utlogan さん プロフィール

  •  
utloganさん: アメリカ西部ユタ発|アメリカユースサッカーの今
ハンドル名utlogan さん
ブログタイトルアメリカ西部ユタ発|アメリカユースサッカーの今
ブログURLhttp://utlogan.blog.fc2.com/
サイト紹介文アメリカユースサッカーを保護者目線から発信。2007年生の息子が、サッカーに取り組んでいます。
自由文ユタ州ローガンに在住。2007年生まれの息子をもつサッカーマムが、アメリカのユースサッカーと日常を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 211日(平均2.0回/週) - 参加 2017/01/22 03:17

utlogan さんのブログ記事

  • 敗戦の涙
  • 夏休み最後のカップ戦に参加しました。こちらのカップ戦は、Bチームを出すとのことで、Aチームからは息子とデフェンスのプレーヤー2人がゲストプレーヤーとして参加しました。初めて公式戦をBチームのメンバーと戦ったのですが、やはり個人個人のトラップやパス、ドリブルの差は、AとBチームで大きく、子供達は奮闘するものの、2敗1分けで、予選を敗退しました。3試合目は、予選リーグ2位抜けでの準決勝進出を目指すため、絶 [続きを読む]
  • 勉強を捨てられない、サッカーエリートコースのシステム
  • 先日、ユタ州のOlympic Development Program(ODP)のトライアウトに参加しました。これは、日本で言うところの、トレセンのようなもので、チーム活動とは別に、州でセレクションチームを作って、1月の他州のODPチームが集まる大会に出る活動です。それで、詳しく、ODPの要項を見ていたところ、Academic participation ruleというのを発見。7年生以上(12歳以上)の選抜者に対しては、学校の成績表の提出を義務づけていて、一つ [続きを読む]
  • 夏休みの朝練、朝ラン
  • 夏休み、ユタでは相変わらずサッカーの練習があります。ハワイでは、多くの家族がバケーションで島からいなくなり、サッカーも休止状態になりがちだったため、チーム練習が普通にある環境にびっくりです。さらにびっくりなのが、こちらは、朝練するチームが多いこと、多いこと。やはり、どのチームも、夏の暑くなる前に練習をしてしまおうと考えるようです。うちのチームは、水曜の夕方練習とは別に、火曜と木曜が7時半から1時間 [続きを読む]
  • Olympic Development Programのトライアウト
  • 日本で言うところの地域選抜チーム、トレセン、のような、Olympic Development Program (ODP)のトライアウトに行きました。州全体からプレーヤーを集めて、息子の年代だと、数回のトレーニングと、2泊3日のキャンプがあります。2005年生まれより上の学年は州代表チームを作り、1月にアリゾナで行われるアメリカ西部地区(Region 4)のODPの大会に出場します。プレーヤーを選抜するトライアウトは、1日3時間、3日間で、トレ [続きを読む]
  • 人生は予測不能
  • こちらのブログは、サッカーの活動に特化して、まとめることにしました。別ブログにて、サッカー以外の暮らし、学び、ユタのことを綴っています。特に、 学生時代やこれまで出会った友人など、お子さんがサッカーしていない方には、こちらの方が、サッカーの熱量がうんと低めです。週1くらいの更新を目指して、生存確認できる程度に発信しますので、どうぞよろしく~。牛ときどき午 | 米国西部ユタ発最初で最後でしょうが、せっか [続きを読む]
  • 脇腹が痛いから、もう無理ですー
  • 先日のカップ戦、3日間で25分ハーフの試合が5試合ありました。9人制の試合で、登録プレーヤーは11人しかいなかったので、どの子も長時間プレーしました。5試合目は、延長戦までなったのですが、最後あたり、一人のプレーヤーがずっとベンチにいて、プレーできませんでした。気になったので、試合が終わってから、息子に「あの子、最後の方、試合に出てなかったね?」って聞いたら、何でもサイドペインがすごく痛くなって、 [続きを読む]
  • 10歳でマリーシア
  • 対戦相手に、メキシコ系のプレーヤーが中心のクラブがあって、そこに同学年チームが5チーム近くあります。そこのクラブと対戦するときは、要注意。というのも、相手に抜けられたら、足を掛けて止める、が必須で、審判から見えない位置からジャージを掴む、タックル、手で押す、なんでも御座れ。ふー、と深呼吸しないと、怪我が心配になって、見てられません。今回のカップ戦予選では、とうとう、そのチームのプレーヤーにイエロー [続きを読む]
  • シュートが全く決められない不調からの光明
  • 先週のカップ戦でのチームの予選敗退では、息子の不調も影響したかもしれません。予選4試合で、センターフォワードを中心にプレーして1得点もできませんでした。フィールド上では、プレスをかけて、ボールが奪えたら速攻、集団の中でボールをキープするので、長くプレーしていましたが、フリーで打つシュートも、難しい体勢で打つシュートも、キーパー正面に行ったり、弾かれたり、ゴールの枠を捉えなかったりと、得点できません [続きを読む]
  • 相手チームの保護者と喧嘩しない方法
  • 試合で、対戦相手の保護者と喧嘩したことはありませんが、試合中に相手チームの保護者が悪い言葉で罵声して、こちらの保護者が怒ってしまうことは、ハワイでは何度かありました。英語だと、私にはピーンとこないことが多いですけど。やはり、接戦した試合ほど、応援は白熱しますし、ゴールが決まったらウォーと喜んでもしまいます。これ自体は、仕方がないことかな、と思います。ですが、感情が高まりやすい人は、相手チームのプレ [続きを読む]
  • マンU観戦記
  • 先週月曜に、レアルソルトレイク対マンチェスターユナイテッドのフレンドリーマッチを観戦しました。試合開始より1時間早くスタジアムに到着し、息子はアップする選手を見るためスタンドの一番下でスタンバイ。アップではポグバ、ルカクなどが現れ、息子は最後まで選手達の間近でダッシュやボール回しをじーーと見てました。私は、お祭り騒ぎのリオティントスタジアムを見て回って、ユニフォームを買っちゃっいました。レアルソル [続きを読む]
  • 新チームの立ち上がりはチグハグ
  • 新チームで初めてのトーナメント、La Roca Cupに参加しました。U11男子は3つカテゴリーがあって、一番上のクラス、goldのカテゴリでエントリーしたのですが、チームは1勝2敗1分けとなり、週末の決勝には進めませんでした。6月に、息子チームともう一つのチームが合併し、新チームを作りました。どちらもユタ州北部リーグ戦で好成績を納めたチームです。この新チームの、Aチームは、フォワード陣を息子チームのメンバー中心に、 [続きを読む]
  • リフティング論 再考
  • 10歳のうちに100回リフティングをできるようになる、って目標があったようなのですが、最近、この目標を達成しました。リフティングは30回までがイバラ道、その先は、どんどんやりたくなるようにフィードバックがかかって、練習->記録更新->さらに練習、というサイクルになるよ、ってことは以前のブログで書きました。確かに、100回更新間際は、1人でよくリフティングをやっていて、両足ともボールタッチが良くなり、蹴 [続きを読む]
  • 親子でサッカーが似てない件
  • お父さんやお母さんがサッカー経験者で、子供もサッカーやっているパターンは多いと思うのですが、親子でサッカーって似ないもんなのですかね?夫は、サッカー経験者で、全盛期ではないですが、20代の学生時代のプレーを覚えてます。大抵、ボランチに入って、試合中、指示を出して試合をコントロールする司令塔の役割を果たしていました。考えて試合を組み立てるのが得意だったみたいです。今は週に1回、職場の仲間とやるくらい [続きを読む]
  • スキャム(詐欺)なサッカーキャンプ?
  • 「このサッカーキャンプ、絶対スキャム(詐欺)だよー!」3日間のサッカーキャンプを終えた息子がこう叫びました。思わず、その言いように大笑い。先週は、MLSのプロサッカーチーム、レアルソルトレイクが主宰するサッカーキャンプに連れて行きました。夏の間、いろんな地域で開催しているのですが、あいにく、地元で行われたキャンプの期間は日本滞在中で行けなかったので、わざわざ車で1時間離れた会場の週のキャンプに申し込 [続きを読む]
  • M United間違えからのペップ・グアルディオラ監督
  • レアルソルトレークのホームゲームでManchester Unitedのフレンドリー試合を買おうとしたところ、読み間違えて、Minnesota Unitedの試合を買ってしまいました。しかも日程がJuly17とJune17で微妙に似てたんです(どこがじゃー)。アホすぎー。6月中旬は仕事を入れていましたので、こりゃ、チケットを転売するしかないなって思いましたが、仕事のスケジュールが変わって、試合は見に行けました。Minnesota United、んーー、住んだ [続きを読む]
  • 日本のサッカースクールに通う
  • 2週間の日本滞在中にサッカースクールに入りました。一つは本田圭佑選手プロデュースのソルティーロファミリアサッカースクール、もう一つは、クーバーコーチングジャパンです。問い合わせ自体は6校に連絡をとりましたが、この2校が短期間でもウェルカムで、夏休み中海外から短期滞在する子をよく受け入れているそうです。いずれのスクールも、丁寧に対応していただき、楽しく通うことができました。我が家のように、短い期間で [続きを読む]
  • 学年を上げることや元の学年に戻すことの最適化
  • サッカーチームで、ディフェンスのキイプレーヤーが、自分の学年のチームに戻りました。スタメンでプレーして、彼が入ると守備が安定しましたから、1学年下と知った時は驚きました。でも、年齢を知ってしまうと、なんとなく、あぁ、という場面はありました。彼はポジショニングが良かったのですが、やはり体格的に小さいので、相手選手に吹っ飛ばされることが数回ありました。やはり8、9歳くらいですと、人種によらず、体格の1 [続きを読む]
  • 夏休みの過ごし方〜学習編〜
  • 長い夏休みに入っています。夏休み中の子供の学習は、毎年、試行錯誤です。学年が切り替わるアメリカの夏休みは、宿題がなく、下手すれば、何の勉強の機会もなく、終わってしまいます。しかし、ある調査では、アメリカの富裕層と貧困層で、夏休み前は同じだった学習到達度が、秋以降に大きく差が開いてしまう原因として、貧困層は夏休み中に学習プログラムを受けるなどの学習の機会が全くないことが影響している、と指摘します(天 [続きを読む]
  • 12時間かけてシアトル・セルティックのサッカーキャンプへ
  • 先週は、ローガンから車で12時間かけて、シアトルへ。旅行の目的の一つは、ハワイから来ているサッカー友達と会って、ついでにセルティックのサッカーキャンプにも参加すること。月曜から金曜までの半日のサッカーキャンプは、シアトルの公立校がまだ夏休み前ということで、閑古鳥。公立校が夏休みに入ると、キャンプの人数はかなり増えるらしいですが、この週のキャンプは全部で7人くらいでした。しかし、人数が少ないにも関わ [続きを読む]
  • 新たなチームへ
  • 散々迷った来季の所属チーム。今のチームにこのまま継続か、同じ街のライバルチームへ移籍するかで、息子は大いに悩み、結論が出ませんでした。現チームのトライアウトのオンライン申込みの締め切りを5日後に控え、さすがに1ヶ月以上かけて決められないものは、数日後にも結論は出ないだろと思いましたので、今のチームのコーチに息子がチーム選びで迷いまくっているので、息子と話してアドバイスしてくれないか?と頼みました。 [続きを読む]
  • シーズンの終わりにギフトカード
  • サッカーも小学校も2016/2017イヤーが終わります。この時期は、学校の先生などお世話になった方にお礼を渡すのが一般的です。スターバックスは、先生に向けての可愛いデザインのギフトカードがこの時期とクリスマスシーズンに発行されるので、私のギフトの定番になっています。相場というのを知らないのですが、だいたい25ドルくらいをチャージして、お礼状と一緒に渡します。ただ、今年はユタに移りましたので、少し配慮が必要 [続きを読む]
  • 足の疲労回復のためのアイスバス
  • 今週は連続で試合が続いています。月曜はリーグ戦の最終戦で、木、金、土曜はWasatchトーナメントで3試合ありました。試合はいずれも25分ハーフで、土曜の試合の後に、コーチから、ice bathに入るように連絡がきました。アメリカでは、練習や試合の前後にストレッチは全くやりませんが、このアイスバスは、トーナメントなどの試合が連続した時にコーチからちょくちょく指示されます。日本で長年サッカーをやった夫は知らなかっ [続きを読む]
  • 初めての優勝
  • 2ヶ月に渡ったリーグ戦がようやく終了しました。10試合あって、チームは負けなしでの優勝。終わってみれば、多くの試合を大量得点差で勝ち、1試合はタイ、2試合はギリギリの勝ちという好成績でした。一番の山場は、同じ地域のライバルチームとの対戦。両親だけでなく、親戚一同引き連れて応援に来る家族もいて、親たちの緊張がヒリヒリ伝わります。リーグ戦終盤でお互い1、2位につけ、ここを勝てば優勝が見えて来る。否が応 [続きを読む]
  • サッカーIQを高める
  • ヘッドコーチに、「すっごくいい本!超オススメ!」と紹介されたのが、2012年発行のサッカーコーチDan Blackが書いた、サッカーiQ。全米サッカーコーチ協会のトップ5書籍に選ばれ、アマゾンのサッカー部門、コーチ部門でもベストセラー。てっきり子供にオススメなんだと思いましたが、内容は、小学生よりもっと上の学年、考えるサッカーを始めた中学生から大学生が対象。いざ読んでみると、サッカーを学習中の私には、なるほどと [続きを読む]