きのつらこ さん プロフィール

  •  
きのつらこさん: きのつらこ日記
ハンドル名きのつらこ さん
ブログタイトルきのつらこ日記
ブログURLhttp://kinotsurako17.blog.fc2.com/
サイト紹介文子どものいない夫婦の日常や周辺時事をぐだぐだ書き散らかしてゆきます。よろしくお付き合い下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 109日(平均2.7回/週) - 参加 2017/01/22 15:23

きのつらこ さんのブログ記事

  • 生理不順の不便さよ。
  • 入院するにあたり、ああこういうことも、更年期障害での面倒くささが加わるんだなあ。そう思ったことが生理不順。今年に入ってから、短く来たり遅れて来たりしていて、入院までにはたぶん1度来るだろう、と思ってはいたけど、じゃあそれはいつ?と。予定通り来てくれないと、手術日に重なるかもなあ。そんな風に思って、ちょっとだけ、気が重かった。けど、ネットで見たら、生理日でも手術は割りとふつうに行われるようで、よほど [続きを読む]
  • 怖い世の中。
  • スーパーで買い物をしているときのこと。前方に、買い物をしている夫婦がいた。その夫婦の男性が持っている買い物カゴへ、ズガッ!!!っと、ブチ当たって来た子供がいた。男の子。幼稚園の年長さんくらい?小学生っぽくはなかった。『クレヨンしんちゃん』くらいな感じ。その男の子が、とにかく、ふざけて走り回っていて、その途中で、男性の持ってるカゴにドカッ!!!と当たった。あっ、当たっちゃった!と、思いながら後方でそ [続きを読む]
  • 名医の条件って何。
  • 入院、手術をすることにした。脳内に疾患があって、3年半前にもした手術を再度手術することに、決めた。頭蓋骨に穴を開けてする、身の毛もよだつ手術よ。命に別状のない疾患だから、手術することは、完全に患者側の希望&意志&要望。あたしは、この疾患の煩わしさからの解放を強く強く強く望んだから、手術に挑んだ。けど、あえなく再発(涙)どうも、医者選びが失敗してたみたい。安易に医者と病院を決めてしまっていた。家から [続きを読む]
  • ボウズ憎けりゃ。
  • 姑が急死した、職場同僚さん。いろいろ有っただろうけれど、それでもさすがに、急死。思うことはあっただろうな。。。と。そう思っていたら、そうでもなかったみたい(失笑)子どもちゃんが春休みにつき、長期休暇を取得していた、彼女と、久しぶりに職場で会った。私は一応おとなだから(苦笑)きちんとお悔やみの言葉でもって、まず…と、再開場面に挑んだら、即こうだった。「聞いて下さいっ!今度は仏壇問題勃発ですよ!(怒) [続きを読む]
  • そっとのぞいて見てごらん〜
  • 我が家には、隠し事がない。たぶん。あ。このブログを、夫は知らない。隠し事あるんだった(笑)でも、あたしのこのパソコンをちょっと使い方に詳しい夫が探れば、すぐ分かるはず。でも、そういうことを夫は、きっとしない。たぶん。これは、かなり高確率での、たぶん。我が家では、パソコンは自由に使っている。夫のパソコンもあたしのパソコンも、どっちがどっちを使っても、平気。構わない。ただ夫のパソコンは、仕事で重要に活 [続きを読む]
  • 本音の安堵に思うこと。
  • 職場の年下同僚さんから、朝メールが来ていて、何かなと思って見ると、「急なことですが、義理の母が今朝亡くなりました。会社にも連絡しまして、お休み頂戴します。ご面倒をおかけします」と、あって、こう。「内緒ですが、正直なところ、亡くなってめっちゃホッとしてます!☆」いやあ、そりゃそうだろうなあ、と。そうなんだろうなあと、しみじみした。彼女は、お姑サンと相性が激悪いらしく、しょっちゅう、罵詈雑言を言ってい [続きを読む]
  • 夫婦間の温度差・2。
  • ジェンダー論を研究してる人には、それってどうなの、と言われそうだけど。先日、知り合いの美容師さんが結婚をした。男性が、店のオーナー兼社長兼最高責任スタイリスト。女性が、店の店長兼次席責任スタイリスト。そのカップルの様子を見てると、世の印象の「男女」が、入れ違いになってる感じのご夫婦だなあ、と思った。パッと見のイメージでは、男性美容師さんは、ガタいもでっかく、マチョイケメン。言うことも行動も体育会系 [続きを読む]
  • ずうずうしい人・勝ち。
  • 知り合いの主婦ちゃんと会ったとき、「よーやく晴れて、PTA役員が終わりましたよお!☆」と、大喜びでバンザイしていた。いやいやそりゃ本当にご苦労様でした!と。あたしも、いろんな世間を聞かせて貰った1年間だった。たいへん勉強になった(苦笑)一番知ったことは、ずうずうしい人って、スゴォ!ということだった。そして、残念だけど、そんなずうずうしい人の方が、何かと、勝つ。周辺の人が、今大流行の言葉?忖度?したり [続きを読む]
  • 体が目当てと言われたい。
  • 夫と愛犬と、散歩をしているとき。ふと夫が前方を見ながらこう言って来た。「あそこに◎◎とそっくりなのがあるよ」◎◎は、もちろんあたしのこと。え?はて?なんのこと???そう聞き返すと、夫。また前方を見ながら、今度は指をさして、こう言ったのだ。「ほらあれ。郵便ポスト。くびれもなく、ずどーん!とした体型。も〜そっくり」・・・。「若い頃は、もっとこうさあ。ぐっとウエスト、きゅっとなってたよねー」・・・。(汗 [続きを読む]
  • 認知症の不思議さ。
  • 義父のお気に入りのビストロへ、連れて行った。最近、症状が明確に出始めて来た軽い<認知症>のせいと、めっきり足腰も弱って来たせいもあって、外出することを、義母が若干、控えていたから。義父母両方の、気分転換にもなるだろう、と夫が提案をして。そのビストロのオーナー夫妻も、親の介護を長年していた方だから、高齢者と食事に行くのも、気楽。かつ、お付き合い自体長年あるから、それも含めて、訪問は、気が楽。美味しい [続きを読む]
  • カテゴリ内引越し。
  • ブログのカテゴリを、移動した。このブログは、ただのあたしのただの日記なだけだから、どうでもいいといや、いいんだけども。ふと、じっと、考え直してみた。<主婦日記>で、大枠。<40代主婦>で、小枠。ぱらぱらと気まぐれに数ヶ月間、書き散らかして来たものの、なんとなく、そのカテゴリ枠に、違和感を思うようになって。ふだん、あたしは、自分のことを<主婦>とほとんど認識してないし。うまくいえないけど。いい年(も [続きを読む]
  • 欲望のバランス。
  • あたし、いったいどうしちゃったの?と、我がことながら「はて?!」と思うくらい、夫と性交渉がしたくて、したくて、いてもたってもいられない!エロの塊みたいになってる日があったか、と思えば。禅寺の修行僧より、断然性欲ないね!と思うくらい、欲望皆無の、つるっつるでさらっさらな、日もあったり。目の前で、アダルトビデオ放送されても、「ふうん、頑張ってるねえ」ってだけ言う、みたいなくらい、しれ〜っと。どうなって [続きを読む]
  • 恋の謎。
  • 知り合いの年下主婦ちゃん。2人いる子供が、学校に行っている間に、月に何度か、整体に通っているという。で。「最近ねえ、そこの整体師さんがねえ、ちょっと、ちょっかい出して来るんですよねえ〜」と、主婦ちゃん。まんざら、でもないっていうほどまでは、ニヤついてはいないけど、それでも、やっぱり、まんざらでもないって感じ?(笑)「ちょっと、面倒臭いんですよねえ〜私が友達とこのあと、待ち合わせしてお茶する予定だっ [続きを読む]
  • 友達のお母さんもボケた。
  • 友達の、そのお母さんのことは、よく知ってる。亭主は若い頃に癌で死別。だからほとんど、女手ひとつで、友達とお姉さんの二人の子を、育てた。とても活発なお母さんで、子育てだけで1日を終えたことがなかったらしい。友達によると「家にいないことの方が多かった(笑)」俳句の会、活花、お習字。お金はかけられないけど、好きなものには挑戦。市民講座とか、友達のツテだとかを駆使して、どんどん、興味あるものへ参加しまくっ [続きを読む]
  • 義父がボケて来た。
  • 義父が、最近めっきり<ボケ>出して来た。あたしの父より一回り以上年上の、義父。今年89歳になる。去年の1月頃、かかりつけの病院で、義母の勧めもあって、義父は認知症テストを受けたらしい。そのときは「ギリギリですが、正常範囲です」88にも89にもなれば、物忘れや記憶違いなんて、当然ありますよ、と医者。老化現象ですよ。それが、半年を過ぎた秋頃辺りから、急激に義父「ボケて来た?!」義母が「最近ぼーっとして [続きを読む]
  • アンダーヘアーの白髪。
  • 昔むかしの、若かりしころのこと。大学生のときに、よく指導して頂いていた、気さくで愉快な、先生がいた。その先生が、あるとき、こう嘆いた。「下の毛に、白髪が出たあ!!!」と。この世の悲しい出来事のひとつ、みたいな、それはそれは悲しげな顔で、そうワアワア騒いでいた。先生ーそりゃもうトシだもんー頭の毛に白髪が出てるんだから、下の毛にだって、出て来るっしょーそういう感じのことを、生徒の誰かが言って、適当に慰 [続きを読む]
  • 夫の元カノ。
  • 夫がずっと暮らして来た場所へ、あたしは、結婚後、越して来たから、基本、家具類なんかは、据え置きもの。嫁入り道具や、自分専用として持参して来た家具は、もちろんあるけど、本棚だとか、雑務するデスクだとか、そういうどうでもいいものは、昔から、あるもの。そんな中、葉書とか領収書とかを雑多に放り込んでいるチェストを、整理した。最近また、めっきりモノがあふれ返って来たもんだから、イライラッとして(笑)全部どの [続きを読む]
  • 更年期障害、こういうことね。
  • 1ヶ月飛んでやって来た先月の、月のもの。それが、今度は次回生理予定日より1週間、早く来た。お手洗いに行って、用を足した後。「ギョギョギョッ!!!」思わず”痔”かと、思った。大きなほうはしてないけど。それとか。大腸にポリープとか有ったら、血がにじみ出て来ることとか、あるらしいし。でも、どうも違う。たぶん、というか。これ「生理だな」と、認知。って。こういうことなんだなあって思った。更年期障害のひとつの [続きを読む]
  • 潤滑ゼリー買いました。
  • 歯みがき粉を買いに、薬局へ行ったついでに、買った。ついに、というほど思い入れないけど、買うときちょっと、生唾を飲んだ(笑)「これで夫と、ちゃんとした性交をするのだ!前みたいに、きちんと根元まで挿入して貰うのだあ!」という、大きな野望(笑)を胸に秘め、手にしたのは、そう。『潤滑ゼリー リューブゼリー デリケートイン』小さなチューブ状のゼリーが4本入ってるやつ。歯みがき粉と一緒に、レジに並んで、しれっ [続きを読む]
  • 日本死ねに思うこと。
  • テレビ報道で大騒ぎしていた<保育所落ちた 日本死ね>保育所の足りない問題やら、待機児童問題やら。子持ち主婦の方の、つぶやきが、大論争になって、国会でも大きく取り上げられてから。はやっ!もう1年経ったってか!時間の流れの速さに、驚愕ブルブル!と同時に。あたしの思うことも、1年間。何も変わってないことにも、まあねえ、だ。あたしは子供がいないから、保育所の応募だとか入園方法だとか分からない。けど、ニュー [続きを読む]
  • 夫婦間の温度差。
  • 勤め先の、仲良し年下主婦パートさん。近く、高校時代の仲良し同級生、男女4人で、飲み会をするという。みんな他県に勤め、暮らしているから、近くの大きな街で、待ち合わせて飲むらしい。遠方から参加する人もいるから、どうしても飲み会開始時間が、夜になっちゃう。なので。「ホテルに泊まることにしました☆」外資系の超リッチなホテル、ではないけれど、そこそこ洒落たホテルに予約が取れた、と。アメニティグッズとかも、ま [続きを読む]
  • 姉妹だからといっても。
  • あたしには、姉がひとりいるけど、実はそれほど仲良くは、ない。仲が悪い、ということでもないけど、仲が良い<仲良し姉妹>ということは、ない。姉妹だから、もちろん家族なわけで。家族だから、もちろん昔から知ってる幼馴染みなワケで(笑)だから、付き合いがある、というか。たぶん、姉と他人だったら、接点が無かったと思う。接点が無かったら、知り合いにもならなかったはず。姉とは、たまたま家族というだけ、という感じ、 [続きを読む]
  • 更年期障害の、障害。
  • 夫とは、仲がとても良いものの<レス>4年間。これではやはりいかん気がする!と、一念発起(苦笑)をして、夫を誘ったり、お布団の中で、ホディをさわさわしたりしているうちに、何となくこのことろ、イイ感じ☆になっていた。そして、先日。ついに。本格的に、夫と<レス解消>に向かった。でも。こんなところで<更年期障害>の障害に出くわすとは。。。なんと。夫の性器が”挿入”出来なかったのだー!それは、夫の方の具合で [続きを読む]
  • 最期の希望のこと。
  • 勤め先で、仲良くして貰っている、うんとうんと年下の若い女の子スタッフさん。お昼休憩のときなんか、一緒になると、ホワホワした雰囲気の彼女。セカセカした職場の中で、ホッとブレイク。おしゃべりするだけで、とても和む。そんな彼女が、しばらく休みがちになっていて。どうしたのかなあと思っていたら、違う部署の上司から、こそっとモレ聞こえた。おかあさんの具合が悪いんだって、と。そうか…心配だなあ。そう思っている間 [続きを読む]
  • 怒り!インフルエンザ!
  • 喉が痛く、声が擦れていて。倦怠感も出て来ていたから、思い切って勤め先に連絡をして、病欠した。あたしは、喉がどうも弱いみたいで、風邪が酷くなると、本当に声がガラガラになって、咳き込んじゃうし、ツライ。人手不足の今、職場で、休むことは面目ない。。。でも!体調不良が悪化をして、長期化するより、と、気持ちに理由をつけて、休ませて貰ったんだから、そこはちゃんと病院へ行った。ちなみに、熱はまったく無し。病院で [続きを読む]