憂愁 さん プロフィール

  •  
憂愁さん: 読書ろぐ
ハンドル名憂愁 さん
ブログタイトル読書ろぐ
ブログURLhttp://yuushuu0316.blog.jp/
サイト紹介文読書系のログ集積を目標に開設しました。CDやDVDについてもアリかもしれません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 202日(平均0.4回/週) - 参加 2017/01/22 05:46

憂愁 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 『世界史としての日本史』『はじめてのサイエンス』
  • こんにちは。Google Play ブックスで¥800引きクーポンをいただいたので、ありがたく使わせていただきました。それについては、また今度書こうと思いますが、今回はKindleです。たまたま、半藤一利さんと出口治明さんとの『世界史としての日本史』(小学館新書)を検索したところ、ポイントが375ptもバックされることを見かけましたので、即買いしました。世界史としての日本史 (小学館新書) [単行本]半藤 一利小学館2016-08-01こ [続きを読む]
  • 雑誌『群像』新連載
  • おはようございます。「はあちゅうさんの新連載を読みたくて買った」と言ってInstagramにUpされていた写真を見て、若松栄輔さんの「たましいを旅するひと―河合隼雄」という新連載を表紙に見つけました。群像 2017年 02 月号 [雑誌] [雑誌]講談社2017-01-07河合隼雄さんと言えば、臨床心理学の大家で一時期は頻繁に新刊も出ていました。今はどうなんでしょうか。興味を引いたのは、これを書いているのが若松英輔さんということです [続きを読む]
  • 勝てる読書(豊?由美)・目次から
  • こんばんは。今朝方、1冊本を読み終えたので、それと交代でまた1冊を手にしました。図書館から借りている『勝てる読書』です。勝てる読書 (14歳の世渡り術) [単行本(ソフトカバー)]豊崎 由美河出書房新社2009-01-23あ、正しくは「豊?」ですねw Amazonのデータベースが間違っているみたいですwこの本は、「はじめに」で中学校の教室で持ち物調べをしている教師たちが出てくる戯曲を紹介しています。この書の「勝てる」とは、 [続きを読む]
  • 図書館から借りている本
  • おはようございます。この一つ前のUpは「こんばんは」でしたが、もう「おはよう」の時間になってしまいました。外はまだ真っ暗ですけど、おはようございます。今回は、図書館で借りている4冊の本を、メモとして挙げておきたいと思います。2/8(水)に返却なのだ。勝てる読書 (14歳の世渡り術) [単行本(ソフトカバー)]豊崎 由美河出書房新社2009-01-23ことばの発達の謎を解く (ちくまプリマー新書) [新書]今井 むつみ筑摩書房2013 [続きを読む]
  • 岩波新書『読んじゃいなよ!』、なう
  • こんばんは。寝つけずに、起きて本を読んでいました。高橋源一郎さん編の岩波新書『読んじゃいなよ!』です(まだ読み終わってはいませんw)。読んじゃいなよ!――明治学院大学国際学部高橋源一郎ゼミで岩波新書をよむ [新書]岩波書店2016-11-30この本は、大学の高橋ゼミに3人の「講師」を招き、それぞれの話と、それについての質疑応答をまとめたもので、章と章の間に、学生さんが書いた岩波新書の紹介が挿入されています。招か [続きを読む]
  • 秩序なき時代の知性(佐藤優)・第1章から
  • こんばんは。ちょうど今、『秩序なき時代の知性』第1章「國分功一郎  古代の哲学者は政治についても言及した」の部分を読了しました。秩序なき時代の知性 (ポプラ新書) [新書]佐藤 優ポプラ社2016-12-08対談相手は、17世紀の哲学を専門とする國分功一郎さんでした。國分さんには、小平市での都道拡張に反対する住民運動の経緯を綴った著作があります。来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題 (幻冬舎新書) [ [続きを読む]
  • ツタヤディスカスで届いた2枚
  • こんにちは。私はツタヤディスカスさんの月4枚コースに加入しているのですが、先月に借りたままだった2枚を返却して、今月分の1枚目と2枚目を送ってもらいました。届いたのはこちら。杉原千畝 スギハラチウネ DVD通常版 [DVD]唐沢寿明ポニーキャニオン2016-06-02ジャングル・ブック MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] [Blu-ray]ベン・キングズレーウォルト・ディズニー・ジャパ [続きを読む]
  • 『3月のライオン』を2巻、楽天Koboで購入
  • おはようございます。ツタヤでレンタルして1〜10巻を読み、その後の11・12巻は購入して読んだ『3月のライオン』。どうしても再読したくて、電子書籍で買い進めています。今までに、楽天Koboで1〜8巻までを揃えていたので、今回9巻10巻を買ってコンプリートできました。何でKobo?かというと、ズバリ「ポイント」と「クーポン」。今回もお世話になりました。定価では@¥525なのですが、まず15%オフクーポンを使って−156円、さらに [続きを読む]
  • Kindleで2冊を手配
  • こんばんは。動悸というのでしょうか、心臓の鼓動が大きいのが気になって眠れませんでした。眠れないので、Kindle本を物色していました。やはり、恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)は買うことにしました。もう1冊、350ptほどのポイントバックが見込めるので、それで以下を買うことにしました。秩序なき時代の知性 (ポプラ新書) [新書]佐藤 優ポプラ社2016-12-085人の若手論客との対談から成る新書です。知った名前が2人。対談 [続きを読む]
  • 蜜蜂と遠雷(Kindleサンプル版)
  • こんばんは。Kindleサンプル版の『蜜蜂と遠雷』(恩田陸)を読み終えました。冒頭の5分から10分程度で読み終える分量です。舞台は第6回芳ヶ江国際ピアノコンクールの第一次予選。その審査員が目を疑うような「名」ピアニスト、ユウジ・フォン=ホフマンの推薦を得て出場した一人の少年・風間塵の演奏が始まったところでサンプルが終わりますwこの本では、冒頭にコンクールの第1次予選から本線までの課題曲がリストアップされていま [続きを読む]
  • Kindleでサンプルを入手
  • おはようございます。Kindleで、サンプルを4点入手してみました。目を通したら、随時感想めいたものをUpしたいと思っています。◆蜜蜂と遠雷蜜蜂と遠雷 [単行本]恩田 陸幻冬舎2016-09-23直木賞を受賞されましたね。本屋大賞も取るのではないでしょうか?◆君たちが知っておくべきこと◆トランプは世界をどう変えるか?◆秩序なき時代の知性(いずれも、佐藤優著)多作の佐藤さんなので、その著書を全てフォローすることはできない [続きを読む]
  • ブログ立ち上げました m(_ _)m
  • おはようございます。今日からlivedoorでブログを運用したいと思います。いくつかのブログを転々としていたのですが、今回ひっそりと、主として読書系のログ集積を目標にしての運用にしようと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …