Be-rich さん プロフィール

  •  
Be-richさん: 世界で不動産を買おう!
ハンドル名Be-rich さん
ブログタイトル世界で不動産を買おう!
ブログURLhttp://be-rich.me/
サイト紹介文海外不動産でミリオネアになる方法教えます!
自由文海外投資で自由なライフスタイルを目指す仲間たちだけが集まり、グループを結成しました。投資でリッチになって、好きな時に好きな時に行く、好きなところにステイして、人生を楽しむ、日本だけでなく、住みたい国すべてに家を持つ、それも投資物件ではなくて。そんな人生を送る仲間と共に、旅行しながら投資を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 123日(平均6.6回/週) - 参加 2017/01/22 15:24

Be-rich さんのブログ記事

  • 極東地域(ロシア)は租税回避地になりつつある
  • 極東地域への投資が活発化しています。以下はニュースからの引用。「ロシア極東発展省のガルシカ大臣は極東への投資の流れが活発化し、今年末までにはおよそ4兆ルーブル(7兆8千億円)に達する見込みであることを明らかにした。ガルシカ極東発展相は極東へのビジネス誘致には発展のための特殊条件が必要だと指摘している。ガルシカ大臣は極東に新たな経済クラスターが創設され、所得税も韓国と同様11%以下に抑え、保険料も日 [続きを読む]
  • シカゴのワイナリーレストラン
  • シカゴのビジネスパートナー新規事業の打ち合わせをしました。以前にも書きましたが、シカゴには本当に良いレストランが多く、かついろいろな国の料理が楽しめるので、グルメな方には満足度の高い街だと思います。今回行ったのはワイナリーレストラン。ワイナリーの直営レストランで、ワインの種類が豊富なのはもちろん、手ごろな価格で楽しめます。入り口にはテイスティングのカウンターがあり、待ち合わせをしている間にもワイン [続きを読む]
  • 金持ちになるのには理由がある
  • 昨日は会計士をしている私の友人と夕食に行きました。行った先は昔からあるというクラッシックなポーランド料理の店。食べに来ているのは地元に住んでいるポーランド系のお年寄りばかりといった感じの店でした。価格はお手頃でボリュームたっぷり。かなり満足なお店でした。友人といってももう60代の後半の方で、いつも私は子供扱いで、出かけるたびにいろいろと教えてくれるのです。昨日はクライアントを長年観察して、彼らがどう [続きを読む]
  • 新築の売れ行きが好調なアメリカ不動産市場
  • アメリカ不動産の市場が好調なことは報道などでもよく伝えられていますが、実際に現地で見るとそれを肌で感じます。今は不動産開発を行うのに、またとないチャンスだと思います。価格は上昇していており、また不動産の在庫も減少しているので、販売業者にとっては良い状況となっています。昨日も購入予定の土地がある近隣の調査をしました。通常、かなりの期間をかけて不動産市場だけでなく、街の様子、学区等も比べます。昨日は近 [続きを読む]
  • 今日はMother's Day
  • 今日は日曜日でしかも母の日。どこへ行ってもかなり混んでいます。週末は家族や友人たちが集まって一緒に楽しむというライフスタイルにはかなり惹かれるものがあります。夜にはお気に入りのステーキハウスに行きました。がっつり系ですが、お手頃価格でステーキがなかなかおいしいので、気に入っています。デカいステーキがどんと出てくるような店です。店内は満席状態でした。食べ終わって表に出ると、夕焼けがきれいで、飛行機雲 [続きを読む]
  • 管理会社に物件修理を依頼してはいけないのはなぜか?
  • こちらの物件も修理中で、もう少しで完成するところです。すでにテナントも決まりそうで家賃は1100ドルくらいになる予定です。工事を依頼してから、完了までに2週間ほどで、うまくいけばその後一週間以内にテナントが入居すると思います。アメリカ不動産はなかなかいい感じです。アメリカ不動産投資で失敗しがちな点として、修理を管理会社にそのまま依頼してしまうという点があります。疑うわけではありませんが、チェック体制が [続きを読む]
  • 戸建て物件をアパートに改造!?
  • 数か月前にテナントが退去した物件。残念ながら状態が悪く大規模修繕をすることに。修理もほとんど終わり、あとはカーペットを引けば終わりというところまで来ました。修理を担当する業者から連絡が来て、「これは大きな物件なので、少しだけお金を使ってアパートに改造したほうがいい」とのこと。話を聞くと、一階と二階を分けて別々に貸し出せば、利回りが上がるという。現状のままで貸し出すと家賃は1200ドルくらい。これをアパ [続きを読む]
  • 海外の不動産の管理体制を調べる方法
  • アメリカに限らす海外で不動産を買うと直面するのが不動産管理の問題です。物件のオーナーはその国に住んでいないわけですから、信頼できる管理会社に管理を委託するのが普通です。ただ管理会社からの報告を見ていても、実際にどれくらいきちんと管理しているのかわからない場合がほとんどです。空室が長引いたり、修理に長期間かかるような場合、本当にちゃんと働いているのか、疑問に思うこともあると思います。ですから物件があ [続きを読む]
  • 投資対象に愛着を持つと失敗するのはなぜか?
  • 昨日、過去数年間保有してきた物件を売却しました。テナントもついていて、安定稼働してきた物件でしたが、価格がいい感じに上がったことに加え、テナントが退去したのを機に、内部に少しだけ手を入れ、売りに出したところ、1週間で買い手が決まり、2週間で決済となりました。非常によく稼働した物件だったので、売るべきかどうか少し迷いましたが、利益確定をする良いチャンスだと思い売ることに決めました。物件の売買代金はすで [続きを読む]
  • 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない訳
  • ネットで非常に面白い記事を見つけましたので、シェアさせていただきます。ブラック企業に働きながら、なかなかやめられないのはなぜかという話なのですが、人間の心理をついていて、辞めにくいシステムになっているわけで、やめられない人は倒れるまで搾取されつつげるという訳です。こうして考えてみると、人間というのは本当に弱い生き物ですね。 中でも以下が興味深い下りです。「心理学の有名な概念に「学習性無力感」と [続きを読む]
  • 週末はフィッシング
  • 週末は釣りに行くことにしました。今のシーズンはホワイトバスという魚がたくさん釣れるそうなので、釣り具を仕入れに行きました。場所にもよるとは思いますが、アメリカは釣れる時には本当にたくさん釣れます。去年、ホワイトバスを釣りに行った時には入れ食い状態でした。私のような素人でも釣れるので、日本とは比べ物にならないくらいたくさん魚がいると思われます。私が行くのはBass Pro Shpという店で、かなり大規模な店です [続きを読む]
  • 投資のチャンスはいつまでも続かない
  • シカゴでフリップの視察と打合せをしました。これは私が投資を予定している案件ですが、非常な高級エリアにありかなりの利益が見込めます。三階建ての物件で、広さは500平米はある巨大物件です。なんと建物にはエレベーターも設置されています。内部がむき出しになっているのは、屋根に問題があり、雨漏りによるカビの発生がひどかったため、壁を撤去したためです。現在はアメリカ不動産が絶好調で、売り物件がいくらあっても足り [続きを読む]
  • 海外に行くときのお土産はなにがいい?
  • 昨日からシカゴに来ています。仕事の打ち合わせと投資案件の視察です。アメリカ人にはお土産という習慣はないのですが、私は日本人なので日ごろの感謝の念も込めてお土産を持参するようにしています。国は違っても同じ人なので、プレゼントをもらって悪い気がする人はいません。私はいろいろ考えた挙句、日本から行くときには日本のお酒を持っていくことが多いです。日本酒の時もありますが、最近は国産のウイスキーもよく買います [続きを読む]
  • 投資を始める前に考えておくべきこと
  • 「あなたの財務上の将来は偶然に委ねるべきでない。よく組み立てられ、目的に合致した投資ポートフォリオが必要だ。」これはある投資顧問会社の人が語った言葉です。この人によれば、投資を始める前に以下の点を考える必要があるそうです。 a) 現在いくら持っているのかb) 将来のある時点でいくらいるのかc) そのためにその時点までにいくら儲ければいいのかd) 私の目標は達成可能なのか? 投資家が投資を始める時、フィ [続きを読む]
  • ウラジオストックからロシアへビザなし入国が可能に
  • 少し前のニュースですが、今年の8月からロシア極東地域を訪問するのにビザが不要になります。以下は引用。「外国人は電子ビザで極東の5つの地域を訪問することができるようになる。その際、外国人旅行者は、ロシアに入国する予定の日付の4日前に、インターネットの特別なサイトで申請書を提出しなければならない。極東開発省の伝えるところによると、ビザは無料で、申請した時点から30日間有効。8日間以下の滞在が許可される。」「 [続きを読む]
  • 些細な点が大切な理由
  • 投資はいつの時代でも、またどんな案件でも目に見えないものをどれだけ理解できるか、予測できるかが成功と失敗の分かれ道になります。例えば、利回りや投資のスキームといった目につきやすいものよりも、資金を預かる人の誠実さだったり、契約書の細かな文面だったり、一見、見落としがちな些細な点の方が大切だったりします。ですから私はどちらかというと事業系の投資案件よりも不動産案件が好きです。それは権利が確保され、現 [続きを読む]
  • 意外とお手頃価格のモスクワのコンドミニアム
  • 不動売却により、余剰資金ができるためモスクワで不動産を物色中です。モスクワと言えば、旧ソ連の首都、人口の多さと不動産のニーズの強さは群を抜いています。いつか書きましたが、一つのコンドミニアムに数家族が暮らしていることもよくあります。モスクワの中心地はかなり高いので、どちらかというとモスクワの端の方を狙って探しています。以下はいくつかの例です。 スタジオタイプで安いものだと、2ミリオン、今の日本 [続きを読む]
  • バングラディッシュ不動産のクオリティーは......
  • またバングラネタです。ただ質が悪いというだけではよく伝わらないと思いますので、写真をお見せしたいと思います。この建物は建設中というわけではないようです。またあとから増築する予定があるのかもしれませんが……セメントもいかなりいい加減に打ってあり、表面もぼこぼこです。コンクリートの橋もかなりまがっているようです。こちらはどうやら住みながら建てているのかもしれません。バングラ不動産はかなり恐ろしいです。 [続きを読む]
  • バングラディッシュの不動産事情
  • 視察のついでに不動産も見てきました。私たちが止まったのは首都ダッカの中心地。聞くところによるとダッカの不動産価格はかなり高騰していて、東京の銀座より高いとのこと。ダッカ市内ではあちこちで新規の開発が進んでいて、ダッカ市内の端の方でも地価はかなり高騰しているようです。国土が小さい割に人口が多いので、今後とも土地不足や住宅不足は続いていくと容易に予想されます。建物も見たのですが、質がかなり悪く、大金を [続きを読む]
  • 発展途上国だからこそ存在するビジネスチャンス
  • 今回のバングラディッシュ訪問の目的はあるビジネスを視察するためでした。それは製造業。中国が経済成長を遂げ、人件費が高騰しているため、これまで製造を中国に頼っていた会社は次々と中国から他国へと工場を移転させています。その中でも注目が集まっているのが、バングラディッシュ。ということで製造工場の視察をしてきました。主に視察したのは、革製品と洋服の製造工場。たいていどこの工場のラインもフル稼働という感じで [続きを読む]
  • アジア最貧国バングラディッシュを訪問しました
  • バングラディッシュを訪問してきました。アジアで最も貧しい国と言われるハングラディッシュですが、仕事でもない限り行く人もほとんどいないと思います。昨年にテロもあり、日本人が犠牲となったことはまだ記憶に新しいと思いますが、治安も決して良いとは言えず、観光で行くような場所ではありません。しかし非常な可能性と魅力に満ちた国であることを実感できた旅でした。 道路の渋滞はひどく、運転マナーは最悪。逆走、幅 [続きを読む]
  • ハイエンドのシカゴフリップ案件に挑戦!
  • これまで皆様にご紹介してきたフリップ案件ですが、そもそも運用金額に上限がありだいぶ埋まってきました。私個人としても今回、資金を追加したため、残りの枠はあと5-6口程度のみとなりました。残りが少ないのと、枠がいったん埋まりましたら、募集は打ち切りになりますので、ご検討されている方は早めにお願いいたします。 セミナーも行いますので、ご興味がある方はご参加ください。 セミナーの申し込み 来週か [続きを読む]
  • あなたの情報源は本物ですか?
  • 私が投資をするときに気を付けているのが、情報をくれる人がどれだけその案件の中心に近いか、ということです。投資案件の中には、紹介料が支払われるものもたくさんあり、そうなるとエージェントとして、投資家を無節操に集めようとする人もたくさん出てきます。そういう人の情報を信じて投資すると、ほぼ100%といっていいほど、投資は失敗に終わります。普通、投資をする人は自分の目の前にいる人を信用してお金を預けるわけです [続きを読む]
  • 勉強する時間もコストである
  • 最近、投資の失敗や詐欺の話をよく聞きます。私もこれまでに相当な額の勉強代を支払いましたが、失敗の原因を突き詰めて考えてみると、役に立たない情報、間違った情報をよく精通していない人から聞き、投資判断を下したことに起因すると思います。その中には付き合いで投資したり、単に利回りだけの情報で投資したりしたこともありました。ネット上を見ると、情報が氾濫しており、「自称」専門家がアドバイスをしていたりするもの [続きを読む]