まりも さん プロフィール

  •  
まりもさん: ぴあののおと
ハンドル名まりも さん
ブログタイトルぴあののおと
ブログURLhttp://pianooto.seesaa.net/
サイト紹介文ピアノ弾きを夢みるアラサー主婦のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 69日(平均3.3回/週) - 参加 2017/01/21 13:24

まりも さんのブログ記事

  • 発表会終わりました。課題も見えたステージ
  • こんにちは、まりもです。ご無沙汰しておりましたー。発表会から仕事納めでバタバタしておりました。発表会、なんとか終えましたお世話になっている先生の発表会。昨年は新婚旅行がそこしかとれず、断念。今年は友人の結婚式が重なり、断念・・・と思っていたら、「一番に弾けば間に合うでしょ」と、1番に弾くことに。リハなし、しかも結婚式参加の準備などで、その日一発目がステージ。や、ありえないですね。準備をもっと早くし [続きを読む]
  • ピアノ弾きの悪い癖?オケとピアノの終止の感じ方
  • こんにちは、まりもです。今日はコレペティ勉強会での話から。何度も書いていますが、オペラの練習はオーケストラの伴奏がピアノに編曲されたボーカルスコアで練習をしていきます。ですので、弦楽器のパッセージや木管楽器、金管楽器の旋律をピアノで弾くことになります。どうしても重くなってしまうコレペティ勉強会の中で、「弦楽器はそんな弾き方はしないよ。」という言葉が何回か出てきました。音が細くなってくると、どうして [続きを読む]
  • オペラの稽古でした。
  • こんにちは、まりもです。昨日は久々のオペラの稽古でした。今回の伴奏の当番は私ではないので、他のコレペティの方と一緒に聴講?です。聴講は先生のアドバイスを書き取る時間ぎしっかりあるし、指揮者とソリスト、伴奏の3者を客観的に見れるのでとても勉強会になります。聴講しながら、ところどころ、先生の棒に合わせてテンポを取れるようにエアーピアノで練習。あとICレコーダーで録音も。次の私も晩までしっかり練習しておか [続きを読む]
  • オクターブを綺麗に弾きたい。
  • こんにちは、まりもです。私、手が小さいんです。オクターブ、結構ぎりぎりというか、オクターブの連続やメロディーが綺麗に弾けなくいのが悩み。今練習しているラ・カンパネラでも後半のオクターブの連続が、手にも負荷がかかってしまって苦しんでいます。オクターブを綺麗に弾けるようになりたい…!改めて、いろいろ調べてみています。手の柔軟性が大事。手を広げるマッサージ小さいころから、手が小さいのはコンプレックスだっ [続きを読む]
  • レッスン後の備忘録には付箋が便利
  • こんにちは、一人で飲食店に入るのが全然平気なまりもです。先日職場で話題になりまして。ひとりカッパ寿司は、スピーディーに済むのでよいです。夫と喧嘩したときに行った、リッチなホテルでのひとりフレンチはちょっと居た堪れなかったのでフレンチは誰かと行くもんだと認識しました。先日のコレペティ勉強会のあと、勉強会場の近くのお蕎麦屋さんへ行きました。お蕎麦屋さんなのに天丼を頼むというね。すごくおいしいんですよ! [続きを読む]
  • 日ごろから練習のなかで指揮者を見る練習をする
  • こんにちは、まりもです。週末、3回目のコレペティ勉強会に行ってきました。前回同様にみんなで弾きながら確認していきます。休符のフェルマータを見落としやすいオペラの伴奏のピアノは、もちろんオケパートなので、指揮者に合わせなければいけません。曲の入りやテンポが変わるところ、フェルマータは当然指揮者を見るのですが、テンポが速かったり、伴奏がちょっと大変はところは、フェルマータを見落として次の部分に入ってし [続きを読む]
  • リストの『ラ・カンパネラ』を練習中です。
  • こんにちは、まりもです。3月の中旬に、今お世話になっている先生のお教室の発表会があります。とても響きのよいホールでベーゼンドルファーが弾けるので私も毎年楽しみにしているのですが、昨年は新婚旅行で出られず。今年は友人の結婚式。が、「1番に弾けば間に合うよ!」(先生)ということで、発表会でピアノを弾いてから結婚式に出かけます=3今年は「ラ・カンパネラ」を弾く予定で練習中。・・・・・・。がんばる。無理と思っ [続きを読む]
  • 付点のリズムを正確に弾けているか
  • ご無沙汰しております、まりもです。1週間もあいてしまいました・・・!3月になっちゃいましたね。年度末でちょっとバタバタしてきました。更新ペースが落ちてきてしまっていますが、ピアノはちょびちょび弾いています。付点のリズムって難しいこの前2回目のコレペティ勉強会に行ってきました。何人かで同時に弾きながら進めていきましたが、付点のリズムが不正確な部分がある。という指摘がありました。16分音符のタタタタを正確 [続きを読む]
  • 腕のケアってしてますか?自覚はなくても疲れがたまっているかも
  • こんばんは、まりもです。ちょっと日にちがあいてしまいました。汗オペラの稽古のあと、背中周りが辛くなってしまったので、この前マッサージに行ってきました。稽古は本当に一日中弾きっぱなし。以前の稽古では大丈夫だったんですが、今回は背中がバッキバキに。指揮の初合わせで緊張していたんだと思います。マッサージでほぐしてもらってとても楽になりました。からだには表れている私はもともと肩こりもひどいので、たまにマッ [続きを読む]
  • 左手の低音をしっかり響かせるとオケっぽくなる?
  • こんにちは、まりもです。コレペティ勉強会のお話しの続きです。今日はオケっぽい音について。コレペティの先生と旦那様を練習を進めながら、ここはもっとこういう風に音を変えようという場所もいくつかありました。以前も書きましたが、音の厚みが足りない場所は左をオクターブさげたり。そんな中で、オケのトゥッティの場所(全員で弾いている場所)の低音はしっかり響かせる。左手の低い音をしっかり出すとオケの音のイメージに [続きを読む]
  • 指揮者がどんな風に振っても大丈夫なようにプランを準備しておく
  • 土曜日は、憧れのコレペティ先生が開いてくださった勉強会へ。先生の旦那様が今度のオペラの演目を以前指揮したことがあるということで、棒合わせをさせて頂きました。ご夫婦で音楽をされていて素敵〜〜。憧れるー。指揮の振り方で、テンポは勿論音質も決まってきます。いろいろなテンポや出方に、きちんと反応してついていかなければいけません。いろいろ試させて頂いて、とても勉強になりました。そこで旦那様にアドバイス頂いた [続きを読む]
  • 美しいおと、美しい演奏を問いつづけること
  • こんにちは、まりもです。デュナーミクの話で、fフォルテが乱暴になってしまうお話をしました。そういえば、以前に歌曲の伴奏でも同じようなことがあったのを思い出しました。いやぁ、言われてね、すぐ、そしてずっと、出来ればいいんですけどね…。汗ピアノを弾くとき、美しく演奏しよう、したいと思って、ピアノを練習して、弾いているのですが、いつも美しさについて気を配って弾けているかというと、そうじゃないです。。。「 [続きを読む]
  • デュナーミク(ff〜pp)の幅とコントラスト
  • こんにちは、まりもです。先日のオペラの稽古で感じたことを書きたいと思います。今日は音量について。演奏するとき、楽譜に書かれている音量の表記はもちろん気にして演奏していると思います。私も一応、気にして弾いています。フォルテは広がりのあるフォルテを。ピアニッシモは遠くまで響くピアニッシモを。が理想。と、思っていますが、全然表現できていません。もっとppピアニッシモなのかもしれないピアニッシモって、どのく [続きを読む]
  • 楽譜を本当にきちんと見れているのか常に疑わなければいけない
  • こんにちは、まりもです。先日のオペラの稽古でのこと。ピアノも歌も、指揮の先生から休符や音価、フェルマータの位置などについて指摘を受けることが何回かありました。もちろん、譜読みの時に楽譜はきちんと見ているつもり。これまでも何度も練習をしているので、それまでちゃんと見てきたつもり。でも落ちているんです。休符や音価は正確に当たり前のことです。楽譜に書いてある通りに、ということ。今更ですが、でも今更じゃな [続きを読む]
  • 土曜はオペラの稽古でした。打たれ強さが育ってきたよ。
  • ご無沙汰しております!まりもです。土曜はオペラの稽古、日曜は大学OBの演奏会で合唱に参加してきました。ちょっと最近土日が本当にハードなのですが、でもやっぱり音楽っていいなぁと思えるので、充実しているんだなぁと思います。OB会の打ち上げで合唱のピアノを弾いていらした先生が、「音楽にはまったら、一生音楽」とおっしゃってました。確かにね、そうだよね。幸せなことであり、苦しいことでもあり、業というか、性と [続きを読む]
  • ピアノのほこり取り
  • こんにちは、まりもです。練習が上手くいかないときの記事を今なら量産できそうな感じなんですが(笑)、切実感が半端ないのでちょっと軽めの話題を(*´з`)我が家は古い借家を賃貸しています。昨年の夏に、実家にあったアップライトピアノをサイレントにして持ってきました。置くとこが限られるので、居間に設置。居間兼、寝室なのです。お布団を日々敷くので、ホコリがすごいのです。お分かりですね。ピアノってホコリ目立つのよ [続きを読む]
  • もう!弾けない!!練習が嫌になったときの練習法(笑)
  • こんにちは、まりもです。もう弾いても弾いても弾けない!上手くならない!もう・・・!いや!!!!( ;∀;)ってなるときありません?ありますよねー。いくら弾いても弾けるようにならないとき。真っ只中であります。笑そんなときは、ブログを書く、、、ではなく、そんなときって、たぶんテンポアップやテクニックにこだわり過ぎていているときなんじゃないかなと思うのです。もちろんテクニック的に弾けないと、うまく弾けるよう [続きを読む]
  • 今日は2つの合唱団の練習に行ってきました。
  • 今日は快晴。この時期、夕焼けに映える雪山はピンク色に見えます。きれいです。今日は午後から、ピアノを弾いている合唱団の練習に、夜は大学OBの合唱団の練習に参加してきました。合唱の練習はいろいろな曲に出会えるので好きです。午後の合唱団ではグレゴリオ聖歌を基にした合唱を。ものすごく昔なのに、こんな素敵な和音(この時代は和音という考え方ではないかもしれませんが。ポリフォニーかな)を歌っていたのかーという感 [続きを読む]
  • あたりまえだけど、弾いていないと弾けなくなっちゃいますね
  • こんばんは、まりもです。オペラの伴奏ですが、何人か練習ピアニストがいて、周り持ちで練習日に伴奏しています。来週の練習日のピアニストの方が都合が悪くなってしまい、変わってほしいということで、来週の伴奏をお引き受けしました。うん。油断してた。お正月明け早々に全幕の伴奏を済ませていたので、その後シベリウスの伴奏だったり、自分のピアノ曲だったり、合唱の伴奏だったりで、ほとんど弾いてないーー。ぎゃー!や、た [続きを読む]
  • rit.(リット)はritardando(リタルダンド)の略じゃない!?
  • 伴奏法セミナーでのお話です。先生から広めて!と言われたこと。rit.(リット)って、ritardando(リタルダンド)の略ですよね?学校の音楽の授業でもそうやって習うし、楽典の本にも書いてある。テストでは、rit.はリタルダンドって書かないと×になります。でも、先生のお話いわく、rit.(リット)は、ritenuto(リテヌート)の略として書かれていることがたくさんあるらしいです・・・!rit.(リット)はritenuto(リテヌート) [続きを読む]
  • 憧れのコレペティの先生
  • こんにちは、まりもです。今、ご縁を頂き市民オペラの練習ピアノを弾かせて頂いています。オペラなどの練習で伴奏を弾いたり、歌唱指導、言語指導などを行うピアニストをコレペティトールといいます。私はまだまだ歌唱指導なんて出来ないので、伴奏のピアノを弾かせて頂いているだけなのですが、他にもコレペティの先生がいらっしゃって、その先生のご指導を見聞きしながら、いつか私もこんな風になれたらなぁと、憧れを抱いていま [続きを読む]
  • 癒されたいときに聴く合唱曲。声に癒されたい人にオススメの合唱曲まとめ
  • こんにちは、まりもです。人の声って癒されませんか。癒されたいとき、というか、ちょっと落ち着いた気分になりたいとき、よく合唱を聴いています。器楽をやっていると、なかなか合唱の曲を聴く機会がなかったのですが、今の仕事だったり、合唱団で伴奏させていただいたりで、合唱曲に触れる機会も増えてきました。合唱にも素敵な曲が本当にたくさんあります。ピアノもすごく素敵だったり。そして、なんだか癒される。(難しい曲も [続きを読む]
  • 【ピアノ演奏法】トレモロを綺麗に弾くには
  • こんにちは、まりもです。職場ではインフルエンザが流行り始めました。おぉ、、かかるわけにはいかない。皆さんもお気をつけて。さて、今日は演奏技法についてです。伴奏をしていると、オケが編曲されたものが多いので、結構トレモロがでてきます。しかも長いやつが。。弦楽器のパートに多いのかな。これをピアノにやらせるのは辛いよ〜と思うのですが、楽譜に書いてあるので弾きます。笑でも、トレモロ、、きれいに弾けないんです [続きを読む]
  • 雰囲気で弾いてはいけない。ヴァイオリンのレッスン伴奏で思ったこと
  • 昨日は、演奏会のお手伝いの後、ヴァイオリンのレッスン伴奏に行ってきました。ちょっとここの所休日がハードですが、仕方ないな。今日はゆっくりしています。本屋さんでおいしいチョコを見つけて、コーヒーブレイク中。昨日のヴァイオリンのレッスンで、レッスンをご一緒しながら感じたことを書きたいと思います。それは、いかに自分が雰囲気に頼った演奏をしているか。ということ。別に伴奏をどうこう言われたわけではないのです [続きを読む]