じゅくこう さん プロフィール

  •  
じゅくこうさん: アラフォー塾講師の崖っぷちブログ
ハンドル名じゅくこう さん
ブログタイトルアラフォー塾講師の崖っぷちブログ
ブログURLhttp://jukukoh.blogspot.jp/
サイト紹介文アラフォー塾講師。無謀な塾長、能天気な同僚、理解不能な生徒らに振り回される様子を描く。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 68日(平均3.2回/週) - 参加 2017/01/22 23:35

じゅくこう さんのブログ記事

  • 栃木雪崩事故と「顧問」
  • 栃木雪崩事故を見て思うのは、顧問に何もかも任せ過ぎではないか、ということ。何らかの競技経験があるということをもとに、その先生に部活動の指導を任せる。何か甚大な事故が起こったときに、顧問の判断にゆだねていた、という説明を繰り返す。見直すべきなのは、個々の局面での判断ではなく、事実上「素人」に、命にかかわる重大な部分の判断を任せてしまっているということだ。雪山の訓練は、部活動の中に組み込まれた瞬間、学 [続きを読む]
  • わかっていないのではなく、わかっているだけ
  • 集団生活、集団生活って簡単に言うけど、ある特定の面積の中で複数の人が相互に関係しあいながら暮らしていくことと、管理する側の都合のために一定の枠に押し込めて「同じ」生活を送っているように見せかけることは大きく違うから。そんでいくら「集団」とか「組織」とか言ったって、本当は個人という単位しかないんだから。集団とか組織に順応しないんじゃなくて、結局は個人単位なんだってことをわかっているだけ。そういうこと [続きを読む]
  • 長い...
  • なんか塾業界って、なんでも長いような。たとえばヤフー知恵袋でも、回答者が業界の人になると、途端にとてつもない分量で返答しているし。面談もいつまで続くのかと思うほど延々と続くし。会議の中の生徒の状況の報告も、とにかく長い。長さがそのまま親切というわけではない。そのテーマ、待ってました、語らせてくれー、というのが多すぎるんだ。そして、当事者以外はそんなに興味はないというのが事実だよな。人気ブログランキ [続きを読む]
  • 嫌いな人と関わる
  • 塾講師の一番の辛さは、たぶん「嫌いな人とかかわること」かもしれない。嫌いな人というのは、自分の好き嫌いというのとはちょっと違う。たとえば読書が好きな人がいて、本が嫌いという人と関わらねばならない、という状況のこと。「勉強が嫌い」くらいなら、まあよくあることだし、別にいいのだけれど、頭を使うことがそもそも嫌いとか、論理を積み上げて考えることが嫌い、という人と関わるのは苦痛。そしてそういう人は生徒と同 [続きを読む]
  • 早期教育という悪魔のささやき
  • 某英語教材を見ていて思った。教材ビジネス、あるいは可能性ビジネスって楽そうだなって。ある教材があって、それをやればできるようになるというのは真実だろうけれど、早い段階でやれば(させれば)成功する、という考えはどこから来るかわからない。こんなの、最初だけくいつきそうなコンテンツ入れておいて、最初に全部買わせちゃう仕組みにしておけばいいんだからね。自分でわからない部分は基本人に任せてはいけない。本当に [続きを読む]
  • 見せかけ
  • 授業の面白さは大事ですよ。面白い状況を作ってやって、それでやる気になってやるのが一番ですよ。だから、、、テストに実際に出るかどうかまでは絶対にわからないことじゃないですか。どうせ数値とか字数まで当てた、本当にまんま出た状態じゃないと、「的中」とは言われないんですから。そんなのを求める人は放っておけばいいんじゃないですか。どうせ先でつまるでしょう。過去のテストを流用する先生にしか通用しない方法が好き [続きを読む]
  • 授業先取りと本人先取り
  • それにしても塾って先取りが好きだなあ。学校に比べて存在意義をそういうところでアピールするしかないんだろうなあ。受験に詳しくて、つまづいたら大変だから前もって障壁を取り除いておく、って聞こえはいいんだけど、実際はリスク高めてるだけだよな。もし自分で、自分の意思で立ち上がるまでそっとしておけば、その人にとってちょうどいいタイミングで受験を迎えられるのに。よってたかって危険・失敗・将来をちらつかせて、そ [続きを読む]
  • 質問対応
  • 塾長が下手に出て、何とか○日に出勤してくれ、と言っている。こういうときは大概面倒な生徒が来てるんだ。高校生で、難易度高い質問連発の生徒。本来構わないんだけど、塾長が調子に乗って、「なんでも質問して」みたいなこと言っていると困るんだよね。いくらなんでも、現役のときと同じように理社科目ができるわけないんだから。そもそも即答できない部分があるということがそんなにまずいことなんだろうか。すぐ調べてそれで済 [続きを読む]
  • 来期
  • まだ先とはいえ、どうしても来期の人数が気になる。受験学年はいい。何人か高校に上がっても来るかもしれないが、高校に上がってそれから続くかどうかは心もとない。受験と同じくらいの本気度で中1・2もやらないと危ない。少なくとも来期の自分は危ない。。年のせいか、「来期」が「末期」に見えてしょうがない。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 受験必勝法
  • 受かるところに出願し、受かる。それだけ。みなそうしてやっているし、リスクがある場合は制度をうまく使って分散して、自分のよいところを生かそうとしているよね。では人生の必勝法はというと、、、ないんじゃないかな。勝ち負けが。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 不自由な塾
  • 絶対に実現できないけれど、もし自分で塾をつくれたら、これだけはやらないというのがいくつかあるな。まず一番いらないのが前月末までに退塾を伝えるとか、合格後も学期末までは通うとかいう謎ルール。その生徒からいくら引っ張るかとうかということではなくてね。来たくないという感じを出している人が続けて来る場合に周りに与える影響が特に受験期は甚大だということ。来なくてもお金がとられてしまうというルールなら、どうし [続きを読む]
  • なぜ警察が・・・
  • 灯油とられた!!教室で使う大事な灯油なんだ。苦労して運んできたんだ。何してくれてるんだ!!夜遅くまで仕事してて、敷地内に置いておいて、やられた、のか?ふと思った。もう1度同じ状態で置いておけば、「ひっかかる」んじゃないか。敷地の同じ場所に置き、今度は全神経を音に集中させる。・・・何も起こらないか。もう遅いし、そろそろ帰るか。そのとき、ガサッという音!思わず階段を駆け下り、その場所へダッシュした。何 [続きを読む]
  • 学歴病
  • 勉強に興味をもつことは、ある意味毒を喰らうことでもあるなあ。。偏差値とか順位とか、自分のデータだけ気になっているうちはまだいいし、ほとんどの人はそれで社会に出て、ああそんなのもあったかな、という程度で働くからいいんだけど、こじらす人がいるんだよな。たとえば、、・人の学歴が異様に気になる・受験でとった点数が気になる・学校(特に大学)のランクが気になる・大学のランクの上下について人が下した評価に物申し [続きを読む]
  • 男塾
  • 「先生、男塾ってありますよね」なんだろう、魁!!男塾の話でもしたいのだろうか?「あれって、塾長とかがホ○の人の塾って感じしますよね」一体何を想像しているんだろう。カップリングがどうとか言っているが、この時期の生徒の思考には全くついていけないので、魁!!の話はほうっておくことにした。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 利益度外視の闇
  • もともと民間で塾を開いていた人が、NPOで塾をやっている事例を見たけど、これ、どうなんだろう。「地域社会のため尽力したくて開いた」 ←実際は別の団体の事業。そこから委託を受けていただけ「最後の1人まで教えたい」 ←生徒数問わず続けていれば予算が下り、補助金が出るなどなど、いろいろな闇が見えたんだけど。たしかに私塾は受験の不安につけこんでいる面はあるよ、でも自覚してるし、まさか税金から引っ張って来よ [続きを読む]
  • 勉強ひとすじ
  • 勉強法って役立っているのかなあ。自分の場合で言うと、節約とか料理のほうが、生きていくには役立つ気が。あの「勉強が役立つんですか」って質問、実は「お前が今言っていること、本当に素直に聞いていて意味あんのかね?」の意味だからなあ。まあ「役立つ」という言葉自体、金銭とか生活安定とかと結びついている、本当に手垢のついた言い回しだよな。一定量勉強したら、なかなか満足しない人には、なるかもしれないな。人気ブロ [続きを読む]
  • アクティブラーニング
  • 学び合い、とてもいいと思うんだけど、どうして自然発生しないのかな、とずっと思っていた。社会人になってから、なぜか突然多くの人がボランティアに目覚めて、無償で社会のために何かをしようと思う。それなら、その人が学生時代にどうして、身近にいた同級生に、たとえば勉強を教えようとは思わなかったんだろう。そういえば私は、たしか小学生のときに、先生に頼まれて学校の教室で補習を任された記憶がある。あれがたぶん最初 [続きを読む]
  • 将来
  • 将来のことを考えろ、と生徒に言うとき、ふと思う。自分の将来はどうなのかな、と。いや、もうここが将来なのか。将来が既に現実にあるという辛さ。そして将来が老化とイコールになっている辛さ。将来のことを考えられるって、特別なことだったんだな。。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 志望校のつり上げ
  • 本人が高い目標を言うのは、(仮に言うだけだとしても)まだいいとして、周囲。親や教師がつり上げていくの、どうなんだろう。センターの結果が出てから、一緒になって寄り添って考えるならいいけど、無責任に、どうせ目指すなら○○大だ、みたいな言い方はどうもなあ。質の悪い洗脳、という感じ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 英検自慢バトル
  • あれ、なんなんだろう。「うちの生徒、小学○年で英検○級合格したの」「すごいねー。うちも小学○年で○級通ってて」そういうこと言うの、広告でだけかと思っていた。まさか、対面でそういうこと言い合う様子があるとは。なるべく低い学年で、なるべく高い級をとる。そういえば、意外とこういうところ苦労したとか、具体的な話って出ないんだよなあ。本当に結果だけを天気のように語る。なんかつまらない世界だなあ。人気ブログラ [続きを読む]
  • 忘れた!!
  • 危ない危ない。遅れるところだった。もっと早く出ないといけないな。うわ、もう生徒がそこまで来てた。本当に危ないな。さてさっさと教室を開けて、、あれ、、ない!鍵がない!!もうどうしようもない。「ああ、こんにちは。悪いんだけど、この車の中で待ってて。うん。鍵がないんだよ。」生徒に課題指示を出し、保護者に電話。「・・・ということで、今日の送迎はいつもより30分ずらしていただけますか。本当にすみません」じゃあ [続きを読む]
  • 変わった欠席理由
  • はい、○○塾です。いつもお世話になっております。欠席ですね。連絡ありがとうございます。それではお大事になさって、、はあ、大変なんですか。え、おならが止まらない??ああなるほど。確かに授業どころではなさそうですね。(こっちもね)今もそうなんですか。大変でしょうねえ、それは。わかりました。連絡ありがとうございました。(電話を切って)なんで伝えたかったのかな??体調不良でよかったような。。人気ブログラン [続きを読む]
  • 独立かあ
  • 若いときに独立を考えたこともあったかなあ、、やっぱりなかったかもなあ。たとえば塾長みたく(いい加減なこと)はできないし、仕組みを作って生徒を待つ、なんて地獄だよなあ。。独立っていうと、そっちじゃなくて、独り暮らしのほうかな。独立、というか単なる独り。一生独りなんだろうな。。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 志望校選び
  • 【保護者との面談にて】では○○高ということですね。そうですねえ、判定から言うと確率は、、えっ、こういう場合どう志望校を選ぶのか、というのは??受験の経験がおありのはずですよね?ああ、エスカレーターで、、なるほど。。(それで子どもには絶対一般受験で、ねえ。。)私の経験ですか?もちろん伝えていますよ。自分自身の経験もだし、指導してきた生徒の経験も含めて、考えるヒントを与えています。(だからって「こうし [続きを読む]