Be-rich さん プロフィール

  •  
Be-richさん: 世界で不動産を買おう!
ハンドル名Be-rich さん
ブログタイトル世界で不動産を買おう!
ブログURLhttp://be-rich.me/
サイト紹介文海外不動産でミリオネアになる方法教えます!
自由文海外投資で自由なライフスタイルを目指す仲間たちだけが集まり、グループを結成しました。投資でリッチになって、好きな時に好きな時に行く、好きなところにステイして、人生を楽しむ、日本だけでなく、住みたい国すべてに家を持つ、それも投資物件ではなくて。そんな人生を送る仲間と共に、旅行しながら投資を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 68日(平均7.7回/週) - 参加 2017/01/22 15:24

Be-rich さんのブログ記事

  • 管理会社の変更と家賃の値上げ
  • 最近はアメリカの不動産が本当にいい感じできていますね。価格も上がるし、家賃も上がるし、想定以上に利益が出ています。                                          管理会社を変更したのもプラスになっています。 この物件もテナントの入れ替えに伴って、家賃の値上げをしてみました。管理会社を変えると、よくテナントは退去してしまいます。長い間、住んでいたテナントさんだ [続きを読む]
  • 住宅不足に悩むアメリカ不動産市場
  • 好調が続くアメリカ不動産市場ですが、売れすぎて在庫が足りなくなり、ついに販売件数が下落するという現象が起こり始めました。 不動産業者は売りたくても、家が足りないといううれしい悲鳴を上げているようですね。こうなってくると、これまでの不動産投資とは戦略がだいぶ変わってくることになります。というか変えた方が利益が出やすくなります。つまりこれまで通り、普通に買って賃貸経営をするのももちろんありですが、 [続きを読む]
  • ロシア人は貯金しない!?
  • 興味深いニュースがありました。以下引用。「ロシア国民の36%近くが銀行預金も有価証券も現金も何の蓄えも持っていない。国民金融調査局の行った世論調査の結果、この事実が判明した。ロシア国民の平均預金額は13万547ルーブル(日本円で25万271円)。                                                               一方でいくら手元にあれば安心 [続きを読む]
  • 実態があるのか、それともないのかが問題だ
  • 最近は本当に詐欺案件が多いので、案件の情報が来ても投資をする気さえ起らないのですが、ネットでは皆さん、いろんなものに投資して、失敗しているようですね。単に投資そのものがうまくいかないという場合もあれば、初めから詐欺だったという場合もあります。 そう考えると、一番良い投資先といえるのは自分のビジネスということになります。なぜか? 当たり前ですが、そこにだましという要素はないからです。ただそれがう [続きを読む]
  • 2次被害にご注意!!
  • 投資をしていると、かなりの確率で詐欺案件が混じってきます。 投資慣れしていると、詐欺かどうかは話を聞いた時点で、なんとなくわかるのですが、信じやすい人は甘い言葉につられて騙されます。最近よくある仮想通貨がらみの詐欺案件だと、「一日….%」みたいなものがほとんどです。お金を集める方はエージェントを雇い、コミッションを約束し、お客を集めさせるわけです。最初は配当と紹介料が本当に出るので、投資家だけで [続きを読む]
  • エクジットのタイミングの見極めは非常に大切ですよ。
  • 投資をしているといつ、エクジットするかの見極めは非常に大切です。詐欺案件でも、早く始めて、破綻する前に逃げられれば儲かることもありますね。今、注目を集めているRichmond Berksですが、ネット上でいろいろと情報が拡散しています。日本のカンフェレンスのウソを指摘する人もいますし、ログインできないという人もいるようです。そもそもこの会社が2016年10月に登記されたばかりだという情報もあります。不動産取引で8年の [続きを読む]
  • 不動産投資の終着駅....
  • 今、手掛けているアメリカ不動産開発にようやく見通しがつき、次の案件の選定に入っているところです。トランプ氏が大統領になったこともあり、アメリカ不動産は絶好調です。これがしばらくは続くことを期待しています。続いている間は、開発をできる限り進めて、短期でどこまで資産構築ができるかということを考えています。 普通、不動産投資というと物件を買うことばかりに注意が行きがちですが、一番儲かるのは物件を買う [続きを読む]
  • あなたのアドバイザーは「プロ」ですか?
  • 当たり前ですが、だれから話を聞くかによって結果は全然変わります。これはすべてに当てはまることですが、例えば病気になったとして、腕のいい医師に出会えれば的確な診断と治療を受けられますが、新米の医師だったりすると誤診や医療ミスによって、大変な結果になることもあり得ます。 資産運用についても同じです。アドバイスをくれる人の腕が良ければ、当然儲かりますし、悪ければ全く逆の結果になります。ですから本当に [続きを読む]
  • 私たちの預金が突然消える日は来るのか?   
  • あまり知られていないことですが、日本では戦後に預金封鎖を行った過去があります。同じことは起こらないと勝手に思い込んでいる人も多いですが、その可能性が全くないわけではありません。 1990年代の日本でも「資産課税」が検討されていたそうです。大前研一氏によると、1990年代の住専危機の際に、当時の大蔵省が「新円切り替え」による「資産課税」を実施する計画があったとのことです。幸い、旧紙幣100万円が新紙幣80万 [続きを読む]
  • 日本円はもはや安全通貨ではない......
  • 冒険投資家ジム・ロジャーズは再び日本円について語りました。「日本は膨大な債務を抱えている。日本の国内債務は米国より大きい。だから、お金を置いておくべきところではない。しかし、あなたが幸運の持主で、米ドルが安全通貨でないと考えるなら、円を買えばいい。私はそうしないが、そうする人もいるだろう。」「政府の発表する数字や統計を信用してはいけない」とも述べています。彼の見立てによると、次に世界経済が崩壊する [続きを読む]
  • アメリカ不動産を買いたいけど、お金が足りない場合どうすればいい?
  • 不動産は高価なものなので、現金で簡単に買える人の方が少数派です。普通はローンを組んで買います。日本の不動産なら、日本の金融機関で融資を引いて買うことが可能ですが、海外の場合、そこまで簡単ではありません。アメリカの場合、住所もビザもなく、アメリカ国内で仕事もしていないのですから、融資を引くのは簡単ではありません。そんな場合でも選択肢はいくつかあります。 政策金融公庫で融資を引く。少し前まで、政策 [続きを読む]
  • デフォルトを検討し始めた日本政府
  • スティグリッツ教授が経済財政諮問会議(議長:安倍首相)という公式の場で、日本政府に事実上のデフォルトを勧めたようだ。会議に提出された資料によると、スティグリッツ教授は、政府・日銀が保有する国債を無効化することで、政府の債務は「瞬時に減少」し、「不安はいくらか和らぐ」と主張。また、債務を永久債や長期債に組み換えることで、「政府が直面する金利上昇リスクを移転」できるとしている。永久債の発行は「政府支出 [続きを読む]
  • アメリカの駐在員に貸し出すのはアリ?
  • アメリカ不動産投資をしていると経験するトラブルでテナントに関わる問題は多いと思います。例えば、家賃を払わないとか、汚く使うとか、物件にあれこれケチをつけてきたりする人も中にはいます。もちろん教育の程度や経済的なレベルによってもかなり異なりますが、日本人と比べて、アメリカ人の方が質が悪いのは間違いないです。 最近、中国人の間のアメリカ不動産投資熱が高まっていますが、私の知っている範囲ですと、日本 [続きを読む]
  • MLSの物件情報の配信はアメリカ不動産投資家にとっては必須
  • 海外にいると、現地の情報が仕入れにくいことに加え、購入した後の修理等の作業の監督が難しいため、どうしても物件の補修まで済ませた状態の物件を転売業者から購入することが多いと思います。しかし当然、転売業者の利益が載せてあるので、価格は割高になります。 不動産投資家としては、できる限り安く買いたいのは当然。安く買えれば利回りも上がるし、キャピタルも取りやすくなります。そのためには別途、転売業者がして [続きを読む]
  • 「あほくさ」が命を救う。人生逃げるが勝ち?
  • 面白い記事があったので、引用します。「いじめから子供を守ろうネットワーク」の記事の内容です。この考え方は人生のいろいろな局面で役に立つのではないかと思います。 「大阪では、自殺率も低いと聞きます。現実主義の合理的精神、分かりやすく言えば、「あほくさ」「やってられまへんがな」という精神。これは、言い換えれば、「逃げるは恥だが、役に立つ」ということではないでしょうか。特に、いじめの環境に身をおいて [続きを読む]
  • 人間やめますか?  残業「月最大100時間」合意に思う
  • 残業時間の上限に関する政府案が示された。今回の政府案は、現行の36協定で結ぶ時間外労働の限度時間である月45時間、年間360時間を法律に明記し、これを超えた場合は罰則を課す。さらに特例として労使協定を結べば、年間の時間外労働時間を1年720時間(月平均60時間)にするという案だ。これが最長の上限残業時間となる。時間外労働は計算上、月平均60時間になるのだが、実は政府案では1カ月の残業時間の上限を設けてない。しかも [続きを読む]
  • シカゴが2017年に投資すべき都市に選ばれる
  • シカゴが2017年に投資すべき都市の第五位にランクインしました。その理由としては、まずは雇用の増加があります。最近、シカゴに移転する企業も多く、雇用が増加しています。二番目の理由としては、空室率が低下していることがあげられます。今年の末までに、空室率は5.1%まで下がることが予想されており、同時に家賃も2%程度、上がるとみられています。 現地の不動産業者との今日の打ち合わせでも、今年は今まで一番マーケッ [続きを読む]
  • ビットコインの覇権も短命に終わるかも......
  • 仮想通貨熱は高まっていますが、ビットコインに関して言えば、今が売り時かもしれません。少ししたら、ビットコインはゴミになってしまうかもしません。やはりこういうものは投資にはなりえず、よく言って投機、悪ければ詐欺ということになるのでしょうね。その価値には何の裏付けもないわけですから。 日本でも大手銀がブロックチェーンを利用した仮想通貨を導入しようとしています。メガバンクと生保がbitFlyerと資本提携、 [続きを読む]
  • アメリカで安く不動産買うにはForeclosureを狙うべき
  • 昨日はShort Sale(ショートセール)のことを書きました。今日はいよいよ本題です。 海外に住む投資家がいかに安く不動産を手に入れるのか、その方法を少しだけ書きたいと思います。 それはズバリ、Foreclosure(フォークロージャー)です。これは何かというと差し押さえ物件のことです。日本でも競売物件が安く買えるのと同じで、アメリカでも差し押さえ物件が安く買えます。不動産投資は安く買って初めて儲かるものなので、For [続きを読む]
  • Short Saleとは?
  • アメリカ不動産投資をしていると、時々出てくるのがShort Sale(ショートセール)という言葉。ショートセール(Short Sale)とは、家の持ち主の個人的な事情で毎月のローン返済が難しくなり、家を売らなければならない状態になった際に、家の価値が負債よりも下がってしまっているために、          家を売っても負債を返済しきれない時に取られる売却方法の一つです。日本でいうところの任意売却になります。「ショート」 [続きを読む]
  • 銀行預金は安全な投資?
  • 昨日、日本だけにこだわっていてはいけない、という話を書きました。今日はその続きです。 アベノミクスはだんだんと危なくなってきています。アベノミクスの前に安部総理がダメになってしまうかもしれませんが….. アベノミクスの国債を買うのは銀行。そしてその銀行にお金を貸しているのはあなたです。アベノミスクが失敗するときには、政府は銀行をつぶし、法改正をすると思われます。つまりあなたの銀行預金は消える [続きを読む]
  • 日本だけにこだわっていては金持ちになれない....
  • 少し前にNHKで特集番組がありました。 個人が億の資産を持つ時代:NHKスペシャル「“新富裕層” vs 国家 〜富をめぐる攻防〜」急増する新富裕層日本国内だけで金持ちになろうとするのは、もう完全に時代遅れですよ。 金を稼いでいこうとするならば。早めに海外に目を向けて、稼ぐ能力だけでなく、税制等にも精通していかないと、本当のリッチにはなれませんね。 Copyright © 2017 世界で不動産を買おう! [続きを読む]
  • 人は「ありのまま」ではダメなのでは?
  • ちょうど週末『アナと雪の女王』が地上波初登場!と宣伝がたくさん流れていた。私はどうもこのディズニーのプリンセスがあまり好きになれない。なぜかというと他力本願な女子が登場するからだ。 自分ではなんの活動も行わずに、ひたすら「幸せ」を運んでくる王子を待っている。こんなものを見て育つからわがままな子供や主婦が増えるのだと思う。こんなものを見て努力しなくてもいいなとど刷り込まれると、困る親は多いのでは [続きを読む]
  • AIRBNB(民泊)は崩壊か?
  • エアービーアンドビーや民泊はかなり流行りましたが、どんどん下火になっていく感じで、もう終わりみたいですね。民泊の新しい法律が、国会で通過しそうで、民泊の制限が、年間で180日までになるという事なのです。今までは、月額10万円しか取れない物件を1泊1万5千円とかで貸せていたのです。すごい高利回りだったのですが、これはエアビーが初期の頃で、競合物件も少ないころの話でした。ですが、エアビーが儲かるという [続きを読む]
  • 起業するための第一歩
  • サラリーマンにとって起業するのはかなり難しい作業と言えます。初めてやる場合は特にそういえます。何をしたらよいのか、見当もつかないという人も多いと思います。しかし、起業にもやり方があるので、それを試しているうちにいつかはうまくいきます。 私も起業したいという人をたくさん見てきましたが、全体的な傾向として言えるのが、大抵の人は売るための商品を磨くよりも、売り方やノウハウの方に集中しがちだということ [続きを読む]