いわお さん プロフィール

  •  
いわおさん: デスボイスを考察する会(1人)
ハンドル名いわお さん
ブログタイトルデスボイスを考察する会(1人)
ブログURLhttp://falsechord.hatenablog.com/
サイト紹介文デスボイスというコンテンツを多角的に考えています。マイブームは人間の学習と発声史です。
自由文都内の大学生がデスボイスのボイストレーナーになった勢いで書いてます。デスボイスに嫌なイメージがある方は多いと思います。その「嫌い」という理由を考えたり、逆に良い事を考えたり、普通に発声を考えたりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 140日(平均2.8回/週) - 参加 2017/01/22 05:32

いわお さんのブログ記事

  • 今の若い人に読んでほしい本「バカの壁」
  • 面白い本があったので、お勧めみたいな感じです。バカの壁 (新潮新書)作者: 養老孟司出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/04/10メディア: 新書購入: 13人 : 371回この商品を含むブログ (590件) を見るこちらですね、多分有名なんでしょう。4月頃に友人から「読んだら我が意を得たりってなりそう」と勧めて貰ってまして就活もまぁ落ち着いてきてたり、別の勧められたのも買うついでにですね。ちなみにメルカリで33 [続きを読む]
  • 高い音高における歪みの導入に関する検討
  • www.youtube.comかっこいいお疲れ様です、当記事の内容と関係ないです。本題です。今回は所謂フライスクリームの出し方について、改めて思いついたあれやこれやですね。www.youtube.comこの動画の補足にもなるかと思います、お付き合いください。まず、動画内で「ボーカルフライを大きくしようと〜」みたいな事を言ってたと記憶してます。ここら辺のプロセスですね。恐らく、多くの人は力んで大きい声を目指すとハイラリン [続きを読む]
  • 何を信じて練習するべきか
  • そういう話です。今回のは話し半分、こういうわけかくらいで。と、いうのも少し前にサークルの先輩から「AとBで言ってること真逆でわからん!」と質問を受けました、メソッドとかで。こういう話は割としてますが、改めてですね、過去のは初学者向けタグを適当に読んでください。まず、僕の視点としてやっぱりフースラーメソッドはとても良いと思います。評価が高いどうこうもですが、そもそもの精度の高い解説だと思います、 [続きを読む]
  • 「上手くなる」には一年経過を見ましょう
  • そういうお話しです。書いてからの前置きですが、これも結構簡易的なことを目指してる手法ですね。でも僕もですが、多くの人はこれで良い...あるいは、これをひたすら繰り返す事になると思います。当たり前の事なんですけど、何事もすぐ上手くならないんですよね。ただ、誰かはコツを知ると格段に上手くなったように映ります。というのも、前からですがTwitterには多くそういった情報が溢れています、ネット上どこでもで [続きを読む]
  • デスボイスの「正解」の話し
  • 今月、僕にしては多くレッスンをする中でよくあった話しなので。関連はここらへんfalsechord.hatenablog.comまず、結論から言って正解はないです。正解は何とするかにもよりますけどね、まぁ欲しいは欲しいでしょう。最初に、僕における「正解」は「喉の負荷の具合」と「歪んでいるか」です。なのでレッスン中は結構「今の痛くないですか?」とか「違いが自分でわかります?」とか持ち帰って自分で判断出来ることをこちら [続きを読む]
  • デスボイスが「応用」だという話とレッスンの話し
  • お疲れ様です。タイトル通りで進めて行きます、書き終えてから変えました。まぁ応用なのだと言いましても、どの地点から見るかもあると思います。実際、デスボイスから色々出来た僕としてはクリーンの方がよっぽど応用的に見えます。しかし当たり前ですが、まず仮声帯なんて普段そうそう使わないわけだったりhow to等でも「ガラガラしたこれを使います」と入るように既存の選択肢を超えた所を見つけてスタートとなるわけで [続きを読む]
  • 今日から君もボーカル!大学デビューをキメろ!
  • ※ボイトレもデスボイスも関係ではないです。お疲れ様です。早くも一年が経ち、進学や進級や就職、あるいは学生エクストラステージが始まった季節ですね。僕は今年がエクストラステージです、色々頑張ります。さて、ここで音楽が好きな高校・大学新入生諸君は軽音部orサークルに興味があることでしょう、学校にあれば。そこで、今回はボイストレーナー(?)ではなく、軽音サークルのボーカルとして学生ボーカリスト初心者の疑問 [続きを読む]
  • BoOで見る発声の違い
  • お疲れ様です。今回の記事は長くないです。まずはこちら。www.youtube.com今度来日もしますね、Born of Osirisです。ユニオンだとテクニカルメタルコアとか区分けされてましたね、今若者に良い感じの構成です。知っている方も多いバンドだろうということで今回はBorn of Osirisから発声アプローチを探ろう会です。まぁそう難しいことはありません。まずボーカルですねボーカル(ピンボ)...Ronnie Canizaroキーボードボー [続きを読む]
  • デスボイスの細い太いの話し
  • お疲れ様です、外で閃いて帰って覚えていたので書きます。「こうなるんじゃね?」って話です。falsechord.hatenablog.comまず、参考記事(アクセス数を稼げ)記事内リンクも目を通していると吉かと、なんもわからんという人は。すっ飛ばして話していきますがボーカルフライからのアプローチと呼気量を用いるアプローチについてです。この前ちょろっとやって思ったので、はい。まずはこちらメモへ pic.twitter.com/n5cWNj54 [続きを読む]
  • 散文
  • お疲れ様です。前回の記事からfalsechord.hatenablog.com色々思いを巡らせてるので、思考整理の記事です。まず、声は力ですね。なぜ歌うのか、楽しいからか褒められたいからか...他者評価が中毒になる人もいますが、結局のところ僕は前者でした。もしかしたら、まだ前者しか見えていないのかもですね。明らかに一歩違う段階に入った事が結構大きなことでして、個人的に。今は色々出来る範囲で模索してます。例えば、説明会っ [続きを読む]
  • 「来た」という話
  • お久しぶりです。3月はほぼ就活をしてます。実働時間どうこうより、考える時間をそっちに持っていかれている感じですね。そんな中で、先日卒業ライブがありまして、インカレではない方です。同期が卒業でエモいとかもありましたがどうやら変性意識の扉を叩く事に成功したようなので、書き残そうという所存です。まず変性意識とは?ですね。変性意識状態 - Wikipedia言うてよくわかってないです、ノータッチだったので...僕 [続きを読む]
  • デスボイスの歌メロの話し
  • そういうわけです、思いついたので。と言うのも、最近一部界隈でcoverする事が流行っている曲がありましてwww.youtube.comこちら、Crystal Lakeの曲ですね。僕自身はここも含め、メタルコアと括られるものはあまり聴かないのですがこの流行りを受けてVoのRyo氏が「声のエグさより何よりリリックを大切に」と言った呟きを見て、かっけぇってなりました(小並感まぁ別の曲で「リリックに大した意味は無いぞ」みたいな曲があった [続きを読む]
  • デスボイス初学者向け記事まとめ
  • そのままです。若干手抜き臭さはありますが、最近ちょっとそこらへんから離れていたためブログトップから見てわかりにくくね?となったためですね。まずこちらfalsechord.hatenablog.com最初期くらいに書いた割には今でも大差ない見解なあたり、安堵してます。端的に言って「そんな名前ばかり気にするな」って話です。何にしても、割と発信者当人の感覚に依存しますからね。もちろんそれもそれで大切ですが、普遍的で絶対 [続きを読む]
  • 徳久ウィリアム先生のワークショップに行ってきました。
  • お疲れ様です。本日は"1000の声を持つボイスパフォーマー"こと徳久ウィリアム先生のワークショップへ行ってまいりました。以下、感想等になります。まず先生へのリンクはこちら。twitter.com所謂「特殊発声」を色々やってらっしゃる方です。本も出してまして人の心を一瞬で掴む『声ヨガ』ボイトレ: デスボイスからホーミーまで声を自由自在に操る発声法 (声の大学)作者: 徳久ウィリアム出版社/メーカー: 声の大学パブリッシ [続きを読む]
  • 「上手くなる」とは最大公約数を取る行為
  • まぁ当たり前なんですけどね。デスボイスも絡めてその辺の話です、ネタがないので。ついでにですが、レッスンは随時募集しているのでお気軽にツイッターtwitter.comあるいはGmail:pmpmprn0416@gmail.comそれか上のお問い合わせからご連絡ください。2017年2月現在の意気込みとしては多分来年度中まではやってると思います。手始めに、「上手い」とはどうかというあたりですかね。www.youtube.com久保田利伸、すごい人(小並感 [続きを読む]
  • 1/fゆらぎ
  • 勝手にですが、ここって発声の諸々について更新される事が期待されていると思ってます。でも最近やってる事って読書とシュタゲなので、更新は期待しないでください...今ならAppStoreで5pb.作品がセール中です、是非買いましょう。(2017/2/6現在)今日これを読みまして人が快・不快を感じる理由―音・映像・触感…“心地よさ”の不思議に迫る (KAWADE夢新書)作者: 武者利光出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 1999/07メディア [続きを読む]
  • デスボイスは吸いで出す方が簡単か -今日から出来る吸気発声-
  • お疲れ様です、皆さまいかがお過ごしでしょうか。僕は春休みに入りましたが、日々焦るばかりで勝手に四面楚歌な気分です。あまりの己が無知さに悲しくなり発信意欲が減退してましたがデスボイス関連ワード検索警察をしている一環で吸気...いわゆる吸いのデスボイスについてトップで上がるページに難アリと判断したため、これです。あんまり明確でもない部分は多いのですが、色々つらつらしていきます。あと「今日から出来る [続きを読む]
  • デスボイスと快感 - 芸術と学術
  • お疲れ様です、やっと言語起源論を読み終えて絶望している所です。言語起源論――旋律と音楽的模倣について (岩波文庫)作者: ルソー,増田真出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/08/18メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る多分半年後にまた読みます、まだ啓蒙家の代名詞ルソーの思想を読み解くには早すぎた...今回は思考整理回です、つまり散文です。僕の据えている命題は「デスボイスは快である」です、 [続きを読む]
  • 音楽好きになれる「東方project」というコンテンツ
  • アイキャッチは風神録です、あんまり他意はない。「東方project」というコンテンツをご存じでしょうか?多分インターネットを中心に生活するオタクなら名前くらいは知っていると思います。で、何故今回わざわざそんなオタク・コンテンツをご紹介するかと言うともしやこれは思ってた以上に凄いのでは...と、昨日今日で思ったためでございます。まず、東方project(以下「東方」)とは?ですね。ZUN氏というお酒が好きなおじ [続きを読む]
  • デスボイスにおけるマイクを話し - 俺はこういう人間だ
  • 美学の話しと実際はどうなのかという話です。皆さまどこでどのようにデスボイスを楽しんでいるでしょうか?僕は基本的にサークル活動の中でやる事が多く、ようはバンドですね。「そんなそこまでは」とカラオケだったり、動画投稿サイト、今ではもっと手軽な録音アプリとかもあったりで、楽しみ方は多種多様かなと思います。さて、皆さまマイクはどのようにお使いでしょうか?去年くらいからTwitterをフォローしてくだ [続きを読む]
  • 謎の概念「ガテラル」を考える
  • ガテラルボイスの出し方は難易度が高く、空気をはく(あるいはすう)などして、ノドの奥を空気で振動させ、ゲップ時のように「グエッ」や、「ゴヴォ」という湿り気の強く、低音かつ、こもった声を出す。また、最近ではピッチシフターという声質を変換する機械でエフェクトをかけてさらに低音の水が流れるような声(下水道ボイス)を作る人や、さらに湿り気を出させて、何かが水に溺れるような声(これは俗に溺死と呼ばれる)を [続きを読む]
  • 0から始める「デスボイス」を出す方法、経路を考える
  • お疲れ様です、今日本で一番デスボイスを熟知している人こといわおです。※当社調べ、ソース無し今回は、色々書いてきましたが敢えてデスボイスが好きでない人が歌えるようになるまでを考えてみようと思います。考えるっても、前の記事をまとめたりですね、なのでまさに「経路」です。ざっくり2つで終わってしまいました。1週間かけてこれをこなせば多分もうデスボイスの虜です、多分。騙されたと思ってお試しください。 [続きを読む]
  • 「アイドル」という形態の話
  • はてなブログというシステムをより深く楽しむため、グループというものに参加しまして。そこから飛んで、自分も関心があったので勝手に考えていきたいです。こちらの記事を読ませて頂きました。master-music5.hatenadiary.jpざっくり言えば「アイドルのファンはおかしい」というお話です。このご意見、少し前僕も思ってた事で...根底には未だにありますが...「アイドル」というものにどうしてそこまで魅力を感じられるのか、 [続きを読む]