ダイスケ さん プロフィール

  •  
ダイスケさん: ダイスケのi-smartな暮らし方
ハンドル名ダイスケ さん
ブログタイトルダイスケのi-smartな暮らし方
ブログURLhttps://www.smart-daisuke15.com/
サイト紹介文家造りの情報とノウハウを公開します。そこにあるのはsmartな暮らしの提案です。
自由文関西在住。妻と2人の息子の4人家族。目指すのは、開放感のある家造りです。こだわるところはこだわっていきたいと思っています。建築記録や、悩みや思いを載せていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 207日(平均3.7回/週) - 参加 2017/01/24 21:18

ダイスケ さんのブログ記事

  • 失敗や後悔したくない!建具の色とフローリングの床色との関係性
  • 「住まいが美しく見える色を選びたい」床色と建具の色ってすぐに決めることができましたか?住まいのイメージを大きく左右するもののひとつが「色」です。優柔不断な私は全然決めることができず、あれこれずっと悩んでいました。もうすでに家の工事が始まり、もう引きせない段階になっても「あれで良かったんだろうか?」と思っています。難しい理由は、打ち合わせの時に見るサンプル。壁紙選びの時にも思いましたが、サンプルはど [続きを読む]
  • 火事の意外な原因!難しい火災保険の選び方は一括見積もりが解決
  • 「家や財産だけでなくすべてを焼き払う、思い出までも…」火事のニュースを耳にしない日は無いと言っていいほど、毎日どこかで火災が発生しています。総務省消防庁が公表している消防白書によると、1年間の出火件数は約40,000件。1日当たりでみると120件の火災が発生しています。これは、11分に1件の火災が発生している計算です。なぜ、これほど多くの住宅火災が毎日のように起こっているのでしょうか?出火の原因1位は「放火 [続きを読む]
  • 手抜き工事の不安を解消?一条工務店の工事に関する10の疑問
  • 「本当に図面通りの家が建つのか?」無事に工事着手承諾を終え、間取りの打ち合わせが終わりました。我が家の建築費用は当初の予算を1000万円もオーバーし、約4000万円になってしまいました。理想の間取りを追求した結果なので、ある程度納得した上で、ハンコを押しています。関連 【建築費公開】すべてが決まる工事着手承諾の中身と注意点次はいよいよ工事が始まりますが、やっぱり不安です。営業さんには、「一条公務店は、設備 [続きを読む]
  • 壊れて分かる意外な効果!テレビを見ない生活のメリット・デメリット
  • 「テレビが壊れて良かった!」テレビが壊れて、早5か月。ますます液晶が壊れていっています。最初は、テレビが見られない生活に不安を抱いていましたが、慣れてみると全然困らないことに気づきます。テレビが壊れた原因はやんちゃ息子達ダイスケの2人のやんちゃ息子「かーくん」・「いーくん」が遊んでいる最中に壊してしまいました。最初は「テレビを早く買おう」と思っていましたが、テレビについて調べていく間に4Kテレビの [続きを読む]
  • 助成金でお得に!節約におすすめ雨水タンク設置の注意点
  • 「雨水タンクに補助金がおりるって知っていましたか?」ダイスケがガーデング用に設置しようと思っている、雨水タンクに補助金がおりることが分かりました。でも、補助金を受け取るためには注意が必要なんです。雨水タンクの2つのメリット1 節水になる特にガーデニングする人にとって、水道代は気になる所。毎日の水やりで使用する水道代は、馬鹿になりません。お掃除や洗車など、大量に水を使う時にも気兼ねなく使えます。2  [続きを読む]
  • 一条工務店プレゼント表札の注意点!材質・サイズ・取り付け方は?
  • 「表札もこだわります!」一条工務店で家を建てると、オリジナル表札を1つプレゼントされます。注文の仕方は簡単でネットにアクセスして選択していくだけ。デザインで迷わなければ5分で完了します。でも、プレゼントだからって、適当に決めるのは、ダイスケには許せません。無料だからこそ、こだわりたいと思いませんか?期限は2週間工事着手承諾が終わると、表札づくりのチラシがもらえます。チラシに載っている「ID」と「パ [続きを読む]
  • 【建築費公開】すべてが決まる工事着手承諾の中身と注意点
  • 「夢の家造りの後半戦に突入です」20回にも及ぶ打ち合わせの末、工事着手承諾をすることができました。工事着手承諾はすべてを決定する大事な打ち合わせです。図面とにらめっこをするのも、最後となります。悩んだり、迷ったりした日々を思い出しながら、最後まで気を抜かずにハンコを押してください。工事着手承諾の6つの流れ1 変更点の確認前回の打ち合わせである最終仕様確認で変更した点をまず確認することから始まります [続きを読む]