utlogan さん プロフィール

  •  
utloganさん: アメリカ西部ユタ発|ユースサッカーと日々徒然
ハンドル名utlogan さん
ブログタイトルアメリカ西部ユタ発|ユースサッカーと日々徒然
ブログURLhttp://utlogan.blog.fc2.com/
サイト紹介文ユタ州の生活と息子のサッカーの記録
自由文ユタ州ローガンに在住。
2007年生まれの息子をもつサッカーマムが、アメリカのユースサッカーと日常を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 93日(平均2.3回/週) - 参加 2017/01/22 03:17

utlogan さんのブログ記事

  • チーム変えの季節
  • 5月末に2017/2018シーズンのトライアウト(セレクション)があり、チーム内がバタバタしてきました。アメリカのユースチームは、毎年この時期にトライアウトを設け、プレーヤーは行きたいチームのトライアウトを受けます。同じチームに継続を希望する場合でも、新たな加入希望者と同じようにトライアウトを受けます。若い年代だと、所属メンバーに関しては、トライアウトは形式的なもので、チームを継続できます。一方で、新たな [続きを読む]
  • 多人種だからの多様性、ではなく
  • 今期のチームは、意外にも多人種チームになっていて、アジア系2人(息子含む)、ラテン系3人、白人6人で構成されています。もしかしたら、これほどまで人種が混じっているチームはユタだと珍しい方かもしれません。対戦相手は、やはり、白人が主体のチームが多いです。春のリーグ戦の対戦チームも、1試合目のチームはほぼ白人、2試合目のチームはほぼラテン系、と振れ幅が大きい。チームの構成は、クラブがある地域の住民層を [続きを読む]
  • いよいよ春のリーグ戦初戦
  • 春のリーグ戦X-Leagueが3月下旬から始まりました。うちのチームは、初戦が4月の春休み中でリスケジュール、2戦目が大雨でキャンセルと続いて、ようやく試合がありました。月曜日に。そうなんです、ユタは日曜に教会へ行く人が多いため、サッカーなどスポーツの試合は日曜にありません。しかし、土曜だけでは膨大なチーム数の試合を捌ききれないようで、土曜+平日に試合が組まれます。日曜に試合をしないなんて、他の州では考え [続きを読む]
  • 驚異の家計簿アプリ Zaim
  • 最近、Zaimというアプリをダウンロードして、家計簿をつけたら超便利!もう手放せません。長年、レシートを闇雲に溜め込んで、気がついたら印字が薄くなっているという全く意味のない状況が続いていました。我が家は基本的にはザル会計。自分が一体何に使っているかわかっていません。そこで、Zaimで、溜め込んだレシートから情報を掘り起こして、とりあえずユタに引越してからの支出を総括。5ヶ月で300件近くの支出を打ち込ん [続きを読む]
  • サッカーの経済学
  • サッカーにかかる費用は、場所や環境によって大きく異なると思いますが、アメリカの2箇所のユースサッカーの経済事情を紹介します。ハワイのチームは、本当に高額サッカーでした。・クラブフィー 1,700ドル(コーチフィー、ユニフォーム、トーナメント代込み)・カリフォルニア遠征4泊5日 3,000ドル(航空券やホテル代など、子供のみの金額。                   実際は家族3人参加で5,000ドルかかりました [続きを読む]
  • サッカー漫画レビュー
  • サッカー漫画は良質な作品が多いです。最初は、息子への寝る前の読み聞かせにサッカーの話はどうだろうか、でコミックを調べたのがきっかけですが、自分の方が随分ハマってしまいました。ここでは、気に入った漫画トップ3をご紹介します。サッカーの勉強にも少しなりますので、サッカービギナーのママさんにもオススメ。第1位 ジャイアントキリング大人向けの漫画。J1下位常連のプロチームの成長を、選手、監督、経営陣、サポー [続きを読む]
  • 高地トレーニング?
  • 春シーズンが始まり、本日、2回目の外練習。この日曜からサマータイムが始まり、1時間前倒しになったため、夜7時でもまだ明るくて気持ちがいいです。子供達は、と言いますと、冬の狭いインドアの練習から解放され、いきなりのインターバル練習に撃沈しております。フルサイズのコートの半分をぐるぐる8周ドリブルで回りながら、途中でコーンのステップも入った練習なのですが、息子はすごく息が上がって、脇腹を抑えながら走っ [続きを読む]
  • プロの試合を初観戦
  • 私が不在中に、息子と夫は二人でレアル・ソルトレイク(RSL)の試合を見に行きました。土曜の夜、対ロサンゼルス・ギャラクシー戦とあって、ソルトレイクシティにあるリオティントスタジアムは超満員。試合は、チームのキャプテンでアメリカ代表でもあるベッカーマンが、不可解なファールを2つもらって、前半で退場。1−2で負けてしまいました。会場は、レフェリーに対して、「Ref, you suck!」の大合唱に包まれ、スタジアムの熱 [続きを読む]
  • 我が家の言語教育の”これまで”と”これから”
  • 英語を学ばせようと考えたのは、息子が3歳の時です。自分自身は日本の学校教育で育ち、仕事をするようになってから外国人とのコミュニケーションでかなり苦労したクチです。その苦労は現在も続いていますが、当初は、自分の英語コンプレックスから、子供にはきちんと英語を使える方が良いんじゃないかと漠然と考えていました。それが、運良く、半年のアメリカ出張に一緒に連れていったり、その後、仕事の関係で、アメリカに移住。 [続きを読む]
  • I think I can.
  • チャンピオンズリーグ、バルセロナ対パリサンジェルマンの試合、すごかったですね。私は、始まる前からバルサが勝つのは諦めていたヒトです。試合結果を見て、えっ?!てなって、試合のダイジェストを見て、超感動してしまいました。特に、ネイマールが、85分から怒涛の活躍を見せ、3−1から3点の得点に絡んだのは、とても嬉しかったです。諦めない、って、大事だな、と改めて痛感しました。ゴールシーンだけですが、今ならFC [続きを読む]
  • 自由行動かい!
  • 小学校で、1日スキースクールがあり、息子は4年生の学年全体で、Beaver Mountainに行きました。スクールバスに乗って、片道1時間かかるスキー場です。このスキー場はスキーができるエリアが828エーカー(335 ha)で、日本で三番目にスキー面積が大きい、ニセコグラン・ヒラフの325haと同等のサイズです。リフトは4本ですが、上の方には、そこそこ難しそうな難易度のコースもありそうです。学校からの事前の説明では、まず、ス [続きを読む]
  • 体幹を鍛える、他のスポーツで
  • ハワイにいた時は、週5日サッカー漬けの毎日。忙しかったけど、サッカーが大変充実してました。サッカーのチーム練習とFast foorwork 週3日サッカーのプライベートレッスン    週1日サッカーの試合(1試合)       週1日フルートのレッスン          週1日アメリカの都市部では、基本的に親が子供を学校も習い事も送迎しますので、仕事を早々に終えての送迎は、親をタクシードライバーのごとく、すご [続きを読む]
  • 密度の濃い練習って何ですか?
  • サッカーの練習時間をいくら長くしたって、密度の濃い練習じゃなきゃ効果がない、と夫が言うんです。密度の濃い練習ってどういうのを指すのでしょうか?少し考えてもネットで調べても良くわからなかったので、ブレインストーミングしました。まずは、自分にわかりやすい例に置き換えて、「密度の濃い勉強」と「密度の薄い勉強」の違いについて考えてみました。密度の濃い勉強を思い返してみると、私の場合、本や授業で学んだ理論を [続きを読む]
  • 怪我してわかる、リクステーカーかどうか?
  • 先週の話ですが、木曜に息子がサッカーの練習中に滑って、膝を強打しました。まだ痛みが残っている中、土曜はいつものインドアサッカーリーグの試合です。ちょうど、U13ーU18女子のプレジデンツカップが開催され、出場する姉と共に街を離れているチームメートが数人おり、こちらの試合に参加の選手は8名ほど。ですが、息子は、試合の相手チームが、一学年上で体が大きいことから、「試合に出るのはやめとく」と言います。無理をし [続きを読む]
  • 食事作りもオートメーション化できるかも?!
  • 息子が生まれて8週間で、仕事復帰しなければならなかったこともあり、家事でいかに手を抜くか、家事のオートメイション化は、私の大きなテーマです。まずは、お掃除。掃除機は、自分ではほとんどかけません。こちらの自動掃除機ルンバは、息子が生まれてから購入し3台目です。タイマーは毎日、いない時間にセットしてあります。ルンバが通りやすいように、部屋は、下にものを置かないルンバ仕様。リビングの椅子はテーブルの上に [続きを読む]
  • 日本食を食べ続けた子供は海外生活に適応できるのか?
  • 柴崎岳が新しい土地で食が口に合わなくて、やられているという記事が出ています。カナリア諸島の料理は、油を使った調理法で、苦手な日本人は結構多いそうですね。食は、海外生活で結構重要な問題で、私も日本食が恋しくて精神的にやられた経験があります。10年以上前ですが、ミネアポリスに住んでいた頃が一番やられました。まず、一人暮らしだったので、基本的には凝った料理を作って、食事を楽しむ、という状況にはなりません [続きを読む]
  • クーパーウィンターキャンプを今更ながらレビュー
  • 年末に何かサッカーをさせたいな、と思って、行かせたのが、coerver winter camp. Coerverメソッドは、オランダ人Wiel Coerverが70年代にペレなどのプレーを見て、ボールタッチなどの足元の技術に注目したサッカーメソッドです。英語だとコーェヴァーと発音するので、それが、オランダ語の発音で、クーパー、という日本でも人気のプログラムだということに、つい最近知りました。ウィンターキャンプは2ヶ月前の出来事ですが、も [続きを読む]
  • カップ戦に数名出られない、で大論争
  • しばらく前に、以前所属したチームのペアレンツと頻繁に話し合う機会がありました。カップ戦に出られない選手が数名いるかも、という問題です。2月に行われるプレジデントカップは、各州で開催され、U12までの学年だと、たぶん州で一番大きな大会と言う位置づけです。このカップ戦に優勝すると、カリフォルニアのサーフカップなど大きなカップ戦への出場権が得られやすいため、ハワイのチームは、毎年、優勝を目指します。去年ま [続きを読む]
  • 子供への声かけ、アドラー流で
  • 先日、大学1年生向けの物理を教える先生の講演を聞く機会がありまして。その先生は長年同じ授業を担当してましたが、履修した学生の70%が落第を取る状況でした。1年間に500名の学生が受講して、ざっと350人が落第を取っていたわけです。これではいかんと、先生は、授業のレベルは変えないが、学期の途中で、落第をとる可能性が高い70%の学生に励ましのメールを出すことにしました。内容は、あなたなら出来る、出来ることを私は知 [続きを読む]
  • バレンタインズデーが近いのでね
  • 今朝、ニュースを見てたら、「来週はバレンタインズデーです」ってキャスターが言ったような気がしまして、おお、バレンタインズデーかぁ、って気がつきました。「どうしよう、ここ、ゴディバのショップもないよね?」って言ったら、息子「僕、ゴディバ、好きじゃない。。。」と。生意気です。ローガンには、rocky mountain chocolate factoryがありますが、見るからにとても甘そうで、甘党でない我が家は買うのを怯みます。ハワイ [続きを読む]
  • 因縁のライバルに初勝利!
  • 土曜日はインドアサッカーの試合がありました。地域で1、2位を争う因縁のライバルチームとの対戦でしたが、長年1勝もできなかった相手に、押す展開で3−1で初勝利。子供達も、コーチも、親たちも、大喜びでした。息子は、新調したユニフォームが届き、ようやくチームの一員として自信を持ってプレーできるようになりました。借り物のユニフォームって、親からすると何でもないことですが、子供は気にするみたいです。遠慮して [続きを読む]
  • 早期セレクションの是非
  • ハワイとユタで所属しているクラブでは、育成方法が全く違います。* プレーヤーのレベルを分けずに一緒に育成するクラブ* U8からプレーヤーをセレクションして育成するクラブ息子も少々感じた二つのチームの違い(ブログ内容)ですが、どちらの方が良い選手を育てるのでしょうかねぇ。ハワイのクラブ (elite identification)U7から本格的に育成が始まるハワイのクラブは、一学年に15〜20名程度のプレーヤーがいます。基本的に [続きを読む]
  • ヘディング禁止ルール開始から半年を経て
  • アメリカユースサッカー協会は、2016年の夏から、全州にてU11以下のプレーヤーに対するヘディングを全面的に禁止しています。もし試合中にヘディングをしてしまったら、ハンドボールと同じ扱いで、フリーキックか、位置によっては、PKになります。2016年春までは、ヘディングに関するルールは、日本同様全くなかったので、息子のチームでは、セットプレーで、コーナーキックからヘディングで合わせて得点を取るスタイルをよくやっ [続きを読む]