Be-rich さん プロフィール

  •  
Be-richさん: 世界で不動産を買おう!
ハンドル名Be-rich さん
ブログタイトル世界で不動産を買おう!
ブログURLhttp://be-rich.me/
サイト紹介文海外不動産でミリオネアになる方法教えます!
自由文海外投資で自由なライフスタイルを目指す仲間たちだけが集まり、グループを結成しました。投資でリッチになって、好きな時に好きな時に行く、好きなところにステイして、人生を楽しむ、日本だけでなく、住みたい国すべてに家を持つ、それも投資物件ではなくて。そんな人生を送る仲間と共に、旅行しながら投資を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 208日(平均6.7回/週) - 参加 2017/01/22 15:24

Be-rich さんのブログ記事

  • 体当たりしてくるバス
  • バングラディッシュの記事が続いていますが、不動産の話ばかりなので、今日は少し違う話を書きます。大した観光資源もなく、環境も悪いので、よっぽど用事がない限りバングラディッシュに行くこともないと思います。それでも人件費が安いため、最近は製造業で工場をバングラディッシュに移転する会社も増えており、この国に住む日本人も増えてきているようです。あとバングラディッシュは非常な親日国です。私も世界中、いろんな国 [続きを読む]
  • 不動産は価格ではなく、価値で判断すべき
  • まだ、バングラディッシュのランドバンキングの話です。不動産はもともと高いものだけに、特に投資家であれば安いものを買おうという衝動に駆られるのが普通です。ただ日本であれば、長年住んでいて、不動産の価値や土地勘があるため、何が安いのか、何が高いのかわかりやすいものです。しかしいったん海外に出ると、その国の不動産の価値が判断しずらく、そのため価格で決めてしまいがちです。 ここバングラディッシュでも同じで [続きを読む]
  • バングラディッシュ不動産は隠れた狙い目
  • 最近はアジア新興国の中でも、これまではあまり注目されてこなかった国に日本でも注目されるようなってきています。ベトナムやカンボジアでも買う日本人の投資家が増えているようですが、それはやはりいろいろな国の不動産価格が高騰しているので、もっと安い「次に上がる国」を探そうということなのでしょう。日本人にとってはほとんどなじみのない国ですが、バングラディッシュの不動産はここ数年、急騰しているのですが、まだか [続きを読む]
  • バングラディッシュにやってきました
  • 昨夜、バングラディッシュのダッカに到着しました。この国に来るのはこれで二回目ですが、ほかのどの国とも違いかなり異様な雰囲気です。アジア最貧国だからこんなものだと思いながら、空港のドアを出ると、フェンス沿いに無数の人がこちら側を覗いています。恐らく、物乞いか何かでしょう。人数は軽く数百人はいると思います。すぐにホテルの迎えの人と出会い、ホテルまで移動しましたが、こちらの道路は渋滞がひどく、しかも体当 [続きを読む]
  • アジア新興国はみな同じ道筋を辿る
  • 今、バンコクに来ています。バングラに行く前にすこし商談があり、数日間だけですが滞在しています。バンコクに来て思うのが、この国は来るたびに発展しているということです。人々はリッチになり、街を走る高級車の数も増え、新しい建物を建設しています。 アジアはどこもそうですが、経済発展がはじまると、まずは自転車を買い、そのあとにテレビ、バイク、携帯電話、車、コンドミニアム、といった具合に人々の生活が変わってい [続きを読む]
  • 衰退国家の日本での長期投資は自殺行為かも、、、
  • 最近、話題になっている本を読みました。「未来の年表」という本です。最近、電車の中にも広告が張られています。内容はこんな感じです。 18歳人口が大きく減り、国立大学も倒産する。世帯数も2019年にピークを迎えてそれから減少を迎える。IT技術者も同時に減り始めて、技術的にも世界に遅れていく。2020年には女性の過半数が50歳以上となり、出産可能な女性数が大きく減り始めます。2022年には団塊世代が75歳以上となり単身世帯 [続きを読む]
  • 上下を繰り返しながら、上がっていく不動産市場
  • シカゴの不動産市場のことがニュースになっていました。販売数は月によってばらつきがあるようです。しかし同じ記事に統計が出ていましたが、ご覧いただくと分かる通り、マーケットは上下を繰り返しながら一定方向に向かっていくものです。以下は物件売却にかかる時間です。赤線が一戸建てで、青線はタウンハウスやコンドミニアムタイプの物件です。上下を繰り返しながら、だんだん加速しているのがわかります。以下はいわゆる差し [続きを読む]
  • 私が狙っている国。それはバングラディッシュ。
  • バングラディッシュは普通は旅行で行くような国ではありません。テロで日本人も殺されましたし、治安が良いとは決して言えません。アジアの最貧国で、人々は非常に貧しい暮らしをしています。賃金は非常に安く月給で4000-5000円くらいの人も良くいます。中国で賃金が賃金が上がったために、製造業はこぞって、中国からバングラディッシュに工場を移転させています。中国で雇えば、700-800ドルかかるのに対し、バングラディッシュで [続きを読む]
  • 移民と不動産価格の関係
  • 世界中には移民政策をとっている国はたくさんあります。アメリカはもちろん移民の国ですが、それ以外でもカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどが有名です。こうした国々では移民といっても、難民を受け入れるわけではなく、どちらかというとお金がある人たちを受け入れています。不動産というのはほかの投資と同じで、重要と供給で価格が決まります。つまりその国に引っ越してくる人が多ければ、不動産は足りなくなり、自 [続きを読む]
  • アジアではランドバンキングを狙うべき
  • 海外投資の中でもアジア新興国投資はなかなかうまくいきにくい部類に入ります。理由はいろいろあります。マーケットが成熟していない、法整備が整っていない、供給過多になりがちである、などなど。仮に建物を買ったとして、きちんと立ち上がったとしても、きちんとテナントが入居するのか、管理はできるのか、価格は上がるのかなど多くの不安要素があります。特に融資を組んで買った場合は大きなリスクを抱え込んでしまったと言え [続きを読む]
  • サラリーマンは投資を始める前に、まず副業を始めるべき
  • まずこれは私が見た一般的な傾向の観察に基づくもので、個別では違う人もいるということをお断りしたいと思います。日常的に投資をしたいという人とよく会うのですが、経営者とサラリーマンではお金に対する態度、投資に対するスタンスにかなりの違いがあります。サラリーマンでも金融業界にいる方たちには当てはまらないかも知れませんが、、、、 サラリーマンはどちらかというと小さく物事を考える傾向が強く、日ごろ雇用主に雇 [続きを読む]
  • 管理会社とのトラブルを抱えている方たちへ、、、、
  • 最近、数人の方たちから質問を受けましたので、後学のために記事にします。程度に差はありますが、大抵はアメリカ不動産の管理体制の問題への対処法です。例えば、数日前に以下のメールを受け取りました。 「初めてお問い合わせさせていただいております。現在、○×に物件を所有しているのですが、管理会社への対応でアドバイスいただけたらと思いMailさせていただきました。補修を(テナントなし)管理会社に依頼しているのです [続きを読む]
  • 長期積立は本当に儲からない、、、、、
  • 先日、IFAから連絡が来ました。私は数本、長期積み立てをしているのですが、最初に始めたものが満期になったとの連絡でした。 私は中身がよく変わらなかったので、短めの5年契約にしました。エージェントには例のごとく、初期口座だけはたくさん払えばボーナスがたくさんもらえるからと言われましたが、とりあえず最初だからミニマムに近い金額で参加しました。結局、5年間運用して243ドルほどの運用益です。ただボーナス分があっ [続きを読む]
  • なぜ今、世界中の投資家がアメリカに向かうのか?
  • 不動産価格がバブルなのかどうか、ということについては賛否両論があります。私の個人的な意見では、アメリカ不動産はまだ上がり始めたばかり、また上昇余地がかなり残されていると思っています。なぜかというと世界中はこれまで、かなりの金融緩和政策をとってきたため、金余りの状態が続いているからです。つまり理論上、価格が上がるときは、先回のバブル以上に上がることになります。そして下がるときは先回以上の暴落となると [続きを読む]
  • オーストラリアの不動産バブルはそろそろ弾けるのか?
  • オーストラリアの不動産バブルがかなり危ない領域に入ってきたようです。UBS銀行によりますと、オーストラリアの不動産価格は「警報を鳴らす」レベルだとのこと。オーストラリア人は現在、収入の32%をローンの支払いに充てており、過去二回のバブルのレベルに来たようです。ただバブルがいつ弾けるのかは誰にもわかりません。ただいつかは弾けます。ただ移民が流入している関係で、激しい下落ではなく、ソフトランディンすると予測 [続きを読む]
  • 昨日はアメリカ不動産開発セミナーでした
  • 初の試みとして、昨日はアメリカ不動産開発セミナーをやってみました。参加者は一億円以上投資が可能な方のみとさせていただいたので、少人数のセミナーでした。 普段はなかなか知らないアメリカのデベロッパーがどうやってお金を儲けているのか、お話しさせていただきました。私の方もただ投資案件を売るという感じではなく、一緒にビジネスを展開していただくことになるかもしれない方たちとの出会いだと思い、どうやっていくら [続きを読む]
  • この世の中に元本保証というものは存在しない
  • 先日、ある方から質問を受けました。「この投資案件の元本保証ではないのですか」と、、、、一瞬、どう答えようかと考えてしまいました。金融に詳しい方なら、だれでも知っていますが、そんなものは存在しませんし、そもそも銀行以外で元本保証するのは違法行為です。中には「元本保証」とうたっている案件もありますが、その販売会社が保証しているだけで、その会社が倒産してしまえば、何の保証にもなりません。それならば銀行に [続きを読む]
  • ジム・ロジャーズ:ロシア、ロシア、ロシア
  • 日本人はロシアのことをほとんど知りません。それは日本だけではありません。ほとんどの国の人はロシアに何があるのか知りません。注目されていないからこそ、過小評価されている投資機会があるわけです。 以下は記事の信用です。 冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、ロシアへの楽観を語った。逆張りが世間からの嘲笑を誘うことを知りつつも、ロシアへの確信を揺るがす様子はない。「ロシアは今では世界で最も嫌われている国ではなく [続きを読む]
  • シカゴでの太陽光発電は意味があるか?
  • シカゴに行くと分かりますが、日本のように太陽光が普及していません。というかほとんど見かけません。しかし、最近では太陽光を設置する家が出始めています。しかも太陽光を設置している家が高く売れているのです。この記事によると、太陽光が設置してある家の平均価格は10万ドル以上高いとのこと。 政府から設置のため30%相当の補助金が出るだけでなく、売電もできるようになるとのことで一気に太陽光が普及しそうな感じになって [続きを読む]
  • ウクライナの不動産投資はリスク90%以上らしい、、、、
  • 通貨グリブナの下落と不動産価格の下落で、格安で不動産を買えるとして一部で人気になっていたウクライナの不動産ですが、どうやら買った人のほとんどは失敗しているらしいです。そのため最近では買う人もさらに減り、価格はさらに下落しているようです。 報道によると、ウクライナの不動産投資は最低でも90%のリスクがあるとの記事が出ています。特に低価格帯の不動産取引では、かなりの割合で詐欺が行われているとのこと。例とし [続きを読む]
  • 金持ちになるネタは身の回りに転がっているもの
  • 私が常々、人と話していて思うことがあります。経済的に成功していない人の共通点として、金持ちになる秘訣やネタを自分は持っていないと思い込んでいることです。そしてノウハウ本やセミナーでも、「あなたが知らない極秘情報を教える」といった触れ込みで人を集めようとします。確かに自分の知らないことを知っている人はたくさんいて、参考になることやまねるべきことを教えてくれることも多いです。しかしそれは釣りに行く人が [続きを読む]