ROWS! さん プロフィール

  •  
ROWS!さん: ROWS!働き方改革マガジン
ハンドル名ROWS! さん
ブログタイトルROWS!働き方改革マガジン
ブログURLhttp://rows.jp
サイト紹介文働き方改革に関する情報を「いっしょうけんめい」集めてみるサイトです。
自由文このサイトはどのようなサイトなのか、ご紹介いたします。

このサイトは、「働き方改革」についての情報を集めるサイトです。

「ROWS!」とは、「 Redesign Of Work Style 」のことです。「働きやすいように、働き方を新しくデザインしよう!」という意味を込めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 66日(平均9.8回/週) - 参加 2017/01/21 10:48

ROWS! さんのブログ記事

  • 労働時間の上限規制導入の「抜け穴」2つ
  • 時間外労働時間の上限規制については、「基本:1か月45時間、年間360時間」「繁忙期:1か月100時間未満、年間720時間」といったラインに決まりそうな情勢です。ただ、この上限規制には「抜け穴」がある!・・・と指摘した記事があるので、2つご紹介しましょう。1.時間外労働に「休日労働が含まれていない」抜け穴労災保険における過労死ラインが話題になるとき、その労働時間には「時間外・休日労働時間」が含まれ [続きを読む]
  • 今年の就職戦線も学生側が優位の売り手市場となりそう?
  • 企業が存続するためには、「人材の確保」が不可欠です。基本的な流れとして労働時間が減少するのだから、会社からみれば求人難が続くのでは・・・と思っています。しかし、働き方改革や同一労働同一賃金の動きをみていると、会社は、学生を雇って教育・訓練で育てるよりも、中途採用による即戦力人材の確保にシフトしていくのではないかな・・・と気になっていました。新卒採用「増やす」27% 18年度 主要104社アンケート [続きを読む]
  • 働き方改革を阻害している要因は、ズバリ!「総合職」?!
  • 「総合職」といえば、日本の組織に特徴的なポジションであり、高度経済成長を推進してきたキーポジションといえるのではないかと考えています。日本企業の強みであり長所でもあります。その「総合職」に対するキビシイ意見です。会社を成長させるには、「総合職」を廃止せよ 働き方改革は、そこからはじまる< 現代ビジネス >会社の基幹人材を長期間かけてジックリ育てるという方法論が、かならずしも悪いとは思いませんが、時代 [続きを読む]
  • 会社はいま、必死に生き残ろう・・・としているのかも知れない。
  • 「うまい! やすい! はやい!」ってキャッチコピーの牛丼屋さんありましたね。より安く、より高い付加価値を提供することで、会社は激しい競争を勝ち抜いてきました。問題は、どうやって「より安く」「より高い付加価値」を実現するか・・・です。「技術的イノベーションにより実現しました!」とかだったらカッコ良いのですが、多くの会社では「努力」「根性」「人海戦術」で乗り切っているのではありませんか? つまり、従業員 [続きを読む]
  • 労働時間の上限規制、100時間「未満」で決着か?
  • いよいよ決着するのでしょうか?「月100時間未満」で決着=残業上限、安倍首相裁定に< JIJI.com >「100時間未満」というのは、「100時間はダメ」という明確なメッセージだということです。わりとキリが良い数字なので、実際に特例条項の上限時間を100時間で締結している36協定はたくさんあると思います。更新のときは、「99時間59分」なんてせずに、残業時間について、キチンと労使で話しあってほしいものです [続きを読む]
  • 労働時間の上限規制、100時間「未満」で決着か?
  • いよいよ決着するのでしょうか?「月100時間未満」で決着=残業上限、安倍首相裁定に< JIJI.com >「100時間未満」というのは、「100時間はダメ」という明確なメッセージだということです。わりとキリが良い数字なので、実際に特例条項の上限時間を100時間で締結している36協定はたくさんあると思います。更新のときは、「99時間59分」なんてせずに、残業時間について、キチンと労使で話しあってほしいものです [続きを読む]
  • ヤマト運輸やっぱり値上げ(27年ぶり)
  • 調査して未払い残業代をすべて払うっていうニュースをみて、配送料を値上げするつもりじゃないかな・・・って感じがしたんですよね。ヤマト、27年ぶり値上げへ 宅配の対応能力限界< 東京新聞 >適正な利益をシッカリ確保して、キチンと労働者の待遇に反映させてほしいです。ランキングに参加しています。 お願いします。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年も賃上げ?
  • 働き方改革という結構大きな改革を進める必要があり、さらに、同一労働同一賃金の実現に向けて、不合理な待遇格差の改善もしなければならないのに、一律というか画一的な賃上げを維持するのはムリがあるんじゃないかなぁ・・・という、漠然としたギモンがあります。あなたの給料、今年は上がるか? 「働き方改革」「労働力不足」追い風になる?< Yahoo!NEWS/NIKKEI STYLE >ランキングに参加しています。 お願いします。 [続きを読む]
  • データで見る働き方改革の理由
  • このサイトは、「働き方改革を進めなくてはならない」・・・という立場ですが、「進めることになんの問題もない」といいたいのではありません。取組を進めることが企業にとって負担になれば、労働者にもシワヨセが及ぶでしょう。そのほかにも、既存の正規労働者の雇用安定性は弱まる一方、労働強度は高まる可能性が高い。働き方改革が生産性向上や経済成長だけを優先にすると、労働者の生活の質はより悪化する恐れが高い。などなど [続きを読む]
  • 未払賃金は適切に支払われるのか?(ヤマト運輸 未払賃金問題)
  • ヤマト運輸の未払い残業代問題について、まとめておきましょう。まず、4日ほど前の報道から。ヤマト、巨額未払い残業代 7.6万人調べ支給へ< 朝日新聞DIGITAL >報道によれば、昨年8月の労働基準監督署による是正勧告が発端だといいます。サービス残業の内容は、おおむね次のような内容です。給与は、携帯端末で記録された勤務時間から、自己申告の休憩時間を除いた時間をもとに計算しているが、携帯端末がオフになっていると [続きを読む]
  • 予算審議が、グダグダだ・・・(>o
  • 予算委員会で、日本の将来をを決める大切な大切な予算が決まります!予算委員会の所管事項は端的に「予算」とだけ定められている(衆議院規則92条・参議院規則74条)。内閣が提出する予算案の審議を行うことが基本的な役割であるが、予算というものは一年間の国政の在り方を決めるものであるため、予算委員会では国政のあらゆる重要事項についての審議が行われる(その際には、議題は「予算の執行状況に関する件」とされる)。その [続きを読む]
  • 労働者に長時間労働をさせているのは、○○と□□です!!
  • 「働き方改革」は「働かせ改革」だ・・・なんて言われます。なぜなら、働かせている(労働者に指揮命令をしている)のは、会社だからです。では、【問題】労働者に、ありえないほどの長時間労働をさせているのは、誰でしょうか?ただの長時間労働ではありません。過労死ラインを超えるような長時間労働をさせている人です。つい先日、次のようなニュースが流れていました。月100時間残業「あり得ない」…連合会長(YOMIURI ONL [続きを読む]
  • 生産性向上の「失敗パターン」「成功パターン」
  • ビジュアル ムダとり 時間術 (日経文庫ビジュアル)で紹介されている「生産性向上」の2つのパターンについてご紹介しましょう。働き方改革にとっても、同一労働同一賃金にとっても、実現のポイントは「生産性の向上」です。そもそも生産性とはなんでしょうか? カンタンには、次の式であらわせます。生産性をあげるなら、「アウトプットを大きくする」か「インプットを小さくする」かどちらか・・・ということになります。仕事の内 [続きを読む]
  • 生産性向上にきっと役立つ「時間管理ツール」
  • 働き方改革を推進するためのエンジンは、ズバリ!「生産性向上」です。長時間労働・過重労働を軽減することは良いことだけど、結果、給料が減ってしまう・・・という働き方をすべての労働者が許容できるとは限りません。そして、人件費が増大することをすべての会社が許容できるともかぎりません。生産性を向上させて、労働者の給料を減らさず、会社の業績にも影響がでないように進めることが理想的ですね。同一労働同一賃金を実現 [続きを読む]
  • 本日最終回!働き方改革実現会議 個々のテーマについての議論
  • 会議には、いろいろなスタイルがあるのですが、議論を尽くして、すべての参加者が納得のいく結論がでるまで続ける・・・とは、なかなかいかないモノです。とはいえ、今日まで8回続いた「働き方改革実現会議」で、議論が深まったのでしょうか?(会議の進め方として、委員それぞれが自分の意見をプレゼンするカタチというような話も聞きました)これから、どのような施策が実効されて実施されるのか、特に「同一労働同一賃金」の実 [続きを読む]
  • トイレと働き方改革の緊密な(?)関係
  • 製造業で、昼の休憩時間が「45分」ってところがあります。イメージとしては、ゆっくり昼食を食べたら、それだけで休憩時間は終わり・・・って感じで、ちょっとタイトな休憩時間の設定ですね。では、1日の休憩時間が45分だけしかないのか・・・っていうと、そうではありません。午前中に1回、午後に2回、計3回各5分づつの「ショート休憩」があります。この「ショート休憩」の間にトイレに行ったり水を飲んだり体をほぐした [続きを読む]
  • 残業上限規制、ギリギリの攻防戦!?
  • 2月から時間外労働の上限規制についての話し合いが始まっていますが、早くも膠着常態のようです。上限は、過労死ラインになるのか、それとも、過労死ラインより引き下げられるのか?記事によれば、経済界の要望を踏まえた政府 VS 労働者側(連合)・・・といった構図になっていますが、果たして決着がつくんでしょうか? 決着がつかなければ、上限規制そのものがお流れになってしまいそうな情勢です。以前にも少し書きましたが、 [続きを読む]