ROKOKO さん プロフィール

  •  
ROKOKOさん: day by day
ハンドル名ROKOKO さん
ブログタイトルday by day
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/himitsuno_ikkochan-happy/
サイト紹介文クヨクヨしない。起こっていないことで悩まない。今日一日を楽しく!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 64日(平均3.5回/週) - 参加 2017/01/21 09:10

ROKOKO さんのブログ記事

  • テンション下がって持ち直す
  • 英会話スクール。せっかく、ネイティブの先生のクラスになれたのに。4月から担任替えで、また非ネイティブの先生になりそう。ああ、ネイティブの先生、若くて、長身、金髪で目の保養だったのに!テンション下がりました…でも、帰って来て、テレビをつけたら、稀勢の里がけがをして、病院に運ばれたと。神様はこんなにも彼に試練を与えるなんて…私ってちっぽけだなー。今日はお仕事がんばります!帰ってきたら、稀勢の里のうれし [続きを読む]
  • ぐちゃぐちゃの冷凍室とロフト
  • 食品を放り込んだ冷凍室。立ててみました。ちょっと見やすくなったかな。捨てたもの。こちらは、なんでも放置したままのロフト。3階なので、めったに来ない。たまに来ても、どこから手をつけてよいかわからず、そのまま。とりあえず、毎日足を運び、そのたび不用なモノを間引くしかなさそう。一日ひとつずつ間引けば、不要なものが1年で365個処分できる。千里の道も一歩から? [続きを読む]
  • 心優しきクロネコヤマトさん
  • 息子の高校の制服。3年間ありがとうございました。もう少ししたら、お納めします。3年前。高校入学を控えた息子の新しい制服を届けにきてくれたクロネコヤマトのドライバーさんの一言。新しい制服ですね。明るい未来が待っていますね。この話を人に言うとき、ちょっと、涙声になってしまう。宅配業者さんの過酷な労働…。彼らに明るい未来が待っていますように。 [続きを読む]
  • 人が大切にしているものを否定するな!
  • 母が亡くなってから、魂の世界とか、生まれ変わりなどに興味を持ち、いろいろな本を読みました。昨日夫が、職場の同僚のことを嘆いていたので、「そういう人は、前世はヘビとか、猛獣とかだったんだよ。まだ人間として魂のステージが低いから話しても理解してもらえないよ」と言ってみたら、めずらしく、「面白いね、だれがそう言うの?」と聞いてきたので、ついつい美輪明宏さんや斎藤一人さんのお話を熱く語ってしまった!ばかだ [続きを読む]
  • 不調。身体を休めればいいのか、鍛えるべきなのか
  • 最近、多くなってきた。身体がだるくて、重くて、足が冷えて、何もする気になれないこと。栄養が偏っているのか、運動が足りないのか、睡眠が十分ではなかったのか。あるいは、取り越し苦労のしすぎか。全部かもしれないし、年のせいかもしれない。とりあえず、ストレッチをして、昼寝をして、ハーブティーを飲んでみた。何も変わらなかった。働いている夫や父や妹、弟に申し訳ないような罪悪感を感じてしまう。明日は、スポーツシ [続きを読む]
  • さりげなく子どもの学歴を自慢したがる人たち
  • こっちから聞いてもいないのに、会話の途中に、子どもの学歴をスッと入れてくる人たち。さりげないつもりかもしれないけど、ぜんぜん、さりげなくない。大学の入学式の話から。「うちは二人とも早稲田だったけど、入学式はいつも4月1日だったわ」とか。「慶應の理工学部って男子が多いから、入学式は地味だったわ」とか。何年も前に卒業してるのに…言いたいものなのかな?「息子さん、大学はどちら?」って聞かれたこともある。な [続きを読む]
  • 3枚買って、3枚捨てる(12年ぶりの交換)
  • バスマット。この3枚を12年間ローテーションで使っていました確か1枚500円でした。(毎日洗濯してるので、1枚につき、1400回以上洗ったことになる!)お世話になり、ありがとうございました。こちらが新しいバスマット。1枚600円でした。また12年くらい使うのかなよろしくお願いします。それにしても…12年後って、私はいったいどうしているのでしょう?社会はいったいどうなっているのでしょう?何かモノを買い替えるたび、来し方 [続きを読む]
  • 思い出がどうのとか言ってたら捨てられない
  • 息子の通学バッグをお納めします。3年間無事に通学に付き合ってくれて、ありがとうございました。「高校の思い出として取っておいてほしいもの」というアンケートでは制服がダントツ1位だったそうですが。息子はそういうタイプではないと思うので、制服も近々、お納めします。思い出もいいけど、前向きにいきたい。 [続きを読む]
  • 踏み出す勇気⇒楽しい毎日へ
  • 昨日は踏み出しました!①英会話スクールに電話して、コースを変更してもらいました。実はがまんしてました。講師は全員ネイティブってなっているのに、私のクラスの先生は非ネイティブなんです。通じない英語や、先生が間違っているときもあります。でも、それは伝えずに、スケジュールの都合で…ということにしました。もめるのはいやだから。②スポーツジムに見学に行きました。アルバイトのおにいさんの無愛想には悲しくなりま [続きを読む]
  • 人と話すのが怖くなってきた?
  • 若いころは、なんとも思っていなかったけど。最近、人と話すことが苦痛になってきた?正直、怖い。①英会話スクールのコース変更をスタッフに言い出せなかった。担当の先生に申し訳ないし、ワガママと思われてしまいそう。②昨日もスポーツジムの見学に行かなかった。運動はしたいけど、説明を受けた上で、入会したくないとなれば、ちょっと気まずい。③週に1回教えている英語塾の保護者対応。保護者から留守電が入っていた。「ま [続きを読む]
  • 人間関係にも旬がある
  • 「連絡するね」と言われて連絡がなかった場合。シンプルに「きっと忙しいんだ」「何か用事ができたんだ」と考えられる人はプラス思考で、「私、きらわれてる?」「何かまずいこと言っちゃったかな?」と考えるひとはマイナス思考。というのをどこかで読みました。友人から、ずっと連絡がない…「年明けに連絡する」と言ってた。体調の思わしくないご家族のこともあって、こちらからは連絡しづらい。何の連絡もないまま、もう3月。 [続きを読む]
  • 一日ぐずぐずしてしまいました
  • 家から一歩も出ない一日でした。雨だったというのもあります。もともとぐずぐずしている性格でもあります。友だちから紹介してもらったスポーツクラブにもなかなか見学に行く気になれません。雨だから、ではなく、やはり、新しいところに行くのは勇気が必要だから。こういうのは、年齢とともにますます億劫になっていくのでしょうか。なんか、怖い。年齢とともに億劫になるのなら、一日も早く行動しなきゃ! [続きを読む]
  • イケメン先生と50分
  • 英会話スクール。今日は、新しい先生でした。25才アメリカ人男性。金髪、長身。若い生徒さんは、トキめくでしょうね。私も、楽しかった!!美しいものは美しい。目の保養になりました。英語もしっかり復習します!「どこの撮影現場へ行っても、誰かに恋してる」って言ったのは、友近さんだった? [続きを読む]
  • ゴミ入れの処分料金
  • 以前、小さなアパートに住んでいた時、ゴミ入れとしてベランダで使っていたバケツ。引っ越してからは、使い道がないまま、15年放置…これ、粗大ごみになります。ひとつ300円の処理費用。ふたつだから、600円。元気なうちに、いろいろやっておこう!そして、いっぱい遊ぼう!と思う3月の朝でした。 [続きを読む]
  • 保護者が卒業式に着ていく服よりも大事なこと⁉
  • 子どもの卒業式に、ママはどんな服装でいくべきか?という情報は、ネット上にもあふれていますが。もっと、気をつけるべきこと!それは冷え対策!とくにスカートとストッキングなんてめったに着用しない人は、注意です。私は、ここぞとばかりに極暖を着用しました!さらに、着席してから、レッグウォーマーを履いて、ストールを膝に掛けました。使い捨てカイロも持参しましたが、使うほどではありませんでした。卒業式の会場は、暖 [続きを読む]
  • 高校の卒業式で、自分の来し方行く末を考える⁉
  • 息子の卒業式に行ってきました。いろんな思いがめぐる…それはさておき。同年代のママたちを見て、つくづく思いました。上手に年を重ねていくことはむずかしいみたい。もう、何もしなくていい年齢じゃない。だけど、がんばりすぎるのもちょっと、どうかな?やっぱり、ストッキングが伝線していたらだらしなく見えるし、ロング・ヘアなら、それなりのお手入れをしないと、パッサパサ…身だしなみはこれからますます気を付けようと思 [続きを読む]
  • ももせいづみさんの『ほどほどかげんの幸せ暮らし』を実行に移す
  • ももせいづみさんと言えば、イコール、願い事手帳の人みたいですが。今から10年以上前に読んだ、『ほどほどかげんの幸せ暮らし』がとても素敵でした。その中に、「これ、実行しよう!」というものがありました。習い事。たいていの習い事は10年やればだれでもプロ。それをスキルとして、仕事ができる。このことが、頭のすみにあって、子どもに手がかからなくなったとき、私はパートに出ずに、英語の勉強を始めました。今年で7年目 [続きを読む]
  • 「水とダイヤモンドのお話」斎藤一人さん
  • 斎藤一人さんの『すべてがうまくいく上気元の魔法』の中の、「水とダイヤモンドのお話」は私には衝撃的でした。「コップ一杯の水とダイヤモンド。どちらか選びなさい」って聞かれたら、どっちを選びますか?私は、装飾品に興味がないし、いざというときに役に立つ方がいいと思い、「水」を選びました。一人さんは、この考え方がよくないって!日本には水がいっぱいあるんだから!砂漠じゃないんだから!ありえないことを心配して生 [続きを読む]
  • 人間関係の断捨離
  • 余計なストレスは抱え込まない。こっちの元気を吸い取ってしまうような人にはさようなら。①英会話スクール。病気の話、どこかの誰かが亡くなった話、となりのクラスの誰かが詐欺にあって大金とられた、そんな話ばかりする人。こちらから、クラスを替えて、会わないようにしました。②ヨガお金の不安と、旦那が出世街道からはずれた不満。何十年も前の、火事の話。趣味がない、友達がほしい。そんな話ばかりする人。明日、ヨガを退 [続きを読む]
  • 梅沢富美男氏より、新庄剛志さんの生き方
  • 人をこき下ろして商売(バイト)している役者より、チャラチャラ見せかけておいて、日本人初の大リーグ4番打者になっちゃう新庄さんの方が、カッコいいな。『しくじり先生』で「野球なんて、マジバイト」サービス精神からの発言でしょう。努力してます、って見せないところも、新庄さんのスタイルなんでしょうね。明るくて、突き抜けた生き方を見たけれど、複雑な表情のときもあった…今の時代、なかなか存分に生きられなくて、ま [続きを読む]
  • たましいの世界ってあるのかも
  • 3年前の3月に起こった不思議なこと。朝、窓を開けたら、空一面に小さなオレンジ色の光が浮かんでた。「なに? 水蒸気?」何も考えられなくなって、不思議な気持ちになった。「お母さんが、いつもこうやって見守ってくれていたらいいのに」はっと我に返って、空を見上げると、もう、そこにオレンジの光はなかった。「これじゃあ、お母さん死んじゃうみたいじゃん…」2か月後に母に会ったときは、元気そうに見えた。5月5日、子ども [続きを読む]
  • 自宅で教室を開きたい
  • 長いこと、英語を勉強していて、講師もやっているのですが、そろそろ、自宅で教室を開きたいと思うようになりました。4月から息子も大学生になることだし。自分も新たな一歩を踏み出したい。自転車をこぎ始めるときと同じで、最初の一歩が一番エネルギーがいる…今は、自分も家族も健康だし、独り暮らしの父もなんとかやっている。「あのときやっておけばよかった」ってならないように、準備を始めよう!それに、失敗したら、うま [続きを読む]
  • 口にする言葉で、人生変わってくるんじゃないかな
  • 今日はヨガの日でした。「恵まれてるよねー」を連発する人にうんざりしてしまいました。「一軒家に住んでるなんて恵まれてるよねー」(20坪足らずだし、私もOL時代にめっちゃ節約して頭金出した!)「明るい友達がいるなんて恵まれてるよねー」(こっちから勇気を出して声をかけて友人になった)「英会話習ってるなんて恵まれてるよねー」(その分働いてます!)「恵まれてるよねー」は、イコール「私は恵まれていないのよー」って [続きを読む]
  • 健康が最大の関心事…でもそれだけじゃちょっと、ね。
  • 人間ドックの結果。全体でCだった!せめてBであってほしかった!ああ、「経過観察」が毎年のように増えていく。不安になる。だけど、とりあえず、向こう1年は楽しく暮らせそうと、考えていいんだよね。「経過観察」の項目についてはネットでいちいち調べて、できそうなことは日常生活に取り入れる。ひとつだけ、気がかりなのは、「網膜出血」明日こそ、眼科に行こう!(今日は休診日)今日は、英会話レッスンに行く。家でジトッと [続きを読む]
  • 「今日はいい日だ」って言うといいんだよね
  • 今日はちょっと用事があって、お昼をはさんで出かけました。ふらっと入ったレストランのワタリガニのパスタが美味しかった。続いて、時間調整のために立ち寄ったブックオフで、買おうと思いながら見送っていた本を見つけた!スティーブ・ソレイシィさんの『英会話1000本ノック』1,800円⇒780円迷わず買いました。家に帰ったら、郵便受けに封筒が入っていた。ん?糸魚川市⁉もしかして、去年の大火災で、義援金を送ったから?ご丁寧 [続きを読む]