utlogan さん プロフィール

  •  
utloganさん: アメリカ西部ユタ発|ユースサッカーと日々徒然
ハンドル名utlogan さん
ブログタイトルアメリカ西部ユタ発|ユースサッカーと日々徒然
ブログURLhttp://utlogan.blog.fc2.com/
サイト紹介文ユタ州の生活と息子のサッカーの記録
自由文ユタ州ローガンに在住。
2007年生まれの息子をもつサッカーマムが、アメリカのユースサッカーと日常を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 148日(平均2.0回/週) - 参加 2017/01/22 03:17

utlogan さんのブログ記事

  • 12時間かけてシアトル・セルティックのサッカーキャンプへ
  • 先週は、ローガンから車で12時間かけて、シアトルへ。旅行の目的の一つは、ハワイから来ているサッカー友達と会って、ついでにセルティックのサッカーキャンプにも参加すること。月曜から金曜までの半日のサッカーキャンプは、シアトルの公立校がまだ夏休み前ということで、閑古鳥。公立校が夏休みに入ると、キャンプの人数はかなり増えるらしいですが、この週のキャンプは全部で7人くらいでした。しかし、人数が少ないにも関わ [続きを読む]
  • 新たなチームへ
  • 散々迷った来季の所属チーム。今のチームにこのまま継続か、同じ街のライバルチームへ移籍するかで、息子は大いに悩み、結論が出ませんでした。現チームのトライアウトのオンライン申込みの締め切りを5日後に控え、さすがに1ヶ月以上かけて決められないものは、数日後にも結論は出ないだろと思いましたので、今のチームのコーチに息子がチーム選びで迷いまくっているので、息子と話してアドバイスしてくれないか?と頼みました。 [続きを読む]
  • シーズンの終わりにギフトカード
  • サッカーも小学校も2016/2017イヤーが終わります。この時期は、学校の先生などお世話になった方にお礼を渡すのが一般的です。スターバックスは、先生に向けての可愛いデザインのギフトカードがこの時期とクリスマスシーズンに発行されるので、私のギフトの定番になっています。相場というのを知らないのですが、だいたい25ドルくらいをチャージして、お礼状と一緒に渡します。ただ、今年はユタに移りましたので、少し配慮が必要 [続きを読む]
  • 足の疲労回復のためのアイスバス
  • 今週は連続で試合が続いています。月曜はリーグ戦の最終戦で、木、金、土曜はWasatchトーナメントで3試合ありました。試合はいずれも25分ハーフで、土曜の試合の後に、コーチから、ice bathに入るように連絡がきました。アメリカでは、練習や試合の前後にストレッチは全くやりませんが、このアイスバスは、トーナメントなどの試合が連続した時にコーチからちょくちょく指示されます。日本で長年サッカーをやった夫は知らなかっ [続きを読む]
  • 初めての優勝
  • 2ヶ月に渡ったリーグ戦がようやく終了しました。10試合あって、チームは負けなしでの優勝。終わってみれば、多くの試合を大量得点差で勝ち、1試合はタイ、2試合はギリギリの勝ちという好成績でした。一番の山場は、同じ地域のライバルチームとの対戦。両親だけでなく、親戚一同引き連れて応援に来る家族もいて、親たちの緊張がヒリヒリ伝わります。リーグ戦終盤でお互い1、2位につけ、ここを勝てば優勝が見えて来る。否が応 [続きを読む]
  • サッカーIQを高める
  • ヘッドコーチに、「すっごくいい本!超オススメ!」と紹介されたのが、2012年発行のサッカーコーチDan Blackが書いた、サッカーiQ。全米サッカーコーチ協会のトップ5書籍に選ばれ、アマゾンのサッカー部門、コーチ部門でもベストセラー。てっきり子供にオススメなんだと思いましたが、内容は、小学生よりもっと上の学年、考えるサッカーを始めた中学生から大学生が対象。いざ読んでみると、サッカーを学習中の私には、なるほどと [続きを読む]
  • サッカーマム、必修アイテム
  • Pinterestってご存知ですか?興味あるカテゴリーの情報を画像から検索したりsaveするツールです。インテリアやDIYの情報は豊富で、オシャレなアイディアからインスピレーションを受けるので、良くチェックしています。で、ふと、検索してみたのが、”Soccer Mom”. アメリカでは、ワゴン車に子供を乗せて、忙しくサッカーの練習や試合に連れていく母親のことをSoccer momと呼びます。Pinterest内にも、”Soccer Mom”情報ありまし [続きを読む]
  • サッカーをやらせる上で知っておくべき大事なこと
  • 本当は、この本は、それまでのサッカーの戦略的理解に関して楽しく知ることができたので、その内容を紹介しようと思いました。ところが、最後に、脳震とうの話が入り、非常に背筋が凍る思いをしました。これは、知っておくべき大事なことと思いましたので、今回はその内容を紹介します。サッカーで、一番怖い怪我は、脳の障害です。それは死に直結しうる怪我だからです。大学のサッカー監督が執筆するSoccer IQは、ウォーミングア [続きを読む]
  • 世界のユースサッカー統計から見えるもの
  • 今度引っ越す先の老夫婦のご近所さんにご挨拶しまして、息子をカブスカウトに誘ってくれたのですが、うちはサッカーが忙しくて、と断りました。そうしたら、ご主人が、「子供のやるスポーツだろ?」って、ボールを蹴る真似をして言います。でたー。そうなんです、アメリカでもだいぶサッカーが人気になってきたとはいえ、「サッカーは女、小さい子供がするスポーツ」という概念の人は、年齢問わず、チョイチョイ見かけます。そこで [続きを読む]
  • プロの練習と同じ!
  • 移籍を検討中のライバルチームが、プロのコーチをゲストで呼び、週一回グループレッスンをしているとのことで、お試しで行ってきました。チームの親たちやコーチはとてもフレンドリー。ユタの人は全般的に、若者でもシニアでもフレンドリーな人が多いです。グループレッスンのゲストコーチは、アルゼンチン人の元プロフェッショナルプレーヤー。ODPなどのコーチも務め、息子2人をプロフェッショナルプレーヤーに、うち1人はナショ [続きを読む]
  • チーム変えの季節
  • 5月末に2017/2018シーズンのトライアウト(セレクション)があり、チーム内がバタバタしてきました。アメリカのユースチームは、毎年この時期にトライアウトを設け、プレーヤーは行きたいチームのトライアウトを受けます。同じチームに継続を希望する場合でも、新たな加入希望者と同じようにトライアウトを受けます。若い年代だと、所属メンバーに関しては、トライアウトは形式的なもので、チームを継続できます。一方で、新たな [続きを読む]
  • 多人種だからの多様性、ではなく
  • 今期のチームは、意外にも多人種チームになっていて、アジア系2人(息子含む)、ラテン系3人、白人6人で構成されています。もしかしたら、これほどまで人種が混じっているチームはユタだと珍しい方かもしれません。対戦相手は、やはり、白人が主体のチームが多いです。春のリーグ戦の対戦チームも、1試合目のチームはほぼ白人、2試合目のチームはほぼラテン系、と振れ幅が大きい。チームの構成は、クラブがある地域の住民層を [続きを読む]
  • いよいよ春のリーグ戦初戦
  • 春のリーグ戦X-Leagueが3月下旬から始まりました。うちのチームは、初戦が4月の春休み中でリスケジュール、2戦目が大雨でキャンセルと続いて、ようやく試合がありました。月曜日に。そうなんです、ユタは日曜に教会へ行く人が多いため、サッカーなどスポーツの試合は日曜にありません。しかし、土曜だけでは膨大なチーム数の試合を捌ききれないようで、土曜+平日に試合が組まれます。日曜に試合をしないなんて、他の州では考え [続きを読む]
  • 驚異の家計簿アプリ Zaim
  • 最近、Zaimというアプリをダウンロードして、家計簿をつけたら超便利!もう手放せません。長年、レシートを闇雲に溜め込んで、気がついたら印字が薄くなっているという全く意味のない状況が続いていました。我が家は基本的にはザル会計。自分が一体何に使っているかわかっていません。そこで、Zaimで、溜め込んだレシートから情報を掘り起こして、とりあえずユタに引越してからの支出を総括。5ヶ月で300件近くの支出を打ち込ん [続きを読む]
  • サッカーの経済学
  • サッカーにかかる費用は、場所や環境によって大きく異なると思いますが、アメリカの2箇所のユースサッカーの経済事情を紹介します。ハワイのチームは、本当に高額サッカーでした。・クラブフィー 1,700ドル(コーチフィー、ユニフォーム、トーナメント代込み)・カリフォルニア遠征4泊5日 3,000ドル(航空券やホテル代など、子供のみの金額。                   実際は家族3人参加で5,000ドルかかりました [続きを読む]
  • サッカー漫画レビュー
  • サッカー漫画は良質な作品が多いです。最初は、息子への寝る前の読み聞かせにサッカーの話はどうだろうか、でコミックを調べたのがきっかけですが、自分の方が随分ハマってしまいました。ここでは、気に入った漫画トップ3をご紹介します。サッカーの勉強にも少しなりますので、サッカービギナーのママさんにもオススメ。第1位 ジャイアントキリング大人向けの漫画。J1下位常連のプロチームの成長を、選手、監督、経営陣、サポー [続きを読む]
  • 高地トレーニング?
  • 春シーズンが始まり、本日、2回目の外練習。この日曜からサマータイムが始まり、1時間前倒しになったため、夜7時でもまだ明るくて気持ちがいいです。子供達は、と言いますと、冬の狭いインドアの練習から解放され、いきなりのインターバル練習に撃沈しております。フルサイズのコートの半分をぐるぐる8周ドリブルで回りながら、途中でコーンのステップも入った練習なのですが、息子はすごく息が上がって、脇腹を抑えながら走っ [続きを読む]
  • プロの試合を初観戦
  • 私が不在中に、息子と夫は二人でレアル・ソルトレイク(RSL)の試合を見に行きました。土曜の夜、対ロサンゼルス・ギャラクシー戦とあって、ソルトレイクシティにあるリオティントスタジアムは超満員。試合は、チームのキャプテンでアメリカ代表でもあるベッカーマンが、不可解なファールを2つもらって、前半で退場。1−2で負けてしまいました。会場は、レフェリーに対して、「Ref, you suck!」の大合唱に包まれ、スタジアムの熱 [続きを読む]
  • 我が家の言語教育の”これまで”と”これから”
  • 英語を学ばせようと考えたのは、息子が3歳の時です。自分自身は日本の学校教育で育ち、仕事をするようになってから外国人とのコミュニケーションでかなり苦労したクチです。その苦労は現在も続いていますが、当初は、自分の英語コンプレックスから、子供にはきちんと英語を使える方が良いんじゃないかと漠然と考えていました。それが、運良く、半年のアメリカ出張に一緒に連れていったり、その後、仕事の関係で、アメリカに移住。 [続きを読む]
  • I think I can.
  • チャンピオンズリーグ、バルセロナ対パリサンジェルマンの試合、すごかったですね。私は、始まる前からバルサが勝つのは諦めていたヒトです。試合結果を見て、えっ?!てなって、試合のダイジェストを見て、超感動してしまいました。特に、ネイマールが、85分から怒涛の活躍を見せ、3−1から3点の得点に絡んだのは、とても嬉しかったです。諦めない、って、大事だな、と改めて痛感しました。ゴールシーンだけですが、今ならFC [続きを読む]
  • 自由行動かい!
  • 小学校で、1日スキースクールがあり、息子は4年生の学年全体で、Beaver Mountainに行きました。スクールバスに乗って、片道1時間かかるスキー場です。このスキー場はスキーができるエリアが828エーカー(335 ha)で、日本で三番目にスキー面積が大きい、ニセコグラン・ヒラフの325haと同等のサイズです。リフトは4本ですが、上の方には、そこそこ難しそうな難易度のコースもありそうです。学校からの事前の説明では、まず、ス [続きを読む]