野球脳パパ さん プロフィール

  •  
野球脳パパさん: 野球脳パパのジュニアテニスブログ
ハンドル名野球脳パパ さん
ブログタイトル野球脳パパのジュニアテニスブログ
ブログURLhttp://tennisboy.hatenablog.com/
サイト紹介文野球脳で育った父が息子のジュニアテニス生活を綴ります。日本人テニスプレイヤーも応援中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 67日(平均5.1回/週) - 参加 2017/01/23 20:35

野球脳パパ さんのブログ記事

  • メンタル崩壊
  • 昨日はSHUN所属クラブ主催の10歳以下グリーンボールの大会。春休みということもあってか40人以上がエントリー。4人または3人の予選グループリーグ戦後、順位別トーナメント。やはり所属クラブの子が多く、必ず各グループに1人いるような感じ。年明けから出てきた外部の大会では同じ所属クラブの子は出ていなかったので、始まる前から一緒に楽しそうにアップしたり、壁打ちやったり、テンション上がりっぱなしのSHUN。こういう時に [続きを読む]
  • 恵みの雨
  • 木曜のスクール生大会で優勝した次の日からまた発熱したSHUN。まだ完治していなかった模様。それでよく勝ち抜いたなあと、SHUNの内に秘めた執念にちょっとびっくり。実はそんな感心をしている場合ではなく、日曜は政令指定都市主催大会のR4が控えてました。土曜になっても熱が続き、このままだと棄権もやむを得ない状況。たとえ日曜の朝に熱が下がっても身体が動かずいい試合はできないだろうなあと不安が高まります。なんとか熱を [続きを読む]
  • 念願の金メダル
  • 昨日はクラブ内の4年生以下(中上級レベル)と5・6年生(初級レベル)によるスクール生大会でした。毎年春休みと夏休みに開催され、20人以上の参加者がいます。SHUNは火曜の朝から38℃の発熱。SHUNのクラスはなんと10人欠席で学級閉鎖。ここにきてインフルエンザが流行っているとのこと。インフルエンザ!?家族が騒然となりました。病院に行った結果、インフルエンザではないとのこと。ホッとしました。水曜には熱も下がり、なん [続きを読む]
  • 10歳の夢
  • SHUNは先日誕生日を迎え10歳になりました。今時は学校で1/2成人式なるものがあるようですね。家族への感謝や将来の夢なんかをひとりずつ述べたりするようです。SHUNの学校では1/2成人式はありません。せっかくなので自宅での誕生日のお祝いでやってもらうことにしました。まずは感謝の言葉から。具体的に親の何に感謝しているかは一切述べられず、いつもありがとうで終わる。まあ小学生の男子なんてこんなもんです。次は将来 [続きを読む]
  • 朝6時の壁打ちがいい結果をもたらした
  • SHUN10歳のテニス生活がスタート!記念すべき10歳最初の大会は県内某市主催のトーナメント。SHUNは4年生以下男子の部(グリーンボール)に出場。エントリーは90人。さすが政令指定都市の大会。6ゲーム先取のノーアド。この前、朝一の試合で1R負けした原因のひとつが身体が動いていなかったこと。対戦相手が優勝した子とはいえ、あまりにもお粗末すぎる内容。身体を動かすアップは入念にしたのですが、ボールを打つ練習がほとんどで [続きを読む]
  • 西岡良仁に感動!
  • 熱戦が続くBNPパリバオープンなんと言っても西岡の快進撃!カルロビッチ大王とベルティヒを破りベスト16そしてスタン・ワウリンカ戦感動しました!またオフィスで泣きました結果なんてどうでもいい世界ランク3位を最後まで苦しめたエッグボール試合後のスタンディングオベーション最高でしたゆっくり休んでマイアミに備えてくださいIWベスト8はなりませんでしたが、今の状態で出来る限りは尽くしました。もう少しで [続きを読む]
  • 9歳最後の試合
  • SHUNにとって9歳最後となった3月12日の大会。夜の6時スタートだったのでスクールのレッスンを途中で抜け出して移動。実は午前中SHUNはママから大目玉をくらっており「テニスなんかやめてしまえ!」とまで言われ、モチベーション駄々下がり。移動中の車では無言。なんとかモチベーションを上げようとSHUNの好きなブルーハーツのリンダリンダと人にやさしく(古いっ)をかけるも、やっぱり無言でボーっとしている。今日はダメかな [続きを読む]
  • 西岡、ベルティヒ撃破でマスターズ初16強、泣いたぞ!
  • 今日は午前中からGood Newsが届きましたね!西岡が13シードのベルティヒを下してマスターズベスト16進出!ものすごい試合でした。私は朝、1stセットを1-6で落とし、2ndセットを2-5まで見届けて出勤。正直、やっぱり難しいかあと思っていました。西岡を信じられなかった自分を悔います電車の中でリアルタイム速報を見るとえっ?タイブレーク?あっ、2ndセット取った!オフィスに着いてからは一切ニュースなどは見ずに我慢。もう勝 [続きを読む]
  • 身長41差、巨人との戦いを制した西岡良仁
  • 今年のBNPパリバオープンはおもしろい!なんといっても西岡良仁の快進撃!2回戦では19シードで身長211cmのカルロビッチ大王をストレートで下し3回戦進出!この一戦は170cm西岡との41cm差対決としても注目を集めていました。試合後、このツイートがプチ炎上していました。David beating Goliath like...#BNPPO17 pic.twitter.com/GJAVRwDOP1― Tennis TV (@TennisTV) 2017年3月11日試合後の握手で、カルロビッチの態度が紳士的では [続きを読む]
  • 早生まれの悩み
  • SHUNは今月で10歳。そう、早生まれなのです。しかも3月下旬。もう少し遅く生まれていればとこれまで何度思ったことか。SHUNはただでさえ他の子よりも発達(特に頭の中!)が遅いのに、さらに早生まれということもあって幼稚園や小学1・2年生の頃はホントにホントに大変でした。精神と身体の成長が見え始めたのがようやく3年生くらい。本当はそこから野球をやるはずだったのですが、まあ色々?あって、週1でオレンジボールからテニ [続きを読む]
  • セルフジャッジにイライラしない方法パート2
  • 以前このような記事をエントリーしました。tennisboy.hatenablog.com今回はそれに続き、自分がSHUNの試合でセルフジャッジにイライラしない方法の第2弾です。それがこれイースコアラー(e-Scorer)イースコアラー (e-Scorer)LocaStreamスポーツ無料要するにテニスのスコアをつけるスマホのアプリです。こんな感じで1球1球スコアをつけます。フォールトはもちろん、ポイントはウィナーなのかミスなのか、さらにそれはベース [続きを読む]
  • 悔し涙が少し報われた
  • 先日、1Rでコテンパにやられて悔し涙を流したSHUNtennisboy.hatenablog.comHPで大会結果を確認したところ、対戦した相手の子はその後も圧勝を続け優勝していました。決勝は6-0のストレートという圧倒的な強さ。運が悪かったとと思うべきか、一番強い相手と対戦できて良かったと思うべきか。やはり後者なのでしょうね。お陰で自分自身で課題を見つけることができました。涙の分だけ勉強できたねあらためてビデオで見直してみる [続きを読む]
  • 西岡世界18位を破る大金星!
  • メキシコで行われているアビエルト・メキシコ・テルセル(ATP500)西岡良仁が第7シードでランク18位のソックに勝ちました!大金星終盤ソックはラケットを折ってましたそれくらい西岡のテニスが良かったですソックは先週のデルレイ・ビーチ・オープンで優勝し勢いがあったと思いますが西岡がすばらしかったですね次はランク79位のトンプソンそれを勝てば3回戦はおそらくナダルサウスポー対決を観てみたいですねGO GO YOSHIHITO! [続きを読む]
  • 悔し涙
  • 今日は県テニス協会の支部が主催するトーナメントでした。SHUNは4年生以下の部で出場。結果は初戦でコテンパにやられました。先週ドローが発表された時、「いろんな大会でよく上位にいる子だ」とちょっとがっかり。このトーナメントでも第2シードの位置。結果は2-6。いきなり5ゲーム連取され、このままストレート負けかあ、と覚悟しましたが、そこから気迫を見せて2ゲーム取りました。この2ゲームのために出てよかったと思えるよう [続きを読む]
  • セルフジャッジにイライラしない方法
  • 昨日のSHUNのクラブ内の定期トーナメントで、セルフジャッジに怒り心頭なわけです。そう、対戦相手のあからさまなミスジャッジ4ゲームマッチの試合、3-1でSHUNがリードしてからミスジャッジを連発。これがまた良く考えて戦略的にやってるのが分かるんです。すべてのボールを安全に相手に返し、相手がきわどいボールを打ってくるのを待つという作戦。きわどいインのボールは全部アウトのコール。きわどいといってもボール2個分、3個 [続きを読む]
  • 27インチのラケット
  • SHUNはこれまで26インチのジュニア用のラケットを使っていましたHEAD SPEED JR.重さ250gフェイス面積100インチストリングパターン16/19ストリング不明(張り上がり)これからイエローボールのレッスンと試合が本格的に始まるので27インチのラケットを入手HEAD INSTINCT S(2015年モデル)重さ270gフェイス面積102インチストリングパターン16/19ストリングGOSEN MICRO SUPER 1.25mmストリングテンション50/50重さ、振り抜きやす [続きを読む]
  • 決勝6連敗の錦織が心配です
  • アルゼンチンオープンの決勝錦織は残念ながら0-2でドルゴポロフに負けてしまいましたなんとこれで昨年のマイアミでジョコビッチに負けてから決勝は6連敗2016年マイアミ(1000)ジョコビッチバルセロナ(500)ナダルロジャーズ(1000)ジョコビッチバーゼル(500)チリッチ2017年ブリンスベン(250)ディミトロフアルゼンチン(250)ドルゴポロフ苦手のジョコとクレーでのナダルは仕方がない決勝だと異常な強さを見せるチリッチもま [続きを読む]
  • 錦織、全仏に向けて白星スタート!
  • 錦織、アルゼンチンオープンの初戦を2-1で勝利!今年は全仏に照準を合わせ、アルゼンチン、リオとクレーが続きます次は去年の楽天オープンで途中棄権した時の相手のジョアン・ソウサここはきっちり勝て欲しいところ去年まで錦織が4連覇していたメンフィスオープンには日本期待の若手のエース西岡が出場2回戦でランキング23位のイズナーと対戦イズナーは身長205cmのビッグサーバー西岡はビッグサーバーを苦手としていますが1セッ [続きを読む]
  • 顔面にボールが当たった主審は骨折していたらしい
  • デビス杯のカナダ・イギリス戦でイラついたカナダ選手の打ったボールが顔面に直撃した主審の話は記憶に新しいところです。主審の顔面にボールを当て失格となったカナダの17歳プレイヤーは問題児キリオスに勝っていた - 野球脳パパのジュニアテニスブログなんと左目の眼窩骨折だったとのこと。しかも手術してる。無事成功したとのことでよかったです。デビスカップで眼にボールをぶつけられた審判、手術は成功 | NEWS | THE T [続きを読む]
  • あの速いストロークはヤバかった
  • 2月11日 草トーナメント:1勝2敗土曜日は草トーナメントでした。SHUNにとっては初めてのインドアコートの試合。16人参加、4人ずつ4グループでの予選リーグの後、1位による決勝トーナメントという形式でした。インドアでも結構寒いものですね。あまり広いところではないので、ベースラインから壁までが狭く、ベースライン付近のボールの処理に苦戦していました。特に深いロブになると落ちてくるまで待つことができず、高い位置で [続きを読む]
  • 小学生にセルフジャッジは難しいけれども
  • 先日SHUNはセルフジャッジに泣かされました。(試合後、本当に大泣き)小学生の試合はほとんどセルフジャッジです。セルフジャッジとは審判がつかず、選手同士でカウントをコールし、イン、アウト、フォールトも選手が判定します。草トーナメントはもちろんのこと、協会公認の試合でもほとんどがセルフジャッジです。最初私はびっくりしました。私が慣れ親しんだ野球は、子供の試合でも必ず審判はつきます(当たり前ですが) [続きを読む]
  • 砂場のような最悪のコートでの今年初トーナメント
  • 今日は今年初のSHUNの外部の草トーナメント会場のコートに到着するとえっ?テニスコート?森を切り開いて作ったようなコートはまるで砂場オムニらしいけど砂しか見えないラインもまともに見えない試合開始すべる、すべる、すべる最悪なのはボールがまもとな方向にバウンドしないみんな体制崩しながら打ってましたこのクラブの子達はこんなコートで毎日練習しているのか予想できないバウンドなので逆に反射神 [続きを読む]
  • 「テニスプロはつらいよ」を読んでみました
  • 最近この本を読んで衝撃を受けました。テニスプロはつらいよ 世界を飛び、超格差社会を闘う (光文社新書)作者: 井山夏生出版社/メーカー: 光文社発売日: 2016/08/17メディア: 新書この商品を含むブログを見るテニスジャーナリストである著者の井上夏生さんが、現役で活躍されている関口周一プロの少年時代からプロテニスプレイヤーになるまでのエピソードをもとに、ジュニアテニス事情を綴っています。わかってはいまし [続きを読む]