月を経験し、アクセスの急増に驚きました。普段が少ないとはいっても、割合で言えば2〜3倍にもなりました [続きを読む]
  • 【合格体験記】電験3種に合格した時の話
  • 私は電験3種を3回受験しています。学生の時に2度、就職してから1年目で3度目。結果的に科目合格を活用しながら合格した形になります。電気科ではありませんでしたが、工学系なので電気の科目も少しはかじっています。参考になるかどうかは分かりませんが、合格体験記として記録に残しておきます。1度目の受験ます、一度目の受験時には参考書1冊(全科目入っているもの)しか買いませんでした。もちろん、こんなやり方は絶対 [続きを読む]
  • 【合格体験記】消防設備士特類に合格した時の話
  • 消防設備士には「甲特類」という類が存在します。これは全ての消防設備の工事・点検ができるという資格ではないため、危険物取扱者の甲種と違い取得するメリットはさほどないのですが、私の前の会社は消防設備士の取得を推奨していたため、受験することになりました。やはり、消防設備士の頂点ともいえる資格、他の類を全て揃えてからの受験です。1回目の受験実は、一回落ちています。特類は他の類で苦戦させられてきた「実技試験 [続きを読む]
  • 【合格体験記】電験2種に合格した時の話
  • 私は学生の時に電験3種の機械のみを科目合格(まぐれ)。次の年に法規のみ合格、社会人になり、3年目で理論と電力に合格という流れでした。3年目の時は余裕があったので、電験2種の一次試験も同時に勉強していました。受験概要電験2種合格までには、勉強を開始してからおよそ6年かかっています。社会人2年目でとりあえず受けてみて一次試験はすんなり通ったものの、2次試験で惨敗。正直、甘く見ていました。受験回数で合計 [続きを読む]
  • ツイッター、少しずつ使い始めました。
  • ツイッター、なんとなく今まで使えずにいました。ブログ開始初期にネガコメをもらってしまい、活用する→批判受けるみたいな図式がどうも頭から離れず‥。しかし、よく考えるとこのブログ自体もほとんどコメント頂いていません。ツイッターをやっている有名ブロガーでさえ反応はちょいちょいくらい。無名の私がブログ更新をツイートした所で、反応なんてそうそうくるわけもありません。気にしすぎ。。。いいね!は使ってみようと思 [続きを読む]
  • 設備だけじゃない!清掃・警備・設備の関連性
  • 建物を常駐管理するのは、設備員だけではありません。清掃員・警備員と協力し合わないと、設備員だけでは建物管理は不可能です。今回はビルメンのことをよく知らない方のために、清掃・警備・設備の関連性についてまとめたいと思います。清掃員との関連性清掃さんとは、「建物の環境・衛生管理」で深く関わることになります。どこかで聞いたことがありませんか?「ビル管」のテーマそのものですね。清掃のリーダーは、清掃系資格だ [続きを読む]
  • ブログの方向性模索〜更新多めに軌道修正!
  • 「ビルメン資格道」を開始してもう8ヶ月目になります。記事数はこの記事で50記事目。「8ヶ月で50記事?」と思われる方もいるかもしれません。実は、なんとなく書きづらくなり、しばらく更新が滞っていたのです。幸いなことに、電験の受験日が近づくにつれPVは少しずつ上がっていき、対策をまとめた記事のある電験2種の二次試験終了まではしばらくPVも落ちないものと思われます。しかし、ブログが成長することもないと思 [続きを読む]
  • 資格マニアは仕事ができない?一概には言えないが……
  • 「資格マニア」とは、資格を数多く取得していく人を指しますが、良い意味の言葉ではありません。仕事に直接使用する資格ならともかく、関連の薄い資格も取得するようになると、段々とピントがずれてきてしまいます。そこで、多くの資格を取得していく人は「資格は趣味」「自分は資格マニア」と割り切って、仕事とは切り離していきます。手段と目的資格マニアにも色々な人がいますので、一概には言えません。中には、人格も学歴も経 [続きを読む]
  • ビルメンになって良かったこと・悪かったこと
  • 資格とは若干話が逸れますが、ビルメンに関しての話です。ビルメンとして、大きな現場、小さな現場の2ヶ所を経験することになったため、簡単に両方に共通する良かったこと・悪かったことをまとめていこうと思います。良かったこと①連続勤務日数が少ない常駐ビルメンの多くは、泊まり勤務の「当直」があります。通常の勤務時間+仮眠を除く夜間・早朝で2日分まとめて勤務し、当直の次の日が「明け」として出勤扱いの休みになりま [続きを読む]
  • まだエコピープルじゃないの?eco検定について
  • 環境社会検定試験という試験があります。商工会議所が開催している検定試験で、多くの企業で取得が推奨されています。通称名の「eco検定」「エコ検定」といった方がわかりやすいですね。どんな資格?通称名の「エコ」の話はもちろんですが、環境問題・社会問題・政治問題について広く浅い知識が身に付き、一般教養として身に着けておくと良い資格です。特に、政治の話に興味がなかった場合、この資格でおおまかな背景を勉強してお [続きを読む]
  • 電気主任技術者の業務内容とは?
  • 電験を持っていれば高確率で条件の良い会社に転職が可能です。しかし、ビルメンへの転職を目指す方は、ビルメン未経験という人の方が多いのではないでしょうか。そこで、ビルメンにおける「電気主任技術者の仕事内容」について、簡単にまとめたいと思います。1.法令・保安規定の遵守法令の遵守というと堅苦しいですが、主に点検・整備をしっかりと行いましょう、ということです。ビルメンで行う点検に関しては、日常点検・月例点検 [続きを読む]
  • 資格と言えばコレ!宅地建物取引士について
  • 受験者数20万を超える巨大資格。それが「宅地建物取引士」通称「宅建士」です。この資格名を出して、「なにその資格?」となることはまずないでしょう。あらゆる企業で評価される、超有名資格です。学生でなにか資格を取るのであれば、TOEICか簿記か宅建士か、というくらいではないでしょうか。少し言い過ぎかもしれませんが。職業訓練・支援でも、宅建士の取得を行うプログラムが数多く存在します。再就職にも抜群に強い、 [続きを読む]
  • マンション管理に必須!管理業務主任者について
  • 不動産関連資格で有名なものとしては宅地建物取引士(通称:宅建士)があります。民法・契約に関することなど、一般常識として有用な知識を体系的に学べるので、多くの企業で評価される超有名資格です。それに関連して、管理業務主任者という資格も存在しています。宅建士が不動産契約時の重要事項説明に必要な資格であるのに対して、管理業務主任者はマンション管理の前提となる管理受託契約の重要事項説明に必要となる資格です。 [続きを読む]
  • 合格率一桁!マンション管理士について
  • 不動産関連のメジャーな資格に、宅地建物取引士・管理業務主任者・マンション管理士の3点がありますが、このうち最も合格率が低いのがマンション管理士です。各資格とも被っている試験科目が多いため、宅建・管業を取得後に目指すべき資格です。何ができる資格?マンション管理士は「名称独占資格」です。「マンション管理士」と名乗ることが許される、ということですね。本来の用途としては、マンションの管理組合に対して、マン [続きを読む]
  • 仕事に資格は必要か〜資格取得のメリット・デメリット
  • ビルメンは、他の業界と比較すると資格の重要性が高いです。法的に一定の知識・技術を持った資格者の選任が求められる場合が多いからです。しかし、資格は取ればとるほど良いというものでもありません。資格取得にはメリット・デメリットが存在します。本当に資格は取っていくべきなのでしょうか。資格取得のメリット・デメリット●メリット●・資格手当・選任手当が出る単純に給料・年収が増えるという点。これが勉強のモチベーシ [続きを読む]
  • エネ管は不要!?エネルギー管理員について
  • エネルギー管理指定工場とは?エネルギー管理士やエネルギー管理員が必要となるのは、エネルギー管理指定工場です。エネルギー管理指定工場には第一種と第二種があります。①第一種エネルギー管理指定工場熱と電気の合算使用エネルギー量(年間)が原油換算で3000[kℓ]以上。②第二種エネルギー管理指定工場熱と電気の合算使用エネルギー量(年間)が原油換算で1500[kℓ]以上。エネルギー管理指定工場の対象業種の中には大規模オフ [続きを読む]
  • 簡単取得!認定電気工事従事者について
  • 認定電気工事従事者とは?この資格は、低圧の自家用電気工作物(最大500kW未満の需要設備)のうち、簡易電気工事が行えるようになる資格です。実は、2種電工だけではビル設備等の自家用電気工作物の電気工事は行えません。この認定電気工事従事者の資格を取得すると、小〜中規模のビルの簡易電気工事が行えるため、2種電工と合わせて持っておきたい資格です。ちなみに、500kW以上の中〜大規模ビルの場合、電気主任技術者の監督の [続きを読む]
  • 簿記より有利!?建設業経理士について
  • 簿記関連資格として、建設業経理士があります。建設業に関わる公共事業の入札に使われる「経営事項審査」に加点される資格で、有名どころの日商簿記よりも優遇する会社も存在しています。どんな資格?建設業振興基金が開催している検定試験。下位資格には建設業経理事務士(3級・4級)があり、上位資格の建設業経理士(1級・2級)に関してのみ、「経営事項審査」に加点があります。加点される点数は、資格者数によって2〜10 [続きを読む]
  • 4点セットの上位!第2種冷凍機械責任者について
  • ビルメン4点セットの上位資格として、①1種電工②危険物甲種③1級ボイラー・特級ボイラー④2種冷凍・1種冷凍以上があります。このうち、2種冷凍と1種冷凍は、受験資格に実務経験は不要ですし、免許の交付制限もありません。勉強さえしっかりすれば、転職前でも十分に取れる資格です。今回は2種冷凍について書きます。どんな資格?2種冷凍は、1日の冷凍能力が300t未満の設備の保安が行えます。第3種、第1種と同じく、選 [続きを読む]
  • IT知識の強化に!基本情報技術者について
  • 基本情報技術者、略称FEは、情報処理技術者試験の一区分。レベル1〜4のうち、「レベル2」に相当する資格となっています。どんな人が受ける試験?主に情報系学科の学生やプログラマの方に人気の試験で、プログラムの問題も出題されています。しかし、一般の人にも有用な試験です。マネジメント系・ストラテジ系といった、経営戦略も含むような内容がこの試験で勉強できるからです。もちろん、情報の基礎理論やネットワークにつ [続きを読む]
  • 弱電の基本資格!工事担任者について
  • 弱電設備は、主に外線・内線の電話回線とインターネット等の通信回線があります。これらの設備の接続・配線工事を行うのが、電気通信の「工事担任者」です。略して工担とも呼ばれますが、何の資格かわかりづらいため、人に説明するときには「電話の」とか、「電気通信の」とかを頭につけるのが普通。試験種別についてAI第1〜3種、DD第1〜3種、AI・DD総合種があります。AI(アナログ)は電話回線、DD(デジタル)は [続きを読む]