ier2019 さん プロフィール

  •  
ier2019さん: 気まぐれ一語録
ハンドル名ier2019 さん
ブログタイトル気まぐれ一語録
ブログURLhttps://ameblo.jp/ier2019/
サイト紹介文気まぐれに思ったことをつづっています。 人生の励みになるかも?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 211日(平均6.8回/週) - 参加 2017/01/20 21:12

ier2019 さんのブログ記事

  • 本音を言えないから
  • みんなそれぞれ考えてるみんなそれぞれの正義があるその正義を重ね合わせてお互い尊重しあえばそれなりにいい関係性はできるものと思う。だけど、その正義が嘘だったり、うわべだったり、人に合わせて形だけならその擦り合わせは意味がないものになってすぐに歪みが出てしまう。本音で付き合えなきゃなにも始まらない。本音を語る人じゃなきゃ信じれない。本音を見抜ける自分を探し続けて自分も守らなきゃ身がもたない。 [続きを読む]
  • 理屈だけじゃない
  • 物事は理屈だけで解決できるものが全てじゃない。思いや、イメージ、優しさなど心や感覚の、説明のつかないもので解決できるものだってある。だって人だから。人は神様じゃないから全てを理屈になんかできないし、気持ちほど、気持ちよく、人の心を軽くできる薬はないから。 [続きを読む]
  • 人の力を借りず、成長し続ける秘訣?
  • 前回お話しした、承認欲求。主に人から承認される事で満足感を得られ、喜びに変わるといったものです。実は、この承認欲求は決して人からしか得られないものではないんです。そう、自分で自分を承認してあげるんです。簡単じゃないですよね。そう、感覚がわかるまでは。例えば、こんな事を経験したことはないですか?好きな服を買う。好きな車を買う。友達にアドバイスをする。人に意見を言う。ありますよね?実はこの行動全て、 [続きを読む]
  • 出来事で
  • 一つの出来事でその人の素晴らしさは測れない。同時に一つの出来事でその人がダメな人だと決められない。ただ、多くの人が数の知れた出来事でその人の人間性を決めつける。 [続きを読む]
  • 人の力を借りず、成長を続ける秘訣?
  • 人はみんな、「人に認められたい」という承認欲求を持っています。人に認められることで自分の存在を肯定されるからです。嬉しくなるんですね。ただ、これは長続きしません。だから、また認められたいと、頑張れます。ただ、ずっとこれを繰り返せるでしょうか?その間に、耳の痛いことを受け入れなければいけない時があったり、甘えが出て、サボることがあったり、承認によっては満足できなくなったり。そう、人ってわがままだか [続きを読む]
  • 言霊はなぜ魂が宿る?
  • 言霊って言うけど、言ったことには魂がこもるからそのようになる、と。言い換えれば思ってることが言葉になるわけだから、考えそのものが、言葉になってるということ。考えてること、思ってることが性格になって、人生を司る。発する言葉から変えていけば考えや思うことも変えていけるかもね。そしたら人生も変わっていくよ。 [続きを読む]
  • 指導ってなんだろう。
  • 本人はそのつもりはないのだろうけど過去にすがった話が多い。。。でも、その人は部下に「今はそんな時代じゃないんだから」と指導していると言う。到底本質を指導できているとは思えない。きっと、自己開示という名目のもと、「自分もそうだったけど」という楽な緒での上部の指導だろう。自分がまず変わらずして、自分にまず気づかずして人には伝えることはできない。 [続きを読む]
  • 見方、出し方
  • 本音だけで生きれたら、さぞかし楽だろう。ただ、色んな人がいるから、本音だけで生きてると人から敬遠されてしまう。だからと言って建前ばかりで生きてると、人の目ばかり気になりだして自分らしくいられなくなる。自分がどちらかだとみんなの見方が理解できず苦しくなってしまう。時と場合、人や環境によって使い分けることが自分にとって成長につながる。 [続きを読む]
  • 違い
  • 傲慢な人は自分に従い、意見しない人を好む。謙虚な人は自分と分け隔てなく、意見をくれる人を好む。傲慢な人は、人を否定し、否定されることを嫌がる。謙虚な人は人を肯定し、全てを肯定されることを嫌がる。 [続きを読む]
  • 言霊
  • 落ち込んでる時、悲しい時、辛い時。その理由が人からすれば大した事なくても本人にとっては、その引き金なんだよ。そんな時、些細な言葉がどれだけ光を灯すだろう。落ち込む原因が、本人のとった行動や言動であればなおのこと、本人の行動や言動に対しプラスの反応をしてあげるだけでその人を助けてあげれるかもしれないし、深い底へ落ちることを防いであげられるかもしれない。人がいつそんな心になってるかわからないから、だ [続きを読む]
  • 困難は人生の岐路
  • 困難を、新たな捉え方を生み出すチャンスと前を向けるか、また訪れた辛いことと悲観するかで人生の方向は決まっていく。 (アンソニー・ロビンスからの引用) [続きを読む]
  • 今への感謝
  • 家に家電があって、家具がある。不自由なく必要なものが買えてお腹が空いたら、好きなものが食べられる。こんな幸せなことはない。今のすべてに感謝して今与えられてることに責任を持つことは当たり前すぎることだな。と切に思う今日この頃。 [続きを読む]
  • 頑張ってるって何?
  • 『頑張るってなに?』考えてみた。一生懸命することかな?必死になることかな?夢中になることかな?耐えることかな?僕はきっと自分じゃ見つけれないものだと思う。人がその人を見て心を打たれたり、感動したり、応援したくなったり。そう思ったときに『頑張ってる』って感じる。だから、人によって頑張りって違うし、自分でそこで悩むことはないんじゃない? [続きを読む]
  • 行動を認める
  • 頑張ってる人って、行動を評価して欲しいというより、その行動を認めてもらって、結果が必ず付いてくるって、背中を押して応援して欲しい。心の底ではそう思ってんじゃないかな。 [続きを読む]
  • メラビアンの法則
  • 21の時が一番伝えるのが上手だった。ただ、その時は誰も耳を貸さなかった。今は、くだらないことを言ってもその裏に深い意味があるのでは?と、誰もが私の言うことに注目をして聞き入っている。 ウォーレン バフェット何を伝えるかよりも誰が伝えるかが大事なのかがよく分かる格言だなと。 [続きを読む]
  • 仕事量と質
  • ノウハウやスキルを教わってするならそれを数をこなす必要がある。数をこなしていく上で自分なりの工夫、個性が出てくればそれが自分のスキル、ノウハウとなっている証。力がないうちは前者で経験し、力がついてきたときに人と違うことを生み出す必要がある。 [続きを読む]
  • 視点を改める
  • ふとすると、人は自分が笑顔になる事ばかりを探したり、求めたりしてしまう。でも、本当に幸せな人生を送りたいなら人を笑顔にしようと追い求めるといい。だって、多くの人は前者なのだから。 [続きを読む]