まりも さん プロフィール

  •  
まりもさん: ぴあののおと
ハンドル名まりも さん
ブログタイトルぴあののおと
ブログURLhttp://pianooto.seesaa.net/
サイト紹介文ピアノ弾きを夢みるアラサー主婦のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 155日(平均3.2回/週) - 参加 2017/01/21 13:24

まりも さんのブログ記事

  • 演奏者として信用を得るということ。演奏以外の行動面もとても重要だよね
  • こんにちは、まりもです。今日はいろいろやらかした一日でした。ああ、穴があったら入りたい。もういい大人なので、軽々しく「死にたい、、、」とか呟いたりしません。でも、そのくらいのテンションで「穴があったら入りたい、、、」続くときは続く私は「しっかりしてそうに見えて案外抜けてるよね。」と友人に言われるような人間です。自分でも結構うっかりしていると思う。予定管理については、新婚旅行の旅程決めで私自身の大切 [続きを読む]
  • コンサートに行ってきました。ドビュッシーも弾きたい
  • こんにちは、まりもです。先日、三浦友理枝さんのピアノのコンサートに行ってきました。前半はAllドビュッシー。後半は、チャイコフスキーやフォーレなど、さまざまな作曲家の舟歌を集めたプログラムでした。なかなかこういったプログラムのコンサートは地方では聴けないので嬉しいです。姿勢がきれいおしゃべりコンサートのような感じで、曲の合間に三浦さんが曲の説明などをしてくださいました。今まで私が聴いたコンサートでは [続きを読む]
  • 合唱伴奏のときの音のバランス
  • こんにちは、まりもです。合唱の伴奏をするときは、できるだけバスをしっかり響かせるように弾いています。とくに女声合唱や児童合唱では、声の響きが高い音域にかたまるので、バスと中低音の響きを意識して伴奏をします。が、このまえのステージでの録音を聴いて、一つ気づいたことがありました。声域と同じか少し上くらいの高音が歌声に埋もれるピアノの伴奏にも時折、歌の対旋律であったり、「キラーン」とした効果音的なパッセ [続きを読む]
  • 手の上げ方を工夫したらフレーズ終わりが綺麗になりました。
  • こんにちは、まりもです。昨日のホールでの録音を聴いて、ひとり反省会をしました。課題もいろいろあるんですが、まずは収穫から。いろいろ考えて練習してきて、これまでの自分の演奏と比べて、改善が見られたことがあります。それは、フレーズのおわり。手や腕の上げ方で余韻や音色が変わる以前、仲道郁代さんとミヒャエル・コフラーさんのデュオコンサートを聴いた際に、仲道さんの手や腕の上げ方が特徴的だったと書きました。そ [続きを読む]
  • 本番は練習どおり、練習は本番のように。やることを毎回全部やらねばね。
  • こんにちは、まりもです。今日は小学校の課題曲講習会に参加してきました。前半に参加校の合唱発表。後半に講師の先生のご指導。やっぱりちょっと緊張したステージは6月はじめの合唱祭以来です。合唱祭はちょっとアットホームな雰囲気でしたが、今回は、それぞれコンクールに向けて練習している曲の発表の場。それぞれの学校の演奏から、緊張感が伝わってきます。もちろん合唱祭もそれなりに緊張したけれど、伴奏者としての立場の [続きを読む]
  • ご無沙汰しております。京都へ行ってました。
  • こんにちは、まりもです。ご無沙汰しておりました。夫くんがゴールデンウィークの代休でまとまったお休みをいただけたので、京都旅行に行っていました。のんびりまわる京都。平日は行列のできるお店もすんなり入ることができて、とてもおいしい思いをしてきました。紫陽花は伏見稲荷の次の駅の藤森神社。下鴨神社。出町ふたばの豆大福とお隣のお寿司屋さんのおいなりさん。(*´ェ`*)みたらし団子ーーー。平安神宮から南禅寺へ。湯豆 [続きを読む]
  • 初合わせはやっぱり緊張する!伴奏の最低ライン
  • こんにちは、まりもです。金曜日は高校の合唱班の伴奏合わせ。土曜日は小学校の合唱団の伴奏合わせに行ってきました。どちらも課題曲に加えて自由曲もピアノつきです。課題曲は子供でも弾ける子がいれば弾けるレベルにはしてあるので、そこまでじゃないのですが、(譜読みもしやすいし)大抵、自由曲の方が凝ってるのよね。ピアニストを雇うのだから当然と言えば当然ですね。弾かせていただくので、お金を出せるだけのものにしなく [続きを読む]
  • やっぱり音をどう出すかは、音をどう切るかなんだ。
  • こんにちは、まりもです。今日は仕事のあと、ミハエル・コフラーさんと仲道郁代さんのデュオリサイタルを聴きに行ってきました。フルートとピアノのデュオです。もう本当に、本当に本当に美しい海の底にいるような・・・。はたまた静かな澄んだ夜空にたたずんでいるような。。おふたりともすごく素敵な音と表現。フルートってこんなに綺麗なんだと。ピアノってこんなにいろいろな音がでるの?と。もう本当に、どうやって音出してる [続きを読む]
  • ピアノの調律をしていただきました。
  • こんにちは、まりもです。今日は自宅のアップライトピアノを調律していただきました。小さいころ使っていたピアノ一番上の姉の代から使っていたアップライトピアノ。私が音大受験をするときに、中古のグランドピアノを両親に買ってもらいました。それからアップライトピアノは従妹の子供たちのところへ。その子たちも中学生になり、もう弾かなくなってしまったので実家に戻してもらいました。そして私の結婚を機に、消音ユニットの [続きを読む]
  • レベルの違いは、できないところを出来るまで練習するかどうか
  • こんにちは、まりもです。伴奏のレッスンのあと、メンバーと先生でお茶をして解散になります。ご一緒させて頂いているお姉様方は、ピアノの演奏活動はもちろん、ご自身でもお教室をしていて、楽器店で講師を教える講師をしていたりします。生徒さんを何人もコンクールで全国大会に送り込んでいる凄腕の方も。そんな方々とのお茶の席で、おそらく上級の生徒さんの演奏やコンクールの話題に。〇〇ちゃんは、このくらいのレベルの曲な [続きを読む]
  • ピアノって本当に弾く人によって音が違うなぁ
  • こんばんは、まりもです。今日は、伴奏をしている合唱団で地域の合唱祭に参加してきました。一般の社会人の団体から、中高生まで、女声合唱や男声合唱など、さまざまな合唱団体が参加し、演奏しました。同じピアノでも出てくる音が違う当たり前ですが、同じ楽器でも弾く人によって音が全然違います。おそらく合唱団のピアニストも、団員で弾ける人が弾いていたり、ピアノの先生が弾いていたり、ピアニストとして活動をしている人が [続きを読む]
  • 明るい音色と暗い音色ってなんだ?音色の弾き分け
  • こんにちは、まりもです。歌曲の伴奏をしていく中で、同じパッセージでも歌詞によって明るく弾いたり暗く弾いたりしたい場面がいくつも出てきました。そこで考えたのです。そもそも、「明るい音色」「暗い音色」ってどう弾き分けてるんだ??和音や調での明暗はわかりやすいですよね。でも、長調で暗い音を出したり、短調で明るい音を出すにはどうしたら・・・?感覚でなんとなくは、タッチを変えたりしてやっているつもりでしたが [続きを読む]
  • コピー譜の管理はインデックスが便利です。
  • こんにちは、まりもです。始めに言っておきます。楽譜のコピーはいけません。が、譜めくりが上手くいかなかったり、書き込みをたくさんしたかったり、持ち歩きが手軽だったりと、自分用にコピー譜を使うことってありますよね。伴奏の場合も、譜めくり用にコピー譜も一緒に頂いたりします。で、これがね、管理に困るんですよね。増えてくると、なんか紙がたくさんあって、どの曲だかわからない。インデックスで解決これは、東京へ伴 [続きを読む]
  • NHK合唱コンクールの伴奏
  • こんにちは、まりもです。今年のNHK合唱コンクールは、中学校の課題曲がAKBでいろいろ話題になっていますね。4月から、音楽に本腰を入れるためにお仕事を変えました。それまではフルタイム勤務でしたが、非常勤のお仕事に。なので今は、駆け出しのフリーランスの状態。フリーランスといえば聞こえはいい(?)ですが、収入は本当に雀の涙なので、どちらかというと肩書は専業主婦になってしまうのかもしれません。数年でなん [続きを読む]
  • 自分の音を聴く。スマホで自分の演奏を録音して確かめたりしてます
  • こんにちは、まりもです。伴奏法のレッスンで、表現や音色について結構こだわって曲作りをしました。これまでも、自分の演奏を録音して、聴いて、確かめるってことはしてはいたのですが、あまり細かくはやっていませんでした。部分を取り出して、録音して、確かめるでも、今回「蝶と花」で細かく録音して確かめることで、音色を変えたいところで、ちゃんとわかるように変わっているかとか、8小節くらいの中での、rall.やrit.、ruba [続きを読む]
  • ト音記号の知恵の輪!とってもかわいいです
  • こんにちは、まりもです。以前本屋さんの雑貨コーナーでト音記号の知恵の輪を見つけました。かわい〜〜〜!と思いつつ、そのときは買いませんでした。が、ずっと気になってたんですよね。。でももう次行ったときには本屋さんにはなく、調べてみたら結構人気で売り切れていたり。ちょっと諦めかけていたら、Amazonで見つけてしまいました〜〜!買っちゃった。ト音記号と八分音符が繋がっています。あーでもないこーでもないといじっ [続きを読む]
  • 本番に強くなりたい。ちょっとしたことで動揺しない。
  • こんばんは、まりもです。土日は結婚式の演奏でした。チャペルのオルガンはだいたいがパイプはダミーで電子オルガンです。電子オルガンて、メンテナンスをどういう風にするのか知らないのですが、おそらく定期的にはしてないんじゃないかな。。音が出ないトラブル参列者のお客様が入ってくるので、演奏を始めようとしたら、音が出ない・・・・!( ゚Д゚)うそ。電源も入っているし、ランプもついているのに。ボリュームも0じゃない [続きを読む]
  • 演奏の質。表現のライブラリ。どれだけインプットしているか
  • こんばんは、まりもです。4月からとある中高一貫校で非常勤講師をやらせてもらっています。今日は授業の日だったので行ってきました。授業が終わって、先生から、「吹奏楽部が中学生に練習風景を見学・発表するので見に行きませんか?」とお誘いいただき見てきました。不安だとぎこちない高校は今日までテストでした。テスト明けすぐに見学会って大変ですね。今練習している曲を練習兼発表という形でしたが、やっぱり吹いてなかっ [続きを読む]
  • 基礎練習をしっかりすれば問題の半分は解決するのかもしれない
  • こんばんは、まりもです。歌曲の伴奏法でやっているフォーレの「蝶と花」。それほど難しい曲ではありません。が、前奏の左手が安定しない。右手の蝶が舞い上がるようなパッセージも、綺麗に弾けるときとそうでないときが。100発100中じゃないといけないのです。むしろ、コンディションが悪くたって弾けなきゃいけない。しばらくサボっていたスケール練習をやりましたそういえば、最近スケールの練習をさぼっているな。と思って、や [続きを読む]